WBC/日本6-1メキシコ

 ウヒョー、快勝でしたな。テレビで見れなかったので、インターネットで速報をチェックしながらだったが、何と言っても松坂君の素晴らしい投球が光った。それもストレート中心の力勝負だったというのがうれしいじゃないか。でも、これぐらいやってくれなきゃね、とも思うよ。だって、彼はもっともっと出来る人間だから。
 とにかく、5回を1安打無得点、今日はまさに快刀(投)乱麻の活躍で、彼が今日一番の殊勲者でありましょう。

 打線においては、4回、メジャー100勝以上しているエース、ロアイザから打った小笠原のタイムリーと里崎の2ランは実に効いたね。また、5回の多村のタイムリーは、アメリカ戦での不振を吹き飛ばす意味でもよかった。そして、9回には千両役者、イチローのだめ押しタイムリー。
 松坂以後の投手陣も強打のメキシコをホームラン1本に押さえたのは素晴らしい。調整試合で不調だった和田もしっかり仕事してくれたじゃない。

 さて、これである意味舞台は整った。明日、今大会強運で波に乗る韓国を粉砕できるかどうか、もし敗れれば(いろいろ条件はあるものの)アメリカの準決勝進出を手助けすることにもつながる。
 1次リーグでの雪辱と、「アナハイムの悲劇」の克服を同時にやり遂げられるのか、日本代表の真の実力が試されるわけだね。力が拮抗するとは言え、同じ相手に2度も負けるわけにはいかない。王監督の「最後の試合と思ってやる。」の言葉どおり、総力あげて戦ってほしい。
 強力な韓国投手陣だって弱点は必ずあるはず、調子だって常にいいわけじゃない。イ・スンヨプは気分よく打っている様子だが、パ・リーグの投手なら彼の穴は十分承知だろう。ここで、ビシっと沈黙させて、そのまま眠りについてもらおう。
 頑張れ、ニッポン!
[PR]
by harukko45 | 2006-03-15 16:17 | スポーツ

 韓国がアメリカから大金星(7-3で勝利)か。

 日本が勝利を逃し、韓国がそれを達成するというと、何か2002年の日韓W杯・決勝Tの1回戦のようなムードだなぁ。日本はトルコに敗れ、それでも1次リーグ突破したんだから、まあ良しか、と思っていたら、その数時間後に韓国はイタリアを撃破。その後、3位決定戦まで勝ち進んだわけで。(あの時は韓国戦において審判疑惑が持ち上がった。が、結局イタリアやスペインが恨み節をいくら言おうが、結果・歴史は覆らない。)

 しかし、これでWBCのアメリカ・ラウンドは混迷の様相になってきたな。日本は何としても2連勝して、この大混戦に殴り込みをかけてほしいものだ。

 それにしても、今回のアメリカ・チームはやはり調整不足で、オープン戦気分でのぞんでいるんじゃないのか?
 まぁ、そのおかげで、昨日の日本があと一歩まで追い込む事が出来たのかもしれない。しかし、その後の国内の評価がほとんど「疑惑の判定」に批判的では、さすがのドリーム・チームもモチベーションが上がらないだろう。

 そもそもこのWBC、アメリカのアメリカによるアメリカのための大会だというのに、肝心の選手がこのままイマイチな状態が続くようだと、終了後に大問題になりかねない。「金ばかり世界一で、実力は平均か。」ってことに。そうなったら、きびしいアメリカのファンはMLBを再び見放すかも。

 昨日の審判問題だって、世界大会だっていうのに第三国の人間がやらずに、アメリカ人が仕切るっていうのが異常。サッカーでは絶対にあり得ないこと。この辺がアメリカの傲慢さ、それと意外な程の「アバウトさ」だ。
 ちなみに、今回の審判はほとんどマイナーリーグからの選抜。それはメジャーの審判団との条件交渉が失敗したため。それと、昨日の球審は元メジャーで、いろいろな曰く付きでメジャーリーグを追放された人。そういう人間が何で国際大会にいるのよ?

