サッカー女子のアルガルベカップ2012決勝、なでしこは残念ながらドイツに敗れたけど、ある意味、価値ある敗戦とも言えるもので、大会全体での出来を見れば、かなり満足できる内容だったと思う。

 正直、昨年のワールドカップの雪辱を果たそうとしていたドイツが、日本よりも必死さが少し上回った程度かな。前半、日本が新たな布陣のテストで、らしくないほど後ろに退いた形になり、結果としてドイツに押し込まれる状況を作ってしまったことが、前半の2失点につながり、それが、最後の最後まで響いた。もしも、本番モードで勝ちにこだわった姿勢でのぞんでいたら、少なくとも1失点ぐらいでしのいでいたに違いない。

 メンバーを入れ替え、宮間を左サイドに持っていき、田中をボランチにすえた後半は、ほとんどが日本のゲームであり、後半開始10分でタイに持って行った力は、かなり高く評価してよいでしょう。
 その後も、いつ勝ち越し点が入ってもおかしくない状況で、ドイツは明らかに足が止まっていたと思う。だが、あと一歩、あと一本が決められなかったのが、今後の課題であり、ドイツ側の踏ん張りでもあった。

 それと、パスを回してのポゼッション・サッカーは素晴らしいが、時に自らのミスで大事故につながるという傾向は、まだまだ消えていない。幸い相手の、これまたミスに助けられて失点をギリギリ免れた場面も見えた。
 要は、攻めている時に食らう相手のカウンターへの守備が、まだまだ甘い。これも、オリンピックに向けての大きな課題でありましょう。

 とは言え、今のなでしこは昨年よりも良いと思います。何と言っても、今まで控えだった選手でも、十分にやれることを証明してくれたこと。私個人は、ボランチの田中選手と、センターバックの宇津木選手の成長ぶりに感心しました。昨年のレギュラー組では、何と言っても熊谷選手の堂々たる姿が素晴らしく、たぶん彼女は不動のセンターとなりうる。もちろん、新キャプテンの宮間選手の良さは、いまさら言うまでもない。
 とにかく、バロンドール・プレイヤーである澤選手が出ていないにもかかわらず、ここまで出来たことが大きい。

 というわけで、今後のなでしこにはますます目が離せないし、オリンピックでの大活躍、金メダルも、かなり期待してよいと思います。
[PR]
by harukko45 | 2012-03-08 14:34 | スポーツ

 なでしこジャパン、やってくれました。おめでとう、世界一。何たってワールドカップ・チャンピオンですから。
 2度もアメリカにリードされても、最後まであきらめずに追いついた戦いぶりには「すごい」の一言でしょう。でもって、PK戦前には全員笑顔だもんね、参りました。

 この試合、日本は今までの疲労蓄積の影響もあったのか、はたまた初の決勝への緊張からか、本来のなでしこサッカーをあまり見せることはできませんでした。また、男女ともに日本サッカー代表の悪い癖というか、「様子見」するような緩い入りを、まさにやってしまい、自分達のペースをつくれない状態になってしまいました。
 キックオフ直後の安易な前線へのフィードをカットされて、スピーディにゴール前に持って行かれ、そのままシュートに結びつけられた展開はとても危険でした。アメリカは、先制攻撃で圧倒することを始めから決めていた。それをまともに受けてしまったがために、その後すっかり守り一辺倒に陥れられたのでした。

 今大会のアメリカはかつての印象に比べると、ずいぶん出来が悪いと思っていましたし、実際に内容的にはブラジル、フランスの方が良かったのに、うまく勝ち上がってきた感じ。だが、さすがに世界ランク1位はだてじゃない。決勝ではこれまでで最高のパフォーマンスで、日本のお株を奪うかのようなパス回しまで見せ、持ち前のスピード&パワーを生かした迫力ある攻撃をしてきたのでした。だが、彼らには不運というか、シュートがことごとく決まらず、前半を0-0で終えたのは日本にとっては幸いでありました。もしも、あのワンバックの強烈なシュートがバーに当たらず決まっていたら...。これは、ある意味アメリカの手詰まり感を象徴していたとも。

 しかし、アメリカの攻勢は前半だけにとどまらず、その後も絶え間なく続き、その強さをまざまざと見せつけた。でも、とにかく、なでしこは耐え抜いた(あの猛攻状態をトータル2点に抑えたことが最大の勝因)。そしてその粘り強さが絶体絶命の逆境を2度も乗り越える同点弾を生んだのでした。こういう時はチームの要である、澤と宮間がちゃんと仕事して救ってくれるのですから、さすがです。
 後半35分、永里からのクロスで丸山がつぶれてのゴール前に、よくぞ宮間が詰めてくれました。何てったって、ボール・コントロールが一番うまい人物がそこに来たことに、しびれました。

