安倍なつみin大阪

 安倍なつみさんとの「春の微風」ツアーは昨日一昨日の大阪2daysをもって無事終了しました。いやぁ、リハが始まったのが今月3日ですから、その後2週間弱で全行程を終えるという、実に効率のいいツアーでした。
 もちろん、効率性だけでなく内容の方も、昨年秋の「Angelic」からもう一歩進んだ成果が得られたと感じています。これは短期間でも少ない人数で蜜に時間を共有できたからということが大きいのだと思います。
 それと、会場がすべてライブハウス・クラスの規模だったので、ステージ・サイドのリラックスして楽しんでいる雰囲気を、観客の皆さんにもダイレクトに伝えることができたのでは、と思っているのでした。
 そして、いつもながら熱い反応をこちらに返してくれるファンの方々には心より感謝です。

 さて、またセットリストにそって、振り返っておきたいと思いますが、今回は「Angelic」と大きく違う点として、アレンジや構成、演出等へのこだわりよりも、自然発生的なバンド色の強いアプローチがテーマだったので、基本的には各ミュージシャンの感性に任せる部分も多く、今回の4人ならではのサウンドに、リード・ボーカリストとして「なっち」が乗っかって、ライブを引っ張っていったと言えるでしょう。

 m1.スクリーン
 とりたててオープニングを作る事もなく、ミュージシャンが登場して、すぐにボーカリストも登場、皆でOKを確認したら1曲目という始まりは、我々には普段通りですが、これまでの「なっちコンサート」の形に慣れている方々には意外だったかもしれません。
 この曲は、昨年の段階では出来立てホヤホヤの新曲でしたが、もはやずいぶん手慣れた感じの安定した音になっていて、全員に変な気負いがなく、まさに「自然に」演奏が始まったのでした。
 CDで聴くストリングスのアンサンブルによる間奏は、今回も徳武さんのギンギン・ソロにしました。ただ、CDアレンジの最終完成版で新たに加わっていたフレーズやリズム・パターン等は随所に取り入れました。だから、微妙に「Angelic」バージョンとは違っています。

 m2.スイートホリック
 原曲は、切ない詞でありながら明るいポップな曲調で、Aメロでのラップっぽい部分も面白く、なかなか聞き応えのある作品。全体のサウンドもなかなか派手な仕上がりでしたが、今回はあえて生ピアノと徳武さんのアメリカ南部色の強いギターをフューチャアして、シンプルなサウンドでやってみました。
 たぶんこの曲の場合は、4リズムでアレンジの「骨組み」だけで演奏しても十分耐えうる楽曲だし、中に潜む面白さがより明快に聞こえてくるのではと思ったからでした。
 また、ところどころはっきりしない仕掛けや、いま一つスムースに流れない部分を整理しました。それにより、各自が「遊びやすく」なったとでも言いますか、より即興的な部分も増えて、個人的にも毎回すごく楽しい演奏になりました。

 m3.愛ひとひら
 元々のアレンジが比較的ジャズっぽいし、セッション向きだったので、今回のバンド・サウンドで無理なく演奏できた曲でした。ですが、細かい部分では修正を加えさせてもらいました。この辺は実際に演奏しながら気づいた点を、皆で話し合いながらじょじょに変えていきました。

 m4.恋の花
 「Angelic」ではそれまでのアコースティック・バージョンを踏襲した形でしたが、今回はオリジナルにかなり近い演奏になりました。個人的にはこのオリジナル・アレンジは良く出来ていて好きです。ただし、このテンポは速すぎる。なっちさんご本人からもテンポを少し落としてほしいとのことでした。でも、あまり遅くしすぎると、このアレンジの良さは消えてしまう、ちょっと微妙なあたりでした。で、今回の演奏になりましたが、4人だけでも原曲の派手さやアジアン・テイストの楽しさはうまく表現できたのでは、と満足しています。

 m5.東京みちくさ
 m2からm4まで、BULGEプロデュースの作品が続いて、そのポップでライトな感覚が心地よいわけですが、続けてつんく氏プロデュース作品となると、その曲調に独特のエグさが加わって、やはり納得させられる部分が多いです。
 割と何の変哲もない、かつてのフォークソングや歌謡曲のような曲ですが、なんとなく心に響く部分があるというか。この辺はさすがだと思いますし、なっちさんの個性にもよく合っていたということでしょう。

 m6.ちょっとずつね。
 そういった意味合いから、続くこの曲もいかにも「つんく」らしい佳曲でしょう。サビの「ちょっとずつ、ちょびっとずつ」「ちょっとずつ 幸せ感を」なんて歌詞はすごく惹かれます。CDでは割とリズムをかちっと強調してAOR色を出していましたが、今回はアコギと生ピアノを生かすように、かなり抑えたアプローチにしました。それで、大人っぽさと危うい心情もより深くなったのでは、なんて思っているのですが。
 
