大橋純子/スイートベイジル139の詳細(2)

 スイートベイジルの後半です。

m9.What's Going On
 このマーヴィン・ゲイの超名曲には代表的な名演が2つあって、1つはもちろん本人によるモータウン・オリジナル盤。そのグルーヴ感は大変個性的で、ちょっと異常な感じもある(あのアルバム全体に漂っている悪魔性)。マーヴィン・ゲイとファンク・ブラザーズが、あの時代だったからこそ作り出せた奇跡のようなものだろう。
 もう1つはダニー・ハサウェイのライブ盤における名演。これも、歴史上に燦然と輝く名パフォーマンスだが、モータウン盤のような解読・再現不可能な感じでもなく、よりアグレッシブで分かりやすいグルーヴで、我々にも取っ付きやすい。なので、主にセッションなどでは「ダニー・ハサウェイ的」にアプローチすることが多いだろう。
 最初はそんな気分だったが、ジュンコさんケンさんは2年前ぐらいに出たマイケル・マクドナルドのモータウン・カバー集を参考にしていて、もうちょっとメローでクールなサウンドを求めていた。普段ライブハウスでついつい盛り上がってしまう我々は、その辺りを注意して今回は演奏したつもりだ。
 で、かなりその狙いは成功したと思う。ジュンコさんがゆったりと語りかけるように歌っていて気持ち良さそうだし、バックも肩の力が抜けたビートを常に供給している。

 後半の私のソロはうれしくなってて、ちょっと弾き過ぎてるかもしれないが、まぁ、ここは最後まで弾き倒したので大めに見ます。続くゴトウさんはさすがに堂々たる歌いっぷりです。
 全編に効果的なのが、ユキコ&ヒロコの女性コーラスで、実にいいムードを作ってくれていた。

m10.I'm Not In Love
 もう1曲カバー。10ccの大ヒットでジュンコさんもレコーディングしているし、ライブでも前に取り上げているのでおなじみの方もいるでしょう。
 これに関しては、ジュンコ・バンドの良さ、特に私のキーボードを良さが生きているかな。ある意味オリジナルをリスペクトしつつも別のアプローチの方法で成功したパフォーマンスでレパートリーとしての価値は高いと思う。ウエちゃんのメリハリの付け方がうまくキマッテいてカッコイイです。

m11.Soul Trainまっしぐら
 美乃家における土屋昌巳さんの代表作ファンクチューンの1つ。私もリスナーとしてこのスタジオ盤は大好きであります。これはギターのニュアンスが大事なので、タマちゃんはよく頑張ってくれました。おいしい部分をちゃんと再現してくれましたね。
 ギター以外はわりと今の気分で自由に、そしてよりワイルドにファンクしております。
 にしても、このテイク、かなりのヘビーファンクでイイんじゃないの!誰がどうのと言うより一丸となったグルーヴが最高です。全員がイってないと「Special」なグルーヴなんか生まれません。このツアー中のベストでしょう。
 それと、やっぱりこういう曲でのジュンコさんのボーカルは誰にも真似できません。自由奔放なゴトウさんのソロも最高。

m12.サファリ・ナイト
 もうすっかりおなじみの終盤戦の定番曲。ここまで来ると、演奏する方もある種の充実感を感じています。が、今回は簡単には終わらない。2コーラス後についに登場、植村昌広君の大ドラム・ソロ。一部ネット上では「変態ドラマー」として注目を浴びているらしいですが、「変態さ」というのは天才的とも読めるし、アーティスティックとも言えるのです。彼のような超個性派をバンドに迎え入れる我々の懐の広さったらどうですか!!
 いやはや、ちょっと話が脱線しましたが、とにかくどの会場でもバカ受けの大盛り上がりだったウエちゃんのドラム・ソロのおかげで、今回のライブ全てがハジけきったと言えますね。バンド内MVPをウエちゃんにあげましょう。

