<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Miles Davis"Munich Concert"

 先日までのツアー中、大分のタワーレコードでこれを見つけてしまった。

 1988年のミュンヘンでのライブで3枚組、その3枚目の5曲目には70年のワイト島フェスでの伝説のライブが収録されている。それでいて、1,460円!
 ブートレッグじゃないし、音質もかなり良好。実はこのCDの情報は知っていたのだが、何としても手を出そうって気にはならなかった。が、やはり旅先でブラブラしている時に現物を目にすると、これはもう止めようがなかったね。一応ヘッドフォンで音を確認、まったく問題ない、どころかかなり良いので、即レジに直行となった。マイルス、フォー!

 で、最初はどうしても最後に収録されている70年のライブの方に気持ちが行ってしまったのだが、ここのところ88年の方もすごく楽しめている。ケニー・ギャレットの燃えるようなアルト・ソロはどれも傾聴に値するし、若い他のバンド・メンバーもかなりの好演だ。
 マイルスはあまり吹かないし、かつてのような圧倒的なリーダーシップや存在感はないけど、しかししかし!あの変わらぬ音色で一発やられるだけで、こちらはまいってしまう。こればっかりは、ファンだから無抵抗なのだとしか言いようがない。
 1940年代のチャーリー・パーカーとのビ・パップ・セッションのころから、何も変わっていない「あのマイルスの音」だ。

 70年の演奏に関しては何も付け加えることはないだろう。キース・ジャレットとチック・コリアのダブル・キーボードに、ジャック・ディジョネット、デイブ・ホランド、アイアート・モレイラという超強力メンバー。サックスのゲイリー・バーツが少し薄めだけど、とにかくマイルス自身が圧巻に凄い。ここでのマイルスにはキースもチックもただのサイドメンだ。

 両方のライブとも音質が良いのは既発売されているDVDからの抜き出しなのかな?だから超廉価なのかもしれない。
[PR]
by harukko45 | 2006-02-09 00:49 | 聴いて書く | Comments(0)

 昨日は朝からテレビに釘付けで、スーパーボウルのライブを見ておりました。おかげさまで、贔屓のピッツバーグが勝利して、26年ぶりの栄光を手にしたのを目撃でき、大変喜ばしい気持ちでいっぱいであります。
 おお、なつかしいのぉ、あのテリー・ブラッドショウとリン・スワンの79年の優勝からもうそんなに経っていたのか。

 試合としてはシアトルのミスが目立って、せっかく前半好調だったオフェンスが結局フィールドゴールの3点しか得点できず、けっして良いとはいえなかったピッツバーグをじょじょに蘇らせてくれたのが大きかった。
 たとえ調子が悪くても、肝心かなめのプレイで、見事に決めたピッツバーグはその後もビッグプレイを見せて、終わってみれば21-10の圧勝だった。

 やはり大舞台でミスしたら負けるわな。特にWRの差が歴然。シアトルのジャクソンとスティーブンスがQBハッセルベックのパスをしっかりキャッチしていたら、それと50ヤードのフィールド・ゴールのチャンス2本が決まっていたら、と考えると....ヒヤヒヤ。
 ピッツバーグのディフェンスはいつもの強さがあまりなかったし、今までスーパーな活躍をしていたセカンダリーのポラマルもイマイチだっただけに、ほんとに助けられたと思う。
 
 そこ行くと、ピッツバーグのWR陣、特にウォードは随所にスーパーキャッチを見せて、これまたイマイチの出来だったQBロスリスバーガーをよくもり立てていたな。MVP受賞は当然でありました。

 おっと、それからハーフタイムショウのローリング・ストーンズ! やられたなぁ!凄いなぁ、60のオヤジ達の立ち振る舞いじゃないよ、全く! ミック・ジャガーも声の調子が良さそうだったし、やけにチャーリー・ワッツのドラムがタイトだった。キース・リチャーズのギターはますます良くなっております。
 というわけで、朝から大いに盛り上がらせてもらいました、ありがとうNFL!それとスティーラーズおめでとう!こちらも便乗でバンザイ!!
[PR]
by harukko45 | 2006-02-07 04:36 | スポーツ | Comments(0)

 前回からの続き...

