シンガポールのカレー(4)

 シンガポールのカレー歴訪その4と来たもんだ。
 
 まず、前回のムトゥーズとはライバル店あるいは兄弟店とも言えるバナナリーフ・アポロは、やはりフィッシュヘッド・カレーが一番の売り。そして同様に、バナナの葉っぱをお皿代わりにしていただくスタイル。人気店なので、地元の方はもちろん観光客も多く、食事時はいつも賑わっている。

e0093608_13345231.jpg これはビリヤニ・ライス(炊き込みご飯)を頼んだ時で、ムトゥーズはボールでくるんだけど、こちらはリーフに盛ってくれる(おかわりOKだったはず)。添えられているのは、野菜のカレー2種類で、ちょっとした漬け物代わりってところかな。

e0093608_13405494.jpg で、来ました!フィッシュヘッド・カレー。こちらの方が、より雰囲気がわかりやすい写真ですかね。なかなかの迫力ですよ、実物は。味としては、バナナリーフの方がサラサラしたルウで、ムトゥーズの方がマッタリしている感じ。辛さはバナナリーフの方が辛い。魚のお味は、私はバナナリーフの方が美味しく感じました。全体のインパクトもこちらに軍配か。

 ただし、前にも書きましたが、この大皿のフィッシュとライスでお腹いっぱいになってしまうので、「今日は何としてもフィッシュヘッドで決めるぞ!」って時はバナナリーフに行こうと思っています。他のチキンやマトンなどは、ムトゥーズの方がコクがあるような記憶があります。食べ比べも楽しいです。ちなみにバナナリーフはリトル・インディアに2軒あります。

e0093608_1491120.jpg さて、最後に超個性的とも言えるレストラン「アンナラクシュミ」です。こちらはヴェジタリアンですが、"Temple of Fine Arts"という文化財団が経営していて、ある種の慈善事業の一環なのでしょうかね。とは言え、味が最高なのでイチャモンつけるようなことはありません。ガイドブックやマカン・スートラにはエクセルシオール・ホテル内という古い住所が記載されているが、今は引っ越ししています。なので、最初は探した探した。でも、歩き回ったかいのある素晴らしいレストランだったので、興味のある方は是非行ってみるべきお店であると思います。

e0093608_14103279.jpg ランチ時に訪れたので、このようなビュッフェ・スタイル。でも、この方が気楽にいろいろ食べれて初心者には有り難い。この時サーブしてくれた御婦人は理知的な雰囲気のする方で、大変流暢な英語で話しかけてくれて、わかりやすく説明してくれました。

e0093608_14153752.jpg で、自分で盛りつけるとこんな感じ。もちろん、いくらでもおかわりOKね。どのカレーも味がとっても良い。ヴェジタリアンものに共通する「やさしさ」を感じますね。チャパティもうまかったし、ここはドーサの評価も高いとのこと。

 さて、問題はこの後。この店には値段というものがありません。ここが、ボランティア的? つまり、支払いは「お気持ちで」というわけ。なので、帰りにレジに行って「いくらいくら払います。」と言いお金を渡すわけです。ここら辺が逆にちょっと気を使っちゃうところかな。他の人がどのくらい払うかが気になってしまうわけで。
 まぁ、これも体験としては面白いことですけどね。

 でも、とにかく味は太鼓判を押します。大変おいしゅうございました。夜はアラカルト形式になる場合もあるようです。シンガポールには2軒あって、チャイナタウン・ポイントの店に夜行った時はアラカルトでした。この時はかなり頼んじゃったなぁ。でもうまかったす。今回掲載した写真はアモイ・ストリート沿いの店であります。

 はい、ご馳走様でございました。
[PR]
by harukko45 | 2007-05-01 14:37 | 旅行

シンガポールのカレー(3)

 シンガポールのカレー・レストラン(正式には問題あるかな?インド料理レストランですね。)をご紹介する第3弾。今回は肉入りで。
 観光客にもすでに有名で、ガイドブックには必ず載っているお店であります。シンガポール名物の一つに上げられるフィッシュヘッド・カレーは、時々無性に食いたくなりますなぁ。
e0093608_2242947.jpg これはフィッシュヘッド・カレーの元祖ムトゥーズのもの。ご覧のように魚の頭がドカっとカレー漬け(?)になっておりまして、何でも生臭さを消すためにかなり辛くするとのこと。確かに辛かった。でも、最近の日本人は激辛大好きが多いから、全然問題ないかも。

e0093608_22737100.jpg 見た目のエグさに比べて実際に食してみると、魚はサッパリとしていて、とても美味しくいただけるし、コクのあるグレービーの辛さも確かに病みつきになる感じ。ただし、でかいです(これでもsmallです)。1人じゃ食べきれません。2人でもなかなか。それに、他のものもいただきたいわけです。(この時は、フィッシュヘッド・カレーとキャベツ・カレーにライスでした。)

 なので、何度か通ううちに私のオーダーは最近ではプロウン・マサラ(x2)、チキン・マサラ(x1)、キャベツ・カレーにプレーン・ライス(x2)かな。ビリヤニ・ライスの時もあり。
 ライスはいずれを頼んでも、チキン・カレーとフィッシュ・カレーのルウ(具はなし)がサービスされる(フィッシュヘッド・カレーにはつかない)。じつを言うと、ライスだけ頼んで、このサービス・カレーだけでも十分ウマイのよね。これに、フライド・チキンを1本のみで終わらせている地元客もいた。
 とにかくです、南インド風のカレーには気取ったナンあたりでなく、やっぱり「米」が一番なのだ。シンガポールのカレーを食することで、ライスとカレーのコンビネーションの素晴らしさを再認識したのでありました。

 これに、ビールなんか飲まないで、必ずライム・ジュース!これ定番ですよ。濃厚で辛いカレーとの相性はライム・ジュースが最高です。これで、口の中はいつでもスッキリ。

 さて、これだけ頼めば2人でもお腹いっぱい。お値段は前回までにご紹介した店のようにはいかないけど、それでも安く、2人ならだいたい30S$(約2400円)程度で豊かなディナー・タイムとなるでしょう。
 リトル・インディアの本店と、最近サンテックの「富の噴水」前にも支店が出来た。
[PR]
by harukko45 | 2007-04-30 23:02 | 旅行

シンガポールのカレー(2)

 シンガポールのリトル・インディアからカレーの有名店をご紹介、その2と。今回もヴェジタリアン・レストランを2軒アップしたいと思います。前回の「マドラス」とともに、いわゆるシンガポールのグルメ本であるマカン・スートラにもちゃんとランクイン(3軒とも箸2.5膳、3膳が最高点)しておりますぞ。

e0093608_15363192.jpg 「サラヴァナ・バーヴァン」は、地元の人でいつもいっぱいの人気店ですね。ここのマサラ・ドーサが絶品との情報を得て、早速乗り込んだ時の写真であります。左から店に向かっているのが私ではありませんよ。オッ、柱の陰に何やら?

e0093608_15413752.jpg で、これが噂のマサラ・ドーサ。ペーパー・ドーサと呼べばいいのでしょうか、パリっとした感じがいいすね。添えられたディップとカレーが4種類。マドラスよりも多いわけです。

e0093608_1557222.jpg そして、この中にジャガイモのカレーがビシッとつめられており、手でちぎりながら手前のカレーや上のチーズ・ディップをつけていただくわけですな。これが、確かにウマイです!ジャガイモ、チーズ、ドーサの三位一体、いやいやカレーとの四味一体のコンビネーションが実に楽しい。

e0093608_1635952.jpg もう一軒、車が頻繁に行き来するメイン通り(セラグーン通り)沿いにあって、1947年からの老舗とでも言ったらいいのかな、「コマラ・ヴィラス」です。ここも常にたくさんのお客で賑わっています。

e0093608_1611010.jpg どのお客さんも大抵、パンものとカレーの組み合わせによるスナック中心なのと、立地条件の良さからか、回転がいい。
 さて、ここのマサラ・ドーサはこういうルックスです。味は、私にはまあ普通って感じ。
 でも、店の雰囲気がいかにも大衆的でいいのだ。何ともガヤガヤとした人々の会話の中、気楽に軽い食事するのが楽しいのでした。

 ちなみに、マサラ・ドーサはマドラスが2.4S$、サラヴァナ・バーヴァンが2.6、コマラ・ヴィラスは2.3で(2006年)、コマラ・ヴィラスの勝ち!?
[PR]
by harukko45 | 2007-04-30 16:43 | 旅行

 世の中的にはゴールデンウィークで海外へ、ってところでしょうか。私もこのところお気に入りのシンガポールに行って、安くて美味いものを食いたいですが、そうもいかず。なので、このブログで気分だけでも浸りたいってわけであります。
 シンガポールには大好きでオススメしたい食べ物がいろいろあるし、人気の場所だけにご存知の方も多いでしょうが、今回は特にカレーにしぼってアップしたいと思います。何故かというと、私がカレー食いたいからって、アレーッ?
 ま、とにかくシンガポールにはインド系の人々もかなり多く住んでいて、リトル・インディアと呼ばれるインド人街があり、ここに行けば必ず本格的なインド・カレーを堪能できるのであります。それもかなりの安価で。

e0093608_1651833.jpg まずは、現在一番好きな南インド・ヴェジタリアン・レストラン「マドラス・ニューウッドランズ」、訪れれば必ず行きますね。続けて数日通った時もあったなぁ。

e0093608_1613338.jpg で、ここでは「VIPターリー」というミールズが最高。いろいろなカレーが堪能できますし、ヨーグルトとデザートも含まれます。オプションでチャパティやドーサなどを頼んでも7S$(シンガポール・ドル、現在は1S$=約80円かな?))少々ってところ。どのカレーも超美味で、白米とビリヤニ・ライスどちらとも相性バッチリ。

 いろいろあるパンものとカレーの組み合わせもイケル。地元の人はほとんどそのようなオーダーをしていた。値段は2.5〜3S$程度だから軽食とも言えるけど、ウマイからおかわりしちゃう。

e0093608_16274357.jpg
 左はバトゥーラ、見た目がかなりイケテるです。唐辛子の揚げ物付き。

e0093608_16333190.jpg
 右のロティ・パラタ(チャパティの生地に油を練り込んでパイのようにして焼いたもの)は絶賛の美味さで大満足。くー、たまらんねぇ。

e0093608_1746363.jpg
 で、これは私大好きなマサラ・ドーサ。このドーサの中にジャガイモのカレーが入っていて、それにカッテージ・チーズのディップやカレー・ルウをつけて食するのであります。
[PR]
by harukko45 | 2007-04-29 16:41 | 旅行

 さあ、シンガポールB級グルメ・レポートも大詰めだ。我がホテルの隣のフードコート「コピティアム」は24時間営業なので、大変便利。学生らしきお客が多いのは、向かいが大学で、学食がわりにもなっているのかもしれない。で、本日の三食目は典型的なホーカー食、思いっきりジャンキー(?)な感じでいってみたい。

e0093608_20453610.jpg 左はシンガポールを代表するホーカー食、フライドホッケンミー。簡単に言えば焼きそばの一種と言えるかな。$3。ここのはなかなかイケるのだった。前回来た時も食べて、今回アンコール。

e0093608_21121487.jpg 右のスープ麺は搾菜板面で、魚系のスープに搾菜、揚げた小魚に青菜、卵とひき肉が盛りだくさんに入った「きしめん」風のもの。このスープは大変うまかった。$3.5。このフードコートもレベルがなかなか高いね。おまけに安くてありがとう!

[PR]
by harukko45 | 2005-11-04 21:17 | 旅行

 本日の昼食は、またカレーになりました。それも「Muthu's」です。ただし、今回はチャイナ・スクエア内のフードコート・スタイルの店です。このチャイナ・スクエアはビルすべてがフードコートで近所のオフィス・ビルからビジネスマンやOL達が大挙押し寄せて、これまた大盛況でありました。
 こちらのムトゥーズではセット・メニューがあったりして、注文しやすかったし、店で食べるよりは値段は安くなってます。でも、味は変わらず、もうほんとにマイウーであります。病み付きになりそうなぐらい、こちらのカレーはたまりません!
 タイのカレーもうまかったけど、シンガポールのカレーも絶品じゃ。

e0093608_1843348.jpg これはエビ+ビリヤニ・ライス+野菜2種+パパドム(豆の粉で作ったセンベイ風のもの)$6(約420円)、ライムジュース$1。いつものように食べかけであります。ごめんなさい。

e0093608_18153525.jpg 食後は再び亜坤(ヤクン)でカヤ・トーストとコピの組み合わせ。
今回はカヤ・トーストを原型のまま撮影に成功しました。もう、激ウマで最高じゃ!


[PR]
by harukko45 | 2005-11-04 18:17 | 旅行

 昨日の食事、昼はサンテックのフードコートで軽くのつもりが、チキンライスの有名店の一つ「文東記」が出店していたので、にわかに盛り上がる。3回目なのに、文東記にはまだ一度も行っていなかった。たぶん、お店に行った方が料理の種類や値段も違ってくるのだろうが、とりあえずフードコートで気楽に食べれるのはうれしい。
 で、そのお味は。Oh,yeah! 今まで食べたチキンライスの中で一番うまいでぇーす!

e0093608_11152859.jpg フードコートでこのおいしさなら店に行ってもきっと楽しめるでしょう。さすが、たくさんの方に推薦されているのもうなづける実力であります。($3.5=約245円)
 ところが、またまた写真撮る前に食べ始めてしまいました。本当は御飯は綺麗な三角の山形に盛られていたのですが、気づいた時には跡形もなく崩れさっていました。(修行が足らん!)

 さて、夜はクレイポットライス(土鍋炊き込み御飯?)を食べに、ガイドブックにしたがってチャイナタウンのレストランへ。ところが、その店はなくなってしまったのか、結局見つからず、お腹もすいたので目の前の「マックスウェル・フードセンター」ですます事に。
 ただ、心はクレイポットで一杯になっていたので、迷わず注文。レストランでは注文後に炊き上げるらしいので20~30分待つとのことだが、ここではすでにどんどん土鍋で炊いているものを運んでくるので、ほとんど待たずに食べられた。
 まぁ、店に行けばそれなりにもっとうまいのかもしれないが、このホーカーでの気楽さ、安さ、早さ、それとたくさんの人が勢い良く食事する雰囲気が楽しい。
 とにかく、あまりグルメぶらずにほどほどにおいしいものを、この安さでいただけるということを感謝しなくちゃいかんですね。(2人前$8,青菜の炒めもの$3)
 おお、また先に食ってしまいました。もー、まったくなっていません。非常にきたならしいクレイポットライスの写真で、お店にも申し訳ない。

e0093608_11354157.jpg


[PR]
by harukko45 | 2005-11-04 11:38 | 旅行

 シンガポール3日目、昼過ぎにまるで秋葉原電気街を一つのビルに閉じ込めたとでも言える「Funan The I.T. Mall」に行ったが、残念ながら私にとって、これと言うものはなかった。CDやハイテク物はやはり日本で買うのが一番かも。
 さて、昼飯とおやつをかねて、このビル内にある1944年からのコーヒー・チェーン「亜坤(ヤクン)」でおなじみの「カヤ・トースト」とコーヒーをいただく。

e0093608_2235991.jpg カヤ・トーストは最高にうまいよ。こんがり焼かれたうすいトーストにバターとカヤ・ジャムがサンドされていて、はっきりいってシンガポールでNo.1に好きな食べ物にあげてもいい。
 コーヒーも普通のものでなく、練乳入りのかなり甘め。だが、これもたまらん。実はこの写真、カヤ・トーストを半分食べてしまってからのもの。まだ、学習ができてない。

 そしてそして、夜はお待ちかねのリトル・インディアの「Muthu's」で本格南インドカレーのディナーであった。超うまかった!!やはり人気の有名店だけあって、味もかなりのもので大推薦したい。(「バナナリーフ・アポロ」も有名店だが、私はムトゥーズ派。)
e0093608_22431515.jpg

 マサラ・チキン、マトン・カレー、ビリヤニ・ライス(カレー味の炊き込み御飯?)にライム・ジュース。料理はすべてうまい。コクのある味わいと適度な辛みが病みつきになる感じ。ドリンクもビールよりもこのライム・ジュースが相性抜群のうまさ。大満足。ちなみにこの写真も撮る前に食べ始めてしまったため、このような不出来なことに。
 おお、値段は腹一杯になって2人で$25.2(約1,800円ってとこ?)。かなりお得じゃないかな。

[PR]
by harukko45 | 2005-11-02 22:56 | 旅行

 昨日の晩ご飯は写真、バッチリ撮りました。料理が来る前からちゃんと身構えて準備してましたから。(でもピンボケじゃん。)
e0093608_11125022.jpg
 ここは1940年開店の「逸群(イエッコン)」というレストラン。昔ながらの味が食べれるとのことで、地元でも常に人気の店。タイミングよくすぐに座れたのでラッキーだった。
 で、その有名なチキンライスとローストポークにこのあとカイランの炒め物がならんだ。チキン(スチームド)はちょっと薄味、チリソースなどをつけていただく。鶏のダシで炊いたゴハンがたいへんおいしかった。ローストポークは評判ほどでは。かかっているソースは酒が強くていまいち。
 カイランはなかなかおいしかったが、香港に比べると油っぽいかも。
ただ、値段はすべてで$21(約1,400円)ほど。

 さてその後リトルインディアに行ってブラブラ散策。今の時期ヒンズーの正月である「ディーパバリ」にあたるので、街は綺麗にデコレーションとライトアップされていた。人も多く大変なにぎわいだった。それにしてもインド人街は男だらけなんだな、これが。それに二人づれで手をつないで歩いているのをよく見かける。
 いわゆる「そういう関係?」と思いきや、インドでは親友同士なら男同士が手をつないで歩くのは普通なのだそうだ。フーン。

e0093608_11323234.jpg
e0093608_11325220.jpg

[PR]
by harukko45 | 2005-11-02 11:36 | 旅行

 昨日の昼間はチャイナタウンに行き、数あるホーカー、フードコートでもかなり有名な「Maxwell」で昼食を食べた。ここで一番有名なのは「天天海南鶏飯」のチキンライスなのだが、前回食べているので今回はパスして他のものに挑戦してみた。
 地元の人や観光客にも評価が高く、行列ができる店「金華」のフィッシュヘッド・ビーフン(魚の頭でダシをとったスープに米粉の麺)と「黒胡椒又焼飯・麺」でブラックペパー・チャーシュー・ダンプリング・ヌードルをいただいた。ともに$4、$4.50(約280、300円)で激安ね。
 ただし味に関しては、「金華」は期待しすぎてちょっと肩すかし。スープはまあまあうまいが、ビーフンは日本人の思うものとはだいぶ違う。スープとも合わないように思う。「黒胡椒...」は前回食べたベーシックのチャーシューヌードル($2.50/これはスープ麺ではなく、ソースと具とあえて食べるドライ麺もの、胡椒がよく効いていて、チャーシューも甘めのソースとあってなかなか美味)にエビワンタンをトッピングして量も少し多い(かな?)ものをオーダーしたのだが、基本的にベーシックの方がコストパフォーマンスがよく、満足感ありと感じた。

 と思いながら食している時に、写真を取り忘れたのに気がついた。カメラを使うことに慣れていないというのは困ったものである。とにかく、「飯が来たらすぐ食べる」ことしか頭にないなんて。だから、作り立ての映像をお見せできません。何のためにデジカメ持ってんだが、情けないですねぇ。

e0093608_3143327.jpg 気を取り直して、チャイナタウンではお気に入りの『味香園』殻付き落花生(ガーリック味)を6袋購入。
 パッケージのデザイン、いいのです。それに$1.25(90円しない!)ですから。味も最高なんです。殻の中の豆がちゃんとしっかり塩味とニンニク風味になっていて、食べ始めたら絶対にやめられなくなるのだった!

 
[PR]
by harukko45 | 2005-11-02 03:25 | 旅行

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31