タグ:日本代表 ( 97 ) タグの人気記事

 本当にガックリ、十分に勝てる試合をまんまと逃すなんて!朝早起きしてのこの結果には、かなり応える。ブラジル戦とは見違える内容で素晴らしい前半だったのに、またしても日本、ドーハの悲劇からの伝統というか、何でこうなるかな。ブラジル戦での立ち上がりと終了間際、そして、今日も前半のロスタイム、後半の立ち上がりに失点。
 その後に逆転を食らうも、ギリギリで追いつき、なおかつ、足の止まったイタリアを仕留める寸前だったにもかかわらず、返り討ちされるなんて。

 全体には面白い、実にエキサイティングで、久々にワクワクドキドキしたゲームではありました。で、チームとしても個人としても日本の方が良かった。でも、勝てなかった。悔しい気持ちはなかなか晴れない。「惜しかった」「残念」「よく戦った」はすべて禁句です。いつまでも、後進国じゃ困るんだ。

 とりあえず、香川、岡崎、本田、素晴らしかった。イタリアのメディアも高く評価しています。ザッケローニ監督に対しても「親愛なるザックよ、日本は何て素晴らしいんだ!」との賛辞に、少しは溜飲を下げるって感じか。
 長友が本調子でないのは明らかだし、吉田のあり得ない凡ミスは強く反省してほしいし、そういうスキを見逃さないジャッケローニはさすがだった。前半終了間際のすばやいコーナーキックも、イタリアのしたたかさが見えた。ここでも、大人と子供、プロとアマってレベル差だよなぁ。

 まぁ、細かいところを言い始めるいろいろあるのだろうが、結局「何でそうなるの?」で片付けられる。いい加減、シメるとこシメましょうよ。
[PR]
by harukko45 | 2013-06-20 18:02 | スポーツ

 完敗だ。全く、何も出来なかった日本のパフォーマンスには強く落胆した。正直、前半3分のネイマールの素晴らしいゴールに、すっかり恐れをなしたように見えたし、いつまでたっても動きの鈍さやミスが目立ったのは、明らかにコンディションの悪さ/イラク戦からのリカバリーの失敗があったと思われる。
 まぁ、それでもどこかで、日本らしさを見せてくれると期待していたが、簡単に先制したことで、その後のブラジルは軽くいなしていた感じ。リラックスした彼ら相手では、大人と子供、プロとアマ、って言うぐらい大きな差を見せつけられた。

 で、後半も開始早々の失点。これで、ほぼ決まり。その後の日本には、およそ得点の匂いを感じる瞬間はなかったし、光る選手・プレイも見つけられなかった。あー、キビシい現実です。ロスタイムでの3失点目はつくづく余計。結果として、今回もまたチンチンにされてしまったのだった。

 あまりにもレベルが違いすぎて、最後は笑うしかなかった。

 次戦、イタリアとの試合では、もっとやってくれることを期待はしてる。とにかく、勝つしかないのでね。

 ところで、来年のワールドカップ本番でも、今回と同じようなスケジュールでテレビ観戦となるわけで、観る方にとっても実にいいシミュレーションと言えます。
[PR]
by harukko45 | 2013-06-16 15:16 | スポーツ

全く、ヒヤヒヤしたぜ、もう!!
とにかく、どんなカタチでも、決める事が大事。
代表の皆さん、とりあえずおめでとう!でも、まだまだ頑張ってくんなきゃだよ!

しかしまぁ、毎度のことながら、予選を見守るのは疲れますなぁ。
[PR]
by harukko45 | 2013-06-04 22:21 | スポーツ

 サッカー女子のアルガルベカップ2012決勝、なでしこは残念ながらドイツに敗れたけど、ある意味、価値ある敗戦とも言えるもので、大会全体での出来を見れば、かなり満足できる内容だったと思う。

 正直、昨年のワールドカップの雪辱を果たそうとしていたドイツが、日本よりも必死さが少し上回った程度かな。前半、日本が新たな布陣のテストで、らしくないほど後ろに退いた形になり、結果としてドイツに押し込まれる状況を作ってしまったことが、前半の2失点につながり、それが、最後の最後まで響いた。もしも、本番モードで勝ちにこだわった姿勢でのぞんでいたら、少なくとも1失点ぐらいでしのいでいたに違いない。

 メンバーを入れ替え、宮間を左サイドに持っていき、田中をボランチにすえた後半は、ほとんどが日本のゲームであり、後半開始10分でタイに持って行った力は、かなり高く評価してよいでしょう。
 その後も、いつ勝ち越し点が入ってもおかしくない状況で、ドイツは明らかに足が止まっていたと思う。だが、あと一歩、あと一本が決められなかったのが、今後の課題であり、ドイツ側の踏ん張りでもあった。

