詳細(1)からの続き。

 水越けいこさんの春ツアー2011を振り返る後半戦。4リズムのバンドに、ここからはトロンボーンの福原タカシさんと、サックスに東京・名古屋では加藤聡さん、大阪・京都では山本さんが加わってくれました。私がけいこさんのバックをやるようになってから、2管でのブラス・セクションと一緒にやったのは初めてでしたから、なかなか新鮮でしたね。
 
m12.瞳のせい〜m13.哀しみが終わらない〜m14.Feel So Blue

 偶然かもしれないですが、このコーナーでの3曲は全てアルバムの1曲目を飾ったものばかり。

 85年の「Actress」のオープニングであるm12は佐藤準さんの凝ったアレンジがなかなか面白い曲で、スタジオ版でもブラスが大活躍しておりました。特にエンディングにかけてのセクションは全盛期のシカゴのブラス・アレンジを彷彿とさせるような感じでした。今回はトランペットがない編成だったので、よりシカゴっぽいサウンドに聞こえました。(シカゴはトロンボーンのジェームズ・パンコウが有能なアレンジャー&ミュージシャンなので、3管編成でもトロンボーンが中心になってしまうのでした。そこが彼らのユニークな特徴でした。)
 オリジナルだとエンディングはギターソロで、そのバックにブラスが来るのですが、個人的な好みで、今回は逆にブラスをフィーチャアすることにしました。その他にも曲のいろんなところにシカケがあるアレンジというのは、最近ではあんまりないので、これもいかにも80年代ぽい感じが楽しかったです。

 続けた、90年「Sepia」のオープニング曲であるm13は、名ピアニストの小島良喜さんらしいブラック・ミュージックの要素がふんだんのアレンジ。冒頭、ソプラノ・サックスのソロがフィーチャアされており、まさに今回のバンドを生かせる内容でした。フュージョンっぽいハネたグルーヴが、ジャム・セッションぽい感じもあって、特に関西での本番は、バンド全体が実にリラックスしていてとっても良かったと思いました。

 82年の「Vibration」のオープニングであるm14は、ウエストコースト風でもありますが、日本の「ニューミュージック」と呼ばれたサウンドの一つの形と言えるかも。ある意味、何でもありの雑食性とそれを大胆に消化してしまう、たくましい胃袋をもっていたのが、この当時の元気な日本のポップス界だったのでした。それにしても、サトジュンさんのアレンジには「ツカミ」と「クサミ」がありますなぁ、さすがです。

m15.ほほにキスして〜m16.そしてetc...

 いよいよライブも終盤。m15は説明不要のヒット曲。とは言え、私がやるようになってから、この曲はどんどんロックンロール調になっている感じです。ブラスも加わって、ますます70年代のグラム・ロックっぽいムードでした。個人的にはすっごい楽しいです。

 続けてのm16は名曲で、名アレンジだと思っておりますが、今回はより大胆になって、間奏のクラシカルなアレンジをやめて、スパイク・ジョーンズの冗談音楽やディズニーランドのパレード・ミュージックをイメージした形にトライしてみました。
 なので、リズム・セクションは「トムとジェリー」の追っかけシーンのバックに付けるような感じで、ブラスのお二人には譜面でなく、まずはアドリブで、ニューオリンズ・ジャズやディキシーランド・ジャズっぽい演奏をお願いしました。

 ミュージシャンの皆さん、反応のいい方ばっかりだったので、すぐにこちらの意図を理解してくれたのはうれしかったですね。でもって、回を重ねるごとにどんどん良くなっていき、スケールも大きくなって行きました。これがバンドの醍醐味とも言えます。トロンボーンの福原さんは「ガチョーン」のイメージで演奏していたみたいです。

m17.生まれ変わる為に
 
 本編最後は79年「Aquarius」の1曲目、詞・曲・アレンジが大きなスケールの中で、幸せに結びついている作品。文句ない名曲です。実際演奏するのは、結構難しい曲で、このところのライブではしばらく登場していなかったのではないでしょうか。今回のような編成でなくては、なかなかこの曲の良さを引き出すのは難しかったと思います。そういった意味でも、このバンドで演奏できたのはラッキーだったと感じました。
 ベースの内田くんのプレイが全体を良くコントロールしてくれたのと、けいこさんがステージを去った後のサックスとギターの白熱のソロが最高に興奮させてくれました。

