また更新が滞っておりましたが、9月末から約一ヶ月間、CD音源から譜面を起こすことばっかやってた気がする。耳も疲れるが、何て言っても音符書きすぎて、手の感覚が変になった。
 なんだけど、楽器弾いたりすると、元に戻ったりする。たぶん、固まっていた筋肉が、運動(?)してほぐれてくるんかな。

 さて、10月10日はサカイレイコさんとの南青山マンダラでのライブ。このところ年2回ペースで定着してきたが、今年は春に出来なかったので、バンドとしては約1年ぶりの集合だった。だが、かなり気心しれてる現メンバーは、短いリハでも飲み込み早く、実にありがたい。久々ではあったが、レイコさん独特な世界に、こちらも気持ちよく浸って、実に刺激的な時間を共有できた。

 特にエディット・ピアフの「オートバイの男(L’homme à la moto)」にまずやられた。この曲は、1955年に有名ソングライター・コンビ&プロデューサーである、ジェフ・リーバー&マイク・ストーラーがThe Cheersというグループに書いた「Black Denim Trousers and Motorcycle Boots」のカヴァーなのだが、確かに全米6位になったヒット曲とは言え、ピアフがこれを面白いとしたことが、実に興味深い。そして、The Cheersの青春ミュージカル風ロックンロールをぶっ飛ばす「パンク・フレンチ」歌曲となって生まれ変わったのが、衝撃的。





 基本のアレンジは同じだが、聴き終わった印象が全く違う。で、特にブラスの過激なアレンジが面白く、これは出来る限り再現したいと思った。私のような世代には、クレージー・キャッツの名曲の数々を作った萩原哲晶さんのアレンジを思い起こさせる。実を言うと、The Cheersバージョンの方がクレージーっぽいし、豪華で映画じみてる。それに比べて、ピアフ版はもう少しシンプルなんだけど、ピアフの歌のエネルギーがすごくって、どんどん緊迫感が高まってくるのが、たまらん。
 とにかく、スピード狂のオートバイの男が、機関車に突っ込んで死ぬ、って話。それがたった2分弱で語られるわけだが、ピアフの強烈なフランス語に圧倒されて、ドキドキが止まらない。

 そして、我らがレイコ嬢もヘンな日本語訳詞を付けずに、いつものように原語での熱唱。もちろん、歌う前に内容の説明はあったものの、この曲の核心を伝えるには、フランス語でなければという彼女の考えは正しい。それこそが、リスペクトというものだろう。

 もう1曲、セルジュ・ゲンスブールの1958年デビュー曲である「Le Poinçonneur des Lilas(リラの門の切符切り)」にもしびれた。ゲンズブールは、シャンソン以外のポップス・ファンにも近年信奉者の多いアーティストだが、彼の作ったものはどれもこれも一筋縄ではいかないものばかり。地下鉄の改札係の鬱屈した気持ちを歌ったこの曲は、暗い地下から逃げて広い世界に出たいという着想に基づいているそうだが、歌詞の中で何度も繰り返される「trous(穴)」という言葉が、何とも意味深。彼のことだから、もちろん性的な気分を煽るようでもある。
 そして、音も常に刺激的で聴き手を煽り続ける。かなり、シビレルね。こちらも、バリトン・サックスにフルート、オーボエといった管楽器の扱いがクールだし、ピアノの過激な演奏もサイコーなのだ。というわけで、原理主義者とまではいかないものの、かっこいいものは出来るだけ再現したい私としては、譜面にするだけで楽しかったわけ。



 もちろん、ピアフ曲の王道とも言える「群衆」「パダン・パダン」は、何度やっても感動させられるから、レイコさんのパフォーマンスは本当に素晴らしい。また、彼女が最も力を入れる日本語によるオリジナル曲も、毎回新曲を加えて、ずいぶんと数も増えたし、内容もますます充実してきたと思う。そしてそして、バンドによるステージに、ファンの皆さんが熱く応えてくれるのが、本当にありがたかったし、コツコツと続けてきたことが無駄じゃなかったと、つくづく思うのでありました。
[PR]
by harukko45 | 2012-10-23 23:06 | 音楽の仕事

