昨日は、夏焼雅さんのライブがあり、20日の大阪からの4公演が終わりました。彼女にとっては初めてのソロ・イベントであり、20歳の記念ライブという意味合いもあり、やる気と緊張感で頭が一杯になっていたはずですが、いざステージに上がれば、自分のスタイルを貫いて、最後までしっかりと歌い切ってくれました。
 リハの当初では心配していた喉の調子も、実際にはかなり強いことを証明した感じ。たぶん、今までグループでやってきたから、一人でやることへの不安が大きかったのでしょうが、これをやり切ったことで、自分の力に自信が持てるきっかけになったのでは。持ち前の才能は十分あるので、どんどん積極的に活動を広げていってほしいな、とオジサンは強く願うのでありました。

 まぁ、とにかく、バンドで音楽するっていうのは、みんなで合わせた時に音でピタっとくるかどうかであり、その「ピタっ」とはまる感触がリハの初日からあったので、その時点で、私は今回のシリーズの成功をほぼ確信しました。また、選曲が彼女の声質によく合っていたということもあるでしょう。ミヤちゃんは、全体にアコースティックなサウンドとの相性がよく、それは特にオープニングからの3曲に顕著でした。つまり、この3曲を選んだ時点で「ツカミはOK」というわけ。

 m1.あいたいけど〜2.ちょっとさみしいな

 2曲ともに、Berryz工房のつんく氏による曲で、いかにも彼らしい「せつない系」の曲調だ。CDのアレンジはアコギやアコピが重用されていて、ゴージャスなバックグラウンドや、パキパキしたリズムじゃないのが、むしろ好ましい。
 m1は、フォーキーなビートルズ・サウンドを下敷きにしているのと、バグパイプ風のシンセが印象的。タカくんにアコギでベーシックを支えてもらい、私はウーリッツァーのピアノとアコーディオン風のシンセでカラーリングした。私以外の3人によるコーラスも効果的だったと思う。アサミちゃんは他の曲でも字ハモで活躍してくれて、本当にありがたい。
 m2は、リズム的にはR&Bなんだけど、裏側にディキシーランド・ジャズっぽいグルーヴが感じられるのが特徴。その辺のニュアンスをうまく出すのはなかなかむずかしい。今回は前曲との流れを大事にして、アコギをベースに大阪・東京ともに会場に常備されたアコピで主要なフレーズを弾き、昔っぽいムードを強調したかった。特にシャレた感じで気の利いた間奏は、弾いていてとっても楽しい。
 オリジナルではメンバーが交代で歌うのを、すべてミヤちゃん一人で歌うことで、より「せつない」感じが強まったのでは。それと、彼女の声がサウンドとして全体を落ち着けてくれる。これが癒し効果とも言えるのだ。

 m3.ロマンティック 浮かれモード

 同じつんく氏作で、藤本美貴さんのヒット曲を、ボサノヴァ風にしたいというアイデアがプロデューサーからあり、スタンダード風のヴァース部分のみ残して、本編をリ・アレンジした。で、ミヤちゃんがスタジオに到着して最初に合わせたのがこの曲で、何の曲だがわからずキョトンとしていたのだが、試しに歌い始めたら、マッチングの良さに一同感動。ミヤちゃん的には1ハーフで終えるつもりが、「もっと聞きたい」という我々の要望でフル・コーラスとなった。
 この曲以外でも、全体的にアコースティックなサウンドを求められたのは、ライブ会場、特に東京のメロディーラインが普段のライブ音量に適さない場所だったせいで、演奏する方も音量を抑えめにしなければならなかった。なので、小さな音でも曲を生かせるボサノヴァ風のアレンジはいいアイデアだった。

 この曲について、私はサビよりもAメロにヤラレル。また、藤本美貴さんのちょっとドスが効いた歌も魅力的だが、ミヤちゃんの歌はどことなく「ほっこり」するような気分があり、独特な世界観を見せてくれたと思う。というわけで、この曲の成功は、アレンジよりも彼女の歌によるものであったと思っている。

 m4.夏の星空〜5.ORION

 バラード2曲を続けて。Buono!でのm4は、なかなかの名曲で、年齢を重ねていっても歌い続けられる作品。たぶん、フルコーラスでやっても良かったと思うが、1ハーフにしたのは、次のm5とのパックで「星コーナー」とし、ある種のストーリー性を持たせたかったようだ。私はこの曲のアレンジが好きなので、歌のバックでうまく配置されたストリングスやシンセのフレーズを生かしたつもりだ。ちょっと、70年代ソウル風なところにニヤリなのだ。
 m5は中島美嘉さんのヒット曲で、確かに良い曲だと思うが、実を言うと、少々エグ味の強い中島美嘉さんよりも、ミヤちゃんのピュアさの方が個人的には共感しちゃう今日この頃。で、前曲が夏で、こちらは冬というわけで、音の方も「寒い」感じが必要。オリジナルにあるエレキ・ギターがすごくいい効果を出しているので、ここはタカくんに頑張ってもらい、イメージ通りの世界を作ってくれた。この辺の巧みなサウンド作りは父上譲りに違いない。

 m6.Story

 AIさんの大ヒット曲は、ミヤちゃんの挑戦とも言えたか。正直、アメリカ仕込みのR&Bフィーリングを真似ても、あまり面白くはないだろう。なので、もう少し内省的なシンガー&ソングライター風の世界をイメージした。ピアノのみの1コーラス後、オリジナルにはないベース・ソロの間奏をはさんだが、これはショーコちゃんが何気なく弾いていたのがすごく良かったので、すぐに取り入れさせてもらった。
 おっと、昨日の夜の部。イントロを弾く時に真っ暗で譜面が全く見えなかった。とりあえず、最初のコードを弾き始めれば明るくなるかと期待したが、その気配なく、どう弾くのかわからなくなってしまった。そのまま、即興で続けても良かったのだろうが、やはり一度止めて、少し明るくなってから弾き直した。流れを止めてしまい、とても申し訳なかったが、1曲のクォリティとしてはそれで正解のようにも思う。もちろん、暗譜しているに越したことはないので、反省はしなくてはいけません。

 m7.れでぃぱんさぁ〜8.Loving You Too Much

 今回のセットの中で、2曲だけの「上げ」もの。元々、ロカビリー調のm7はもちろんギターが大活躍。タカくんの父上、徳武弘文さんは日本における第一人者で、世界にも名が轟く名手。よって、その特殊技能とも言える部分は息子にも引き継がれておりました。
 一方で、大変だったのはドラムスのアサミちゃんで、リハ前から「あまり音量を上げないように」と制約を受けていたために、この手のものをやるにはものすごく不自由したはず。なので、彼女はリハで最初は普通に「ドッカーン」とロックしてから、じょじょに現場仕様の音量に調整していった。
 つづくm8は一転して16ビートのダンスもの。タイの国民的人気歌手トンチャイ・メーキンタイのカヴァーで、テンポアップして見事にハロプロ仕様になっていることに感心。鈴木Daichi秀行さんの職人技に敬意を表する。
 だが、今回はBerryz工房ではないので、Rap部分をメンバー紹介に変更、4人のソロ回しをして、その後の盆踊りパターンは残した。こういう「植木等系」アプローチは大好きだが、それ以上にサビに戻る時のインパクトが増すので、絶対にカットしたくなかった。

 m9.消失点

 Buono!はロックが売りなのだろうが、その中で異彩を放つ曲。だが、ミヤちゃんの個性はよく引き出せていると思う。作曲が崎谷健次郎さんで、つんく氏よりもベタなマイナー感が強く、より80年代っぽい。コード進行なんかはほとんど同じ繰り返しで、少々単調なのだが、それが逆にハマる要因にもなっているのだから軽視できない。歌詞も「せつない」じゃすまない「悔いと嘆き」に至るので、ピュアな声で歌われると聴き手はよりタマラン・モードに入るに違いない。
 ここでは、構成上やっかいな作りになっているのを整理しつつ、m5でもトライしてもらった「寒い」ギターをタカくんにお願いした。バンド全体でイメージしたのは、U2の"New Year's Day"ようなサウンドに、80年代ポップスの甘さを加えた感じが理想。あまりゴテゴテしたくなかったので、私はアコピに徹して、歌詞を中心にしたシンプルな仕上がりを目指した。

