ラフマニノフの「鐘」

 2010年も1月がもう過ぎようとは。とにかく、打ち込みの仕事をさっさとしあげなきゃ。
とは言え、気になる事が多くてなぁ。小沢問題とiPadが今のところの最重要案件か。どちらも、今後の世の中に大きく影響を与えることは間違いないです。

 さて、そんなことで夜も眠れない日々、昨日は浅田真央ちゃんが四大陸フィギュアで優勝しましたが、相変わらずショートプログラムで出遅れ、フリーでの逆転は、言ってみればマオちゃんらしいけど、やはりまだキム・ヨナ選手には届かない点数でした。トリプル・アクセルのこだわるのは良いけど、その分トリプル+トリプルのコンビネーションがないのが、ここに来て致命的か、などと思ったりして。

e0093608_811353.jpg だが、曲は良い。セルゲイ・ラフマニノフの「鐘」と紹介されているが、正確には「前奏曲嬰ハ短調/Prelude in C-Sharp Minor」で、クレムリンの鐘の音にインスピレーションを受けて書かれたことから、「鐘」「モスクワの鐘」と呼ばれるようになったらしい。
 作曲家自らのピアノでの初演では、当時大変なセンセーショナルを巻き起こし、その後「ラフマニノフの例のプレリュード」とか、「Cシャープ!」って呼ばれるほどの人気だったとのこと。
 このような暗く憂鬱な音楽が大受けするなんて、何と素晴らしい時代(?!)。

e0093608_816993.jpg ただし、マオちゃんが使っているのは、ストコフスキーがオーケストレイションしたもの。でもって、こちらがアレンジなさったレオポルド・ストコフスキー先生(ウーン、キマッテル!)。
 この人は指揮者の歴史上ではかなり有名人と言える人。主にアメリカで活躍し、アメリカにクラシック音楽を定着させるのに大いに貢献した一人でしょう。
 昔、白黒映画で彼が指揮する姿を見たことがあるなぁ。すっげぇー派手でしたよ。バレエのような華麗な指揮ぶりって言う人もいますし。

e0093608_8504616.jpg で、彼の功績の一つで特に際立つのが、とことんクラシック音楽を分かりやすく聴かせるために、原曲の長い部分をカットしたり、オーケストレイションをより効果的にアレンジしたりして演奏したこと。
 それにより、厳格な原理主義者には批判される対象だったらしいが、キラキラの音色と指揮棒を使わず指だけでオーケストラを操る姿は、大衆からは圧倒的に支持されたのでした。

 今じゃ、こんなに面白い指揮者はいません。

 ストコフスキー情報関連のサイトはオーケストラの芸人:レオポルド・ストコフスキー
よりディープに探求したい方はなんたってストコフスキー
で、ここのディスコグラフィーは強力ストコフスキー -その偉大なる遺産をたどる- by ストコフ好キ
[PR]
by harukko45 | 2010-01-30 08:56 | 聴いて書く

ついにiPad登場!

e0093608_553870.jpg
 出ましたねぇ。昨夜はずっと「いつニュースに出るか」とワクワクしておりました。ある程度は予想通りですが、細かい部分はいろいろ見て行かないと。
 それにしても、やっぱ魅力的ですわなぁ。

 こちらに関連記事がengadget

こっちはよりくわしくgizmondo
[PR]
by harukko45 | 2010-01-28 05:08 | 日々のあれこれ

 著名なジャーナリストである江川紹子さんが、今回の小沢報道をめぐる件で、実にスジの通った意見をご自身のサイトで述べられているの見つけた(1/19付のアップ)。一連のマスコミ報道と検察の捜査に、ある種の異様さを感じている方、興味のある方は是非、ご覧になっていただきたい。

「東京地検特捜部の判断は常に正しい、のか」


 おー、そういえばその同じ1月19日にあった、原口総務大臣の「クロスオーナーシップ問題」を検証をするという発言は、日本のマスコミが真に価値あるメディアになるためのきっかけになる重大な問題提起だったと思う。
 22日の原口大臣の記者会見も実に興味深いので、リンクさせていただく。「Twitterは公式の発言なんですか?」――原口総務相記者会見 (1/4)

