タグ:ウィーン ( 32 ) タグの人気記事

 私の相方が風邪でダウンしたので、ウィーン到着後の2日間はおとなしくしていた。だから、バイスル(ウィーン風レストラン)にもワインケラーにも行かず、近くのスーパーで夕食を調達した次第だ。今年は例年より寒くないのだが、やたらと強風が吹いて埃がまうので、歩くのになかなか不自由するなぁ。

 とは言え、サンドイッチやサラダなどとともに、甘いものもちゃんと買って帰った。こちらに来るとどうしても甘味の消費量が増える。ウィーンはパリとともにお菓子の都だから、ケーキ店の数も多いし、こちらの人々も甘いものが大好きとのこと。よって、私のような生クリーム好きも気兼ねなく食べられるので、これまた居心地が良くなるのである。

 1日目は夕方ホテルにチェックインした後 、ウィーンの象徴であるStephansdom(シュテファン寺院)にご挨拶(?…初詣みたいなものか)に伺い、その近くのカフェ・コンディトライ(自家製ケーキ店にカフェが付属)のAidaによった。ここは他にも何軒か支店を持つ大衆的なお店。注文したのはクラプフェンとクレーメシュニッテ。クラプフェンは穴のあいていないドーナツのようなもの(イースト菌で膨らませて、揚げてある)で、中にたいていはアプリコット・ジャムが入っている。(バニラ・クリームやチョコレートのもある。)これは、スーパーのパン売り場から元宮中御用達高級菓子商にいたるまで、ほとんどの店で売っているし、他のケーキより安いので食べ比べをしてみるのである。なんて言っても、この手のものは、安いは安いなりに、高いは高いなりにうまいわけで…。あーしょうもない。

 クレーメシュニッテはまさにウィーンならではのもので、2段の厚い生クリームをうすいパイ生地ではさんだもの。一番上には砂糖をかためたものがのせてある。生クリーム自体はそんなに甘くはないのだが、全部一緒に食べるとこれがたまらんわけです。ということで、Krapfen 1.15ユーロ、Cremeschnitte 2.25ユーロ、コーヒーは飲まないでテイクアウトしたので、この場合は「Zum Mitnehmen,bitte(ツム ミットネーメン、ビッテ)」となります。

 2日目は早々とDemelに行った。デーメルはザッハーとならび、日本でも有名な高級店。何たって、入り口にK.u.K. Hofzuckerbaecker(宮中御用達菓子商)と金文字で書いてある。原宿に支店があったり、三越でも買えたりするのだが、そこで売られているのはウィーンからの直輸入ではない。原宿の店員さん曰く「ウィーン店と同じレシピで作っております。」とのことだが、本当か? だいたいケーキの大きさがぜんぜん違う。確かに我々日本人にはこちらのサイズはでかすぎるから、理解できる。しかし、サイズ半分以下で値段がほぼ一緒ってぇのもなぁ。それに甘さをおさえてないか? 日本の女性TVレポーターがお菓子の取材で必ず発する「あんまり甘くなくておいしい!」なる感想。砂糖もかわいそうに、ずいぶん日本では虐げられた扱いだ。お菓子なんだから、きっちり甘くしてもらわなければおいしくない! 私はそう思うのだが…。話がそれた。つまり、天下のデーメルも日本では今風の「甘さ控えめ」じゃないのかと疑っているのである。

 その問題は今後も追求していくとして、このウィーン店は掛け値なしで立派だ。伝統と格式を守る店内は大変素晴らしい(その分、よそ者では長居はできない感じがある)。ケーキのディスプレイもなかなか素敵なのだ。で、味はというと日本人観光客のあいだでは賛否両論なのだが、私は支持派である。 確かにものによっては、脳天かちわられる程の甘さに思わず「ごめんなさい」して、コーヒーをがぶ飲みしてしまうこともあるが、一つ一つの仕事はやはり高級店ならでは職人技があると思うのだ。だから、「甘さ」の中に歴史を経た成熟さ(退廃的とも言えるのようなもの)を感じたりもするのだ。大げさな!と思われるかもしれないが、例えば高級シャトーの年代物ワインを飲んだ(正確には、ノマセテモラッタ)時に、その味の奥行きさに何か物語を感じたりするのに似ているわけだ。

 さて、何を買ったかというと、オーベルスクレーメシュニッテ、これは普通のクレーメシュニッテが生クリームの2段サンドなのに比べて、カスタード・クリームと生クリームの2層構造になっているのだ。そして、このカスタードが卵の味が濃厚で大変素晴らしい。このケーキは他の店では見かけないので、有名なアンナ・トルテとともにデーメル・オリジナルなのかもしれない。(ザッハートルテはいろんな店で作っている。)それに、日本支店にもない。よって絶対に食せねばならないのである。それとシュネーバル、これは塩味のパイ生地を約2センチ幅のリボン状にのばし、それを巻いてソフトボール程の球状にして揚げたもの。それに砂糖の粉がかかっていて、見た目がスノーボールというわけ。ま、私には今イチでしたが。

 というわけで、Oberscremeschnitte 3.45ユーロ Schneeball 3.45ユーロなり。デーメルでお茶するのは、私には落ち着かないので迷わず「Zum Mitnehemen」となります。
[PR]
by harukko45 | 2005-01-05 00:00 | 旅行

 Gruss Gott,Prosit Neujahr! 私は今オーストリアの古き都、大好きなウィーンに来ています。ここ何年か、毎年正月早々にこちらに来て、前年からの流れをリセットするのがパターンになっていて、今年もやってきたのです。約14時間の飛行機の旅を無事に終え、ホテルに入りインターネット接続も完了し(このホテルはブロードバンドではないので、多少不便ですが)、只今の時間は夜中の2時(8時間の時差があります。)で、初の海外からのボヤキをやってみようというわけです。

 昨年はジュンコさんをはじめ我々バンドメンバーも、「大橋純子デビュー30周年」にふさわしいバラエティに富んだ、実に充実した一年を送ることができたと思います。後半、私は忙しさに追われて、このコーナーのアップのペースが著しく落ちてしまいましたが、その分「マネージャー日記」で小澤さんにもがんばっていただき、私はPhotoコーナーでバックステージの様子をお伝えした次第です。

 2004年という記念年を終え、また新たな決意、アイデアを練って、ますます頑張って行く所存でありますので、ファンの皆々様には、どうぞ今年も宜しくお願い奉りまするぅ。

 さて、ということで、お前は何でウィーンなのかと。1991年に初めてこちらを訪れて以来、私にとってはその居心地の良さにすっかりはまってしまったのです。ヨーロッパには何度かきているものの、そのほとんどがウィーンで、パリにもロンドンにもローマにもまだ行っていない。正直別に行きたいとも思わない。ここウィーンに何日間かいれれば満足してしまうのです。海外旅行を何回かするうちに、自分の感性にピタっとあう国、街、土地が見つかるようになると思うのですが、私にとってそれがウィーンだったのです。

 とは言え、私がウィーンですること、訪れる目的、楽しみは大きく2つしかありません。それは「オペラとカフェ」です。ウィーンにStaatsoper(国立歌劇場)と、市内にたくさんある昔ながらの古き良きカフェがなければ、何の魅力もないと断言します。しかし、この2つだけでもとてつもない喜び。私は、昼間街をブラブラ散歩しながら、何軒かのカフェをはしごし、コーヒーを飲みビールを飲み白ワインを飲み、お腹が空けばそこで食事し、デザートのケーキもいただく。カフェに行けば、とりあえず飲食はすべてかなうし、何時間いても文句は言われないし、つまらないBGMも一切なし。良き伝統を強く感じさせるその趣きに身を寄せていれば、時を忘れてとことんリラックスできるのです。

 夜はStaatsoperで好きなオペラを観る。世界最高のオーケストラを毎日のように日本と比べようの無い安い値段で聴ける。(おまけに安い席の方が、音が良かったりするのです。)私はこの劇場が大好きで、出来れば住みたいぐらいなのです。とにかく、オペラが始まれば非現実の世界にどっぷり浸っていられるのです。オペラを聴いているときは、私は自分が何であるか(例えばミュージシャンであるとか)などすっかり忘れることが出来る唯一の時間かもしれません。そして最上のオーケストラサウンドに包まれて、夢の中で数時間(3,4時間? 本当は永遠であってほしい。)すごすことは、私にとっては最高の贅沢なのです。

 さて、そんなわけでこれから勝手気ままなウィーンからのボヤキを何回かお送りします。たぶん、内容は上記の2点についてが主になるでしょうが、この街にいて、いろいろ気づいたり感じたり考えたりしたことも書けたらいいなと思っています。それでは、ひとまずこの辺で。
Auf Wiedersehen.
[PR]
by harukko45 | 2005-01-04 00:00 | 旅行

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30