m13.ペイパー・ムーン
 しっかしまぁ、この日の「盛り上がり3曲」での全員の16分のキレの良さは尋常じゃないね。素晴らしいもんです。特にこの曲のイントロでのタマちゃんの歪んで過激なカッティングとそれに絡む私のブラス・シンセはかなりのものです。
 で、その後も怒濤の疾走で展開する演奏には強力なカオス感があり、ただのバックバンドではないことを証明していると自信を持って言えます。そんな強力なパワーでお贈りするファスト・ファンク化した筒美京平ポップに敵なしじゃわい。

m14.星を探して
 ついに本編ラスト曲。近年のケンさんによる代表作。マイナー・バラード書かせたら天下一の真骨頂が出た曲であります。
 なので、ここでは確かにレコーディングにおける土屋マー坊さんの素晴らしいギターソロのイメージも強いですが、やはりジュンコさんのボーカルこそが圧倒的な印象を持っているわけです。それだけ彼女の思い入れの強さが表れた素晴らしい歌だと思います。
 不思議なもので、前半よりも声が透き通って来ているではありませんか。おそるべし!

En1.We'll Be Together
 アンコールにお応えして、スティングの大ヒットのカバー。今回の主旨に一番ふさわしいとも言える曲調と詞の内容。もう楽しみましょう、それっきゃないでしょ!と全員で高らかに宣言しているわけです。タマちゃんとロクさんは飛び跳ねておりましたし、コーラスお二人も踊り放し。おっとロクさんが途中見失いましが、無事に復帰してきました。これもご愛嬌。最後には女性ボーカル陣3人によるシャウト大会ね。やっぱり「女は強し」。男性陣バンドはちょっとヘトヘトですが必死についていっております。

En2.Cry Me A River
 ダブル・アンコールに応えて、実にシブイ選曲。これも意外に思われた方が多かったようだけど、ジュンコさんのこういうスタンダードは本当に素晴らしいです。過去にボサノバの名曲カバーでもそのことは証明されていますからね。また今回は特に思い入れも強い曲だったのと、シンプルの極みのような曲調なので、お客さん達もボーカルのうまさを十分堪能されたのではないでしょうか。
 で、この伴奏のピアノの人、なかなかウマイじゃないですか。何だやればできるもんですね。これなら、もうちょっと年取っても音楽で飯食えるかも?
 いやはや、これまでなかなか、ジュンコさんのご希望通りにつけられなかったのですが、この日が一番良く出来ました。またまた勉強になりました。日々精進でありますな。


 
関連
Photographs/クラブサーキット2006六本木STB139スイートベイジル編

[PR]
Commented by ヤマケン at 2006-07-30 23:32 x
今日は昼はカミサンにつきあってお買い物、夜はサポートが切れたのでやむなくWINDOWS MeをXPにしたりして、ほんのちょっと目を離した隙に、ぎゃ~、なんですか、バンマス、一気にライブレポート書き切ってしまったじゃないですか! すごい勢いですなあ。でも早く読めてウレシイ。
会場のPAからきこえる音では理解できない部分までしっかり解析されていて、うらやましい。かぶりつき席はやっぱ、音的にはつらい面もありますからね。なにはともあれお忙しい中の執筆、感謝。
また私のいい加減なレポートも読破してくださった上にコメントもたくさんいただいて、大感激です。さっそく本文中に一部引用させていただいちゃいました。著作権で訴えるんでしたら次回のライブでなんか差し入れますから勘弁してくださいませ。
次回のライブやアルバム、できたらライブ盤とか、いろいろ期待してますからね。よろしくお願いします~。
Commented by harukko45 at 2006-07-31 04:47
訴えはしませんけど、差し入れは大歓迎ですよ!
ヤマケンさんの勢いにおされて、こちらもアップしちゃいました。
逆にこちらこそ感謝です。これからもどうぞよろしくです。
Commented by covaemon at 2006-07-31 11:01
バンマスさん。はじめまして。covaemonといいます。
ジュンコさんのライブレポートありがとうございます。ぼくは大阪在住なのですが、ライブがあることはしらなかったので、とっても残念に思っております。もうノリノリのイケイケライブだったんでしょうね。見たかったです。
実は20年ほど前に、ジュンコさんのライブは大阪で見た事があります。もちろん、美乃家さんもいっしょでした。その時の感想は、録音と生がこれだけちがわないのってすごいって子供ながらおもっておりました(その時は高校生)。
いまでも、時々ギターを弾くこともあるのですが、なかなかバンドをもう一度とはいけないのが、さびしいところです。
次は是非とも見に行きたいです。やっぱり、「シンプルラブ」や「ペーパームーン」を生で聴きたい。
Commented by 185 at 2006-07-31 14:38 x
バンマス様、先日はお疲れさまでした!。