 そしてもう一つ、自民党・河野太郎議員のブログにも検察・マスコミへの批判が書かれている。「副大臣がやり残したこと」
 正直、自民党というのは本当に愚かで、総裁を河野太郎にするのが最善の策だったのに、自ら葬った。これで当分、自民の再生は難しいと思った。一方で、河野氏らの自民党若手は、渡辺喜美氏ら「みんなの党」あたりと連携するなり、新党結成に動くなりのダイナミックな行動はできないものなのか。
 彼のような人物が10年早いと押さえ込まれてしまうのでは、政権交代可能な2大政党制も第3の道も日本では見えなくなる。

 
[PR]
by harukko45 | 2010-01-26 01:16 | 日々のあれこれ

小沢氏報道へ不信

 今年に入ってマスコミが流し続ける一連の小沢一郎氏をめぐる「金」の問題。毎日、これだけ流されていると、個人的には気持ちも萎えて、やる気が失せ、前向きな気分も無くなってきますな。

 日本のマスコミは本当に心の底から、危機や不安を煽るのがお好きと見える。とことん、日本が駄目になるのが楽しいようだ。権力に対して批判をする姿勢は正しい。が、批判する根拠となる「ネタ」の信憑性を正確に判断する知性がしっかり備わっていないと、それは国や国民にとって百害あって一利なし。
 今のような異常に過熱して暴走する「メディア・スクラム」状態に、太平洋戦争時における「大本営発表とはこういうことでは」的状況を感じ取って、逆の危機感を抱いている人も多いだろう。私もその一人。

 とにかく、かねてより問題視されている検察からのリークによる記事はどこまでが真実であるか、全く検証されていない。そういったものを垂れ流すだけで、全くその内容を精査せず、後の責任も取らない姿勢でよいのか。
 とは言え、どうやら検察とマスコミ大連合による言論操作キャンペーンは今のところ大成功で、民主党政権不支持が増大し、小沢氏に辞任を求める世論が大勢を占めはじめた。ただでさえ「お上」の言う事を信じ切ってしまう日本人の「純粋無垢さ」につけ込んだ見事な成果であり、まさに日本にもゲッペルスがいるのであろう。

 だが、まだ何が真実なのか、全くわかってはいない。それだけはしっかり認識して、冷静に注視していきたい。

 もう一つ、普天間基地移設問題でも、日本のマスコミは全て「日米危機」ばかり語り、鳩山政権への不安のみ追求する。果たして、本当にそんなに日米は深刻な状態か?
 はっきり言って我々は、鳩山政権に感謝すべきなのではないか。「日米同盟」について、我々国民が根本的に考えるきっかけを作ってくれたことに、だ。
 「ただただアメリカの言われるままやって行けばいいのか」的感情論ではなく、ちゃんと「今や本当に同盟は必要か」ということを国民レベルでしっかり考えたい。
 それをリードすべきマスコミが「アメリカの我慢も限界」だからを理由に、現状辺野古案での決着に誘導しているのが納得いかない。それこそ、これまでと変わらない「事なかれ」主義であり、何も主張しない日本だ。
 
[PR]
by harukko45 | 2010-01-25 17:42 | 日々のあれこれ

NFLポストシーズン#3

 NFLのポストシーズンも半分を終了、ベスト4が出揃ったが、これがまた実力・話題性ともに豊富な4チームが残って、非常に楽しいマッチアップが実現しそうだ。

 NFCの勝ち抜けは、ニューオリンズ・セインツとミネソタ・バイキングスで、それぞれリーグのシード1と2であり、シーズン中でも他のチームよりも抜けていた同士だけに、順当な結果となった。

 現地16日のプレイオフ、ニューオリンズ対アリゾナの試合は見ていないので、詳しくわからんが(今日の深夜の日テレでの放送を見ます。)、とにかくニューオリンズの猛攻で45-14の圧勝。前の週でグリーンベイとの死闘を何とか勝ち抜いたアリゾナには、リーグNo.1オフェンスを打ち破るだけの力は残っていなかった。と言うより、ある程度こうなるとは思っていたが、グリーンベイとの試合と同じ失点45では、2週連続のディフェンス崩壊ということ。
 ニューオリンズのハイパー・オフェンスは見るものを最高に楽しませるが、シーズン終盤3連敗でかなり心配された。だが、相手のコンディション不調のおかげもあり、この試合で見事に復活したということか。
 アリゾナはQBカート・ワーナーの前半での負傷、他にもコーナーバックの主力二人も負傷退場では全く勝負にならないわな。