 それと、パスを回してのポゼッション・サッカーは素晴らしいが、時に自らのミスで大事故につながるという傾向は、まだまだ消えていない。幸い相手の、これまたミスに助けられて失点をギリギリ免れた場面も見えた。
 要は、攻めている時に食らう相手のカウンターへの守備が、まだまだ甘い。これも、オリンピックに向けての大きな課題でありましょう。

 とは言え、今のなでしこは昨年よりも良いと思います。何と言っても、今まで控えだった選手でも、十分にやれることを証明してくれたこと。私個人は、ボランチの田中選手と、センターバックの宇津木選手の成長ぶりに感心しました。昨年のレギュラー組では、何と言っても熊谷選手の堂々たる姿が素晴らしく、たぶん彼女は不動のセンターとなりうる。もちろん、新キャプテンの宮間選手の良さは、いまさら言うまでもない。
 とにかく、バロンドール・プレイヤーである澤選手が出ていないにもかかわらず、ここまで出来たことが大きい。

 というわけで、今後のなでしこにはますます目が離せないし、オリンピックでの大活躍、金メダルも、かなり期待してよいと思います。
[PR]
by harukko45 | 2012-03-08 14:34 | スポーツ

 吉田!麻也!、よく決めた。これが、ワールドカップ予選の醍醐味、イライラ、ドキドキから一気に大爆発。リーグ戦や親善試合では、なかなか味わえないもの。好調発進の「なでしこジャパン」と合わせて、今週・来週はしびれる日々が続きます。

 確かに、本田らの欠場で、若干の不安もあるが、それでも、ザック・ジャパンはいい。激・応援してます。
[PR]
by harukko45 | 2011-09-03 13:58 | スポーツ

 なでしこジャパン、やってくれました。おめでとう、世界一。何たってワールドカップ・チャンピオンですから。
 2度もアメリカにリードされても、最後まであきらめずに追いついた戦いぶりには「すごい」の一言でしょう。でもって、PK戦前には全員笑顔だもんね、参りました。

 この試合、日本は今までの疲労蓄積の影響もあったのか、はたまた初の決勝への緊張からか、本来のなでしこサッカーをあまり見せることはできませんでした。また、男女ともに日本サッカー代表の悪い癖というか、「様子見」するような緩い入りを、まさにやってしまい、自分達のペースをつくれない状態になってしまいました。
 キックオフ直後の安易な前線へのフィードをカットされて、スピーディにゴール前に持って行かれ、そのままシュートに結びつけられた展開はとても危険でした。アメリカは、先制攻撃で圧倒することを始めから決めていた。それをまともに受けてしまったがために、その後すっかり守り一辺倒に陥れられたのでした。

 今大会のアメリカはかつての印象に比べると、ずいぶん出来が悪いと思っていましたし、実際に内容的にはブラジル、フランスの方が良かったのに、うまく勝ち上がってきた感じ。だが、さすがに世界ランク1位はだてじゃない。決勝ではこれまでで最高のパフォーマンスで、日本のお株を奪うかのようなパス回しまで見せ、持ち前のスピード&パワーを生かした迫力ある攻撃をしてきたのでした。だが、彼らには不運というか、シュートがことごとく決まらず、前半を0-0で終えたのは日本にとっては幸いでありました。もしも、あのワンバックの強烈なシュートがバーに当たらず決まっていたら...。これは、ある意味アメリカの手詰まり感を象徴していたとも。

 しかし、アメリカの攻勢は前半だけにとどまらず、その後も絶え間なく続き、その強さをまざまざと見せつけた。でも、とにかく、なでしこは耐え抜いた(あの猛攻状態をトータル2点に抑えたことが最大の勝因)。そしてその粘り強さが絶体絶命の逆境を2度も乗り越える同点弾を生んだのでした。こういう時はチームの要である、澤と宮間がちゃんと仕事して救ってくれるのですから、さすがです。
 後半35分、永里からのクロスで丸山がつぶれてのゴール前に、よくぞ宮間が詰めてくれました。何てったって、ボール・コントロールが一番うまい人物がそこに来たことに、しびれました。

 延長後半12分でも、宮間のニアを狙ったコーナーキックに澤が一番前で合わせるという、まさに日本が誇る名手二人による「ワザアリ」2本合わせて「イッポン」の趣き。それにしても澤のシュートは神懸かりと言ってもいいぐらい。

 PK戦に持ち込んだ段階で、あれほど試合を支配していたにも関わらず勝ちきれなかったアメリカには余力が残っていなかったのでしょう。それに、アメリカ1本目での海堀のスーパーセーブが、その後の流れを大きく握ったのでした。