 コンサート後半は松崎さんの独壇場。MCにおいては常に笑いをふんだんに織り込んで、お客を飽きさせず、かたや歌になれば、熱い男の世界を全身で目一杯表現する。こちらにはネタも何もわかっているのだが、ついついいつも巻き込まれてしまう。

M-9:グリコ・アーモンド・チョコレートCMソング・メドレー
 かつて「CMソングの帝王」と呼ばれていた松崎さんの数百曲に及ぶCMソングの中でも、代表的なヒットとして残っていたグリコ・ソングを過去のCM映像とともにショート・メドレーとして演奏した。前曲の大作での緊張感から一転、かなりのリラックスしたムードが会場を包んでいたね。こちらは映像の生かすように無駄を省いたパフォーマンス、それでも松崎さんの大サービスのハシャギぶりにお客さんは大笑いだった。

M-10:Amazing Grace
 福岡と熊本の時、後輩であり昨年急逝した本田美奈子さんを偲んで、松崎さんとパインツリーのアカペラで歌われた。

M-11:愛の6日間~M-12:抜け殻
 前者はsatohさんの素晴らしいピアノとMioちゃんのバイオリンをフューチャーしたシャンソン風の佳曲。歌われる詞の世界に思わず引き込まれていく。ちょっとしたアブノーマルなムードもあって成熟した大人の音楽だ。一方続けられる後者は非常にストレートに失恋の痛手を歌った曲で、アレンジも劇的効果をねらった工夫がされている。この辺りの曲でのパインツリーの演奏は常に完璧なので、私のような外様は出来るだけ邪魔をしないように、おいしい部分を強調するように演奏していた。

M-13:愛のメモリー
 そして本編最後は松崎さんの自他ともに認める代表曲。文句のつけようのない傑作だが、演奏面ではイントロを新しいアルバム・バージョン(チェコ・フィルによるフルオケ・アレンジ)を再現していて、指揮者抜きで各自のノリを合わせるのを何度かチェックしていた。ツアー途中でバイオリンがMioちゃんからMihoちゃんに代わって、再びMioちゃんが戻るというスケジュールだった(Mio→Miho→Mio、まぎらわしいのだぁ!)ので、多少日によってニュアンスが変わった。
 とは言え、内容の充実度が下がることはありえない、さすが20年以上ともにしている仲間達はある種の「ツボ」を心得ているね。そのあたりの絶妙さには敬服するのだった。

En:エンドレス・ラブ
 アンコールに応えて、再び松崎さんジュンコさんのデュエットによって歌われた。元はライオネル・リッチーとダイアナ・ロスだけど、我らがお二人も全然引けを取らない仕上がりだと思うよ。単純に歌のうまい歌手が良いメロディーの曲を歌うということに、ただただ感動する。そういうことの大事さを再確認させられるのだった。
 特に熊本でのこの曲、何とも言えない「達成感」に満たされて大変幸福な気分で気持ちのいい4分間だった。

tokuさん&yukkoさんのホームページにPhotoが掲載されています。コチラへ

[PR]
by harukko45 | 2006-02-06 02:19 | 音楽の仕事 | Comments(0)

 前回からの続き

 M-8:スクリーン・ミュージック・メドレー
 まずはオッサンをフューチャーして①"007のテーマ"から松崎さんの②"ロシアより愛をこめて”。ジョン・バリーの傑作ですな。ジェームス・ボンドはショーン・コネリー、監督はテレンス・ヤングで最高でした。そして、007シリーズの変わり種「カジノ・ロワイヤル」からバート・バカラックの③"Look Of Love"をジュンコさんで。ある意味、今のオースティン・パワーズの原型と言える作品。音楽もシャレているのだ。ただし、演奏ではツアー前半、私のテンポが遅くってイマイチで、後半修正した。

 続けてバカラックもの、おなじみ④"雨にぬれても"(明日に向かって撃て)は松崎さんの明るいキャラにピッタリ。それに対してジュンコさんの⑤"ムーン・リバー"(ティファニーで朝食を)はとてもシットリと。オードリー・ヘップバーン主演でヘンリー・マンシーニ音楽の傑作を続けて⑥"シャレード"を松崎さんが熱唱。

 ここで一息⑦"パリの空の下(セーヌは流れる)"をインストで。satohさんが華麗なるピアノからマンドリンのサウンドでテーマを弾く。そして、松崎さんがおもむろにギターを抱え、再びマンシーニの⑧"ピンクパンサーのテーマ"。途中で似てるようで似ている?やっぱ似てない別曲、"ゲゲゲの鬼太郎"に変身。なんでやねん!
 曲が終わっても、松崎さんはギターをマイク・スタンドに擦り付けてジミ・ヘン遊びをしておりましたが、こちらは気にせずにフランシス・レイの⑨"白い恋人たち"をオッサンのアコギを中心にインストで。