En1.About Me〜En2.Too Far Away

 アンコールに応えて、まずは新曲でニューアルバム用に先月レコーディングしたての新曲を、田口くんと私だけのバックでやりました。ちょっと、今までとは違ったムードも感じていただけたかもしれません。
 それに続けて、代表作であるEn2をやりましたが、やはり、どんな状況でどんな編成でやっても、常に新鮮な喜びを与えてくれる曲です。

 東京・名古屋・大阪の1回目では「En1.Too Far Away〜2.蒼い涙」でした。

En3.心はOut Door

 ダブル・アンコールに応えて、80年の「Like You !」からのEn3を全員で。これまた派手なアレンジでブラスも大きくフィーチャアされており、東京や名古屋では本編の方でやっていましたが、最終的にはこの場面でやることになりました。ファンの方々が大いに盛り上がって拍手してくれていたのがうれしかったです。ブラスだけでなく、リズム隊の二人の演奏もすごくグルーヴィで良かったですね。

En4.ラストナンバー

 すべての最後は、82年「Vibration」から。文字通りのラストナンバーで、それに相応しいアレンジに元々なっているし、けいこさんのボーカルが実に力強かったのが印象的でした。関西の2カ所では新たにブラスにも加わってもらい、よりダイナミックな形になり、最高のラストナンバーになったと思います。特に京都でのエンディングでは全員の「やりきった感」が満ちていて、本当に幸せな気持ちになりました。

 ですから、京都での打ち上げはとんでもなく盛り上がりました。いやぁ、久々に飲み倒して楽しかった!!それもこれも、この本番が全員で良かったと感じていたからでしょう。

 東京、名古屋、大阪、京都の各会場にお越し下さったファンの皆さんにはあらためて厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。そして、次回は秋ですね。それまでに、アルバムが完成できるようにそちらも頑張らねば。今年の水越さんはまだまだ熱いですよ。どうぞ、ご期待ください。


 
[PR]
by harukko45 | 2011-06-23 00:11 | 音楽の仕事

 昨日、京都から車で戻りました。水越けいこさんの春のツアーを無事に終え、それもいい形でまとめられたことが、とてもうれしく思います。

 当初のスケジュールだと、4月初旬に名古屋・関西をまわった後に東京でのファイナルで、期間的にも2週間程度で終了だったのが、震災で延期になったことで、トータル約1ヶ月になりました。今回はこれがかえって好結果を生んだかもしれません。東京初日の後に、もう一度各自が整理することが出来、曲の解釈に余裕と深みが加わったと感じました。
 もちろん、セットリストやアレンジの細かい部分での修正・変更もしていったので、最終日には全員が納得できる形で仕上がったと思います。

 それでは、京都でのセットリストにそって振り返ります。

m1.海潮音(みしおね)〜2.地図〜3.波に寄せて〜4.15の頃

 私のキーボードと田口慎二くんのアコギのみのバックによる4曲は、昨年までのアコースティック・スタイルからの流れを引き継ぐ演出であり、また、それ以上に3月の大震災で犠牲になった方々へのレクイエムとして、とても大事な4曲でありました。もし、震災がなければ、このような4曲が頭に並ぶ事はなかったでしょう。なので、思い入れも深く、常に心を集中してのぞみました。

 特に、m1はけいこさんと縁の深い気仙沼で生まれた曲であり、私もCDでのアレンジをさせてもらった者として、曲への思いはより大きいものがありました。リハの初日、この曲を静かにはじめ、けいこさんが歌いだすと、抑えようのないものが胸にこみ上げてきてしまいました。その時のことはずっと忘れないでしょうし、この曲を演奏する時の心構えを強く記憶に刻んだ瞬間でした。

 1978年の「Lady」に入っているm2は、伊藤薫さんの作家としての優れた力量を示す隠れた名作でしょう。短いながらも、深みのある歌詞が素晴らしい。今、あらためて読み返すと、映画「インセプション」的な世界観があるようにも感じられて、すごく心を動かされますし、サビでの裏声による「ずーっと」というけいこさんの歌声にキュンとしてしまう人もかなり多いのでは。
 今回は曲自体・歌自体を強調するために、出来るかぎりシンプルにやりましたが、その分、いかんともしがたい「切なさ」に包みこまれた気分になりました。m1からの流れもあり、ますますそういう気持ちを強く持ったのかもしれません。でも、素晴らしい体験でした。

 ライブではおなじみであるm3,4も、今回は特別な思いが自然と加わったことは言うまでもありません。と同時に、やっている方としては、前2曲での強い緊張感からの解放もあり、「癒し」のような世界も感じられたのでした。ですから、目の前の現実は辛く悲しいけれど、この2曲には「未来」を感じることが出来ると思いました。

 ここで、ベースの内田悟くんとドラムスの春木淳一くんを加えて4リズムに。

m5.少年〜m6.Slow & Slow、m7.会えたあと〜m8.好きでいさせて

 久しぶりのリズム・セクションとのサウンドはやはり楽しい。それに「元気になる」。でもって、まさに「少年の時の夢を忘れるな」っていう応援歌であるm5は、以前だと、いかにもフォーク・ソング的なメッセージに、多少抵抗感を抱いたのですが、今一度、詞をチェックしてみると、伊藤薫さんは聴き手に「自分自身を見つめ直す」ことから語り始めているし、今の自分と社会に「疑問を持つ」ことをちゃんと含んでいる。今、日本全国にあふれかえっている「頑張ろう日本」的な平易で安直な「元気ソング」「応援ソング」とは明らかに一線を画す楽曲であることを再確認しました。

 同じく、伊藤薫さんの曲であるm6は、81年の「Jiggle」収録で、全体にAORやウエストコースト系ロック色が強い内容。ただ、我々は比較的70年代っぽいアプローチになったかもしれません。田口くんはそれまでのアコギからエレキに持ち替えての曲だけに、常にハイテンションのプレイを聴かせてくれ、前半戦のピークを作ってくれました。

 MC後のm7は、ニューアルバムに収録予定の曲。レコーディングではアコースティックなサウンドを強調した仕上がりですが、今回は流れに任せて、ガツンと行きました。これもアリです。85年の「Moon Flower」のラストに置かれた愛らしい佳曲であるm8も、ライブではバラード曲としてより自然な形で演奏できた気がしています。

m9.You Are My Life〜m10.boy〜m11.アフリカ
 
 このコーナーはけいこさんのご子息である麗良くんに捧げた2曲から。97年のm9、2006年のm10ともに、けいこさんのレイくんへの愛がいっぱい詰まっているわけですが、この2曲の時間の経過とレイくんの成長がリンクしているので、こうして続けて聴いてもらうことは実に素敵だなと思いました。まるで,昔の写真やビデオを見るような懐かしい想いに浸りながら、深い愛情を感じ取れることは、演奏しているものにとっても、幸せなひと時だったのです。

 さて、東京と名古屋ではMCをはさんでのm11でしたが、流れのスムースさを重視して、大阪・京都では続けることになりました。レゲエっぽいドラムのフィル・インから始まって、全体にスタジオ版よりもアグレッシヴなアプローチで、しっとりしたムードから一転、明るく後半に向けて盛り上がっていく感じをより強調できたと思います。文句なく楽しい曲だしね。

 ということで、後半は詳細(2)に続く、と。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-22 18:47 | 音楽の仕事

水越けいこ/京都Fanj

 水越けいこさんのツアー最終日、京都Fanjのライブがついさっき終了しました。
お越し下さったファンの皆さん、本当にありがとうございました。今夜のライブは、楽日にふさわしい、実にいい出来だったと思います。個人的にも最高に気持ちよく演奏できました、
 これで楽しく宴会がやれそうです、

 というわけで、詳細はまた後日にまとめたいと思います。それでは。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-20 21:57 | 音楽の仕事

水越けいこ/大阪Fanj

 昨日は、水越けいこさんのツアーで大阪Fanjでの2回公演が無事終了しました。お越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 2回公演は体力的にはなかなかヘビーではありましたが、バンドもずいぶん落ち着いた感じになって、すごくいい状態になってきました。おかげで、私も大いに楽しませてもらいました。
 それでも、ところどころ、細かい修正をしながら、今日の京都での最終日にのぞみたいと思います。

 昨夜はおいしいお酒を飲んで、みんなと盛り上がったし、この高揚感を持続してがんばります。それでは。


 
[PR]
by harukko45 | 2011-06-20 13:25 | 音楽の仕事

 明日から水越けいこさんのツアーで大阪、京都をまわります。震災での延期となり、スプリング・ツアーが6月にまでかかってしまいましたが、いよいよ20日で最後です。

 久々の4(リズム)+2(ブラス)という派手な布陣で、ここまでの評判も上々の感じ、いい流れのまま、一気に駆け上がっていきたいと思いますので、ファンの皆さんもどうぞよろしくお願いします。

 我々バンド、スタッフは今日の夕方から車にて出発、大阪に入って、明日の2ステージに備えます。ん?打ち上げの練習も?
 ま、とにかく、ライブにお越しの皆さんも一緒に盛り上がって、大いに楽しみましょう。

 それでは、会場で。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-18 13:09 | 音楽の仕事

 日本の首相はまだ辞めないのね。往生際が悪すぎる。この人がいる限り、日本に元気は戻ってこないね、絶対。もちろん、彼が辞めたら、官房長官や幹事長ら幹部は全員総退陣して、「しばらく静かにしてていただきたい。」という約一年前に現首相がのたまうた言葉を贈りたいですな。できれば顔も出さないでいていただきたい。

 さて、うんざりする日本を忘れて、シンガポールの美味しいものを考える4回目はリトル・インディアの有名ホーカー、テッカ・センターで食べる「ロティ・プラタ」。
e0093608_2147745.jpg



 ロティはインド系のパン、クレープって言う感じ(?)。ただし、「ロティ・プラタ」と呼ぶのはシンガポールのみとのこと。カレーをつけてスナック感覚で食べるのもシンガ風らしい。まぁ、とにかく毎日食べても、どこで食べてもウマいし、忘れられなくなっちゃうもの。「粉もの」はどこの国でも人気もので、みんなから愛されております。

 それにしても、この焼きたてのロティが70セントですから、2枚でも100円しない。カレーはもれなく付いてくるし、たまらんよ、全く。通に言わせると油多めの「パリパリ・サクサク・クリスピー系」と「外パリ・中モチモチ系」に大別されるようだが、個人的には後者の方が好き。
 ヴェジタリアン・レストラン等でも食べられるが、テッカ・センターのようなホーカーで食すのは実に気楽だし、他の店のものもいろいろ食べれて楽しいのであります。

 今回は、大雑把にカレーものばかりになってしまいましたが、シンガポールには他にもまだまだ興味深いB級グルメがたくさん、それも近隣アジア諸国の食文化のフュージョンとカオス、まさに「宝庫」であります。この魅力に目覚めると絶対に何度も通うことになりますね。
 また、機会を見つけては紹介していきたいと思います。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-10 22:07 | 旅行

 シンガポールの美味しいレストランを思い出しながら、日本の嫌な事を忘れる3回目は、ナシ・パダンの名店中の名店、River Valley。
 インドネシアのスマトラ島にあるパダン地方のスタイルで、ライスと複数のおかずを食べるのがナシ・パダンということだが、シンガポールのものは、すでに独自の料理として進化しているようだ。いわゆるグルメの方々は、本場のパダンよりもシンガポールの方がお好みとのこと。
 私はパダンには行った事がないので、当然どっちがウマいのかはわからんが、少なくとも、このレストランはシンガポール滞在において、絶対にハズせない1軒であり、いつ行っても「ハズれない」美味しい喜びを味わえるのでありました。

e0093608_11103820.jpg
 その中でも、どうしても「ハズせない」1品がビーフレンダン。これは、まぁビーフカレーというか、ビーフの煮込み料理なんですが、もちろんスパイシーであり、マレー・インドネシア系特有のココナッツ・ミルクがよく効いているわけです。
 で、すんばらしくウマいのです。これのグレービーだけでご飯はガンガン食えますし、ほぼ中毒状態にもなりかねない料理ですな。

 中の牛肉もちょうどいい柔らかさで、たまりません。

 この他にも料理はたくさんあって、どれも美味しい。私が過去に食べたものは、ベゲデル(じゃがいもの揚げ物)、アヤム・レマック(鶏肉のココナッツ・ミルク煮)、アヤム・カレー(アヤムは鶏肉)、魚の揚げ物(チリソースがけ)。キャベツ・カレーやモヤシと豆腐の炒め物といった野菜系も多いのがうれしい。

 シンガポールの有名グルメ本(特にB級グルメ)である「マカンスートラ」では常に最高点(箸3膳=6本)をつけられておりますから、誰もが認める名店であります。
 出来れば、週に2回は行きたい。今、食いたい!
[PR]
by harukko45 | 2011-06-09 11:21 | 旅行

 今日も昨日もパッとしない日本でなく、もっと楽しい(美味しい)ことを考えるシンガポール編2回目は「Zam Zam」。ここでの名物はイスラム風お好み焼き「ムルタバ」ね。うーむ、たまらん。食いたぁーい!
 簡単に言えば、生地に肉や玉葱を入れて焼いてあるもので、カレーをつけて食する、それ以上のものでもそれ以下でもない、やっぱ簡単なものなんですが、しかしこれが超ウマッです、ハイ。

e0093608_9311411.jpg


 ムルタバ以外にもビリヤニや、ナシ・ゴレン、ミー・ゴレンなどローカルB級グルメがいろいろあって、どれも楽しい。ただ、量が多いからご注意を。
 地元の人たちは、それぞれビリヤニをたのみ、2,3人でムルタバを分け合うって光景をよく目にした。
 ただ、私の好みではムルタバとミー・ゴレンをたのんで、2人でシェアするのがちょうどいいかな。
 ミー・ゴレンはもともとはインドネシアの名物ヤキソバだけど、ここではケチャップ中心なのか『真っ赤」で登場、辛さも強烈で、実にチープな感じがとても良いです。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-08 09:53 | 旅行

 いろいろとうんざりすることばかりの日本ですから、もっと楽しいことを考えることにします。
 今は、シンガポールのBismillah Biryani Restaurant のビリヤニが食いたい。ムッチャウマイよ。チキンとマトンを試したけど、マトンもかなり良いが、個人的にはチキンをおすすめ。ハーブ類の豊かな香りが素晴らしいし、味もサイコー。辛さは意外にもチキンの方が辛い。でも、それが気持ちいい。

 写真でも見ながら、思い出しますよ。
e0093608_10154620.jpg


 ちなみに、この写真はマトン。見た目は一緒なんだけど、味はぜんぜん違うのです。(くどいけど、マトンもかなりウマいです。)


 Bismillah Biryani Restaurant の詳しい紹介は、こちらをご覧あれ。ieat・ishoot・ipost 地元シンガポールのグルメガイドとして、かなり信頼できますし、写真もキレイ。解説は英語だけど、その美味しさは十分に伝わってきますよ。で、このサイトの評価では「The Really Must Try List」に堂々のランクインをしております。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-07 10:23 | 旅行

 一昨日の3日は、水越けいこさんの「Spring Tour 2011」として、名古屋へ行き、昨日戻りました。本来なら、名古屋から関西へとまわる流れだったのですが、震災の影響での延期により、名古屋単独の行程になりました。
 ライブハウス「ムジカ」にお越し下さったファンの皆さんには心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。それにしても、会場の皆さんの楽しそうな感じがこちらにもよく伝わりました。後半に行くにしたがって、「激」歌いの方々がたくさんいらっしゃいました。そういう姿が見れるのは本当にうれしいです。

 バンドとしてもツアー2日目で、ずいぶん熟れていたと思いますし、全体の出来はすごく良かったと感じています。おかげで、終演後の宴会も楽しく大いに盛り上がりました。久々に風来坊に行って、「鳥の研究」にいそしみました、ハイ。

 さて、残るは19,20日の大阪・京都です。
[PR]
by harukko45 | 2011-06-05 07:51 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる