今月、東名阪3カ所で8公演を行った、安倍なつみさんのライブについて、セットメニューにそって振り返っていきます。

 まずは、今回のライブでは、ギターが久保田邦夫さんから黒沢和貴(カズ)さんに代わり、新たにヴァイオリンの雨宮麻未子(アメマ)さんを加えた5人編成になりました。経験豊富で頼りになる久保田くんが参加できなかったのは、とても残念でしたが、その分、若いエネルギーにあふれたカズとアメマの登場は、バンド全体に新鮮さをもたらしてくれ、素晴らしい音楽的成果を上げることになりました。
 これは、私にとっては思いがけない喜びであり、今回のメンバー・チョイスが大成功であったと言う事でもあります。
 また、私以外がなっちを含め、ほぼ同世代のミュージシャンがそろい、女性が4人になったことも大きいかも。それにより、私は一人オヤジ状況となりましたが、まぁそれも良し。若くイキのいいミュージシャン達の演奏や日々の振る舞い方に接するのも、すごく刺激的でありました。

 Opening Theme〜m1.ふるさと〜2.夕暮れ作戦会議

 今回の会場が「コットンクラブ」「フラミンゴ・ジ・アルーシャ」「ブルーノート名古屋」と言う事で、そのイメージが全体に影響した構成になったようです。特に「コットンクラブ」と「ブルーノート名古屋」はステージに上がるのに、客席を通っていくので、バンドが先に演奏を始めて、なっちを呼び込むようなオープニング・テーマを作ることになりました。
 それと、ある程度「ジャズ」っぽいムードも取り入れて、とのこと。ギターのカズは、フュージョン系のテクニカルなギタリストでもあるので、ピタっとハマります。それと、アメマもポップス的なノリをちゃんと理解しているヴァイオリニストで、フレージングの一つ一つをグルーヴィに弾いてくれるので、本当にありがたかった。
 割とシンプルなブルーズっぽいインスト曲になりましたが、あまり「ジャズ」系に行き過ぎず、なっちのポップさとうまくリンクするように心がけました。なかなか良かったと思ってます。

 で、なっちがステージに上がって、おなじみの"ふるさと"へ。
 
 私やアサミンは、何度もやっている曲だけど、正直、今回の"ふるさと"はこれまでで一番の仕上がりと個人的にはかなり悦に入っています。ここでは、ヴァイオリンとシンセ、ギターとピアノ、ベースとヴァイオリン、といったそれぞれの関係性をうまく生かしながら、スタジオ版のおいしい部分をライブで十分に再現出来たと思いますし、ライブらしいダイナミクスに富んだパフォーマンスになりました。歌ものっけからビシっと来てたし。
 私は、なっちが"ふるさと"を歌うと、特別な感情がいつも沸き上がりますね。それから、コットンクラブの2日目には彼女のお母様がいらしていたので、さらに思いが詰まったものになりました。

 続けての"夕暮れ..."は一転してのロックですが、ジャズ〜バラード〜ロックと音楽のスタイルの違いを明確につけることも、今回のテーマでもありました。ライブハウスでは何より「音楽」「演奏」「歌」が中心になるのは当たり前なので、当然、それだけで楽しませるための頑張りや工夫は必要なのでした。
 ここでは、ハードなディストーション・ギターとヴァイオリンのからみが、70年代っぽくって面白かったし、私のキーボードもかなり歪んでいて、あの時代的。とは言え、実はこの曲はAメロの静かな部分が一番カッコいいところで、ほぼベースのグルーヴだけで歌が乗っかるのが良いのです。

 m3.ヴァンサンク〜4.I'm In Love〜5.息を重ねましょう

 続くコーナーは、今回の中でもバンド的には一番難しい部分。"ヴァンサンク"には「27」バージョン」もあって、そっちの方がやりやすい部分もあるのですが、自分が聴き手として、どっちが好きかと言えば、圧倒的に「25」。それに、ちょっと室内楽的・サロン的なムードのある「25」が会場の雰囲気にも合うと思いました。ただし、イントロはカットしてボーカルから入るのは「27」の形。
 スタジオ版のフルートやストリングスがやっている部分をピアノとヴァイオリンに移し、ガット・ギターでさりげなく色づけをしてもらいました。曲自体はシンプルながら、コード使いがジャズ的で複雑なので、なかなかやっかいな所も多いのですが、大阪あたりから全員の固さが取れて、すごく良くなりました。

