人気ブログランキング |

Robert Johnson

 ディアンジェロのような音楽を聴き続けると、その毒性の強さゆえに、他のものがひどく軽く聴こえて困ってしまう。とりあえず、どれもこれも面白くなくなってしまう。
 こういう時は「目には目を」「毒には毒をもって制す」。マイルスの"Sorcerer"かボブ・ディランの"Blonde On Blonde"あたりも考えたが、ロバート・ジョンソンを聴くことにした。こりゃ、かなり毒強いでしょ!

 とにかく、この人は27才でもろに毒殺されてしまって、残っているのはその2年前(36年)と前年(37年)の全部で29曲41テイク、2枚組のCDだけしかない。だが、70年前の演奏なのに、やたらめったらリアルの音なんだよね。それにギターがとんでもなくうまい。キース・リチャーズが初めて聴いた時に、ギタリストが二人いると思ったという話には、こちらも納得しちゃう。
 今回聴いて思ったけど、36年のテイクより37年のものの方が、歌に包容力がある。ギターにもやさしさがあるように感じる。たった1年でも彼は深みを増したということかな。その分36年には尖った勢いがあって、これはこれで凄いわけです。にしても、内容は絶望的なものだったりするんだろうけど、えらくノリのいい歌と演奏だよなぁ。
 ジャンルは違えど、モーツァルトも「音楽は常に楽しくなくてはいけません。」って言っている。悲しくたって辛くたって、楽しく聴かせる。だからこそ、その裏にある暗闇を聴き手が発見した時に衝撃的な感動となるのだった。

 でもまぁ、細かいことよりも、全ての曲に一貫して存在する「何か」にうっとりしてしまうわけ。何と言うか、死者の霊魂が語るのを聞いているのだな、これは。彼の声、歌、ギター、録音された部屋の臨場感、すべてが一つなんだ。録音された時は当然彼は生きてたんだけど、音楽自体は霊魂そのものがやっていたのかもしれない。だから、時間を越えちゃうのだった。
 
 ますます生きてる自分の小ささに嫌になる。こういうすごいものを聴くと自分の死ってやつがとっても身近に感じるのだった。
Commented by Seira.D at 2006-05-27 07:32 x
おはようございます。私もRobert Jonson好きです。
今聞いても彼のテクニックって凄いと思います。
>70年前の演奏なのに、やたらめったらリアルの音なんだよね。それにギターがとんでもなくうまい。
これって本当に同感です。
では仕事にいってきます。(笑)
Commented by harukko45 at 2006-05-27 19:08
出勤前にコメントいただき恐縮です。ありがとうございます。
ある一部の有名ブルーズマンからは「そんなに大した事はなかった。」というコメントもあるようですが、実際に音を聴けば、やはり「この男は凄い!」としか言いようがないです。
それに、とにかく音楽としていいですよね。
Seiraさんも書いている「クロスロード伝説」といい、女好きから毒殺されたことといい、いろいろ興味のつきない人です
Commented by artist-room-usagi at 2006-06-01 08:44
音楽が無意識的に伝えようとしているものを感じ取ってしまったときって身震いします。もしかして、演奏している本人も気づいてないことが多いのかもしれませんよね。生きていることに意味なんてないのに、意味を探し求める。う〜ん、それが人間、そしてミュージシャンなんだなあ(相田みつおかい!)失礼しました。では、天国行ってきます(笑)。
P.S.ロバジョン、この写真も凄い存在感ですよね。
Commented by harukko45 at 2006-06-01 11:02
オシバッチ押葉君、お久しぶりです。あなたの文章も意味深長ですぞ。
最近、この手のデルタ・ブルーズを聴いててホっとする自分がいましてねぇ。考えてみると、27才の若造の歌に心震わしてるんですから、不思議な気分です。コメントありがとう。
Commented by フレ at 2006-06-26 00:07 x
ようやくトラバできるの書きました(笑)。サッカー漬けの日々は日本敗退後も続くんでしょうねぇ(笑)。
Commented by harukko45 at 2006-06-26 03:29
フレさん、どうもです。サッカー漬けはこれからが本番です。日本が敗退したので、かえって余計なイライラがなくていいです。ハァー。
フレさんのロック道もいよいよデルタ・ブルーズ編に突入。エルモア・ジェイムスから来るとはさすがです。僕はこの辺はまだまだよくわかってないので、フレさんのブログを参考にさせてもらいます。コメント&TBありがとう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by harukko45 | 2006-05-27 02:26 | 聴いて書く | Comments(6)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31