コメント遅れてゴメンナサイっ。私もあの中の一人として行ってきました!
アップが早いですね!一曲一曲ごとのレポート、感動です。

最後のデュオなかなかでしたね☆心に残る歌にのせた美しいピアノの
音色!スバラシイに尽きます!

しばらく、余韻に浸りますです。
素敵な時間をともに過ごせたことに感謝です!
純子様、バンマス様に乾杯♪☆
Commented by PiyoPiyo at 2006-08-01 11:37 x
バンマス様、ヤマケンさん
ライブレポート、有難うございました。
突然、伺えなくなった事、悔やんでも悔やみきれないステージだったことを改めて感じています。
来年、期待しています~(^o^)丿
Commented by harukko45 at 2006-08-01 16:14
covaemonさん、初めまして。大阪ブルーノート残念でした。でも、高校生で美乃家を見たとは、ずいぶんマセた(失礼!)方ですぞ。今思えば、あの当時の美乃家を実際にご存知というのは貴重なことだと思います。僕もテレビでしか知らないので、逆にうらやましいです。次回、是非とも現在のジュンコさんを体験してみてください。

ayacoさん、いつもありがとうございます。余韻が少し醒めたら、また前のようにご意見感想を聞かせてください。メールでもいいし、次回ハムロクなどのライブでお会いする機会に直接でも。それから、勝手にブログのリンクさせてもらっちゃいました。不都合あればお知らせください。
こちらこそ、いつも応援していただき感謝感謝です。

PiyoPiyoさん、次回は是非一緒に盛り上がりたいですね。それまで、こちらも頑張ってより良いものを作っていきたいと思います。丁寧なコメントの数々にもお礼を言います。
Commented by コンマキ at 2006-08-02 19:30 x
ちびっと遅ればせながら。お疲れ様でした!
今回は、今までの純子さんのライブのなかで、一番はじけました!
すごく「バンド」感ありましたよね~^^
いつも、純子さんのライブは、バンドの皆さんのこともキョロキョロ見渡しているんですけど、今回はそれぞれ「こっち注目!」みたいな場面がたくさんあって。

ワタクシ的には、六川さんに惚れ直しました。めちゃめちゃかっこよかった!ハートをわしづかみにされました!
ウエちゃんの暴走(?)も、横浜よりはるかにパワーアップしてたし(笑)
お客さんも含めて、「みんなで」一体となって楽しんだひとときでしたよねっ。

ここ最近、私の朝の通勤ドライブは「ペイパー・ムーン」ばっかしだったんですけど、あのライブ以来はすっかり「Soul Trainまっしぐら」のヘビロテです。おかげで職場でも時々頭の中で「まっしぐら~あぁぁ~!」がグルグルまわってます(笑)

それから、初めて和田さんとお話できたのも感激しました^^
お疲れの所、フレンドリーに答えていただいて、ありがとうデス♪

また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています!
Commented by harukko45 at 2006-08-02 22:42
コンマキさん、今年もありがとうございました。初日の1回目と大ラスを見ていただいたわけで、こちらこそ大感謝ですよ! 少しはツアーを回ってこなれた感じになっていたでしょうか? その後も「Soul Trainまっしぐら」じゃ、クラクラしちゃいますよ。
これからもよろしくです。
Commented by 185 at 2006-08-04 02:53 x
ハ~イ!遅くなってしまいましたが、メールさせていただきました。
それと、リンクをありがとうございました。とっても嬉しすぎで涙がちょちょぎてれますぅ~こちらもさせていただきましたので、どーぞこれからもよろしくお願いしますです。
by harukko45 | 2006-07-30 23:09 | 音楽の仕事 | Comments(9)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30