 "I'm In Love"は当初、"ヴァンサンク"からの流れでアコースティックっぽいニュアンス、あるいはフォーク的なアプローチにしようかと考えたのですが、リハーサルでやっているうちに変化してきて、スタジオ版のAOR的なノリも取り入れつつ、ギターもエレキにすることになりました。
 なので、最初のアイデアとは違うものの、元々、私にはこの曲が70年代の名ポップ・ロック・バンドであった「Three Dog Night」の大ヒット"An Old Fashioned Love Song"を思い起こさせるものだったので、結果として、そっち方面のサウンドでまとまったのは、ちょっとうれしかったです。

 歌とともに主要なパートは、ほとんどヴァイオリンに任せましたが、アメマは実に素敵な表情を出してくれて、よく歌ってくれました。なっちのボーカルを引き立たせたり、からんだりする差し引きも的確で、本当に素晴らしかった。

 続けた"イキカサ"はファンにはすっかりおなじみの定番曲。だから、いろいろなアレンジでやることも多い曲の一つ。それだけ、曲としてよく出来ているから、どうアレンジを変えても成立するということです。
 とは言え、「今回はジャズ風に」との注文があり、実はちょっと不安でもありました。そもそもメロディのノリ方が違ってくるからです。なのでこれは、なっちが登場して合わせるまで、どうなるかはわかりませんでした。しかし、勘のいい彼女はすぐにノリを理解してくれました。ミュージシャン的には「ハネる」って言っている感じです。

 この曲のサビはどう転んでも、パーっと広がっていく作りになっているので、そこまでの部分で、ジャズ的なオシャレ感とか、大人っぽさが作れれば御の字でした。
 ここでは、私、ナカムラ、アサミンの3人がうまく「それっぽさ」を出さないといけないのでした。アサミンはブラシとスティックを持ち替えたりして、器用さも見せてくれましたし、ショーコちゃんは元々いいグルーヴを持っているのと、どんどんトライしてくる姿勢が楽しいのです。

 それで正直、リハよりも本番の方がうまくいったと思いました。常日頃、ジャズって「ムード」が大事なんだと考えていましたが、やはり、実際にそういう空間でそういう気持ちでやると、ちゃんと「ムード」が生まれるのでした。リハでは、うまくまとまっていても、あと一つ足りないものは、その「ムード」だったわけです。

 途中で、メンバー紹介も含めたソロ回しもあり、ファンの皆さんの手拍子なんかも効果的で、すごく楽しい仕上がりになりました。
 で、個人的なイメージでは、このジャズ・バージョンは夢の中の世界の出来事で、楽しい夢が終わって目覚めたら、オルゴールみたいにエンディングのメロディが聞こえる、って感じにしたかったのでした。まぁまぁ、そういう雰囲気(twinkle,twinkle...)には近かったかな、とは思っています。

(2)へ続く。
[PR]
by harukko45 | 2013-03-31 17:37 | 音楽の仕事

 一昨日、昨日とライブが連チャンで無事に終了。これで3月の演奏三昧も終わりで、ちょっとお休みになりました。いやぁ、情けない話だけど、最近、疲れが溜まってくると気力体力の持続がむずかしくなります。とにかく頑張るだけなんだけど、ここ、とか、そこ、って部分で、踏ん張りが効かない自分が感じられて、かなり落ち込みます。なので、この2日間は、個人的に演奏の出来にバラツキが自覚症状としてあり、それでも何とか破綻せずに持ち越えたことを喜びつつも、反省の思いも強いのでした。