 昨夜は、サカイレイコさんのニュー・アルバム発売記念もかねたライブがあり、このところ恒例となっている1年2回のマンダラ公演、その秋の部。

e0093608_1351339.gif 私は、今年に入って3人のアーティストのアルバム制作に関わらせてもらっているが、その中で、一番最後になって始まったサカイレイコさんの新作「さよならカオス、デカダンス」が、一番早くに完成したというのは、ちょっと驚き。それは、レイコさんとの場合はほとんど、彼女と私だけでの作業が多いので、短い時間内に集中して取り組む事が出来たからかもしれない。
 そのかわり、お互いの意見の交換も活発だったし、それが時に衝突することになったりもしたが、そういう紆余曲折を経ないと、作品っていうのは出来てこないもの。それに、そういった経過部分が我々作り手には一番大事で、その濃さ具合が「手応え」になって帰ってくるのでありました。

 さて、そのニュー・アルバムに収録されたオリジナル中7曲をライブで披露、加えて前作、前々作からの曲もあり、今回はいつもよりも彼女の曲中心の構成になった。ある意味、じょじょにこのマンダラでのライブは、ションソンのカヴァーよりも自身の曲に重点を置くようになってきている感じ。それにより、彼女自身の個性をより際立たせられたらと、思っています。
 それだけ、オリジナル曲に力のある作品が揃ってきたという自負もあるので、有名なクラシック・シャンソンに頼らずに、ちゃんと勝負していきたいという意欲の表れでもあるのでした。

 バックのメンバーは、このところ常連の鶴来正基さん (Pf)、永田範正さん (B)、菊嶋”KIKU”亮一さん (Dr)に私で、すでにかなり気心知れ合ってきた状況なのだが、今回はアルバム用の新たなアレンジになった曲も多かったので、いろいろと神経を使って、集中したプレイを心がけたのでした。
 とは言え、ちょっとした事故が一回発生しましたけど、それも高揚した状況でのことだったから、ある種の「爆発」って気がして、私の大嫌いな予定調和にはならないし、みんなが燃えてくれていたのがうれしいことでした(まぁ、私がいつも前のめりなのを、皆が支えてくれているってところが多いけど)。

 お客さんの評価も上々、アルバムの当日販売もよく、まずはホっと一息でありました。レイコさん自身もまた一皮むけた堂々としたパフォーマンスで、着実に進んで行く姿が頼もしいです。だから、じょじょに余裕が感じられるようになりました。これも、実に喜ばしい事なのでした。
[PR]
by harukko45 | 2011-11-02 14:17 | 音楽の仕事

 15、16日の2日間、長野県車山高原にて開催されていた「フレンチブルーミーティング(FBM)」(ホームページコチラ)に参加して、昨夜戻りました。
 マイカーで4時間の運転での移動は、ちょっとヘビーに感じられましたが、それでも、現地での盛り上がりにはいたく感動しましたし、私がバックをつとめたサカイレイコさんをはじめ、お初となるアコーディオンの田ノ岡三郎さん、そしてボーカル&パフォーマー(?)である「バルタン・シルビー」ことToastieさんとの競演は、なかなかスリリングで、実に楽しかったです。

 ステージ自体は短いものでしたが、時間と場所を代えて3カ所でのパフォーマンスというのも、初めての経験。これもなかなかなものでした。

 それと、運営スタッフがほぼ全員がボランティアであるということに驚き。前夜祭(15日)の終了後の宴会で、地元の皆さん(それぞれ車山でホテルやペンション、レストラン経営などをされている方々)と一緒に飲ませてもらい、いろいろといい話を聞かせてもらいました。
 とにかく「金の臭いがしないから、25年も続いている」という話は、いたく納得でした。それに、「祭り」であることがメインで、営業イベントではないので、総合責任者のような存在はなし。そのかわり地元の人、東京からのスタッフ、そして全国からのフランス車愛好家、フランス系大好き人間、フランス・オタク、とにかく参加する人々が皆で助け合い、フォローしあうという基本理念にも感動しました。

 日本全国で、行政や企業らに「村おこし」風に焚き付けられておこなわれてきた、たくさんのイベントの多くは、結局「金の切れ目は、縁の切れ目」よろしく、「やっては消え」の繰り返しだったのに、1987年からずっと続いているのが、このFBMで、そもそもの運営理念の違いが全てだな、と強く思った次第です。

 それにしても、日本にこれほどフレンチ・カーがあったなんて、と思うほど、全国からフランス車オタクがこの日のために集結してくるんだから、すごい。シトロエン、ルノー、プジョーの昔の名車からレーシング・カーまで、要は、皆でそれを「見せびらかし」に来るんだけど、その「見せびらかし」度のこだわりがすごいわけで。やっぱり、日本人のオタク度は凄いなぁ。

 そして、車だけでなく、フランスの文化・ファッション・酒・食べ物・映画・音楽すべてをごった煮ということで、我々のような音楽関係者も参加したということでありました。

 我がサカイレイコ嬢は、音楽関係のリーダー的振る舞いで、しっかりしたまとめ役として大いに頑張りましたし、回りの人々への気配りも忘れないところは、さすがでした。
 アコーディオンのサブちゃんこと田ノ岡さんは若いけど、もうすでに名手。技術と歌心だけでなく、パフォーマーとしても、ちゃんと聴き手を惹きつけるオーラを持っていて、感心しました。これからもどんどん凄くなっていくであろう逸材です(公式サイト)。
 トースティさんは、一言では説明不能。まずはこちらを見よ。とにかく、すべてがギリギリなところがサイコーね。

 というわけで、ブラブラしている時に撮らせてもらった数々のこだわりの名車達の一端をご紹介。こういう中だと、私のゴルフ・ヴァリアント君はちょっと肩身が狭い。

e0093608_1236513.jpge0093608_1243396.jpge0093608_1244502.jpge0093608_1257175.jpge0093608_12584570.jpge0093608_133216.jpg
e0093608_1335020.jpge0093608_1351681.jpg
e0093608_1361133.jpg
[PR]
by harukko45 | 2011-10-17 13:06 | 音楽の仕事

 今日から、長野県車山高原にて開催される「フレンチブルーミーティング」に行ってきます。サカイレイコさんのバックで、3カ所のイベント会場で演奏してきます。今回は、私一人なのですが、レイコさんの新譜リリース・キャンペーンもかねてですので、頑張ってきます。

 それでは、ぼちぼち出発します。雨と風が強そうですが、明日は晴れそうですから、何とかなるでしょう。
[PR]
by harukko45 | 2011-10-15 06:45 | 音楽の仕事

6月に入って

 先月は仕事に追い立てられて、あっと言う間に過ぎてしまった感じ。それは主にレコーディングの作業がずっと続いたためだが、昔のように連日スタジオに入ってやるのではなく、私の場合はほとんどがウチでの仕事だ。まぁ、いわゆる「在宅勤務」みたいなものだが、これは良い面と悪い面の両方が存在するものの、私にとっては全体として好ましい状況になったと思っている。

 とにかく、デッドラインさえ守れば、あとは自分の納得がいくまでやり続けることが出来るわけで、時間の使い方にも自由度が出る。悪いことは、その分個人の負担(仕事の量と質)と責任が増えるということ。もちろん、コスト的な部分でも大きく貢献はしているわけです。高価なレコーディング・スタジオを何日も借り切る費用に代わって、我が家の電気料金が増え、私の睡眠時間が減るということでありますから。

 などなど、言っておりますが、水越けいこさんへのレコーディング作業は楽器におけるトラックは95%完了しました。具体的には、5月初旬にリズム・トラックを録った5曲のキーボード・ダビングと細かい編集、新たに打ち込みでリズム・トラックを作った1曲(この曲のみ、ギターのダビングを残して)の作業が終了したのでした。
 正直、かなり満足しております。自分の技術を磨くことも出来たし、新しい発見もいろいろあり、その結果、今後の歌入れとトラックダウンにうまく引き継げたと強く思っています。

 前々回の投稿で、「1曲煮詰まったから、しばらく置いておく」と書きましたが、5/18の森山さんのレコーディングでの刺激によって、一気にモチベーションが上がり、その後数日に渡っていろいろとトライして、やっと納得の状態に持って行くことが出来ました。これは、大きな喜びでした。
 そして、強く感じたことは、「常にアグレッシヴ」でなくては駄目ということ、過去の経験を頼りに保守的になることは、ミュージシャンにとっては実に危険であるということでした。そういった思いは、今回のアルバムのどの曲にも注入することが出来たのではないかと思います。
 