 En.タビダチの歌

 アンコールでのライブ最後の曲は、Buono!本道のロック・チューン。この曲には中期ビートルズの影響があり、特にメロトロン風のシンセやザクザクしたストリングスがそれ。ハードなギターも重要だが、アコギの方も欠かせないので、ちょっと悩んだ。今回はショー全体の方向性からアコギを選び、そのかわりに「ウォルラス」風のウーリッツァーとストリングスで、サイケっぽいニュアンスを補うことにした。もちろん冒頭のトロン・フルートの音も外せず、ところどころで使った。
 ハードなBunno!バージョンではないというだけでなく、ミヤちゃん一人で歌い切るというのも新鮮だったかも。
 詞も曲もラストを飾るのに相応しいもので、ファンには大事な1曲に違いない。ところで、Buono!の曲は、なかなか充実したものが揃っていることを今回知りました。

 というわけで、夏焼雅さんとのショーを簡単に振り返りましたが、たった4回でおしまいなのが寂しいです。ハロプロ関連の仕事の時は、いつもそう思いますが、まぁ、しかたがない。でも、ミヤちゃんという、今後が楽しみな才能と会えたことには感謝しなくちゃ。とっても良い刺激をもらえました。そして、会場に来てくれたファンの皆さんにも大感謝です。また、どこかでお会い出来ればと思います。
[PR]
by harukko45 | 2012-10-29 19:43 | 音楽の仕事

 今週始めに目黒ブルースアレイにて、濱田"Peco"美和子さんのライブがあった。私は今年に入って3回目の参加でありました。

 この日のライブ、本当に素晴らしい内容で、バック・メンバーとして演奏しながらも、その充実した音楽にすっかり感動しておりました。特に2部構成で作られた本編の1部、ここでの冒頭からの6曲つづきのパフォーマンスが最高でした。
 m1.歩いてゆこう〜2.The Cabaret〜3.Show Girl〜4.Rose Garden〜5.アマクミナイデ〜6.化身

 この6曲、全てペコさんのオリジナルでありますが、それを「キャバレー・ショウ」に見立てて順番が組まれ、一切のMCなしで一気に演奏された。MCなしの曲つなぎというのは、別に珍しいものじゃないが、今回のは、単に曲を並べただけではない、ちゃんとしたテーマを持った「組曲」のようになっていて、そこにダンス・パフォーマンスをも合体したことで、その内容の深さにはいたく感心させられたのだった。
 とは言え、バンドの面々はこれが最初からこのようなものになるとは思っておらず、リハでは1曲1曲仕上げていたので、本番当日に初めてメドレー形式になることを知ったのでした。しかし、これで演奏する側の集中力も上がって、燃えることは必至。スリリングなワクワク感が、ミュージシャンは大好きなわけで。おっと、この日のメンバーは、土方隆行(G)、松田俊郎(B)、玉木正昭(Perc)、濱田尚哉(Ds)という面々。そして、ペコさんとともに素晴らしいダンス・パフォーマンスを披露したのは、千葉香織さん。彼女、元キック・ボクサーだなんて、カッコよすぎ!

 それにしても、頭の中だけで、この構成を思い浮かべて、本番当日に見事にやり遂げて成功させてしまったペコさんの才能には脱帽です。

 この6曲だけで、大汗でありましたが、同時に気持ちのいい充足感も得ることが出来たのでした。
 
 1部はその後、m7.棘〜8.ZERO、そしてm9.Wild Roseとなりましたが、そこまでのテーマ性を失うことなく、本当にいいステージだったと思いました。

 2部では、バースディ・ライブにふさわしく、ゲストを招いての華やかな内容で、ペコさんが加わっているコーラス・グループ「みみみ」による楽しいパフォーマンス3曲、そして、バービーボーイズのギタリスト、いまみちともたかさんが加わってのロック色強い2曲がメインとなり、1部よりもリラックスした感じで楽しむことができた。とは言え、この2つのゲストの間に挟まっていた、m13.金と銀、個人的にはこれがなかなか繊細でしびれたのでした。