 28日の王様との築地ブルームードでのライブは、前回と同じく王様のギター&ボーカル、六川正彦さんのベース、樋口晶之さんのドラムスに私。正直、このバンドのサウンドとグルーヴはたまらんです。私は楽しくてしょうがない。ロックの衝動性みたいなものが、バーンと蘇る瞬間が何度も何度もあって、なかなか他の現場では味わえない興奮があるのでした。
 だからこそ、もっとやらなきゃって、強く思うわけ。

 で、今回のセットリストを。

1部/m1.飛んでるジャックの稲妻(Jumpin' Jack Frash) 2.俺達はアメリカ人の楽団(We're An American Band) 3.ミシシッピ女王(Mississippi Queen) 4.Spinning Toe-Hold 5.大噴火(Eruption)〜6.首ったけ(You Really Got Me) 7.爆裂山寺物語(山寺の和尚さん)〜8.Drums Solo〜9.十字路(Crossroads)

2部/m10.移民の歌(Immigrant Song) 11.脳天爆発男(Paranoid) 12.黒魔術の女(Black Magic Woman)〜Gypsy Queen 13.哀しみの恋人達 (Cause We've Ended As Lovers) 14.パープル・ヘイズ (Purple Haze) 15.しっ(Hush) 16.高速道路の星(Highway Star)
En1. リトル・ウイング (Little Wing) 2.湖上の煙(Smoke On The Water)

 今日になって、このライブの録音を聴いたら、えらく良い音でビックリ。それに、バンド全体のサウンドがかなり良いので、さらに驚き。ちょっとうれしくなった。もちろん、前述したように個人としてイマイチ部分は残る。これは来月16日の横浜でのライブでバチっとキメルべく頑張る。

 そして、翌29日。濱田"Peco"美和子さんの目黒ブルース・アレイでのライブ。前日とは打って変わっての華やかなステージ。音楽性も多彩で、ハードなロックからスケールの大きなバラード、ジャジーな曲まであり、バンド・メンバーの対応能力も高くないといけない。
 この日はいつもの土方隆行(G)、六川正彦(B)、玉木正昭(Perc)、濱田尚哉(Ds)という方々に、先日安倍なつみさんのツアーで一緒だったギタリスト、カズこと黒沢和貴くんも参加。全編ツイン・ギターによる野太いサウンドとなった。
 
 で、昨日のメニューは、

1部/m1.金と銀 2.Wild Rose 3.まっすぐに、まっさらに 4.空 5.春よ、来い 6.東京タワー333 7.Rose Under The Moon 8.明日へ

2部/m9.Hurricane 10.平穏な暮らし 11.棘 12.人魚の嘆き 13.化身 14.Rose Garden 15.着心地のいい服 16.The Cabaret
En1.みみみハピバス3月号 2.歩いてゆこう

 全体にはポップ感あふれる内容なのだが、ところどころに幻想的で繊細な曲もあり、気の抜けないシーンの連続だった。私としては自分自身の不調さ不安定さがところどころで気になってしまい、ちょっと悔やまれる本番になってしまった。それでも、他の素晴らしいプレイヤー達の演奏には感動させられる。特に昨夜は、濱田くんのスケールが大きく懐の深いドラミングが素晴らしかったし、玉木くんのパーカッションのスピード感あふれるグルーヴの良さと、小物楽器の扱いの的確さにもしびれた。
 印象に残った曲としては、m1の"金と銀"が元々イマジネーションあふれる楽曲で、これまではシンプルなアレンジだったのを、今回はパーカッションやシンセを多用して、エスニック仕立てにしたのが面白かった。ただし、私のパートはかなり重要だったので、オープニングから責任重大でありました。
 m5の"春よ、来い"はユーミンの大ヒットとして広く知られた曲。それにしても、この曲の打ち込みによるキーボードのパターンは結構ややっこしくて弾きづらい。それが、イントロ、サビ、間奏、落ちサビと、何度も何度も登場するのでなかなかやっかいだった。

 2部では土方さんのギター・ソロが冴えまくり、若きカズくんとのギター・バトルも超炸裂。もの凄い音圧を感じましたわい。それは、m9からの3曲とノリノリのビート曲が並んだm14からの3曲。間にはさまれた2曲、"人魚の嘆き"と"化身"はなかなかクールでシブい佳曲。この辺にペコさんの本質も見え隠れします。共感度が高い作品だったのに、私はちょっと気負いすぎて空回りしてたかも、と反省。