 m7.息を重ねましょう
 「Angelic」では贅沢にもインストでつなぎ曲として使っていたシングル曲でしたが、今回は晴れてちゃんと演奏できました。それにしても、ダンスホール・レゲエ的なリズム・パターンはCDよりもライブの方がより引き立つ気がします。CDバージョンに少々かけていたアグレッシヴさを今回うまく引き出せたのでは思っています。
 それと何度やっても冒頭のドラム・フィルインからピアノ・メロが入るところがたまらんです。ただし、初日の浜松1回目では私が裏表が逆になってしまいヒヤヒヤでした。そういった意味でもスリリングで面白かった?

 m8.さよならさえ言えぬまま
 "スクリーン"とのカップリング曲で、スクリーンの続編とも言える内容とのことで、なっちさんもかなり思い入れを込めた楽曲でしたし、全員にとっても新曲だったので、一番リハを重ねた曲と言えます。
 私の意識としては、"スクリーン"とこの曲だけはCDの世界にそって、キチっとやろうと思っていました。それが、他の曲との違いにもなって良かったのではと感じています。それと会場からの反応は"スクリーン"以上に大きかった気がしました。

 m9.ヴァンサンク(27バージョン)
 ヴァンサンクというのは25のフランス語だそうですが、今回は27歳のニューバージョンをベースにやりました。
 正直この曲は、メロディがあまり引っかからずに流れて行ってしまうし、コードも頻繁に変わるので演奏での変化をつけにくい感じです。しかし、歌い手としては詞の内容をじっくりと聞かせたいという気持ちになる曲なのだと思います。だから、歌のじゃまをしないように、それでいて平坦にならないようにと心がけました。
 だが、もうちょっと何とかなるのでは、とも思います。今後28,29...と続く作品として、次回はより工夫したいとも感じています。

 m10.甘すぎた果実
 この曲はm2の"スイートホリック"とともに、今回いい意味での裏切りとも言える演奏になったのでは、などと勝手に思っています。とりあえず、自分にとってはかなりのめり込んで演奏できた曲になりました。
 CDでのストリングスやシンセなどによるゴージャスな音作りでなく、それらのフレージングを生ピアノ一本に集約し、キラキラしたサウンドを排してザックリした感じになったことで逆に力強さが出てきたとも言え、よりライブっぽかったのではないでしょうか。
 ところどころ、ワルノリして荒っぽくなった部分もありましたが、それより、金太郎飴のように毎回同じような演奏にならなかったことの方が、個人的にはとても好ましいのでした。

 m11.愛しき人
 前曲であまりにも爆発しすぎると、この曲が地味に感じる瞬間もありましたが、やはりジワジワと気持ちが高ぶってくる曲で、なっちのライブには外せない楽曲なんだと思います。
 「Angelic」でやった時に、私が思う以上にファンとご本人との間を結ぶ大切な曲なのだということを実感したので、今回はそういった意識を強くもってのぞみました。このあたりになると、会場のヒートアップぶりは最高潮でしたね。

 m12.微風(そよかぜ)
 本編最後のこの曲は、ほとんど新曲であるとも言えるのでしょう。で、現在のなっちさんに一番ピタっとくる内容なのでは。歌に込める気持ちはもちろんですが、こちらがサビあたりでかなり盛り上がっていても、ちゃんと受け止めてしっかりと歌いこなせているのは、作品に強く共感しているからだと思います。
 イントロ、間奏、エンディングは本来はストリングスなどで豪華に行きたいところを、今回は全てピアノでやりましたが、音の厚みは多少失っても、元々のフレージングとムードはきっちりと再現するように頑張ってみました。

 En.夕暮れ作戦会議
 アンコールはドカーンと行こうということで、選ばれたこの曲は楽しさの極致でした。スプリングスティーン調のロックとも言えるし、モー娘。的ポップでもあるし、いずれにしろ文句なく、皆で盛り上がろうという意図にはピッタリでした。会場中一緒のフリも、こちらから見ていても楽しかったです。でも、演奏面ではかなりの力技で重労働でしたけど。
 エンディングではかなり引っ張りましたけど、どんどん会場からの反応も強くなっていったので、こちらも思わずノセられてしまいました!

