祝!イチロー8年連続200本安打達成

 タイトル通りで、他のコメントは必要ないですな。凄い男が、また凄い事やり遂げました。キメる時には、あっさりとキメるところも彼らしい。
 ツー・ベース、サード後方のポテン・ヒット、最後はショートへの内野安打と多彩な打ち分けまで見せてくれてありがとう。
 シアトル・マリナーズ唯一の星、イチローに感謝。でも、彼の道はまだまだ続くのだった。これからも見続け、応援し続けます。
 とりあえずは、偉大だけれど通過点突破おめでとう!
[PR]
Commented by ヤマケン at 2008-09-21 00:23 x
ホント、まずは素直におめでとうと言いたいですね、すごいことです。

イチローを見ていて、ついつい日本の国技の相撲での外人力士や柔道の外人選手のプレイスタイルについて、どーなんだろうなーって考えてしまうんです。バンマスはどう思うでしょう?
外人力士や外人柔道選手って、相撲や柔道の精神性とかは日本人が望むほどわかっていないというかわかろうとしていないと思うんですよ。横綱の相撲は美しくなければならない、土俵を割るとわかっている相手を更に押したりはしない、など。柔道でも逃げ回って時間稼ぎをするようなまねはしないとか。
じゃあ、力と力のぶつかり合いみたいな本場アメリカのベースボールでイチローって、どう思われてるんだろう?アメリカ人はそんなの気にしないのかな?最近はアメリカ人投手も敬遠とかするようになっちゃったみたいだし。なんでもあり、がアメリカン・ウェイなんでしょうかね?
どう思います?
Commented by harukko45 at 2008-09-21 04:53
僕はMLBにおいて日本人選手達はよくアメリカの流儀と風土に合わせ、敬意を持ってプレイしていると思います。イチローは十分にアメリカでもリスペクトの対象ですし、正直、日本よりも実力の評価や選手への敬意はちゃんとしているし、ファンの見方もレベルが高いと思います。勝負がかかっているシーンでは敬遠もやむなし、それだけイチローは強打者なのですから。それに、今のMLBはそれほど力と力の勝負という感じではないです。
相撲に関してはそれほどくわしくないのですが、最近の外国人力士はよくやってくれていると思いますよ。ある意味、予定調和だったものに刺激的な部分が芽生えてきたと思います。でも、相撲の持つ「美しさ」は失ってはいけない。でもそれは力士自身の人間性の問題であまり外国人かどうかは関係ないのでは。
それと僕らが子供の頃には日本人力士達の暗黙の了解であったこと、例えば7勝7敗で千秋楽を迎えた力士を勝たせて給金直しさせてやる、その時に負ける方には体に土をつけさせない、つまり寄り切りで勝つ、なんて言うのは現代のスポーツ感覚から言うと「フェアじゃない」ことになってしまうかも。
Commented by harukko45 at 2008-09-21 05:02
字数が多すぎたので、続きです。
大麻問題でも外国人力士だけが大騒ぎでしたが、日本人親方と力士がやったリンチ事件だってまだまだ大きな問題としてあるわけで(だいたい「かわいがり」って言うのもねぇ)、日本人力士に精神性は残っているのか、ともなってしまうです。
ところが、柔道に関してはそれこそ真逆に感じています。僕としては、日本の柔道家は世界と戦う必要なしとも思っています。今、国際大会で行われているのはJudoとかいうもので、ちっとも面白くないスポーツです。あんなしょうもない中途半端な格闘技に、真の柔道家達が参戦する意義などありません。
要は、スポーツとしてのレベルにおいて現在のJudoはあまり見る価値なしですし、そこに当然あるべき柔道精神など語る意味もないと感じてしまいます。
それに比べれば、まだ相撲は全然マシだと感じています。
Commented by ヤマケン at 2008-09-21 11:30 x
なるほど。
MLBはそれ特有の流儀というよりはアメリカ人社会で常識の個人の尊重、他人へのリスペクトが基本ということでしょうか。それはよく理解できます。

そうか、確かに相撲の問題は外人力士だけじゃなくて全体の問題ですね。
Judo、おっしゃるとおり。
by harukko45 | 2008-09-18 11:44 | スポーツ | Comments(4)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30