 というわけで、いろいろ課題も残ったものの、しっかりやり切れたライブであったことは確か。次の機会にはより良い内容にするために、日々の精進、これしかない。
 でも、とりあえず、ちょっと休息して頭をリセットします。

 
[PR]
by harukko45 | 2013-03-30 19:04 | 音楽の仕事

 先週の土曜日に、安倍なつみさんの「Special Live 2013」の最終日、名古屋ブルーノートでの公演があり、今回のツアーが終了しました。うー、終わってしまって、すごく寂しい。なっち、バンドのメンバー、スタッフの皆さんとは約2週間の帯同でしたが、とってもいいチームワークが生まれていたので、これでみんなと別れてしまうのが、残念でたまりません。
 名古屋のライブから3日も経ったけど、どことなくぽっかり穴が空いたような気分を引きずっている自分がいます。

 とは言え、今月はまだ大事なライブが残っているので、ちゃんと切り替えて取り組まなくてはなりません。なっち自身も4月の舞台に向けて、すぐに稽古場に戻っていったのだから、こちらもそれを見習わなくては。

 詳細については、もう少し落ち着いてから書きたいと思います。まずは、名古屋最終日に集まってくれた熱い熱いファンの皆さんに、心より御礼を申し上げます。名古屋ブルーノートは客席からの熱気がすごくステージに伝わってきて、実に気持ちのいい臨場感が生まれる会場で、個人的にも大好きな場所なのですが、まさにあの日はこれまでの各会場でのみんなの思いが結集したかのような強さを感じました。
 それが、我々にどれほど力を与えてくれたかは計り知れません。でも、聞いていてくれた皆さんにもステージ上の充実感はちゃんと届いたのでは、と確信しているのでした。
 もちろん、個人的にも全体としても「もっと良く出来たのでは」と思う部分はあります、が、多少自分の理想とは違って、少しカッコ悪くなっているところも、気持ち的には強い情熱を持ってトライ出来たことだったので、「けっして悪くない、まだまだイケル」って思えるのでした。

 なんて、結局ズルズルと長くなりましたが、とにかく、ファンの皆さんにお礼を、本当にありがとうございました。それから、これからもなっちをよろしく。本当に素晴らしい頑張り屋さんであり、常に高い意識を持って成長しようとする人です。
[PR]
by harukko45 | 2013-03-26 11:15 | 音楽の仕事

 昨日、安倍なつみさんの「Special Live 2013~twinkle night~」として大阪で2回公演して、本日帰ってきました。かなりの悪天候の中、会場に来てくれたファンの皆さんに心より感謝です。ありがとうございました。
 会場であるフラミンゴ・ジ・アルーシャは、先日のコットンクラブに比べると、ステージが小さく、客席との距離も近いので、いろいろな部分で感じが変わりました。ある意味、アット・ホームな良さもあるので、音楽の鳴らし方も変化するってところでしょうか。

 ただ、1回目の時は、外の強い雨の影響もあってか、ステージ上の湿度がとても高く、何とも「音が前に来ない」感覚になっていました。なので、各メンバーともにモニター環境があまりいい状況ではなく、バンドとしての一体感を作り出すのに苦労していました。それでも、なっちを始めとして個々で頑張って、ステージを盛り上げていったのでした。

 1回目終了後、バンド・スタッフ間で話し合い、もろもろの調整を短い時間でやりました。それだけでなく、2回目のステージでは、各メンバーの他の人の演奏を「聴き取ろう、感じ合おう」という意識もより高まったので、本来のバンドとしてのあるべきサウンドに皆で共鳴できたのでした。

 さて、無事に2回公演を終えて、全員で宴会となりました。こっちの方も大いに盛り上がって、楽しい楽しい夜になってしまいました。やはり、力を出し切った後のお酒はサイコーです。
 明後日、ツアー最終日、名古屋ブルーノートも頑張ります。
[PR]
by harukko45 | 2013-03-21 15:44 | 音楽の仕事