 中盤戦はボサノバにアレンジしたマンシーニの⑩"酒とバラの日々"をジュンコさん、ジョニー・マンデルの⑪"いそしぎ"を松崎さんが軽やかに歌う。ここはそれぞれの担当バンマス(つまり最初私、あとsatohさん)のピアノもフューチャー。続けて、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードがたまらない「スティング」で印象的に使われたスコット・ジョプリンの⑫"エンターテイナー"の最初の部分を私がソロで弾いた。いやいや盛大な拍手ありがとうございます!

 そして、このメドレーの中でも白眉的な仕上がりだったマーヴィン・ハムリッシュ曲でバーブラ・ストライサンドの⑬"追憶"。ここでのジュンコさんは最高でしょう。声質と曲調がピタっとはまったね。
 このあたりはロマンティックで雄大な曲が続き、松崎さんが⑭"慕情"を華麗に歌いきった瞬間!、慕情は慕情でも「柴又慕情」?⑮"男はつらいよ"のテーマをtokuさんがソプラノで泣かせるよ。再会したマツお兄ちゃんとジュンコさくらはどういうわけか⑯"男と女"をデュエットするのだが、途中からお兄ちゃんの支離滅裂なナレーションで「おフランス」な世界は崩壊するのだった。

 さて、いよいよ後半戦!まずはギリシャ映画の⑰"日曜はダメよ"をラテン風にインストで。ここらあたりから会場は手拍子で盛り上がるっと!そのままジョルジョ・モルダーによる⑱"フラッシュ・ダンス"、ロイ・オービソンの⑲"プリティ・ウーマン"で一気にクライマックスへーっっ!

 そして最後は「オズの魔法使い」のハロルド・アーレンによる大傑作⑳"オーバー・ザ・レインボウ”を全員で心を込めて。ここまでくると、演奏者側もかなりの感動状態で高ぶった気分になっていたね。そして、エンディングに再び"007のテーマ”をビシっときめて、内容ギッシリの20分間はここに完結した。どうだ、まいったか! ナンテ。
[PR]
by harukko45 | 2006-02-05 19:31 | 音楽の仕事 | Comments(0)

 前回の続き...
M-5:シンプル・ラブ
 ここからは大橋純子さんのコーナー。おなじみの代表曲でかためた構成で誰にも楽しめるものになっていると思う。いつものレギュラーバンドでやるよりも全体にふんわりする感じになるのがパインツリーの特徴かな。私は普段だとピアノ以外にシンセ類も一人でやっているところを他のメンバーにお願いできるので、ずいぶんと余裕がある。その分ベーシックなリズムとコードワークでジュンコさんの世界を演出しなくては。

M-6:たそがれマイラブ(モカ・ジャバ・バージョン)
 ボサノバ風のリ・アレンジ・バージョンだけど、オリジナルよりいいと思うな。詞の内容や今のジュンコさんのムードにこちらの方が合っている。こういうサウンドだとパインツリーの大人な雰囲気がよく出ててシットリするね。ここでも私は結構自由に遊べるので楽しい。(調子の乗り過ぎに注意!)普段だと再現できないフルートやストリングスのアンサンブル・パートもこの編成だとこなせるのだった。

M-7:シルエット・ロマンス〜M-8:サファリ・ナイト
 私とオッサンのアコギにyukkoさんに後半からストリングスを加えてもらっている。今回は私はちょっと原点に帰るつもりで、あまり「女性的」なサウンドにならないように心がけた。繊細になりすぎて崩れたロマンのような表現でなく、様式のしっかりした内容にしたかった。それでいてキチキチしたメトロノームのような演奏は元々する気はなく、その場で自由な表情が出ればシメタものである。このシリーズではなかなかうまく行ったと自負しております。

 続くサファリ・ナイトは一転してゴージャスなサウンドとノリの良さで一気に盛り上がった。ステージそででは松崎さんが影マイクでサビのコーラスに参加。これがなかなか効いておりました!
 ケンさんが書いたオーケストレーションもシンセを駆使して、ほぼ再現できる人数なのでたいへん派手な仕上がりとなった。土屋”オッサン”のギターソロはここでもシビレさせてくれました!