 というわけで、「春の微風」というタイトルながら、最後には「春一番」も真っ青の「春の嵐」のごとく燃え上がったパフォーマンスになりました。終演後も興奮冷めずに、冷たいビールを飲み干しながら全員で健闘を讃えておりました。

 2週間足らずの短い時間でしたが、前回以上に濃密な時を経験でき、メンバー・スタッフ共に、満足感とともに次への自信にもつながる明らかな成果を感じられたツアーでした。
 そして、全4ヶ所10公演にお越し頂いたファンの方々には、心よりお礼を言います。本当にありがとうございました。
[PR]
Commented by 松浦光秀 at 2009-02-16 19:40 x
Angelicツアーに続き素晴らしいツアーを演出してくださりありがとうございます

またの機会を楽しみにまっています

本当にお疲れさまでしたm(__)m


安倍なつみ親衛TTG
松浦光秀
Commented by 絆っち at 2009-02-16 20:12 x
和田さん、お疲れ様でした!

15日の大阪昼公演に「春の微風」最初で最後の参加をさせていただきました。バンドらしさとステージ上の良い意味でのリラックスは客席にも十分伝わりましたよ。

今回のバンドらしい雰囲気にはドラムの浜田さんの影響も大きいのではないかと感じました。浜田さんのパワフルなドラミングがROCKっぽさ、バンドっぽさを醸し出していたなあと。

和田さんにお聞きしたいのはこのようなアレンジや雰囲気になったのはなっちサイドからの提案があったのでしょうか?今までどちらかというとアコースティックな感じが多かったので、かなり新鮮に思えたものですから。
Commented by 絆っち at 2009-02-16 20:12 x
楽曲としては「恋の花」のテンポアップが嬉しかったです。スローも良いですが、原曲のはじけるような感じが好きなので。

「微風」は胸に響きましたねえ。なっちの成長を感じ取れた一曲でした。良い表情してました!

「愛しき人」と「夕暮れ作戦会議」は会場のノリとともに次第になっちやバンドメンバーの方のテンションが上がっていくのがわかり、楽しかったです。

大阪では美味しいお鍋も食されたようで何よりです。なっちは三文オペラに入ってしまいしばらくライブはお預けとなってしまいますが、その後は何か計画中ということで、また和田さんはじめバンドの皆様と再会出来ることを楽しみにしております。本当にありがとうございました!
Commented by cha-chann at 2009-02-17 01:22 x
微風ツアーお疲れ様でした。

私はSTB1部と北海道2部に参加しましたが、とても心地の良いライブだったと思います。

「なっち」は若干体調を崩していたみたいですが、しっかり声も出ていたし安定した歌声でした。

STBと北海道で座ってる位置がほぼ一緒だったのですが、
北海道の音は良かったと思います。

STBは私がスピーカーの近くだから大き過ぎに感じたのかも知れませんね?

これから「なっち」は舞台の為、ライブは夏ですかね~?

「なっち」は舞台後、色々考えてるみたいなので、夏のライブが楽しみです。
和田さん、またカッコイイアレンジ宜しくお願いしますね!!
Commented by あき at 2009-02-17 02:22 x
ツアーお疲れ様でした。

息を重ねましょうの表裏・・・気付きませんでした。
オープニングのン・タ・ン・タのとこでわけ解らなくなる時はありますが(笑)

浜松に行ったときにギター&ベースの足下にコードに繋がったカチカチスイッチが大量にあるのを見ました。
それが何かは詳しくは解らなかったりするわけですが。。
コードに繋がってるので音を変化させるものなんでしょう。。。
プレイヤーの、音へのこだわり出てる。。と思った一瞬でもありました。

さよならさえ言えぬまま は切ない感じがじわじわ染みわたって、、なんとも言えない最高のメロディーでした。

どの曲も世界観がふわっと思い浮かんで、なんだか浮遊しちゃってる気分になります。(ヤバイですね。。)

曲間やセット全体のテンションの波さえも緻密にアレンジされていてほんと素敵なライブだっと思います。

最高の時間をありがとうございました。

また、ライブで会えるのを楽しみにしています。
Commented by に。 at 2009-02-17 04:00 x
和田さん、今晩は!

今回もSLに沿っての感想ありがとうございます(^^)

今回のツアーは本当にバンド色が濃くて、ボーカルになっちって言うのがピッタリな感じでした。

僕的には「息を重ねましょう」のドラムの音から始まる感じが好きでしたね~

なっち曰く、三文オペラの後にまたツアーをやる予定みたいなので、その時にはまた是非和田さんのアレンジでお願いしたいです(^^)