 昨日、大阪にて松崎しげるさんと大橋純子さんのジョイント・コンサートが無事に終わり、今月のライブ前半戦が終了しました。特に先週は安倍なつみさんとのコットンクラブでの2日間があったので、なかなかヘビーな状況ではありましたが、どのコンサートも充実した内容でしっかりとやり遂げる事が出来たので、個人的にかなり満足しておりますし、とてもうれしい気分です。

 15、16日の丸の内コットンクラブでの「Abe Natsumi Special Live 2013~twinkle night~」はまだ大阪と名古屋を残しているので、内容についてはお伝えしませんが、両日計4ステージにお越し下さったたくさんのファンの皆さんには、本当に本当に心からの感謝の言葉を贈ります。おかげで、素晴らしい空気感が会場にあふれ、我々ステージ側の人間を大いにもり立ててくれたと思います。
 それによって、各ステージそれぞれがどれも良いショウとして成立していたと確信しています。そして、なっち自身が一皮向けて、ボーカリストとして大きな飛躍を遂げつつあることも見て取れたのではないでしょうか。
 なので、この後の大阪・名古屋にお越しの皆さんも大いに期待してほしいですし、それに応えるべく、磨きをかけるように取り組んでいきます。とは言え、2日間の録音を聴くと、当事者としてでなく、聴き手として楽しめてしまうので、すごくうれしいのです。

 さて、なっちの4ステージを終えての翌朝に大阪に向かい、松崎さんとジュンコさんのジョイント・コンサート2ステージでした。これはやはり、体力的にはかなりきつかったです。正直、午前中の会場でのリハーサルでは半分ボーっとしてたかもしれません。
 が、昼の1回目が始まると、とっても豊かな音楽空間が自分を包んでくれて、非常に集中して演奏に向かうことが出来たのでした。たぶんこれは、連日続けて内容の濃い演奏をしてきたことに加え、松崎さん、ジュンコさん、バンドのメンバー達の深みのある表現に感動したからに違いありません。
 なっちの現場での若々しく力強いエネルギーには大きな刺激を受けますが、先輩格のミュージシャン達から受けるものにはまた格別なものがあるのでした。

 また、新歌舞伎座の音響が私には、とても良く感じられました。そのせいか、ステージでやり慣れている曲の一つ一つが、実に新鮮に響いているように思えたのでした。こういう時は、とても安心した気分でいられるし、演奏する楽しさも倍増です。
 それと、大阪のお客さんの反応の良さ、この時間を楽しもうっていう精神がやっぱり良いですなぁ。それがステージにも返ってきて、良い相乗効果を生んでいくのでした。素晴らしい大阪の皆さんに感謝感謝です。
 夜の2回目は、さすがにヘトヘトでしたが、気合いで乗り越えました。とにかく2時間を越える内容での松崎さんとジュンコさんですから、バンドは全力投球でやり切るのみです。いやぁ、帰りの新幹線でのビールが「これほどウマイものか!」と思いましたよ。
[PR]
by harukko45 | 2013-03-18 18:52 | 音楽の仕事

3月のライブ

 今日から3月、ライブ関連のお知らせをさせてもらいます。

 3月15日(金)16日(土):安倍なつみ「Abe Natsumi Special Live 2013~twinkle night~」丸の内コットンクラブ
 3月20日(水):安倍なつみ「Abe Natsumi Special Live 2013~twinkle night~」大阪フラミンゴ・ジ・アルーシャ
 3月23日(土):安倍なつみ「Abe Natsumi Special Live 2013~twinkle night~」名古屋ブルーノート
 3月28日(木):王様 築地Blue Mood
 3月29日(金):濱田“Peco”美和子 「春爛漫!薔薇満開!」目黒ブルース・アレイ・ジャパン

 また、3月5日、6日(横浜)、17日(大阪)は企業イベントですが、松崎しげる&大橋純子ジョイント・コンサートに参加します。

 それでは、よろしくお願いします。おっと、王様の広告を掲載します。

e0093608_0144445.jpg

[PR]
by harukko45 | 2013-03-01 00:16 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31