 アンコールでは、きっちりと聞かせるバラードを3曲そろえていて、本当に中味の濃いステージだった。個人的にはちょっと危ない部分もあったが、ほぼ満足できる充実したライブだったと思う。
 
 そして、何よりも満員のお客さんが素晴らしかった。実に気持ちのいいムードを観客側からも作ってくれたことに心から感謝であります。
[PR]
by harukko45 | 2012-10-26 15:07 | 音楽の仕事

 去る10月20日、Berryz工房とBuono!のメンバーである夏焼雅さんの初めてのソロ・ライブがあり、大阪のフラミンゴ・ジ・アルーシャにてバックをつとめたのでありました。
 私以外のバンド・メンバーは、ハロプロ関連では今やおなじみ(?)の女性リズム・セクション、Asamiちゃん(drs)とShokoちゃん(bass)、そして、ギターには徳武孝音くんの4人でありました。リハは前々日まで3日間出来たので、かなり良い感じに仕上がったのではないかと思っております。

 で、大阪では昼・夜で2ステージ行いましたが、その録音をチェックすると、なかなかの上出来ぶりに一応、バンド最長老の身としては、実にうれしい気持ちでおります。とは言え、初演となった昼の部は、ミヤちゃんがとっても緊張していて、かなりアワアワしていたのが伝わったし、私も少し頑張りすぎての弾きすぎがあり、ちょっと反省。ただ、ミヤちゃん自身は元々の声を良さを失わず、ちゃんと歌い切っていたので、初めてのソロとしては及第点以上の出来。
 そして、夜の部は、全体に落ち着いた流れがあり、内容も充実したものとなり、昼を越える出来であったと思いました。

 28日に東京での公演が残っているので、ことの詳細については後々書くとして、大阪でのいいイメージを持って、しっかりと東京も成功させたいと思います。
 それにしても、夏焼雅、歌、かなり良い。この子は今後も楽しみだ。
[PR]
by harukko45 | 2012-10-24 21:58 | 音楽の仕事

 また更新が滞っておりましたが、9月末から約一ヶ月間、CD音源から譜面を起こすことばっかやってた気がする。耳も疲れるが、何て言っても音符書きすぎて、手の感覚が変になった。
 なんだけど、楽器弾いたりすると、元に戻ったりする。たぶん、固まっていた筋肉が、運動(?)してほぐれてくるんかな。

 さて、10月10日はサカイレイコさんとの南青山マンダラでのライブ。このところ年2回ペースで定着してきたが、今年は春に出来なかったので、バンドとしては約1年ぶりの集合だった。だが、かなり気心しれてる現メンバーは、短いリハでも飲み込み早く、実にありがたい。久々ではあったが、レイコさん独特な世界に、こちらも気持ちよく浸って、実に刺激的な時間を共有できた。

 特にエディット・ピアフの「オートバイの男(L’homme à la moto)」にまずやられた。この曲は、1955年に有名ソングライター・コンビ&プロデューサーである、ジェフ・リーバー&マイク・ストーラーがThe Cheersというグループに書いた「Black Denim Trousers and Motorcycle Boots」のカヴァーなのだが、確かに全米6位になったヒット曲とは言え、ピアフがこれを面白いとしたことが、実に興味深い。そして、The Cheersの青春ミュージカル風ロックンロールをぶっ飛ばす「パンク・フレンチ」歌曲となって生まれ変わったのが、衝撃的。





 基本のアレンジは同じだが、聴き終わった印象が全く違う。で、特にブラスの過激なアレンジが面白く、これは出来る限り再現したいと思った。私のような世代には、クレージー・キャッツの名曲の数々を作った萩原哲晶さんのアレンジを思い起こさせる。実を言うと、The Cheersバージョンの方がクレージーっぽいし、豪華で映画じみてる。それに比べて、ピアフ版はもう少しシンプルなんだけど、ピアフの歌のエネルギーがすごくって、どんどん緊迫感が高まってくるのが、たまらん。
 とにかく、スピード狂のオートバイの男が、機関車に突っ込んで死ぬ、って話。それがたった2分弱で語られるわけだが、ピアフの強烈なフランス語に圧倒されて、ドキドキが止まらない。