 さてここからはメインイベントとも言える、お二人の競演でお贈りする映画音楽メドレー。その演奏時間約20分におよぶ大作である。ディナーショウなどでは半分のショートバージョンをやっていたが、やはりこのコンサート用に皆で作り込んだフルバージョンこそ、やりゴタエも聴きゴタエもある一級品なのだった!
 続く...と
[PR]
by harukko45 | 2006-02-05 19:10 | 音楽の仕事 | Comments(0)

 ジョイント・コンサートをセットリストにそって振り返りたい。

 本番前に我々はほぼ3時間以上、サウンドチェックとリハーサルを毎回おこなった。これは前にも書いたように松崎さんのやり方なので、アーティストによってそれぞれ違う。ただ、この常にキッチリとリハすることがこのチームのルーティーンとなっていて、それが本番に向けて過度の緊張感を生み出さず、平常通り入っていける要因と言える。
 私は、いつもやっているウォーミングアップをその1時間前に始めるので、ずいぶん長く弾きっぱなしだが、逆にそのおかげで好調さを維持できたと思っている。

M-1:ラプソディ・イン・ブルー(オープニング・テーマ)
 この前に7分近い映像が流れるが、この出来については松崎さんは最後までクレームをつけていた。あくまで完璧を追求したい彼の姿勢が強く現れていた瞬間だった。
 さて、その映像の最後に流れるクラリネットの「あの」悩ましい旋律の後に、我々の"ラプソディ・イン・ブルー”がスタートする。あくまで最初の主題のみ生かしたオープニングテーマとして演奏されるパインツリー(松崎バンド)のみによるインストだ。
 私はデオダードやボブ・ジェームス風にエレピでチャラチャラやろうかとも思ったが、ここはキチっと譜面どおりユニゾンすることにした。やっぱりなかなかよくできているものですなぁ。
 ガーシュインの作曲力も素晴らしいけど、オーケストレーションの苦手な彼にかわってアレンジしたF.グローフェも素晴らしい。この関係は現代の音楽シーンにつながる作曲・編曲の分業制のハシリみたいなものかな?

 そういえば少し長くなるけど、ガーシュインがパリに行ってラヴェルに会った時に、彼の巧みな管弦楽法について熱心に質問したらしい。するとラヴェルは「もうすでにあなたは一流のジョージ・ガーシュインなのに、何で二流のラヴェルになろうとするのですか?」と答えたという。なかなかシビレる話ではないか。

 M-2:A Lot Of Living To Do~M-3:I Don't Mean A Thing(if it ain't got that swing)
 松崎さんが登場してジャズ・スタンダードの有名曲をビッグバンド風のアレンジで続ける。M-2はこの現場で初めて耳にした曲なんだけど、パインツリーのバージョンはアレンジがなかなかかっこいい。イントロのsatoさんのピアノ・リフがいいし、途中でブギウギ調になるのも盛り上がる。
 続くエリントンの名曲は典型的なビッグバンド・サウンドの再現でyukkoさんのシンセとkuroちゃんのジャングル・スタイルのドラムが大活躍。私はお邪魔にならないように、密かにライオネル・ハンプトンをイメージしてヴァイブの音で所々チャチャをいれておりました。
 ここらあたりの松崎さんの選曲のセンスが光るし、ご本人の歌もラスヴェガスのショウを思わせる華やかさがあって、ウキウキさせられる。お客さんも手拍子で応えてくれて、最初からノリがよろしい!
 熱気にみちたエンディングで会場が沸いた後にE・ピアノの印象的なイントロに導かれてジュンコさんの登場。

 M-4:愛のセレブレーション(Tonight, I Celebrate My Love)
 ロバータ・フラックとピーボ・ブライソンのデュエットでおなじみの曲ね。でも、ロバータよりもジュンコさんの方が可憐さがより出ていると思うな。この曲で両雄そろい踏みとなると、会場の雰囲気もぐっと華やかに盛り上がってくる感じがステージ上にも伝わってくる。でも、バックはあくまでシンプルにボーカルを引き立てることに徹する。

 さて、この4曲続き後、お二人の軽妙なトークが炸裂。特に松崎さんのノリは今回すごかったね。そうとう笑かしてもらいました。ジュンコさんも笑い過ぎで歌う準備が出来なくなりそうでしたから。
 でも、お客さんもここでかなりのリラックス・ムード。このメリハリさがいいんだろうね。
まだ前半なんだけどもうだいぶ長くなったので、次回に続く。
[PR]
by harukko45 | 2006-02-05 14:54 | 音楽の仕事 | Comments(0)

