第60回グラミー賞

第60回グラミー賞授賞式は、全体としては低調な内容だった。ショウの中でのパフォーマンスで魅きつけられたのは、オープニンブでのケンドリック・ラマーのみだった。

肝心の受賞も、主要3部門にブルーノ・マーズというのも、なんだかなぁ。さすが、グラミーって感じで、昨年のアデルに引き続き、がっくりとなった。

最優秀アルバムはケンドリック・ラマーの「DAMN.」(前作も当然、受賞していたはず)かチャイルディッシュ・ガンビーノの「Awaken, My Love!」、ダークホースにロードの「Merodrama」って予想だったけど、こちらの期待は完全に裏切られましたな。というか、グラミーの予想は外れてばっかだけど。自分の好みが違うってことで。

ケンドリック・ラマーは結果5部門受賞したけど、一番価値の高いのを今回も逃した。チャイルディシュ・ガンビーノのアルバムはまさに、現代のファンク。70年代のコピーに終わらず、新たに全てを精査し直して、再構築した内容だと思う。もっと評価して欲しかった。

今回は、若手のロック・アーティストが全くフィーチャアされてなかったのも残念。一応、最優秀ロック・アルバムは、The War On Drugsの「A Deeper Understanding」で、これは良かったんだけど、このバンドはもっと前から受賞して当然だった。

カントリー部門ではクリス・ステイプルトンが3部門受賞で、とても嬉しい。正直、ノミネートされた中ではダントツのレベルなので、これも当然。彼はただのカントリー歌手じゃない。多分、ジャンルを超えて「アメリカーナ」を今後も引っ張っていく逸材。昨年活躍した、スターギル・シンプソンなんかとともに、私が今一番愛聴している音楽を提供してくれている。

その「アメリカーナ」部門では、ジェイソン・イズベルの「The Nashville Sound」がベスト・アルバム受賞。まだ、彼らのことはそれほど入り込んでなかったなぁ。ブレント・コブの「Shine On Rainy Day」にあげたかった。

で、昨年亡くなった音楽関係者を追悼するコーナーでは、クリス・ステイプルトンとエミルー・ハリスがデュエットを聞かせてくれた。個人的にはオールマン・ブラザーズ・バンドのグレッグ・オールマンと、スティーリー・ダンのウォルター・ベッカー、グレン・キャンベルの名前に心を動かされた。
特に、グレッグ・オールマンは昨年出した「Southern Blood」(アメリカーナ部門ベスト・アルバム・ノミネート)が素晴らしかったので、とてもショックだった。

とは言うものの、オールドスクールとも言える、60年代70年代のレジェンド達から、21世紀世代の新しい才能に大きく心を奪われることの多かった昨年だった。そんなこんなをまとめる気分にさせてくれた、今回のグラミー賞でありました。



[PR]
Commented at 2018-03-15 16:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-03-29 14:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by harukko45 | 2018-01-29 17:58 | 聴いて書く | Comments(2)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31