 さて、そういう勢いに乗って、その後、水越さんと同時並行して進んでいた岡本隆根(たかね)さんの曲もキーボード・ダビングがスイスイと終了しました。私が担当した3曲のオケはこれで一応メドがつき、こちらも大満足の思いであります。
 岡本さんは、2006年に1stアルバムをリリースした若きシンガーソングライターで、私とは今回がお初のコラボでありました。
 私にとっては、彼が作り出す独特な和声感覚が実に面白く、おいしい「ヒネリ」が加わっているのが興味深かったです。アレンジ面ではプロデューサー(水越さんと同じ方です)から、かなり自由にやらせてもらったこともあり、大いに楽しませてもらいました。例えば、「ストーンズ風オヤジ・ロック」あり、「いんちきファンク&ディスコ風歌謡曲」あり、「映画音楽風の大作バラード」あり、という具合です。
 こちらの完成も実に楽しみなのでした。岡本さんのサイトはコチラです。

 そして、もう一つ。これらの作業ですぐに取りかかれなかったサカイレイコさんの新しいアルバムへの作業が今月から始まります。ライブに関しては、このところ毎回、かなりの高いレベルでの成果を上げてきているだけに、レコーディングへの期待は私もとても大きいです。前作が今までの「まとめ」的な色合いだったので、今回はレイコさんの「次なるステップ」となるように、より彼女の個性を際立たせるべく、新たな試みを積極的にやっていこうと考えています。

 おっと、その前にいよいよ明後日は水越さんのスプリング・ツアーの名古屋公演ですね。東京での盛り上がりを再び、気持ちを新たに準備して、本番は大いに楽しみたいと思います。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-01 10:06 | 音楽の仕事

 先週末に、水越けいこさんの新作レコーディングへの打ち合わせがあり、来月5日からスタジオ入りして作業が始まる事になりました。
 今回は生リズムでの録りとなり、5,6曲のオケを取り終える予定です。すでにほぼ仕上がっている3曲をプラスすると、フルアルバムに近いボリュームになるようです。

 すでに、ライブで披露している曲もありますが、すべてけいこさん書き下ろしの新曲での構成ですから、ファンのみならず、制作に関わる私もワクワクする感じであります。

 今週はけいこさんから送られてくる曲をアレンジする作業に集中することになると思います。この後のレコーディング現場のご報告などは、随時お届けしたいと思います。

 また、そのレコーディング後には「Spring Tour 2011」の初日、渋谷DESEOに向けてのリハも始まります。こちらのセット・リストはまだわからないのですが、メンバーはこれまでよりも増えて、久々の基本4リズムにブラス系も加わる構想のようです。

 それと昨日は、サカイレイコさんの南青山マンダラでのライブに向けてのリハがありました。こちらはあともう1回のリハを経て、来月10日が本番です。ちょうど、水越さんのレコーディングとリハとにつながってきますが、忙しくさせてもらうことの幸せをありがたく思って、頑張らなくては。

 レイコさんは、今回の震災で岩手に住む親族が被災されたのでした。幸い命はご無事でしたが、津波で家は壊されたそうです。実際に被災地の様子も見てきた彼女は、そんな中でも自分を失わずに、よりバリバリと多方面で活動している姿を見せてくれています。レイコさんはとても頼もしく、常に前向きであることが素晴らしい。オジさんの方が元気づけられている感じです。
[PR]
by harukko45 | 2011-04-26 14:04 | 音楽の仕事

 タケカワユキヒデさんの仕事の翌日は、サカイレイコさんとのライブでした。このところ定例化している1年に2度の南青山マンダラでのライブの秋バージョン。今回も、いつものようにピアノとアコーディオンの鶴来さん、ベースの永田くん、ドラムのキクちゃんに、夏のライブでも参加してくれたギターの原田くんと私という編成。この形でのサウンド面でのまとまりは、このところ顕著に深化していて、本当に楽しいです。

 前回がCD発売記念で8月だったせいもあり、今回はその時とはずいぶん曲を入れ替えたので、多少熟れていない部分もありましたが、それがかえってスリリングさも感じさせたように進んだのも実に好ましいのでした。
 個人的には大好きなピアフの"ミロール"をかなり面白く再現できたのが、大いに楽しかったです。インチキ臭いニューオーリンズ風シャンソンになったと思っております。

 レイコさんのオリジナル曲も新曲を含む11曲やりましたが、前回からは7曲入れ替えており、これがなかなか新鮮でしたし、彼女がアンコールで弾き語りした"確信の一歩手前"はなかなかの佳曲。是非、将来的にはレコーディングした完成させたい気分になりました。それと、"ぐずな片思い"もワクワクする内容で、これも好きです。