 得点王の澤が大会のMVPは当然、そして今大会のベストチームがなでしこジャパンであるのも当然。決勝というとんでもない舞台では、自分達のサッカーをやりきれなかったものの、それでも勝負を捨てずに、最後まで戦い抜く強さは世界チャンピオンに相応しい。ある意味、女子サッカーがこれほどクリエイティブに変化・成長してきたことに大きな驚きと感動を禁じ得ません。そして、その新しい流れの最先端にいるのが、なでしこジャパンだということをしっかりと歴史に刻んだのでした。ほんとに、彼女達は偉業を果たしました。


 
[PR]
by harukko45 | 2011-07-18 16:51 | スポーツ

 すごい!なでしこ、最高のサッカーで魅了しながら、圧勝しての決勝進出。素晴らしいです。まさに、「女バルサ」そのもの。
 うー、これほどまでのパス・サッカーを女子が、それも日本がやってしまうなんて、誰が考えていたことでしょうか。それを、彼女達は今やっているのです。

 とにかく、今日は何から何まで素晴らしかった。今思えば、自分達のミス・パスからのあっけない失点も、演出の一つのように思えるほどです。よくバルサも立ち上がり早々に「とんでもゴール」決められてますから。

 でもって、先制されて目が覚めてからの「女バルサ」は手がつけられない。前線からの絶え間ないプレスと奪ってからの巧みなパス回しで、圧倒的なポゼッションをキープ。特に後半は、まさに完璧。スウェーデンとのレベルの差をまざまざと見せつけてくれました。うんうん、実に気持ちがいい。

 これが、日本のサッカーです。これをみんなやりたいのです。こういうサッカーが大好きなんです。それは、バルセロナにしか出来なかったものなのです。また、書きますけど、それをワールドカップで、日本代表がやりとげようとしていることに感嘆してしまうのでした。

 今日の殊勲者としては、何と言っても2ゴールの川澄が一番でしょうが、他の先発選手も全てがみんな良かったというのが、これまたすごいこと。
 どのゲームでも常にハードワークしている澤、宮間、安藤、阪口だけでなく、右サイドの大野のキレが抜群で、彼女の仕掛けがかなりスウェーデンの守備をかく乱し、それが日本の攻撃を活発にしたと言えるでしょう。だから、それにより、ドイツ戦ではちょっと物足りなかった両サイド・バックの上がりも頻繁に見れたのでした。
 もちろん、ディフェンスに関しては、ドイツ戦に引き続き、ほぼ文句なしです。ベンチワークも最高で、ドイツ戦での丸山、この試合での川澄といい、佐々木監督は冴え渡っていますなぁ。

 もうこうなったら、優勝だって夢じゃない。もうすでに今の「なでしこ」のサッカーは賞賛されていますが、ここまで来たら後一つ、チャンピオンのアメリカを倒してこそ、真の歴史となるわけです。是非ともアメリカを撃ち破って、女子サッカーの新時代を「なでしこ」に示してもらいましょう。
 なでしこ、サイコーです!!!
[PR]
by harukko45 | 2011-07-14 06:35 | スポーツ

 なでしこジャパン、見事な勝利!おめでとう、ありがとう!燃えました、萌えました。かなり苦しい試合ではありましたが、世界チャンピオンを文句なしに下したのですから、言う事ありません。

 グループリーグ最終戦でイングランドに敗れた時は、正直、こりゃまた欧州のフィジカルにやられてしまうのかと、かなり心配をしていましたが、今日はその時よりもコンディションが良く、延長に入っても逆にドイツの方が疲れているように見えるほど、なでしこは最後までよく走っていました。

 特に、中盤の底の二人、澤と阪口は本当に素晴らしかった。そして、その澤のパスに反応したFWの丸山は、角度のない所をよく決めてくれました。まさに、日本女子サッカーの歴史を塗り替えたゴールに相応しい内容でした。

 それにしても、ひさしぶりに元気をもらえた感じ。やっぱりスポーツは素晴らしい。なでしこはまだまだ上が期待できますぞ。次のベスト4、たぶんスウェーデンと思うが、是非とも勝ち上がって決勝を目指してください。こちらもガンガン応援します。
[PR]
by harukko45 | 2011-07-10 06:55 | スポーツ

 U-17ワールドカップのベスト8戦。日本はブラジルに敗戦。後半頑張って1点差にしたが、全体の試合内容を冷静に見れば、後半15分の段階で3-0と圧倒されており、勝ちをほぼ手中にしたブラジルがペースダウンしたことで、日本がようやく自分達のパス・サッカーの片鱗を見せて、彼らを少々慌てさせた、と言ったところか。

 残念だったのは、前半から日本が凡ミスを繰り返していたこと。ここというところでの、中途半端なプレイや無頓着な判断が随所にあったのは、最初から相手を大きく見すぎてしまっていて、自分達のプレイを見失ってしまったのかもしれない。
 後半30分を過ぎてから、やっと開き直っての猛攻で、TV観戦の私もだいぶ盛り上がったものの、一歩届かずの結果では、やはりメンタル面での課題をどうしても感じてしまった。