 とは言え、あんまりアメリカのことなど批判・心配してももはや意味が無い状況になった。日本としては「3.12(アメリカ時間)/アナハイムの悲劇」をこのまま闇に葬られないためにも、もう一度奮起してほしい。
 まずは松坂投手。メキシコ打線を封じ込めてくれ。それには「本気」だしてくれよ。私は彼が実際の才能に見合うパフォーマンスを未だに見せてくれていないと思っている。特に大きな舞台で。日本シリーズ、オリンピック...。
 再びイチロー語録から恐縮だが、今大会の日本合宿で合流したさい、イチローは松坂に「どっかでナメてやってるだろ、わかるぞ。」と釘を刺していた。さすが、イチロー。
 そして、松坂よ。同じ天才としてイチローにお返しする意味でも、そろそろマジ・モードに切り替えろ。それには格好の舞台じゃないか!
[PR]
by harukko45 | 2006-03-14 19:26 | スポーツ

 昨日のWBCの対アメリカ戦終了後のインタビューでイチローは「消化しづらいゲーム。後味は悪いし、明日ゲームがあったらつらい。」と語った。本当にこの男は率直な人間と思う。TVを見ながら「ああだ、こうだ。」言ってる私など比較にならん。そんなことは最初からわかってはいたが、彼の口からこのように言われると、こちらもつらい。
 「もう終わったんだからしかたがない。何とか切り替えて、あと2戦勝利して準決勝でアメリカを倒せ!」なんて外から言うのが、おこがましいのではないかと感じてしまう。
 なおかつ、彼は7回のチャンスでセカンドゴロにたおれ、得点できなかったのを、「100%僕のミス」として自分を厳しく責めた。「相手に打ち取られたのではない。すべて自分のミス、そのとおり、そのまま」
 1回に先頭打者ホームランで見事に日本代表を引っ張ってくれた彼が、終わってから会見にのぞんだ心境を思うと心がズキズキ痛い。

 8回のホームインを取り消された西岡選手にも深い同情を禁じ得ない。彼のタッチアップはまったくセーフであったにもかかわらず、公式記録にはレフトの捕球より早くベースを離れたのでダブルプレーとなってしまう。つまり、彼のミスだと記録されて残される。彼のプレイは完璧だったのに、ミスになってしまうのだ。彼の名誉と誇りはこの大舞台で理不尽にも傷つけられたのだ。
 王監督の抗議中、日本選手がベンチからグラウンドにでなかったのは、イチローによれば「納得いかないコールだったと全員が感じたから。」であり、それは西岡の名誉を守る行為でもあるのだ。
 
 確かにスポーツであり、それを仕切る審判が人間だから、ミスがあり、不条理がありドラマがある。これまで、他の競技でも何回となく今回のような憤りを感じるシーンがあった。同時に逆の立場で日本選手に有利になれば、大喜びしてはしゃいでいたに違いない。それらがまさに勝負の世界なのだろう。
 結局勝ったものがすべて、それが真実なのだ。

 だが、私がどうしても譲れないのは、素晴らしいアスリート達の名誉と誇りを傷つけることは絶対に許してはならないということだ。そのことは時に勝ち負けをも越えて守らなければならないことと信じたい。そうでないなら、ただのケンカと同じだろう。

 昨日のTV中継後、怒りに任せてエゲツナイ言葉をこのブログ上でわめき散らしたことについて私は反省したい。
 ただ、今後もWBCにおける日本代表は応援していきたい。
[PR]
by harukko45 | 2006-03-14 04:57 | スポーツ

