安倍なつみ/横浜関内ホール

 安倍なつみさんの夏ツアー2日目、関内ホールでの2回公演が終わりました。ゲネプロから3日間連続でのステージにメンバーもスタッフもかなりヘトヘトではありましたが、皆の頑張りでやりきったってところでしょうか。
 私の感想としては、前日までの会場に比べてステージ上での音が聞きやすく、例えばツルさんのヴァイオリンやアコーディオンがほぼ生音で聞こえてくるといった状態はとても好ましく、リハの段階からやろうとしていた室内楽的なアプローチが自然に出来たように感じました(それは主に前半です)。
 また、初日を終えてのいい意味での力の抜け具合、それはひょっとすると体が疲れていることで、無駄な力が入らなかった状態だったのか、安倍さんをふくめステージ上の4人が皆同じようにリラックスしていたのが、全体にいい結果に結びついた気がしています。

 特に昼の部はいい出来だったと思っています。集中力とリラックスが適度にバランスが取れていたのでした。夜はさすがにフィジカル的な余裕がなく、後半は少々力技になった部分もあったかもしれません。もちろん、ミュージシャン・サイドが感じた「良い悪い」が決して客席側でのそれにイコールではないのですが。

 さて、ここまで4回のコンサートをやってきましたが、ファンの皆さんには賛否両論があるようです。当然、すべての人が満足することは不可能なので、どんな場合でも批判的な意見はあるはずだし、逆に全くない方が気持ち悪い。それこそが「贔屓の引き倒し」というもの。ファンが辛口であることは実に良心的で健康であると考えます。
 ただ、いくつかの点でこちら側からも発信しておいてもいいのでは、とも思ったので、いつもならすべての公演が終わってから伝えるべき内容ですが、あえて少し書いておきたいと思います。

 たぶん、3人のミュージシャン、それもリズム・セクションのないコンサートのイメージは今回の場合、前半の内容が比較的抵抗なく合致するでしょう。ただ、ヴァイオリン、アコギ、ピアノという楽器編成により、室内楽的色合いがとても強くなったので、それを生かす意味で、大きく曲のアレンジをいじくるより、オリジナルにある大事だと思われるフレーズを3人でうまくアンサンブルさせることに重点をおきました。ヴァイオリンとアコギでユニゾンしたり、ハモったり。ヴァイオリンがトップでメロディを弾き、その内声部分をピアノで受け持ったり、アコギとピアノでアルペジオをからませたり。ボーカルのハモ・パートをあえてアコーディオンでとったり。
 こういったことは、何度も聴きこまないとわかりづらい部分かもしれませんが、我々ミュージシャンの立場では、リズム・セクションが入った場合とは全然アプローチが違うのでした。

 ですから、アレンジがオリジナルとあまり変わらず、もっと大胆な遊びが欲しかったという指摘も理解できなくはないけど、今回は「外身を変えずに、よく見たら細かい部分にこだわりの装飾が施されている」というのを目指しているとお話しておきます。

 それでも、この前半で3曲ほど、比較的控えめに打ち込みによるリズムを使っているのは、安倍さんが「聴き手を飽きさせないような工夫」を希望していたからで、小編成のアコ・サウンドによる単調さを出来るだけ回避したいという意図を汲んだものでした。結果として、中盤までは打ち込みと生とのバランスはいい形でまとまっていると思っています。
 また、ほぼオリジナルに近いアレンジの中で、唯一ちょっと変えてあると言える「甘すぎた果実」ですが、これはバロック風とタンゴ風とハバネラ風が順番にやってくるようにしたもので、今回の編成ならではの内容なのですが、観客の皆さんには原曲のディスコ・ビートのイメージが強いせいか、どうしても手拍子が起きてしまうので、全体としてはスケールアップしてしまうのでした。これはこれでありですが、我々の最初の意図はもっとミニマムな世界観でした。

 さて、前半だけでの話が長くなってしまいましたが、実は後半、打ち込みがずいぶんと幅を利かせてくる部分の方が批判がより多いような気がします。「演奏者のいないコンガ音が聞こえてきて、カラオケのようだ」「カラオケ使うのならば、3人のミュージシャンはいらないのではないか」「これでは、進化どころか昔のナッチコンに戻ったようだ」との指摘は「なるほど」と思うところもあり、するどくポイントをついていると思います。
 コンサート後半で盛り上げる曲をやるために打ち込みを多用しているのは、前に書いたように、ご本人の「飽きさせないように」という思いがまず一番であり、それが退化のイメージに結びつくとは考えていませんでしたし、カラオケ的になることは出来るだけさけるよう(これは当初より皆が意識していたこと)に注意して、リズム・トラックを作りました。が、それでも楽曲の性格上、音数は多くなっていったのは事実です。