 また、2部の後半で4曲を一つの流れとしてつなげたのですが、レス・ポールの"ジョニーお前は天使じゃない"、シナトラ、ポール・アンカの「マイ・ウェイ」の原曲である"Comme D'habitudo(コンダヴィテューダ/本来はドロドロの別れの曲)"、レイコ・オリジナルの"プレリュード"、バルバラの代表曲"黒い鷲"の4曲はかなり重厚でやり応え十分の内容で、とても盛り上がったし、選曲と構成が非常に良かったのでした。

 今年は、レイコさんにとってはなかなか充実した一年になったように思います。私が関わったものだけでも、新作アルバムの制作と発表、それに絡めての2回のマンダラでのライブと、確実に素晴らしい成果を上げたのでした。
 体力的にはなかなかきつかったこの数日でしたが、それでもこれだけ内容的に満足できると、その疲れも吹っ飛ぶって感じでした。
[PR]
by harukko45 | 2010-10-28 16:11 | 音楽の仕事

 8月に入って早1週間、ブログのアップもままならないほど立て込んでおり、何とか今日まで来た、って感じですなぁ。

 で、5日には南青山マンダラにて、サカイレイコさんのCD発売記念をかねたライブがありました。いつもながら満杯のお客さんが来てくれてありがたいことです。レイコさんの場合はシャンソンとオリジナルが並び立つセットになりますが、前はどちらかと言えばコアなシャンソン・ファンの方々が優勢だったように思えますが、じょじょに彼女のオリジナル・ソングによるユニークな世界の方に興味を持つファンも増えてきたように感じます。

 バンドの方は約1年ぶりの集合でしたが、各自優秀なミュージシャン達なので、2日間のリハでかなりいい感じに仕上がってくれました。ピアノとアコーディオンの鶴来さん、ベースの永田くん、ドラムのキクちゃんは去年からの付き合いですが、今回は新たにギターの原田博史くんを迎えて、よりパワーアップしたサウンドになり、アレンジの幅も広がったと思います。
 でもって、このバンド、新入りの原田くんの24歳から最年長の私の53歳までいるということで、世代バランスが絶妙な配置になっているのでした。これも、このバンドの面白みにつながっているのかも。

 また、今年の春頃からのCD制作を経たことで、レイコさんが一皮むけた感があり、それが自信となってライブでも堂々としたパフォーマンスを見せてくれたことがとても素晴らしかったと思います。ここ数年彼女を見てきた一人としては、この大きな成長ぶりには感動すらしているのでした。
 7曲入りの新作ミニ・アルバムは、個人的にもそういった思い入れがこもっているので、紆余曲折の末ようやく発売にまで至ったことが、とにかくうれしいし、忍耐強く頑張ってきて、ちゃんと完成させたレイコさんの意志の強さには敬意を表したいのでした。

 マンダラでのライブでは、アルバムからの7曲をすべてやりましたが、それ以外でも"さよならカオス、デカダンス""正しい君の愛し方"といった、CD化していないオリジナル曲もとても充実した出来になり、ここに来て、シャンソン・クラシックにも十分対抗できるだけのオリジナル・ソングが揃ったなぁ、という感慨もひとしおでありました。

 なので、ピアフ、ゲンズブール等のシャンソンを、セットリストの中でうまく配置できていたと思うし、オリジナル曲との融合がかなりの部分成功していたと感じました。とは言え、ピアフの名曲群やゲンズブールのシュールな世界にはますます惹かれますなぁ。やればやるほど、新しい発見があるし、飽きないのでした。
[PR]
by harukko45 | 2010-08-07 13:46 | 音楽の仕事

このところ

 今日で連休も終わり。とは言え、このGW中はどこかへ遊びにいくという事はなく、2日にサカイレイコさんのミニ・アルバムのトラックダウンとマスタリングに付き合い、これが無事に終了し、ようやく完成に辿り着きました。個人的にも大変満足いく内容になり、久々に手応えのあるレコーディング作業が出来たことをうれしく思います。
 