 延長後半12分でも、宮間のニアを狙ったコーナーキックに澤が一番前で合わせるという、まさに日本が誇る名手二人による「ワザアリ」2本合わせて「イッポン」の趣き。それにしても澤のシュートは神懸かりと言ってもいいぐらい。

 PK戦に持ち込んだ段階で、あれほど試合を支配していたにも関わらず勝ちきれなかったアメリカには余力が残っていなかったのでしょう。それに、アメリカ1本目での海堀のスーパーセーブが、その後の流れを大きく握ったのでした。

 得点王の澤が大会のMVPは当然、そして今大会のベストチームがなでしこジャパンであるのも当然。決勝というとんでもない舞台では、自分達のサッカーをやりきれなかったものの、それでも勝負を捨てずに、最後まで戦い抜く強さは世界チャンピオンに相応しい。ある意味、女子サッカーがこれほどクリエイティブに変化・成長してきたことに大きな驚きと感動を禁じ得ません。そして、その新しい流れの最先端にいるのが、なでしこジャパンだということをしっかりと歴史に刻んだのでした。ほんとに、彼女達は偉業を果たしました。


 
[PR]
by harukko45 | 2011-07-18 16:51 | スポーツ

 すごい!なでしこ、最高のサッカーで魅了しながら、圧勝しての決勝進出。素晴らしいです。まさに、「女バルサ」そのもの。
 うー、これほどまでのパス・サッカーを女子が、それも日本がやってしまうなんて、誰が考えていたことでしょうか。それを、彼女達は今やっているのです。

 とにかく、今日は何から何まで素晴らしかった。今思えば、自分達のミス・パスからのあっけない失点も、演出の一つのように思えるほどです。よくバルサも立ち上がり早々に「とんでもゴール」決められてますから。

 でもって、先制されて目が覚めてからの「女バルサ」は手がつけられない。前線からの絶え間ないプレスと奪ってからの巧みなパス回しで、圧倒的なポゼッションをキープ。特に後半は、まさに完璧。スウェーデンとのレベルの差をまざまざと見せつけてくれました。うんうん、実に気持ちがいい。

 これが、日本のサッカーです。これをみんなやりたいのです。こういうサッカーが大好きなんです。それは、バルセロナにしか出来なかったものなのです。また、書きますけど、それをワールドカップで、日本代表がやりとげようとしていることに感嘆してしまうのでした。

 今日の殊勲者としては、何と言っても2ゴールの川澄が一番でしょうが、他の先発選手も全てがみんな良かったというのが、これまたすごいこと。
 どのゲームでも常にハードワークしている澤、宮間、安藤、阪口だけでなく、右サイドの大野のキレが抜群で、彼女の仕掛けがかなりスウェーデンの守備をかく乱し、それが日本の攻撃を活発にしたと言えるでしょう。だから、それにより、ドイツ戦ではちょっと物足りなかった両サイド・バックの上がりも頻繁に見れたのでした。
 もちろん、ディフェンスに関しては、ドイツ戦に引き続き、ほぼ文句なしです。ベンチワークも最高で、ドイツ戦での丸山、この試合での川澄といい、佐々木監督は冴え渡っていますなぁ。

 もうこうなったら、優勝だって夢じゃない。もうすでに今の「なでしこ」のサッカーは賞賛されていますが、ここまで来たら後一つ、チャンピオンのアメリカを倒してこそ、真の歴史となるわけです。是非ともアメリカを撃ち破って、女子サッカーの新時代を「なでしこ」に示してもらいましょう。
 なでしこ、サイコーです!!!
[PR]
by harukko45 | 2011-07-14 06:35 | スポーツ

 なでしこジャパン、見事な勝利!おめでとう、ありがとう!燃えました、萌えました。かなり苦しい試合ではありましたが、世界チャンピオンを文句なしに下したのですから、言う事ありません。

 グループリーグ最終戦でイングランドに敗れた時は、正直、こりゃまた欧州のフィジカルにやられてしまうのかと、かなり心配をしていましたが、今日はその時よりもコンディションが良く、延長に入っても逆にドイツの方が疲れているように見えるほど、なでしこは最後までよく走っていました。

 特に、中盤の底の二人、澤と阪口は本当に素晴らしかった。そして、その澤のパスに反応したFWの丸山は、角度のない所をよく決めてくれました。まさに、日本女子サッカーの歴史を塗り替えたゴールに相応しい内容でした。