短いツアーでしたが、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!
Commented by シンジ at 2009-02-17 18:09 x
こんにちは、和田さんツアーお疲れでした。今回ばバンド色がありすごいライブ感を大切にしまうのは寂しいですが、なっちは三文オペラへ和田さんは次に向けて頑張ってください。今回のアレンジの解説はわかりやすくよかったです。
Commented by ネオ at 2009-02-17 22:37 x
全10公演お疲れ様でした♪
今回のアレンジ解説も興味深く拝見致しました。
自分は大阪を除く6公演にお邪魔しましたが、毎回1曲1曲情熱的、情緒的な気持ちになる素晴らしい演奏でした♪何かあっと言う間のツアーだったので、また贅沢な音を次回も聴かせて頂きたいと淡い期待をしております!
なっちも体調を崩していたようですが、バンドの皆さんも強行日程だったので、体調を崩されてないか気になる所ではありますが、身体には十分御慈愛下さい。
ホントに感動をありがとうございました!
Commented by 大阪の母 at 2009-02-18 01:46 x
お疲れ様でした。
ラッキーなことに大阪公演に参加させていただけました。
素人で的外れかもしれませんが,少しだけ。
個人的には『東京みちくさ』が大好きなので久しぶりに聞けたことは嬉しかったです。徳武さんがアコースティックギターに変えての演奏でしたし。
ヴァンサンクは安倍さんとアイコンタクトからの歌い始め。良かったです!28,29と進化が楽しみです。
微風は生で聞くのは初めてでした。CDとは違った優しい感じがしました。
会場もライブハウスクラスだったこともあるのかもしれませんが,メンバーの濃密な関係が間近に伝わる公演に参加できて嬉しかったです。
Commented by 旅人 at 2009-02-19 21:04 x
和田さん、お疲れ様です。そして丁寧な全曲解説ありがとうございました。
今回の安倍さんのツアーは都合のつく日が抽選に外れ、行けませんでしたが、こうしてブログの形で色々な情報を得ることが出来、少しは良かったと思いました。
今回は期間も曲数もぎゅっと詰まった濃い内容のツアーだったのでは無いでしょうか?それだけに充実した部分とやりきれなかった部分と送り手側に両方有ったんじゃないかと想像しています。
ファンとして勝手な受け手は、(そうだよなぁ~恋の花はテンポ速いほういいよなぁ~)くらいの気楽なことばっかり言ってたりしますが。
ひとつだけ質問させて頂いて良いでしょうか?微風などは、今回のツアーの前にwowowで放送されたコラボ☆ラボの中で、斉藤恒芳氏がアレンジしたものが有ったのですが、そちらはご覧になっていたりするんでしょうか?(でもピアノ+弦楽5重奏だし参考にならないですかね)ふと気になったりしました。
Commented by harukko45 at 2009-02-24 12:24
なっちファンの皆様、いろいろとコメントありがとうございました。みなさんの言葉にずいぶんと励まされ、新たなやる気につながるように感じています。

一括レスで失礼します。

松浦さん、こちらこそありがとうございました。今後もなっちさんとの関わりはありますので、その節はどうぞよろしくです。

絆っちさん、浜田くんが聞いたら喜ぶと思います。ドラムはとても重要なポジションなので、彼がサウンド的に中心なのは間違いないです。
それと、今回はなっち・事務所サイドからは「バンドのボーカリストとしてのなっち」といった大きなコンセプトだけで、あとは皆でやりながら自然に出来上がったムードを元にやっていきました。

cha-channさん、STBに引き続き札幌、ありがとうございました。札幌のライブを楽しんでいただけたみたいで良かったです。僕らも、札幌での出来には満足しています。

あきさん、ギターとベースのお二人は現在、足下に並ぶエフェクターに凝ってまして、まさにおっしゃるようにたくさん並んでます。
それと、今回のセットリストではカウントなしで始まる曲がほとんどで、それがいい意味でもスムースな流れを生み出していたようにも思います。

Commented by harukko45 at 2009-02-24 12:39
一括レスで失礼します。

に。さん、いつもどうもです。今回も「息...」は個人的にも好きだったので、喜んでもらってうれしいです。夏以後のツアーでも是非お会いしたいですね。

シンジさん、どうもありがとうございます。なっちに負けずに僕も頑張ります。ここにもまた遊びにきてください。

ネオさん、6公演参加ありがとうございました。疲労は確かに積もっていましたが、メンバー・スタッフとも一致団結して頑張った大阪はかなり良かったです。この一体感を夏以降も大事にしたいと思います。

大阪の母さん、全然的外れじゃありませんよ。細かい部分もちゃんと聞いて、それを喜んでいただけてうれしいです。次の機会でも是非お会いしましょう。

旅人さん、今回は残念でしたが、コメントありがとうございます。ご質問ですが、斉藤氏がアレンジしたものを私は聞いていないので、今回はCDのバージョンをベースにしています。ただ、4人だけでストリングスもいないので、ずいぶんムードは違ったかもしれません。でも、後半はかなりテンションの上がる感じでした。個人的にも楽しませてもらいました。
by harukko45 | 2009-02-16 18:33 | 音楽の仕事 | Comments(12)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30