 そして、我らがレイコ嬢もヘンな日本語訳詞を付けずに、いつものように原語での熱唱。もちろん、歌う前に内容の説明はあったものの、この曲の核心を伝えるには、フランス語でなければという彼女の考えは正しい。それこそが、リスペクトというものだろう。

 もう1曲、セルジュ・ゲンスブールの1958年デビュー曲である「Le Poinçonneur des Lilas(リラの門の切符切り)」にもしびれた。ゲンズブールは、シャンソン以外のポップス・ファンにも近年信奉者の多いアーティストだが、彼の作ったものはどれもこれも一筋縄ではいかないものばかり。地下鉄の改札係の鬱屈した気持ちを歌ったこの曲は、暗い地下から逃げて広い世界に出たいという着想に基づいているそうだが、歌詞の中で何度も繰り返される「trous(穴)」という言葉が、何とも意味深。彼のことだから、もちろん性的な気分を煽るようでもある。
 そして、音も常に刺激的で聴き手を煽り続ける。かなり、シビレルね。こちらも、バリトン・サックスにフルート、オーボエといった管楽器の扱いがクールだし、ピアノの過激な演奏もサイコーなのだ。というわけで、原理主義者とまではいかないものの、かっこいいものは出来るだけ再現したい私としては、譜面にするだけで楽しかったわけ。



 もちろん、ピアフ曲の王道とも言える「群衆」「パダン・パダン」は、何度やっても感動させられるから、レイコさんのパフォーマンスは本当に素晴らしい。また、彼女が最も力を入れる日本語によるオリジナル曲も、毎回新曲を加えて、ずいぶんと数も増えたし、内容もますます充実してきたと思う。そしてそして、バンドによるステージに、ファンの皆さんが熱く応えてくれるのが、本当にありがたかったし、コツコツと続けてきたことが無駄じゃなかったと、つくづく思うのでありました。
[PR]
by harukko45 | 2012-10-23 23:06 | 音楽の仕事

9月も過ぎて

 なんと、早10月。先月は一度もブログを更新しなかった。このところ、どうも筆が進まない感じで、ズルズルと書かないでいるうちに、1ヶ月があっと言う間に過ぎてしまったわい。

 だからといって意欲がなくなったわけではなく、音楽の仕事に関しては、バラエティに富んだものがつづき、話題はいろいろあったので、それらが終わった直後に書いておけば良かっただけだった、いやはや。

 とりあえず、先月あったライブに関して、日記もどきで簡単にまとめておこうと思います。まずは1日、濱田"Peco"美和子さんの目黒ブルースアレイでのライブ。3月のライブと同じメンバーでのパフォーマンスで、実力者(ギター土方隆行さん、ベース六川正彦さん、パーカッション玉木正昭さん、ドラムス濱田直哉さん)が揃ったバンドなので、安心感と同時に即興的な刺激もあり、実に楽しかったし、個人的には、これまでに参加したペコ・ライブ中で、一番落ち着いて演奏出来た感じ。今回もシンセを多用して、ポップなサウンド・メイクを目指したが、かなり満足いく内容になったと思う。10月もライブがあるので、これまた楽しみだ。

 続いて5日、北海道洞爺湖での大橋純子さんとのライブ。これは、企業主催のイベントで、一般のお客さん向けではなかったが、ザ・ウィンザーホテル洞爺の会場を使っての豪華な内容だった。この時の編成は、ドラムス植村くん、ギター土屋さんに私という3人編成で、私がシンセ・ベースを弾く形。7月の秋田でのFM公開録音での演奏がなかなか良かったので、この編成でのパフォーマンスにもだいぶ自信が出てきたのだが、今回は自分自身が準備不足であったことは否めない。やはり、普段通りの演奏とは気分も役割も楽器のシステムも違うので、かなりしっかり対処しておかなくてはならなかった。なので、私は随所に危なっかしい状態だったが、いつもながら頼りになる仲間に助けられて、何とかしのいだ感じか。
 このところ、自分が好調に感じていて、少し油断もあったかもしれない。