 それにしても、ひさしぶりに元気をもらえた感じ。やっぱりスポーツは素晴らしい。なでしこはまだまだ上が期待できますぞ。次のベスト4、たぶんスウェーデンと思うが、是非とも勝ち上がって決勝を目指してください。こちらもガンガン応援します。
[PR]
by harukko45 | 2011-07-10 06:55 | スポーツ

7月に入って

 6月後半は、どっと疲れが出たのか、思考能力ががた落ちで、モチベーションも上がらず、やり残しの仕事を何から手をつけていいのかも,分からずじまいという、全くの、だめだめ人間でした。
 なので、数日は映画やTVドラマ、あるいはサッカーなどのスポーツを見たりして、気分転換するばかりでした。

 久々に長編映画をまとめてみるのも、なかなか刺激になりましたね。機会を見てそのことも書こうとは思いますが、今は何と言ってもサッカーの注目すべき大会が3つもあり、どれも見逃せない状況であります。

 まずは「U-17ワールドカップ・メキシコ大会」。若き日本代表は大方の予想を越える大健闘で、中田ヒデらのチーム以来18年ぶりの決勝トーナメント進出、それもフランス、アルゼンチンを抑えてのグループ首位通過ですから、評価は高まります。そして、ベスト16でのニュージーランド戦では圧巻の6-0での勝利には拍手喝采でありました。
 で、今日ベスト4をかけてのブラジル戦。日本の「パス&ムーブ」によるトータルフットボールがどこまで通用するのか、実に興味深い一戦になりました。

 次に「女子ワールドカップ・ドイツ大会」。現在、FIFAランク4位で、すっかり世界の強豪国の一つとなった「なでしこジャパン」は今まさに絶頂期に差し掛かっていると言っても良いでしょう。それを証明するように、グループリーグ2連勝で、早々と決勝トーナメント進出決定。今回は当然3位以上が目標でありますから、まだまだ先は長いですが、期待はかなり高まりますです、ハイ。

 で、南米選手権である「コパ・アメリカ2011・アルゼンチン大会」。震災がなければ、ザック・ジャパンがここに参加していたはずでしたが、残念ながら辞退。確かに少し残念ではありますが、それでもアルゼンチンとブラジルのサッカーを見れるだけでも、楽しい。
 早速の開幕戦ではアルゼンチンがボリビア相手に大苦戦、何とか1-1での引き分けに持ち込みましたが、点が取れない攻撃陣に少々不安も。で、これからブラジルが登場ですな。

 さて。というわけでしたが、今月はいよいよ大橋純子さんのクラブサーキット・ツアーが来週末に迫っておりますので、そろそろネジ巻いていかねばなりません。とりあえず、今日からのリハーサルに向けての準備を終えて、ひとまず落ち着いたところであります。
 サッカーの結果は欠かさずチェックしていきますが、今日からは何よりこちらの方に集中です。

 それにしても、日本の政治にはほとほと呆れ果てる。国会会期を70日延長したのに、その後12日間も空転したまま。これじゃ、50日だって変わりゃしないじゃないか。おまけに首相は秋に中国とアメリカに行くなどとほざいている。こんなひどい状況はこれまでに見たことがない。さすがの自民党だって、ここまで恥知らずじゃなかった。菅直人氏はまさに日本を潰す気だとしか言いようがない。自らの延命しか頭にない日本のリーダーの言動は、スケールの大きさには違いがあるものの、本質的にはリビアのカダフィ大佐のやっていることと、何ら変わりない。彼のような存在は、即刻退いてもらわないと、恐ろしい事態を招く事になるやもしれないとの不安が日に日に大きくなっていく。
 
[PR]
by harukko45 | 2011-07-04 02:39 | 日々のあれこれ

 今回の日本は女子が熱い! 男子はサッカー、柔道、野球などなど不甲斐ない中、女子選手達が本当に素晴らしい活躍を見せてくれた。そして、ソフトボール日本代表がついについにやってくれた。宿敵アメリカを撃破し見事な見事な金メダル獲得、おめでとう!!!こっちも喜び大爆発!!!