WBC/日本3-4アメリカ

 素晴らしい試合だった、7回までは。が、8回表。信じられないような判定、それも一度日本の得点を認めていながら、アメリカのアピールでそれが覆るなんてことが、こんな時におこるとは許せない!
 これが、アウェイの試合だ?だから、何だ。アメリカは恥を知れ。判定が覆った時の監督の大喜びを見れば、彼らにはメジャーリーグの誇りなんてないことがわかったようなもんだ。ビデオをちゃんと確認すれば、西岡のタッチアップは問題ないじゃないか!
 主審がどんなに誤審をしようと、結果しか残らないなんて、悔しいを取り越して怒りしかない。

 日本の選手の素晴らしい闘志とプレイには感動した。これが、本物の野球じゃないか!彼らは凄いアスリート達だ。
 それに比べてアメリカ・チームは2本のホームラン以外に感動するようなプレイがあったか?(少し冷静さを欠いていたので、行き過ぎた表現だった。コメントでのご指摘のように、6回のシールズや9回多村を角度の凄かったスライダーで三振にうちとったリッジは素晴らしい投球だった。ジーターもバントやショートゴロのさばきなどは流石だった、いや、いつもの感じからすればマアマアかな。と同時にピンチでイチローを敬遠してまで勝ちにこだわったマルティネス監督は審判へのアピールとともに今日の殊勲者だろう。)

 最後に負け投手となった藤川はとんでもなく悔しいだろう。A・ロッドのはドンヅマリのピッチャーゴロがラッキーにも抜けただけじゃないか。(それまで2三振と日本は見事におさえていただけに、実に不運なコースに飛んだ。)

 こんな試合は認めない。いくら健闘した、惜敗だといっても今日の日本チームへの慰めにはならない。結果が全てだ?だから、何だ!怒りをこめてアメリカにブーイングを送りつける。

 残りの2試合、日本は今日のアメリカを見習って、どんなきたない手を使ってでも勝ってくれ。で、こんなアメリカと再度、準決勝で勝負してくれ。(もう、いい。これはただのボヤキだ。今日の日本選手は誇りあるプレイを魅せてくれた。世の中は不条理だ。イチローの「納得いかない」という思いはこちらも同じだ。素晴らしい試合が終わってみれば最悪の試合になった。せめてこの苦い思いを、今後に何とか生かしてほしいと、この場はお行儀良くしめよう。)
[PR]
by harukko45 | 2006-03-13 09:57 | スポーツ

 今朝のWBCアメリカ戦が気になって、眠れない。試合が近づくにつれ、どんどん不安要素が出て来て、ひょっとすると3連敗してしまうのでは、などと悲観的になっている。
 自分がやるわけじゃないから、余計に嫌な事考えちゃうんだよね。実際に当事者になれば、スポーツだろうとステージだろうと、時間が来たら「ただやるのみ」。だから、こういう場合は選手の方がずっとリラックスしているだろうと思う。
 それに、彼らは日本の誇る一流のプロばかり。きっと何かを私たちに魅せてくれるはずだ。

 正直言って、このWBCで久々に野球を観るワクワクした喜びを感じている。そして、韓国戦の時のような悔しさも。だから、今は彼らを信じて応援しなくては。そして、何としても勝利をつかんでほしい。

 
[PR]
by harukko45 | 2006-03-13 05:29 | スポーツ

 昨日のWBCで韓国に敗れた日本代表、屈辱のアジア2位とは、一夜明けても気持ちが晴れないよ。
 野球は子供の頃、人生の半分ぐらいはしめていた重要な要素だったしな。王、長嶋の現役時代を見て育った世代としては、日本のプロが世界大会でアメリカ以外に負けるのは、そうとうなショックだ。

 だが、今日の報道によると、韓国チームは渡辺俊投手への対策、里崎捕手の組み立て等の情報をしっかり収集・分析し、それを打者に徹底させていたという。その影響で、渡辺は打ち込まれはしなかったが、彼らの右ねらいをさせないための内角へのシンカーがすっぽ抜けて、3死球を与え自滅に追い込まれた。
 イ・スンヨプの逆転ホームランも1-3でのバッター有利なカウントになると、必ず変化球勝負するという傾向を完全によんでいた。だから、体が泳ぐことなくタイミングぴったりと振り抜いた。
 それに比べ、先発のキム・ソンウからは2点取ったものの日本の打線はその後、大振りが目立つは、バント失敗などつながらず、韓国投手陣に完全に封じ込められた。

 思い出すのは、2004アテネ五輪時、病気で倒れた長嶋監督の後任を置かずに、そのまま中畑ヘッドが指揮したプロ代表チームだ。彼らは当然決勝に行ってキューバとやるとタカをくくっていたらしく、他のチームの情報収集・分析をしっかりやっていなかったという。そのツケは台湾戦で苦しみ、何とオーストラリアに2度(1次リーグ、準決勝)も敗れるという大失態をした。

 その時の捕手、城島選手は一人危機感を感じてデータ収集に取り組んだらしいが、肝心の首脳陣にはそのような意識は薄かったらしい。そりゃそうだろう、常に長嶋氏のカリスマ性のみに頼った長嶋なき「長嶋ジャパン」に、プロとしての徹底的に「勝ち」にこだわる意識と冷静な判断・戦略など生まれるはずがないからだ。

 こういう感覚は太平洋戦争における大本営の感覚と変わらないではないか。

 で、翻って「王ジャパン」だ。アジアを勝ち抜くのだって厳しい、とは言っていたが、だからといって万全の対策を練っていたとはいいがたい。たとえ選手の能力は日本の方が上であっても、情報戦においては完全に韓国にしてやられてしまった。彼らは日本に逆転勝ちしただけでなく、主力投手の大リーガー二人を隠したままだ。やはりアテネ同様、日本チームは世界を少しなめていたとしか言いようがない。

 彼らはプロだ。そして、今回はプロ同士が戦う、真のチャンピオン・シップだ。選手はイチローに代表されるように、モチベーションが高いし、ここに合わせて調整してきている。なのに、全体として日本プロ野球界は未だに危機意識が足りないのではないか。プロなら負けは許されない。彼らは金をもらって野球をしているんだから。少なくとも、勝つための最大限の努力をしてくれなくては、ファンは離れるばかりではないのか。私など、ずいぶん前から、日本の野球界にはもうすでにウンザリしている一人だが。

 アテネの教訓はまだ生かされていない。非常に保守的な野球界はちっとも改革が進んでいない。だから思い上がった意識・体質も変化なしだ。
 ただ、「王ジャパン」にはまだ救いもある。それは、本当の勝負はアメリカでの2次リーグから始まるからだ。ここまでに、彼らがとことん勝負にこだわった最善の策を練り上げてこれるかにかかっているし、その時間の猶予が与えられているのだ。

 プロなら勝つことが目的であり使命だ。イチローはこの大会の参加をいち早く承諾した理由に、「世界一を決めるんでしょ。それなら、出ない訳がない。」と言っている。簡潔明瞭ですがすがしい。そして同時に「プロなのだから、勝負へのこだわり・そのプレイを作品として魅せなくてはならない。」とも言った。なんという高い意識の持ち主なのか!彼の一言、一挙手一投足すべてにホレボレしてしまうし、学ぶべき事は多い。(再び言う。彼の「30年発言」を自国への挑発などと曲解してナショナリズムをあおる隣国は本当に大人げない。イチローへのデッドボールも報復のつもりか?)