 レイコさんのオリジナル5曲に、クラシック・シャンソン2曲という構成ですが、日本語とフランス語の同居も違和感なく、彼女自身の世界観を一つの流れとしてうまくまとめられたと感じています。キボリ・スタジオのエンジニア&ミキサー、由田直也さんの良い仕事に大感謝でありますし、レイコ嬢の才能と頑張りを何より讃えたいと思います。そして、のせられて私も頑張りました。
 でも、とにかくフランスものとの出会いとともに、レイコさんの曲の面白みに魅せられたことが一番でした。

 正式発売は6月だそうですが、8月頭には南青山マンダラでのライブも予定されており、ここでのお披露目も大変楽しみであります。

 そして、4日は大橋純子さんとのバンド・リハーサル。これは、日本テレビの収録用へのもので、4曲をライブ形式で演奏するために、事前にリハが組まれたのでした。1曲のみ、稲垣潤一さんをゲストに迎えて大橋さんとのデュエット曲があり、これはバンドとしても初めて演奏したので、時間をかけて何回か合わせたのでした。

 日テレ用のリハは、極めて順調に終わったので、その後我々は夏のクラブサーキットに向けての合わせもやることが出来ました。今回はここ数年とは違ったトライをすべく、いろいろとアイデア持って臨むことになりました。初めて合わせたので、まだまだラフに様子をみる感じですが、それでも演奏する我々もかなり楽しめる方向性になりそうな気配です。
 あと数回リハをして、夏本番の頃には、かなりご機嫌な内容になるんじゃないかと、私も期待しているのでした。とにかく、皆のってます。
[PR]
by harukko45 | 2010-05-05 23:56 | 音楽の仕事

このところ

 4月に入って更新が滞り勝ち。今月になって急に仕事に追われているからですが、それだけ3月は暇だった(?)ってことか、などとボヤたりして。

 というわけで、このところの自分の動きを追ってみますと。

 先週は2組のレコーディングに参加。まずはここ数年ご一緒しているサカイレイコさんのアルバム制作。これは私が作ったトラックに彼女のボーカルをレコーディングし、加えて23歳の凄腕ギタリストの原田博史さんにアコースティック・ギターも加えてもらい、彼女とのデュオによるテイクも録音。ただ今トラックダウンを由田直也さんにお願いしているところですから、大詰めです。

 週後半は某男性アーティストのレコーディングで3曲リズム録りとダビングでした。まだ詳細は書けないのですが、久しぶりの生リズムでのセッションはやはり楽しかった。ダビングでもいろいろとトライできて成果も上々でした。
 そういえば、生ピアノで初めて弦を切ったなぁ。いやぁ、いろんなことがあります。

 その間、サッカーではスペインにてクラシコがありましたっけ。試合開始早々からレアルの猛烈なアタックに息が詰まりそうでしたが、次第にバルサが本領を発揮。レアルがいくら気迫を全面に押し出しても、現段階でのチーム力は歴然にバルサの方が上。意外にあっさりとメッシに先制点を決められてからは、空回りのレアルにしたたかで冷静なバルサって感じでしたな。
 たとえ、クリスティアーノ・ロナウドとメッシが仮に反対のチームに所属していたとしても、バルサが勝っていたのではないでしょうか。特に、ディフェンスの強さは大きな差。中盤のクールさ、インテリジェンスの差も大きい。

 おっと、日本代表がセルビアにこてんぱんでしたね。正直、語る価値なしの試合でした。何らかのショック療法が必要でしょう。それは当然、監督交代です。

 今週に入ってからは、タケカワユキヒデさんとのリハーサルとライブがありました。編成は村田くん、田坂くん、財津くんに私というバンド・スタイルに、タケさんの娘さん達、モトイさんとユイさんが加わりました。
 これは企業イベントでのコンサートで、本番は昨夜都内で。演奏が始まってから、お客さん達は大変盛り上がってくれましたが、個人的にはちょっと固さがあり、反省箇所もいろいろあります。来週、大阪でもう一回ありますので、頑張らねばのぉ。

 そんでもって、MLBは開幕しておりますが、シアトルは思わぬ不調で3勝6敗とは。オークランドがこれほど良いとは、同地区のロサンゼルス・エンゼルスももたついているので、ますます混沌した様相。イチロー選手は比較的スロー・スターターですから、じょじょに上げてくれるでしょうが、チーム自体がこのまま低調では心配です。
[PR]
by harukko45 | 2010-04-14 15:50 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31