 とは言え、18年ぶりのベスト8をちゃんと評価するべきだ。それに、今回の日本代表のパスサッカーは見ていて楽しかった。それはメキシコの観客もわかっていて、試合終了後の「ジャポン、ジャポン」の連呼には、テレビで見ている私もウルっとくるものがあったよ。

 だが、負けは負け。この経験を糧に上の世代での代表に、ここから何人が残っていくか。そして、いつかブラジルと互角に戦って勝利する日は来るのか。それはまだまだ遠そうだが、それでもちょっと期待できるようなもの見せてくれた彼らには、大きな拍手を贈ります。

 おっと、ぜんぜん話は変わるが、ある意味、頑張っている人間のやる気をことごとく踏みにじる政治家達には、本当に頭に来る。
 このところ話題の、松本復興担当大臣という人間はいったい何だ?何が、チーム・ドラゴンだってぇの。菅直人氏の回りにはこんなお粗末な人間しか、いないのか。やりたくないんなら、さっさとやめちまえって言うの。「自分は九州人だから」なんていうのも、全く理由になってない。地方分権を主張する民主党員のくせに、上から目線の命令口調なんて、ありえない。こんな人物に復興なんて任せられない。さっさと辞任しろ。
[PR]
by harukko45 | 2011-07-05 01:26 | スポーツ

7月に入って

 6月後半は、どっと疲れが出たのか、思考能力ががた落ちで、モチベーションも上がらず、やり残しの仕事を何から手をつけていいのかも,分からずじまいという、全くの、だめだめ人間でした。
 なので、数日は映画やTVドラマ、あるいはサッカーなどのスポーツを見たりして、気分転換するばかりでした。

 久々に長編映画をまとめてみるのも、なかなか刺激になりましたね。機会を見てそのことも書こうとは思いますが、今は何と言ってもサッカーの注目すべき大会が3つもあり、どれも見逃せない状況であります。

 まずは「U-17ワールドカップ・メキシコ大会」。若き日本代表は大方の予想を越える大健闘で、中田ヒデらのチーム以来18年ぶりの決勝トーナメント進出、それもフランス、アルゼンチンを抑えてのグループ首位通過ですから、評価は高まります。そして、ベスト16でのニュージーランド戦では圧巻の6-0での勝利には拍手喝采でありました。
 で、今日ベスト4をかけてのブラジル戦。日本の「パス&ムーブ」によるトータルフットボールがどこまで通用するのか、実に興味深い一戦になりました。

 次に「女子ワールドカップ・ドイツ大会」。現在、FIFAランク4位で、すっかり世界の強豪国の一つとなった「なでしこジャパン」は今まさに絶頂期に差し掛かっていると言っても良いでしょう。それを証明するように、グループリーグ2連勝で、早々と決勝トーナメント進出決定。今回は当然3位以上が目標でありますから、まだまだ先は長いですが、期待はかなり高まりますです、ハイ。

 で、南米選手権である「コパ・アメリカ2011・アルゼンチン大会」。震災がなければ、ザック・ジャパンがここに参加していたはずでしたが、残念ながら辞退。確かに少し残念ではありますが、それでもアルゼンチンとブラジルのサッカーを見れるだけでも、楽しい。
 早速の開幕戦ではアルゼンチンがボリビア相手に大苦戦、何とか1-1での引き分けに持ち込みましたが、点が取れない攻撃陣に少々不安も。で、これからブラジルが登場ですな。

 さて。というわけでしたが、今月はいよいよ大橋純子さんのクラブサーキット・ツアーが来週末に迫っておりますので、そろそろネジ巻いていかねばなりません。とりあえず、今日からのリハーサルに向けての準備を終えて、ひとまず落ち着いたところであります。
 サッカーの結果は欠かさずチェックしていきますが、今日からは何よりこちらの方に集中です。

 それにしても、日本の政治にはほとほと呆れ果てる。国会会期を70日延長したのに、その後12日間も空転したまま。これじゃ、50日だって変わりゃしないじゃないか。おまけに首相は秋に中国とアメリカに行くなどとほざいている。こんなひどい状況はこれまでに見たことがない。さすがの自民党だって、ここまで恥知らずじゃなかった。菅直人氏はまさに日本を潰す気だとしか言いようがない。自らの延命しか頭にない日本のリーダーの言動は、スケールの大きさには違いがあるものの、本質的にはリビアのカダフィ大佐のやっていることと、何ら変わりない。彼のような存在は、即刻退いてもらわないと、恐ろしい事態を招く事になるやもしれないとの不安が日に日に大きくなっていく。
 
[PR]
by harukko45 | 2011-07-04 02:39 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31