昨日は朝からテレビに釘付けで、スーパーボウルのライブを見ておりました。おかげさまで、贔屓のピッツバーグが勝利して、26年ぶりの栄光を手にしたのを目撃でき、大変喜ばしい気持ちでいっぱいであります。
 おお、なつかしいのぉ、あのテリー・ブラッドショウとリン・スワンの79年の優勝からもうそんなに経っていたのか。

 試合としてはシアトルのミスが目立って、せっかく前半好調だったオフェンスが結局フィールドゴールの3点しか得点できず、けっして良いとはいえなかったピッツバーグをじょじょに蘇らせてくれたのが大きかった。
 たとえ調子が悪くても、肝心かなめのプレイで、見事に決めたピッツバーグはその後もビッグプレイを見せて、終わってみれば21-10の圧勝だった。

 やはり大舞台でミスしたら負けるわな。特にWRの差が歴然。シアトルのジャクソンとスティーブンスがQBハッセルベックのパスをしっかりキャッチしていたら、それと50ヤードのフィールド・ゴールのチャンス2本が決まっていたら、と考えると....ヒヤヒヤ。
 ピッツバーグのディフェンスはいつもの強さがあまりなかったし、今までスーパーな活躍をしていたセカンダリーのポラマルもイマイチだっただけに、ほんとに助けられたと思う。
 
 そこ行くと、ピッツバーグのWR陣、特にウォードは随所にスーパーキャッチを見せて、これまたイマイチの出来だったQBロスリスバーガーをよくもり立てていたな。MVP受賞は当然でありました。

 おっと、それからハーフタイムショウのローリング・ストーンズ! やられたなぁ!凄いなぁ、60のオヤジ達の立ち振る舞いじゃないよ、全く! ミック・ジャガーも声の調子が良さそうだったし、やけにチャーリー・ワッツのドラムがタイトだった。キース・リチャーズのギターはますます良くなっております。
 というわけで、朝から大いに盛り上がらせてもらいました、ありがとうNFL!それとスティーラーズおめでとう!こちらも便乗でバンザイ!!
[PR]
by harukko45 | 2006-02-07 04:36 | スポーツ

昨日、今日のあれこれ

 昨日は帝国ホテルで松崎さん&大橋さんによる企業イベントのディナーショウがあり、いよいよ明後日からは四国、中国、九州の7カ所のツアーも始まる。なかなかハードな移動をしながら、コンサートをこなす予定になっているので、ちゃんと体に気をつけて、常に気持ちの入った演奏を是非とも心がけたいと思っております。

 それから、とりあえず、ホリエモンへの評価は今しばらく待つべきだが、少なくとも彼と彼の取り巻き達が語る「世の中お金がすべて」というのは自分の生き方とは違うということだけは言いたい。
 そうでなければ、こんな年代までミュージシャンなんてやってない。音楽の仕事って、保証もなくリスク多いわりに、さほど儲かりませんから。ただそのかわり、個人として生きていく自由こそが神様のくれた最高のご褒美だと思っているし、最高の価値を持ったものだと信じている。
 でも、そのスタンスを維持していくのは、コツコツとした日々の積み重ねしかないのだ。そういう地味な時間の中から、小さなことであっても、何かを生み出していったり、見つけていくことに大いなる喜びがあるはずだと思う。たぶん、それはどの職種、どの生き方であっても同じにちがいない。

 さて、ホリエモンの生き方には共感しないものの、だからといって今回の逮捕劇がそのまま正しかったのかは、何度も言っているようにまだ判断できない。それと同時にライブドア事件がこんなに早く動くのなら、耐震強度偽装の方もちゃんとやってもらわなくちゃ。トカゲのしっぽ切りみたいな幕引きなんか許しちゃいけない。

 さてさて、話題はコロコロ変わって、NFLのチャンピオン・シップは両試合とも予想外の大差がついて、内容としては凡戦だった。我らがスティーラーズはその実力を余すところなく出し切ってくれたが、いかんせん相手のブロンコスにはがっかりした。
 また、それ以上にひどかったのはNFCの方で、パンサーズはお粗末な戦いぶりであっけなく自滅した。まあケガ人も多くて、不運ではあったけど、もうちょっと根性見せてほしかった。

 さてさてさて、と言いながらも2月6日のデトロイトでおこなわれるスーパーボウルは大変楽しみで待ち遠しい。
 私の予想では、スティーラーズの強力ディフェンスがシーホークスのQBハッセルベックにブリッツをかけまくり、超人SSポラマルがRBアレキサンダーをビシっと止めてくれるに違いないと考えている。
 そうすれば、絶好調のオフェンス陣が彼らを優勝に導くだろう。そして、今期で引退を噂されるRBのベティスは生まれ故郷に錦を飾って、素晴らしい花道となるのだった。
[PR]
by harukko45 | 2006-01-24 03:39 | 日々のあれこれ

NFLチャンピオンシップ

 今日の早朝にアメリカン・フットボールのAFC,NFC両リーグ・チャンピオン・シップがおこなわれる。私としてはライブ放送で観たいが、ちょっと仕事のことを考えるとそうもいかんかなぁ。

 とくにAFCにはピッツバーグ・スティーラーズが上がって来ている。私のような昔のファンには、QBテリー・ブラッドショー、WRリン・スワン、RBフランコ・ハリスのオフェンスに、鉄壁の守備で“スティール・カーテン"と恐れられたディフェンスを擁し、70年代に4度のスーパーボウル・チャンピオンだった「あの」最強チームが記憶に焼き付いているので、ついつい応援してしまう。
 正直、ここ最近のスティーラーズは昔のような絶対さはないが、相変わらず伝統の強力ディフェンスは健在で、先日のプレイオフでも優勝候補コルツの攻撃陣を粉砕した。(でも、かなり危ない試合で、 ヒヤヒヤさせられたなぁ。)

 対するデンバー・ブロンコスもかつては名QBジョン・エルウェイを擁して、スーパーボウル2連覇をはたした強豪。そのイメージは今はないが、どちらも強力ディフェンス陣を持つ故に、タフな試合になるんだろうな。
 
 NFCの方は、カロライナ・パンサーズのオフェンス力がまさって、たぶん勝つのでは? WRスティーブ・スミスの超人的な活躍をシアトル・シーホークスはおさえられるかな?
[PR]
by harukko45 | 2006-01-23 00:22 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31