 そして、22日には、ボーカリストとして数々のスタジオ・ワークやライブで活躍する今井マサキさんが主催するミュージック・スクール、クレッセミュージックのライブがあった。これは、クレッセで学んでいる生徒さん達の発表会とも言えるもので、そこに講師であるボーカリストの皆さんがバック・コーラスをつけて披露するというもの。コーラスを担当する方々は、これまた一流揃いで、いろいろな音楽現場で活躍中の方々ばかりでありましたなぁ。
 で、そのバックに私と、六川さん、濱田くんに、ギターの弓木英梨乃さんがつとめたのだった。

 まぁとにかく、出演した人数も多かったし、曲目も20曲以上と多く、そのジャンルも多種多様だったので、譜面を起こして曲を知るだけでも大変。バンドで合わせられたのが本番前日のみだったので、じっくり練ることは不可能で、あとは各自の集中力で乗り切るって感じかな。もちろん、百戦錬磨の皆さんなので、いろいろありながらも、きっちりゴールを果たしたのでした。
 メインで歌う生徒さん達には、いろいろな世代・背景を持つ方がいて、これもまた実に興味深いのだが、中には、しっかりとプロになることを見据えた人も多く、もうすでにかなりの実力と才能を備えているのに驚かされた。
 それと、普段やっていないような曲を演奏するのも、すごく楽しかった。個人的にはエスペランサ・スポルディングの「I Know You Know」とか、ローリン・ヒルで有名になったゴスペル「His Eye Is On The Sparrow」、富田ラボの「香りと影」あたりにはすごく刺激を受けたし、コブクロやJuJuなど、近々のJ・ポップに触れることが出来たのも有意義だった。また、生徒さん作のオリジナル・ソングでの挑戦には、こちらもより期待に応えたいという気持ちになった。

 さて、29日は、水越けいこさんとの久々のライブ。場所は江古田のマーキーで、これは伝説の老舗ライブハウス。なにせ、1978年オープンで30年以上も日本の音楽を見届けてきたわけですから、これだけでシビレます。

 私は、水越さんとは約1年ぶりの再会。それでも、すでに体にしみ込んでいる曲も多かったので、久しぶりのリハでも、すぐにしっくり行く感じで安心した。とは言え、本番はやはり少し緊張感があり、「32階のBAR」なんかはガチガチでした。でも、会場の雰囲気があったかかったおかげで、じょじょにリラックスでき、どんどんと楽しい時間を味わうことが出来たのでした。特に1回目は、内容的にはかなり満足いくものになり、実に幸せな気分となった。2回目は、少しリラックスしすぎのミスもあったし、調子にのりすぎた部分も個人的にはあったので、ちょっと悔いが残ったが、いつも以上に、けいこさんのホンワカしたムードが全開だったから、すべてはOKだった気がする。

 メニューについて言うと、「32階のBAR」から「東京が好き」までの流れがすごく良くて、実に気持ちがいいんだけど、同時に、シビレる瞬間の連続でもある。後半では、「雨の休日」が変化球ですごく面白く、続く「生きがい」への流れにはうれしくなる。ここで、和田は調子こいてしまうのだ。
 アンコールでの「葡萄棚の下で」は、けいこさんのレパートリーの中でも最難関の楽曲の一つで、それゆえに深みもある曲。この日もやっぱり難しくて、まだまだなのだが、それでもだいぶ良い感じにはなってきている気がする。

 それから、いつもながら暖かいファンの皆さんには、本当に心より感謝したいと思います。ご無沙汰してたのに、声をかけていただいたり、お土産をいただいたりと、あらためて感動させられました。今後も出来る限り、けいこさんのサポートをしていきたいですし、のびのびになっているニュー・アルバムの完成も頑張りたいと思います。
[PR]
by harukko45 | 2012-10-01 11:49 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31