 とにかく、まずは昨日のダブルヘッダーから3試合投げ続けた上野投手がエライ!凄い!最高!頑張った人は最後には報われる。今日は実に丁寧なピッチングで、ここぞという時にも冷静さを失わず、強い気持ちが画面からも伝わってきた。
 特に、6回表の1アウト満塁の大ピンチは、見ていてもシビレル気分だったけど、上野は素晴らしいピッチングで2者連続内野フライに仕留めた。この時の上野は非常に強いオーラが漂っていた。投げる前から絶対抑える気配を感じさせて、実に頼もしかった。
 一方の攻撃でも、昨日はブンブン振り回して、気持ちばかり前のめりになっていた打線が、今日はしっかりとした攻撃を見せて、アメリカの強力投手陣から3点もぎ取ってくれた。最後の最後で日本の良さが十二分に出た戦いぶりに大感動でありました。

 一方、ほぼ同じ頃に行われていたサッカー女子3位決定戦では、我等がなでしこジャパンが序盤から内容の濃い見事なパス・サッカーを展開してくれていて、こちらも大いに勝利を期待させるゲームをやっていた。が、相手ドイツは内容はないけど試合巧者、後半にわずかなチャンスをうまく決められてしまった。それまで、内容は圧倒的に日本が良かっただけに、悔しい悔しい先制点だった。
 それでも決してあきらめない攻撃的な姿勢は最後まで貫かれて、結果はその後も追加点を入れられたものの、終了ホイッスルがなるまで、つねにゴールに向かう姿には心から感動した。

 男子代表がもたもたした覇気のない試合(オリンピックだけじゃない、ウルグアイ戦でのA代表も今だ先の見えない戦いぶり)を続けている中、女子はまさに日本独自のサッカーをこの大舞台でしっかり見せてくれたし、それがちゃんと世界に通用することを示してくれたことは実に大きい。確かに、強豪を前にあと一歩及ばなかったものの、その魅力的な試合ぶりと最後まであきらめない姿勢は私の心に強く残った。佐々木監督を始め、なでしこジャパンの皆さんに大きな拍手を贈りたい。

 
[PR]
by harukko45 | 2008-08-22 00:10 | スポーツ

 北京オリンピック、後半戦でありますが、女子レスリングの4選手の活躍はあったものの、その他では女子マラソンの惨敗、ハンマー投げの室伏選手も連覇ならず、卓球団体も男女ともにメダル届かずと、なかなか厳しい状況の日本。

 中でも卓球はかなり力入って応援していたので、非常に落胆が大きい。特に男子は、準決勝においてドイツを最終ゲームまで追いつめた大激闘に敗れたショックは大きかったか。その後オーストリアにも敗れ、3位決定戦に進めなかった。韓陽、水谷、岸川3選手、良かったんだけどなぁ、ほんと残念。悔やんでも悔やみきれないけど、あのドイツ戦、どうしても勝ちたかった!
 また、女子も格上の香港に見事な逆転勝利、涙の勝利でオジサンはぐぐっと心を揺さぶられたのだったが、そしてのぞんだ韓国との3位決定戦では、全く歯が立たずに完敗。力の差をまざまざと見せつけられた格好だったが、常に立ちはだかるアジアの壁を何とか越えられないものか。
 中国メディアの質問を愛ちゃんが通訳しながら、思わず目から涙がこぼれてしまう映像には、見ていて実に痛々しい気持ちにさせられた。

 そして、個人的には残り少ない期待種目の1つであった女子サッカー、我等がなでしこジャパンはまたしてもアメリカに撃沈されてしまった。4-2での敗戦は予想外だった。今のなでしこなら、もっといい戦いができたはず。
 非常に残念だったのは、17分に大野のゴールで見事先制した後に、それまでの積極的な前線からのプレスが影をひそめ、明らかに守りに入るような戦いぶりになったこと。特に両サイドでアメリカにやられまくって、完全にペースを失った。両サイドが突破されるようになったのも、前線からのプレスが弱まったからに他ならない。
 何度も突破を許すうちに、日本はその恐怖から前に上がれなくなってしまった。それにより、これまで効果的に機能していたサイド攻撃はその後ほとんど見られなくなってしまったし、ボール・ポゼッションは一方的にアメリカのものになった。そして、その必然として前半終了間際で逆転ゴールを喫することとなったのだ。

 後半に入っても、全く攻撃的になれない状況で、アメリカに子供扱いされるような展開になり、屈辱的な4失点となってしまった。終盤になって入ってきた荒川、丸山が活発な動きを見せていただけに、後半もっと早い段階での思い切った選手交代があっても良かった。
 その2人により、最後の意地の1点があったのだが、いかんせん遅すぎた。

 決勝に行ける大きなチャンスだったし、これまで素晴らしいサッカーをしていただけに、またしてもアメリカにやられたことが悔しくてたまらん。
 この敗戦のショックは大きいだろうし、正直、私もかなり落ち込んではいるが、なでしこジャパンよ、どうかもう1試合! ドイツとの3位決定戦で、今一度自分達のサッカーを思い返して、それを貫いて欲しい。

 
[PR]
by harukko45 | 2008-08-19 01:31 | スポーツ

なでしこ最高!などなど

 連日のオリンピック、何だかんだ言っても盛り上がりますなぁ。昨日もサッカー女子「なでしこジャパン」が中国を2-0で撃破、見事準決勝進出。これで、日本サッカー界としてもあのメキシコ五輪以来のベスト4ですから、素晴らしい。
 それに、ただ勝っただけでなく、その内容が本当に素晴らしかった「なでしこ」。前線からのプレッシング、ボールを奪ってからのパス・ワーク、そしてグループリーグで苦しんだ決定力も、ノルウェイ戦での大勝利によって、ここに来てとても高まってきている。この調子なら、次のアメリカ戦もかなりの期待が出来る。グループリーグでは敗れたが、その時のチーム状態よりも格段に良くなっていると思う。

 全体を通して、中国のサッカーがずいぶん古くさいものに感じるほど、なでしこのサッカーは「今風」でしたなぁ。反町ジャパンはなぜこういう風にいかんかなぁ。

 サッカーだけでなく、柔道も女子の活躍は目立った。谷本、上野の金メダルお見事、そして最終日の塚田も決勝での残り20秒での一本負けは残念だったが、それまでの戦いぶりは素晴らしかったし、堂々たる銀だと思う。
 メダル2個に終わった男子も、最後に石井が見せてくれて何とか面目を保ったか。とは言え、日本人の考える「柔道」はもはや世界になく、正直、ちょっと中途半端な格闘技に変貌している「Judo」に日本の柔道家が出場し続けるのであるなら、世界対策を真剣に考えなければならないのだろう。
 そういった意味では最後に登場して勝利した石井選手の存在は今後の日本JUDOのリーダーとなりうるものだろう。独特のキャラといい、これからも要注目でしょう。

 ランキング1位の中国ペアをアップセットしたバドミントンのスエマエは、その後残念ながら4位で競技を終えた。現在の実力からすれば、準決勝、3位決定戦での敗戦はやむなしだったが、それでも、大健闘の活躍には大きな拍手を。バドミントンって面白かったんですね、今頃認識しました。
 蛇足ですが、ユニフォームのかっこよさでは日本チームがダントツに1位でした。

 そして、あまりにも完勝だったために、100の時ほどの興奮はなかったが、やはり北島凄し!もはや世界に敵なしを証明した今回のオリンピックでありました。彼は、今やイチローと並ぶ日本最高のアスリートだ。

 おっと、平野、福原、福岡の卓球女子、素晴らしい接戦、激闘を制して香港に勝利!これで、3位決定戦に進出だ。今日の愛ちゃん、粘りを見せてくれたし、最後に戦った平野の気迫あるプレイ、素晴らしかった。韓国戦で、リベンジよろしく。
 そして、野球・星野ジャパンも今日の韓国戦が大勝負、頼んます!
[PR]
by harukko45 | 2008-08-16 13:57 | スポーツ

超気持ちいい!

 中国の新聞によると、「超爽」で「超気持ちいい」になるらしいが、一昨日の北島選手の「超完璧」な泳ぎによる金に続き、昨日は女子柔道で谷本選手が決勝での、あまりにも素晴らしい内股一本を決めての優勝に、連続しての「気持ちいい」気分。あの内股は永久保存したいぐらいに美しかった!

 そして、女子サッカー「なでしこジャパン」が格上ノルウェーに5-1という逆転による圧勝で、見事グループリーグ突破を決めてくれて、不甲斐ない男子サッカーの敗退でモヤモヤしていた気分をすっかり晴らしてくれたし、同じ時間でやっていたソフトボールも難しいオーストラリアとの初戦に、ヒヤヒヤしながらも勝利したことは今後の流れをつかむのにも大きい。

 そうそう、女子バドミントン・ダブルスでは末綱・前田組が世界ランキング1位の中国ペアを撃破するという大金星。これも最高でした。が、その仕返しを食らった感じでオグシオはもう1つの中国ペアに完敗。地元の応援の凄まじさにも辟易したが、相手が強かったことは確か。ほとんど、何もできなかったのは残念だった。でも、スエマエに頑張ってもらいましょう!

 序盤、なかなかいい結果が聞かれなかった日本選手達だったが、この2日間は盛り上がった。これで、全体にも勢いが出てきて欲しいね。
 私もこのところ少々夏バテ気味だったのが、吹っ飛んでしまうような刺激をもらいました。明日からも頑張ろうっと。
[PR]
by harukko45 | 2008-08-13 00:34 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30