 勝負に勝って、なおかつ作品にすること。これが本物のプロがすること、過去の偉大な先人たちも確かにそうだった。だからこそ、観ている私たちが感動できるのだった。王貞治という人もその一人だ。偉大なる王貞治を見殺しにしないためにも、「王ジャパン」全員の奮闘を期待したい。もちろん、精一杯応援している。
[PR]
by harukko45 | 2006-03-06 15:00 | スポーツ

WBC/日本2-3韓国

 くそーっ!逆転負けとはくやしいじゃないか!テレ朝の中継中、解説の東尾氏(滑舌悪くて、何でテレ朝が雇ってんだかわからん。)が去年の日本シリーズのことなんか言うから、そのとおりになっちまったじゃないか!
 野球でアジア1位にならんとは、たまらない屈辱だ。ヤクルト石井君たのみますよ、巨人戦でイ・スンヨプを抑えりゃいいってことじゃないでしょ。

 そんでもって、「ク・デソン再び」かよ。あの、思い出すたびに血圧が上がりそうな、シドニー五輪3位決定戦での敗戦。この時、日本はプロ・アマ混合チームだったにしろ、クにまったく手が出ず、予選リーグと合わせて彼に2敗している。その後、オリックスに来た時はまあまあの活躍で、メジャーに行ってもイマイチだったのに、今日はとんでもなくキレが良かった。おかげさんで、日本打線は後半ずっと沈黙。

 昨日の台湾戦は仕事で観れなかったのだが、ヤンキースのワン・チェンミン(王建民)がいないし、初戦の韓国戦に負けてモチベーションの落ちている台湾には、ワンサイド・ゲームになる(14-3)のは、ある程度見えていた。
 だからこそ、この3戦目が本当の勝負だったのに!「理想的に言えば、僅差の勝負で勝てれば最高」などと、各解説者は気楽なことをのたまわっていたが、この韓国強力投手陣を日本の打線は次で攻略できるのか?

 たぶん、2次リーグは順当に見て、アメリカが1位通過、2位を日本と韓国で争うことになりそうだ。ということは、再び1点差を争う緊迫した投手戦となるわけだ。いかにして1点を守り抜くか。日本投手陣は今後は1球もミスは許されない。

 確かに、今日は負けてしまったのだから、しかたがない。そのかわり、絶対にアメリカでの2次リーグではこの借りを返してくれよ。
 こうして、ブログ書いているうちに、気持ちも少し落ち着いてきた。大人の人間としての冷静さは大事だ。そうでなくては次につながらないから。(イチローの30年発言を侮辱的挑発的と自らのナショナリズムにすり替える韓国マスコミは本当におめでたいし、大人げない。)
 
 とにかく、私は次のアメリカ・シリーズを残念ながらライブでは見れそうもない。が、インターネットなどを通じてチェックし、応援し続けたい。日本代表よ、是非ともこのくやしさをアメリカで晴らしてくれ。イチローも松中も小笠原も調子を上げてってくれよぉ。上原、松坂頼んだぞぉぉぉぉぉぉ!!!
[PR]
by harukko45 | 2006-03-05 21:58 | スポーツ

WBC/日本18-2中国

 今年はスポーツが忙しいね。オリンピックが終わったと思ったら、WBCが始まった。まだ1次リーグだけど、なんだかんだ言いながらもやっぱり応援せずにはいられないね。
 初戦の中国はアジア・ブロックでは格下とは言え、4回に上原がホームランで同点にされた時は、ちょっと嫌な感じだったね。
 でも、西岡の一発で目が覚めた打線が大爆発でのコールドゲームで、ホッとしたかな。次の台湾戦はこんなに簡単にはいかないだろうが、松坂できっちり勝って、とにかく2次リーグ進出のアメリカ行きを決めてほしい。

 イチローはあまり調子が良くない感じだが、「70%の出来でも仕事をするのがプロ。」とはまたまた名言を聞かせてくれた。ヤンキースに遠慮(?)して出場辞退した松井秀の決断には未だに納得してない(何で同じヤンキースのジーター、A・ロッド、デーモン、バーニーは出てるんだ!)私だけど、今回のイチローの「日の丸」への熱い思いとそのリーダーシップには心からの賛辞と応援をしている。頑張れ、イチ!頑張れ、日本!


 
[PR]
by harukko45 | 2006-03-04 02:22 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30