 ですので、「いないミュージシャンの音がする」などはその通りなのですが、それでもかなりの部分を演奏している3人の存在感が薄くなっているようなら、それは我々の方の敗北でありますので、スタッフを含めた全員の課題と言えるでしょう。ただ、今の状態で「とても楽しい」と喜んでくれている方々も多く、またステージ上での安倍さんの頑張りぶりを毎日見ていると、決して「サービス意識に欠けている」とはとても思えないので、この辺は外からもっと大きな視点でプロデューサーに判断をしてもらうしかないでしょう。

 さて、まだまだいろいろあるとは思いますが、次の大阪まで少し時間があるので、私ももう一度もろもろを整理しておきたいと思います。
 とにかく、関内ホールにお越し下さったファンの皆さんには深く感謝します。ありがとうございました!
[PR]
Commented by トキア at 2009-06-08 11:24 x
はじめまして。昨日関内ホールに参加しました。
自分的には久々の曲も聴け、また盛り上がり系の曲ではバイオリンをうまく使い、打ち込みによる音の幅も広がってとても楽しめる満足にた内容でしたよ。。
今回はアコライブともうたってないわけで、また新しいサウンドが聴けてよかったです。
厚生年金、河口湖までに演奏・歌唱ともどう進化していくのか楽しみです。
Commented by に。 at 2009-06-08 11:30 x
和田さん、こんにちは。
まずはゲネプロも含め、3日間お疲れ様でした!
私は専門的なことはよく分かりませんが、全体的に少人数でのバンド編成で音が限られている中、最後まで飽きることなく楽しめる音楽になっていると感じています。
もしかしたら多少贔屓目もあるのかもしれませんが。。。
これから公演数を重ねていくにつれ、少しずつ変化していくこともあるかとは思いますが、我々もその違いも楽しんでいけたらと思います。
次の大阪公演まで日にちが空いてしまいますが、この2日間以上の盛り上がりを期待してますね!
Commented by なつみるく at 2009-06-08 14:19 x
和田さん、こんにちは。東松山、関内と参加してきました。
今回のアレンジについては、割と原曲に忠実な感じで、もっと遊びが欲しかったという思いでいましたが、打ち込みの件も含めて、創り手側の意図をこのように指し示して頂けることをとても嬉しく思います。
万人が満足するというステージは、和田さんも書かれているように無理ですが、今回のような客席側からの意見といったものも、今後もあるであろう次のツアーの時に汲んでいただけたらなという思いでいます。
この後も、ラストの河口湖までの数公演に参加するのをとても楽しみにしていますね。ゲネプロも含め、3日間お疲れ様でした。
Commented by 藤司浪 at 2009-06-08 22:09 x
和田さん。お久しぶりです。
ハロプロ8年生のHNを改めました。今後もよろしくお願いします。
私は東松山の昼公演に参加しました。
初回って緊張しますね。
演じる訳ではないんですが、見る側もどんなセットだとか
衣装はどんなだとかアレンジはとか。
今回のツアーは去年の夏ツアーに近いものを感じました。
ただ、秋冬ツアーの音が厚かったので、ちょっと物足りなさがあった気がします。
その分ヴァイオリンがカバーしているのでしょうか。
シンセであれカラオケとミュージシャンがする音と違うのは
よくわかります(コンでションとか)。
後数回参加します。楽しみにしております。
Commented by northernbluesky at 2009-06-09 00:18 x
和田さん,3日間大変おつかれさまでした.
4公演目でのひとことは,かなり本音だったんですね(笑)

そこへさらに,私達ファンの声を察知して,こうして意図を解説して
下さって,感謝というか申し訳ないというか…

今朝,仕事に行く前に読ませていただいて,和田さんのお気持ちに胸が
痛み,すぐにもここに書きたかったのですが,残念ながらその余裕
がありませんでした.

私自身,初日に聴いたときに迂闊だったのが,今回はそもそもアコース
ティックライブであるという意識が薄かったことです.
そのために,リズム楽器がない演奏に違和感を感じていました.逆に
言うと,自分の中では,それだけAngelicツアーや2月のプレミアム
ライブでのリズム楽器が強力だった(耳に残っている)ということでは
ないかなと思います.
Commented by northernbluesky at 2009-06-09 00:21 x
でも,2日目に注意深く聴いてみると,3つの楽器(3人の演奏)で
曲想をよく表しておられるなあと感じました.特に今回は都留さんの
バイオリン&アコーディオン,それにマンドリンでしたか,それらが
印象的で,曲を引き立ててくれていると思います.
それと後半部分では安易に打ち込み音を多用はしたくないとかなり苦労
されたのではないかと思いました.音質とともに音数も印象を左右しま
すが,ノリのいい曲は,無意識にもリズム部分を聴覚的にも,そして
視覚的にも楽しむので,目の前にミュージシャンがいながらそれが
生演奏でない(聴覚と視覚が一致しない)ことをどう消化したらよい
のか戸惑ったのだと思います.ですので,3人の皆さんの存在感が薄い
ということはなくて,別次元の問題のようにも思います.
Commented by northernbluesky at 2009-06-09 00:46 x
ところで,聴かせる曲ではオリジナルよりもずいぶんテンポを落として
いるのではと思いましたが,それはなっちの歌唱力に自信がないとできない
ことじゃないかなあと思います.1つ1つのフレーズがしっかり届いてきて,
じっくりかみ締めています.

それに加えて,今回のサウンドはどちらかというとシンプルなので,
なっちの歌声を浮き立たせてくれているようで,なっちの歌をよく感じ
取ることができるように思います.

ちょっと外れているところもあるかもしれませんが,私なりに感じた
ことを書かせていただきました.

やっぱり,なっちのライブが好き!です(笑)
楽しいライブです!

自分の“音楽耳”が成長していくことも含めて,このあと,まだまだ楽しみ
にしていますので,いい演奏を期待しています!
Commented at 2009-06-09 02:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by harukko45 at 2009-06-09 16:22
皆様、いろいろと書き込みありがとうございました。
この時の更新の内容について、私自身はあまり深刻には考えていなかったのですが、文章力の稚拙さから余計な心配や気遣いをさせてしまった部分があったやもしれません。
とにかく、自由闊達な意見交換を誰も止めてはならないし、それに耳を傾けないようではお互いの成長には結びつかないわけです。
とは言え、いろいろな意見を念頭におきつつも、今始まったばかりのツアーの全体がすぐに大きく変わるわけではなく、我々が初日前に感じた「良い」という手応えを信じて、それをちゃんと実現できるかどうかが大事だと思っています。
最終的には頭の中で考えたアレンジや演出よりも、ステージでのパフォーマンスこそがすべてであって、それが真に良ければ他の不備など一掃されるわけです。
ですから、私個人としてもこれまで以上にエネルギーを注いでいこうという気持ちになっています。
Commented by harukko45 at 2009-06-09 17:04
おっと、付け加えます。
今回のコンサートの全体の時間が短い、との批判も知っていますし、多くの曲でカットがあり、フルコーラスでやってほしいとの意見も承知しています。が、正直この部分は私がどうのこうの言う立場にはありません。全体の時間については特にです。
とは言え、他の現場ならフルコーラスでやるのに、安倍さん以外でもハロプロ関連では、カット・バージョンでやることは多く見受けられます。
ただ、これによりCDで聞くと少々冗長に感じられた部分がすっきりした曲もあったと私は思います(その分、詞にこだわりを持つ人には理不尽な省略に感じられるのでしょう)。
ですから、曲のサイズをいじくるのは失敗も成功もあり得るので難しいですが、アーティスト側が感じる「何か」があって、カットしているところも多いのです。特に安倍さんは自分の主張がしっかりあるので、今の自分には必要ないと感じている部分とここまで支えてくれているファンへの感謝との狭間でいろいろ模索しているように感じます(あくまで私個人の感想)。
Commented by harukko45 at 2009-06-09 17:05
また続きです。
今は、過去のモー娘。時代を引きずる楽曲から、真に安倍なつみとしての楽曲を獲得するための過渡期にあることは、誰の目にも明らかでしょう。そのある意味苦しくも、毎日成長している時期(彼女の歌が昨年のAngelic時よりも格段に良くなっていることは確かです)に、ライブをやり続けることはとっても素晴らしいことです。
そして、これを抜けた時にまた新たな「何か」に出会える可能性があると思います。それは私が他のアーティスト達と過去に経験したことでもあります。
こんなことを言うと、偉そうで恐縮ですが、後で考えると「あの時の苦しい時期が、次の飛躍につながった」と感じられるし、ファンとして見ていても「あの時はあまり良くなかったと感じたけど、それがいろいろその後のヒントになったのか」と気づくようになるものです。
なので、常に前向きに頑張っている彼女の判断や直感を私はかなり信頼しているのでした。
これで、答えになっているかどうか。

Commented at 2009-06-10 00:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-10 00:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-12 08:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by harukko45 | 2009-06-08 04:04 | 音楽の仕事 | Comments(14)

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30