ツアー終了

 全7公演を回った、松崎しげるwith大橋純子コンサートのツアーが無事終了して、今日帰宅しました。いやいや久々の長旅、いろんな意味でいい経験になった。
 やはり10日間も一緒だといろんなことが起きるものだなぁ、と再確認したし、日々変化するステージでの音楽は生き生きとしていて、あらためて素晴らしいなと思った。

 中盤戦でメンバー・スタッフ内に風邪が蔓延して、一時は移動中も暗いムードが漂った時もあったのだが、そこは百戦錬磨の方々、そういった試練に耐えながら、じょじょに各自で立て直し、全体のモチベーションも大きく高まって最後の2連チャン、大分・熊本のコンサートは大変充実した出来だったと思う。

 実を言うと、去年から続いているこのコンサート・ツアーは、何処でもなかなかの好評だったので、その内容にはみんなが自信を持っていた。それを今回はメニューと演出を少し手直しして、より進化させたバージョンだったので、私自身も当初から気合いが入っていたし、何としてもいい仕上がりにして気持ちよく終えたかった。
 個人的には今回はバンマスという立場ではないので、全体というよりも個人としての役割に重点を置き、自分の中での課題をもうけて毎ステージにのぞんだのだが、それについては気負いすぎの初日以外は、ほぼ満点の充実した時間を持つ事が出来たと思っている。
 毎日同じようなルーティーンを続けられたことにより、リラックスと緊張感をほどよく共有でき、良いパフォーマンスを維持することが可能だったのだろう。
 それと幸い私は体調を大きく崩すことなく過ごせたことも大きかった。やはり、体が一番だわな。

 熊本終演後の打ち上げも、みんな達成感のある満足した気分で語り合い、おおいに飲み明かしたのでした。最後にラーメンもね。(昼・夜で2杯も食っちまった!帰ってからはダイエットです。)
 ではコンサートの詳細は次回に。
 
[PR]
by harukko45 | 2006-02-04 23:58 | 音楽の仕事 | Comments(1)

大分から

 松崎しげるwith大橋純子コンサートツアーも終盤戦となってきた。今は大分だ。呉を11時ごろバスで出発して、夕方5時に到着した。今日は移動だけなので、また下関の時のようにネットカフェから更新中だ。

 さて、ここ数日間はなかなか大変だった。とにかく、風邪にやられてメンバー、スタッフが相次いで調子を崩したからだ。私は幸いにも、小倉の本番後に少しゾクゾクしたぐらいで、翌日には回復したが、何人かの人はかなりつらそうだった。
 それでも、本番を休むわけにはいかないのがこの職業。楽しい音楽を奏でる2時間だけは皆気合で乗り切った感じだったね。
 各本番後、再びバスに乗り込んで次の場所へ移動だったので、正直疲労がとれず風邪の人もなかなか直らないままだったかもしれない。

 そうやって小倉、福岡、呉とこなしてきたのだが、どの会場もダフ屋が出るほどの盛況で、お客さんが盛り上がっていただけたのが救いだったかな。

 とはいえ、こうして一緒に行動していると不思議と同士的な気持ちが強くなってくるものだ。と同時に個人としてのプレイに、とっても集中しようともするのだった。よく考えがちなのは、チームが苦しい時は個人を捨てよ、だが、実際にはその逆で各個人が自分の役割をしっかりこなし、いつも以上に自分にこだわることが、結果チームの危機を支えることになると思っている。

 今回はバンマスでピアノの佐藤さんが元気で我々を盛り立ててくれているし、私はここのところユンケル飲みながらのステージで、そのおかげか「絶好調!」とまでは言わないが、なかなかキレの良さはキープしていると思っております。

 そして昨日の呉では、体調の悪かったメンバーもずいぶん復活してきて、気持ちも明るくなってきたのだった。今日のバス移動もしんどかったけど、何とか後2ヶ所(大分、熊本)をいい形で乗り切っていきたいもんだ。

 そうそう、肝心なことを。何といってもフロントのお二人、松崎さんとジュンコさんは好調です!やっぱりメインをはる人というのは、元々体の構造が違うのでしょうね。もちろん、日頃のケアをよくなさってる成果でしょうけど。
 でもそうでなくてはコンサートは成立しないわけで、お二人の責任感の強さにはほんと、頭が下がるよ。
[PR]
by harukko45 | 2006-02-01 19:08 | 音楽の仕事 | Comments(2)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる