昨日、水越けいこさんの「Summer Live 2013」が無事に終了しました。昼・夜2回公演ともに、超満員の盛況ぶりに感動しました。ここ5年ほど、コツコツと続けてきた東名阪ライブ・ツアーの成果がようやく実を結びつつあることを強く実感しましたし、けいこさんのみならず、森プロデューサーにも大きな自信を与えるものとなったと思います。

 今回は昼・夜の内容がまったく違う構成であったので、演奏曲数が38曲(内7曲ダブり)にもなりました。正直、じっくり準備する時間が欲しかった部分があるものの、その分、一発勝負的なスリリングさもあって、かなり個人的にも楽しめるものになりました。
 特に私は、"Thank You Summer""月あかり"の2曲に心酔しました。これまでやったことがなかったせいもありますが、それでもただ聴いている時とは全く違う感動がありました。
 もちろん、"東京が好き""あなたに"といった定番のお気に入り曲や、竜真知子さんとの共作コーナーも良かった。
 あと、ニューアルバム収録の"About Me"と"モノクローム"にも強く手応えを感じられたのがうれしかったです。

 ちょっと反省をすると、後半の盛り上がり系8ビート曲コーナーでは、お客さんの手拍子が大きな効果として我々を助けてくれましたが、全体に「金太郎飴」的「力技」になってしまうので、今後は何らかの工夫をして、こちらが変化をつけるべきかもしれません。
 それと、これは私の意見ですが、熱烈な手拍子が合わない曲もあると思います。もちろん、楽しみ方は自由なのですが、けいこさんの曲はすごく繊細な部分とポップな部分が隣り合っているので、ひょっとすると、ある部分ではムードが壊れてしまう気がしました。こちら側から煽ってしまう部分もあったので、もっとパフォーマンスにメリハリをつけることが求められるでしょう。

 とにかく、大阪・名古屋・東京の各会場に駆けつけてくれた皆様、ずっと応援してくださってきたファンの皆様には、心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。皆さんの力がじょじょに結集して、昨日のような成果につながったのです。今後、もっともっと盛り上がっていくように、けいこさんへのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by harukko45 | 2013-07-28 15:07 | 音楽の仕事

 一昨日の26日、大橋純子さんのクラブサーキット2013が無事終了しました。最終日のビルボード東京のみならず、名古屋・大阪の各会場にお越し下さった、たくさんのファンの皆様には、深く厚く御礼申し上げます。

 チーム大橋としては、7月2日にあった京都の企業イベントでのライブを皮切りに今回のメニューをスタートさせていて、約1ヶ月間の流れの中で、大きな成長・進化と熟成を達成しました。そのピークをうまく最終日に持っていけることができたことは、この上ない幸せであると思っています。

 そして、かなりザックリ言って、今回の内容は来年のジュンコさんデビュー40周年に向けての第一歩となりました。ある意味、来年の予告編的なものを含む感じです。それを実際にライブで演奏して、お客さん達からの反応に手応えを得たことで、大きな自信につながったのでした。個人的には"たそがれマイ・ラブ"の素晴らしい進化には大満足しております。これはケンさんのリ・アレンジを絶賛したい。これを含む"クリスタル・シティ""テレフォン・ナンバー"による冒頭3曲が、私の超お気に入りでした。
 
 と同時に、ここ数年の集大成的な部分もあり、おなじみのレパートリーに対しても、常に細かい部分で修正やこだわりを持ってトライし続けてきた良さが見事に反映されたのでした。特に"大人の恋をしましょう"はすごく良くなったし、"愛は時を越えて"ではけっして新鮮さを失わないよう、いい緊張感をキープ出来ていたと思います。

 というわけで、クドクドとした今回の詳細については、またあらためて書いてみたいとは思っていますが、ちょっと先になるでしょう。
 まずはともかく、いつも支えてくれているファンの皆さんとたくさんのスタッフに感謝感謝です。本当にありがとうございました。
[PR]
by harukko45 | 2013-07-28 14:09 | 音楽の仕事

 昨夜、名古屋から帰宅しました。水越けいこさんの「Summer Live 2013」の大阪・名古屋での3ステージが無事に終了して、残すは東京での2ステージです。

 そして先週、大橋純子さんの「クラブサーキット2013」の大阪公演が終了し、12日に名古屋で始まったツアーが、こちらも東京を残すのみです。

 ジュンコさんとのツアーではバンドでの充実した演奏とサウンド、一方のけいこさんでは、ほぼ全曲を私のピアノだけでの演奏という、全く正反対のような内容でしたが、共に濃くて深い音楽世界にどっぷり浸ることが出来ています。
 ここまでは、どちらも良い流れで来ていますので、大ラスの東京も大いに盛り上がっていきたいと思います。

 ひとまず、各ライブハウスにお越し下さったファンの皆さんに、お礼申し上げます。いつもいつも応援していただき、本当にありがとうございました。
 東京公演も精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

 なお、私個人は8月もライブ・イベントが続くために、今回の「ツアーの詳細」は当面書けないと思います。たぶん、8月後半になったら、時間が出来ると思うので、少しづつまとめていこうかと考えています。
 それでは。
[PR]
by harukko45 | 2013-07-23 04:37 | 音楽の仕事

 いやぁ、すっかりブログ書かずに、梅雨明けになってしまった。コンフェデ杯についても、尻切れになってしまいましたが、とりあえず、トーナメント選に勝ち上がった4チーム(ブラジル、スペイン、イタリア、ウルグアイ)と他のチームとのレベル差が大きく、いたって順等な結果であったと思います。
 優勝したブラジルは、このところの不評や国内情勢の不穏さからくる緊張感が、チームを一つにまとめる大きな要素にもなったかも。で、確かにネイマール様の凄さには本当に参りましたが、彼がこの秋からバルサに入ってどうなるかは、わからんし、順調に来年まで調子を維持しているかどうかも、何ともね。
 とにかく、ブラジルの気候(暑さと湿気)がかなり選手達を苦しめた様子。これを前もって経験できたことは日本にとっても良かったのではないか。
 
 で、我らが代表は、ワールドカップ予選の最終戦を中東で戦ってすぐにブラジル入りだったので、非常にコンディショニングが難しかったろうし、準備を十分に出来なかったことは不運だった。とは言え、今の力がこんなもんであることは、実にはっきりしたわけで、今後はより現実的な視点でのチーム作りが望まれる。個人的には、何と言ってもあまりにも弱かったディフェンスに何か手を打ってほしい。このところ、保守的な感じに見えたサッケローニ監督が、これで覚醒してくれることを願う。

 さて、暑い夏になっている今年。7月8月は、私にとってはライブ月間となりました。なので、ここでお知らせを。

 まずは、大橋純子さんの毎年恒例「クラブサーキット」ツアーの2013が、今週からスタートします。

 7月12日 名古屋ブルーノート
 7月17,18日 ビルボード大阪
 7月26日 ビルボード東京

 そして、コンサートが合間に。

 7月24日 土浦市民会館大ホール(会員向けコンサート)

 続いて、水越けいこさんの「Summer Live 2013」。

 7月21日 大阪 Mister Kelly's(ミスターケリーズ)
 7月22日 名古屋 ROXX SAKAE(ロックス栄)
 7月27日 東京 江古田マーキー

 何と、王様が再び横浜に降臨。
 7月29日 横浜 FRIDAY

 てなことになっておりますので、どうぞよろしくお願いします。それでは。
[PR]
by harukko45 | 2013-07-10 00:52 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31