 もう一つのミネソタ・バイキングス対ダラス・カウボーイズも一方的な試合で、ミネソタの完勝。ミネソタはシードこそNFC2位だが、リーグのオフェンス5位・ディフェンス6位と、ニューオリンズよりもバランスの取れたチームであり、オールプロ選出の数も一番多い。その中でも、随一のスターである40歳QBブレット・ファーヴの存在はまだまだ光り輝いていた。
 ダラスのトニー・ロモ君、いよいよ世代交代で主役獲得かの夢も無惨に砕け散った。まさに「一昨日来やがれ!」状況でした。
 とにかく、ミネソタのディフェンス陣のロモへのプレッシャーは凄く、何と6サックを記録。そのパスラッシュの強烈さには興奮したし、両サイドのディフェンス・エンド、ジャレット・アレンとレイ・エドワーズの働きぶりは大絶賛。

 実は、ダラスの方もディフェンスはかなり健闘していて、ファーヴにプレッシャーをかけ続けていたのだが、それでもしっかりと勝負どころでパスを通してしまうのは、やはりファーヴ個人の素晴らしさ。よってQBの差がそのままスコアに反映して、34-3。ダラスはTDなしだから、語る価値なしの状態で、何とも屈辱的なシーズン終了となった。

 AFCではインディアナポリス・コルツとニューヨーク・ジェッツが勝ち抜け。順当なインディアナポリスはともかく、NYジェッツは唯一アップセットによる進出となった。

 まず、コルツがボルティモア・レイブンスに20-3で勝利。これも前述2試合同様の、一方的な結果となったが、それでもNFLを代表するQBであるペイトン・マニングもボルティモアの強いディフェンスに前半はかなり苦しんだ。だが、それに辛抱強く耐え、2Qには8分もの時間をかけたロングドライブが成功、残り2分に勝ち越しTDを決めた。
 ここで何かボルティモアの「頑張っていた」気持ちが切れたように思った。だから、その直後、残り7秒にもマニングにTDパスを決められてしまうのだった。

 正直、これで勝負あった。それほど前半終了間際のTDはボルティモアには致命傷だったと思う。ボルティモアは獲得ヤードで270と275で互角なのに、ターンオーバー4つ、反則7によるローストヤード64では、自滅したというしかない。
 それだけ、インディアナポリスというチーム、マニングという選手の試合運びのうまさが光るというわけ。

 さてさて、最後に残ったサンディエゴ・チャージャース対ニューヨーク・ジェッツは、一応シーズン中の実力から行けば、サンディエゴが勝つと予想できるんだが、今回のサンディエゴには何とも言えない不幸というか、祟りにでもあったというのか。実に後味の悪い結末での敗戦となりましたなぁ。

 前半のジェッツのオフェンスは全くダメで無得点。だが、リーグ1位のディフェンスは実力通りの働きを見せて、4Q途中まで相手を1TDに押さえ込んだのだから素晴らしい。たぶん、今季絶好調だったサンディエゴのQBリバースは「こんなはずではない」と、試合中ずっと思っていたはず。それが、ずるずるとジェッツのペースにはまり込み、パス40回中27回成功の1TDに留まり、インターセプトを2回もしでかしてしまった。
 そして、そして何と言ってもキッカーのケディングさん。うー、映像見てて可哀想になってしまうほど痛々しかった。だって、3回のFGのチャンスをすべて失敗してしまったのだから。
 結果、1本成功していりゃ同点、2本決まってりゃ勝ってたわけですからねぇ。試合終了後の謝罪も辛い。今年は、キッカーがすごく厄年です。
 他にも反則10回、計87ヤード罰退ですから、これまた自滅も自滅。ホームで見てたファンはやってられない気分だったろうなぁ。
 RBトムリンソンも全く輝きがなかったし、チャージャースは来季大きく選手が動くかも。

 というわけで、AFCチャンピオンシップは試合巧者でスーパースター・マニングを擁するインディアナポリス・コルツが貫禄で勝つか、強力ディフェンスを最大の武器に、オフェンスはルーキーが率いるニューヨーク・ジェッツがアップセットするか。こちらは、ドラマとして面白そう。それにしても、ジェッツのCBダレル・レビスは凄いなぁ。それと、ヘッド・コーチのレックス・ライアンのしたたかな戦略・戦術はかなり注目。
 私としては、ちょっと波乱を期待して、ニューヨーク・ジェッツに肩入れ気味。

 NFCは実力伯仲の強豪同士で文句のつけようのない組み合わせなので、実は困ってしまう。ニューオリンズの派手なハイパー・オフェンスが最終的にスーパーボウルを取って欲しいと思っていたのだが、やはり相手がファーヴだと、心が揺れる。
 それと、ミネソタのディフェンスはかなり強力。ニューオリンズのQBブリーズが気持ちよくパスを投げきれるかどうか、ちょっと不安に思い始めている。うー、でもやっぱニューオリンズの勝ちで、どうか。
[PR]
by harukko45 | 2010-01-23 00:08 | スポーツ

NFLポストシーズン#2

 私用でしばらく留守にしており、コンピューター環境からも離れておりました。

 さて、前回の更新がNFLポストシーズンでしたので、続けていかないと。すでに、ディビジョナル・プレイオフも終了し、ベスト4が出揃っているのに、今更ワイルドカードを振り返るのもいただけないですが、手短にしますのでお許しを。

 NFCの2試合。NYジェッツとシンシナティの対戦は、ジェッツの快勝。1Qに先制されても、その後シーズン最終戦からの勢いそのままに見事なゲーム・コントロールでの逆転勝利。二人のルーキー、QBサンチェス、RBグリーンの活躍が光ったオフェンスといい、リーグ1位のディフェンス陣も数字通りの実力を見せてくれた。
 シンシナティはQBパーマーが不調、期待していたWRオチョシンコも全く封じられて不発。そして、キッカーのグラハムがFGを2回外すとはね。

 ダラスとフィラデルフィアの試合は、予想通りダラスの圧勝で、正直つまらなかった。まぁ、ダラス・カウボーイズを昔からあまり好きじゃないせいだろうけど。
 それにしても、2Qで27点も取られちゃね。ダラスに先制された直後に、マクナブではなくビックが登場し、驚きのパスで同点となった瞬間は大いに盛り上がったが、その後のフィラデルフィアには全く見るべきものなしで、ほんとガッカリだった。

 AFCでは、まずNEの敗戦がショック。それもホームで、第6シードのボルティモアに完勝を許す屈辱的な結果は、非常に後味が悪い。とにかくQBブレイディが3インターセプト、1ファンブルと大乱調では勝てない。確かにWRウェルカーの負傷欠場が大きく響いたが、彼への比重が重すぎた戦力・戦術にも問題があったのでは。もちろん、ボルティモアのディフェンスをほめるべき部分も大きいが、それでも華麗なる攻撃で圧倒するNEを見たかった。

 そして、グリーンベイとアリゾナの一戦は、期待通りの好ゲームでの大熱戦で、ワイルドカード4試合中のベストゲーム。私は攻撃のアリゾナ、守備のグリーンベイと簡単な図式で考えていたが、グリーンベイのQB、アーロン・ロジャース君!素晴らしかった。すみません、これまでファーヴの控え的イメージが強くって、ついつい軽く見てしまっていた。
 でも、彼の最初と最後のファンブルロスがあまりにも象徴的。始めてのポストシーズンでの緊張からか、いきなりアリゾナに先制を許すターンオーバーと、せっかく同点となりオーバータイムに持ち込んだのに、そこでのターンオーバーによる負けは、ファンには大きな失望だったろうな。

 前半はアリゾナの快調な攻撃が冴えて楽勝ムード。後半も、昨年のスーパーボウルを思い返すかのようなQBワーナーからWRフィッツジェラルドへの見事なTDパスが決まり、すっかり「ハイ、オシマイ」って感じだったのだが、そこからのグリーンベイが本当に凄かった。
 ロジャースの活躍はワーナーをも圧倒するもので、がんがんグリーンベイが挽回、次々とTDを奪い取って、ついに4Q残り11分、38-38の同点にしてしまったのだ。しびれました。
 最終盤でも、両チームTDを取り合い、何と総得点が90点に達するとは!

 で、ドラマは続く。残り14秒でのアリゾナのFGのチャンス、これを決めればこの大乱戦を勝利できるはずだったが、なんとキッカー、ラッカーズがまさかのミス。なんか今年はキッカーが災難続きだなぁ。(この後、サンディエゴのキッカーが!!)
 これで、オーバータイムに突入し、なおかつグリーンベイが最初の攻撃権を取り、アリゾナにとっては絶体絶命のピンチだったわけです。

 そこに前述のターンオーバーによるあっけない決着。ちょっと運も味方した感じのアリゾナの勝利に見えた。だが、この時のディフェンスのプレイは試合最初にターンオーバーを成功させたものと同じコールだったことを、決勝TDをあげたLBダンズビーがインタビューで語っているのを聞き、再びNFLの高度で緻密な戦術・戦略と大胆な決断力を発揮したベンチワークに感動であった。

 引退を噂される38歳カート・ワーナーは今年も素晴らしかったが、ファーヴの控えを脱して、今シーズンようやく実力を見せた26歳アーロン・ロジャース(A-Rod)にはこの悔しい経験を生かしてほしいし、今後も注目したいと思う。

 遅ればせながらワイルドカードでした。


 
[PR]
by harukko45 | 2010-01-19 17:48 | スポーツ

NFLポストシーズン

 いよいよNFLのポストシーズンが近づいて、いろいろワクワクドキドキして落ち着きません。

 とりあえず、現地9、10日に両リーグのワイルドカード4試合があるわけですが、私はNHK-BSにて観戦するので、ライブでは見れません。結果を知りながらの映像待ちってところですが、それでも楽しく奥深いフットボールの世界、毎シーズン興味は尽きません。

 AFCのシード3のニューイングランド・ペイトリオッツ対シード6のボルティモア・レイブンス。とにかくプレイオフ常連で、常に優勝候補に名前の上がるNEではあるが、WRウェルカーの欠場が何としても痛い。さすがのスーパースター、QBブレイディも不安を語っている。ただ、ブレイディともう一人のスーパースター、WRモスとのビッグプレイは健在であり、やはりNE勝利を期待したい。というか、祈ってます。

 シード4のシンシナティ・ベンガルズ対シード5のニューヨーク・ジェッツは、前節のレギュラー・シーズン最終戦と同じ組み合わせ。最終戦にプレイオフ進出を賭けて戦ったニューヨークは手の内を全て見せてしまった感じ。シンシナティは余裕でメンバーを落としたりしていたので、ここは当然シンシナティ有利。注目はシンシナティのWRオチョシンコ。彼は面白い。

 NFCのシード3のダラス・カウボーイズ対シード6のフィラデルフィア・イーグルスも最終戦と同じ組み合わせになった。前節での戦いを見る限り、チーム状態は圧倒的にダラスが良い。正直、この時のフィラデルフィアは何をやっても全くだめだった。わずか1週間で、再びダラスのホームでの戦いに勝利するだけの力が蘇ってくるかどうか。で、ダラスの勝利かと。

 シード4のアリゾナ・カーディナルズ対シード5のグリーンベイ・パッカーズはQBカート・ワーナー率いるアリゾナのパス・オフェンスとグリーンベイの強力ディフェンスの対決という構図で、わかりやすく、4試合の中で一番興味深い。個人的にはワーナーとフィッツジェラルドによる華麗なパス攻撃を楽しみたいが、アリゾナにはレギュラーの怪我人が多いようで、なかなか簡単にはいかないようだ。
 そうなると、終盤調子が上がってきたグリーンベイが優位かもしれない。が、アリゾナの勝利を期待します。
[PR]
by harukko45 | 2010-01-08 00:38 | スポーツ

 いくらテロ警戒で厳戒態勢だとはいえ、そりゃアメリカ大使館が閉鎖しているとはいえ、そのイエメンで我らがサッカー日本代表が試合をしているというのに、日本のTV局は一切放送しなかった。
 全くもって信じ難い。現地で取材しているフリー・ジャーナリストからの情報で、テロへの心配やら治安の不安をニュースでさんざん煽ったあげくに、肝心の試合を放送しないとはどういう了見か? なるほど、放映権をふっかけられたのかもしれない。が、そんなことはどうでもいい。
 こういう状況は、イラク戦争の時の日本のマスコミの対応を思い出す。戦争が始まる危険が迫るや、各マスコミの正社員であるジャーナリスト諸氏はさっさと日本に引き上げ、あとはフリーの記者達からの情報で、ニュースを組み立てていたっけ。

 日本のマスコミのへっぴり腰ぶりは変わっていなかった。

 試合は無事に行われ、我らが若き代表が苦しみながらも2点差を見事に逆転して勝利。アジア・カップの予選を突破した。
 平山君が久々の大活躍でハットトリック。その他にも柏木や山田ら、注目したい若手だけのチームの奮闘はネットでの文字情報だけでもワクワクさせられたのに、映像なしとは情けない話。

 サッカー人気の凋落か、TV局の経費節減か。まぁ、どっちにしろ悲しいこと。これじゃ、W杯への盛り上がりもそこそこであろうと悲観的にみるしかあるまい。南アフリカだって、治安はかなり悪そうですよ。なので、フリーの人間を派遣して、自分たちは取材に行かないのでしょうね。官僚や検察からのリークで記事をまとめるだけで、自ら取材せず、記事に責任を持たない政治記者達と同じだ。

 サッカー代表はよくやってくれたし、若手だけでの勝利を大いにほめたい。が、日本のマスコミ、特に大きな会社への信頼はますますなくなっていく。
[PR]
by harukko45 | 2010-01-07 04:29 | スポーツ

TVドラマ

 新年を迎えてから早6日、このところはずっとダレダレという感じでした。

 昨年暮れに禁断の「24シーズン7」を見始めてしまい、「24」シリーズのファンの方なら、よくお分かりと思いますが、これを見始めたら最後、一気に全て見ずにはいられない。
 実はフジテレビで11月から毎週放映されていたのをハードディスクに保存し、仕事が終わったらまとめてみようと思っていたのですが、昨年末までに放送されたのは9話まで。
 結局、見始めたら2日で終了。次回のテレビ放映など待っていられない状況になり、レンタル店に駆け込んだあげくに、元旦に見終わったのでした。

 いやぁ、なんだかんだ言っても面白かったわけですが、とは言え、何とも煮え切らないラストには大いなる欲求不満を感じさせ、これまた次のシーズンへの期待を否応なく盛り上げる手法にもまんまとひっかかっているのでした。
 その第8シーズンは全米で今月からオン・エアとか。日本には今年の秋から冬なのでしょうかねぇ。

 そうこうしていると、2日から4日まで日テレが「ドクター・ハウス シーズン2」を毎日2話ずつ放送、昨日はWOWOWが「クリミナル・マインド4」を放送開始。どちらも大好きなシリーズなので、ちょっと「たまりません」的状況が続き、テレビ三昧にどっぷりつかっております。

 そんな中、BSフジで昨年から放送していた「MAD MEN」が年越しして昨日が最終回。このドラマ、さすがエミー賞を2年連続取るだけのことがある、ほんとに素晴らしい作品で、特に昨日の最終回にはかなりやられましたし、思わず拍手したくなりました。
 地上波の方でシーズン2を放送しているけどすっかり見逃してしまったので、これはBS等で再放送されるのを待つ事にします。(おっと、レンタルも今日から開始ですか。)

 この他にも、このところの海外ドラマ(と言っても、主にアメリカもの)の充実ぶりにはほんと驚かされます。なので、録画でハードディスクはいつもすぐ一杯になってしまう。

 それに、今週末にはNFLのポスト・シーズンがいよいよ始まります。ますます外に出かけなくなってしまうか?
[PR]
by harukko45 | 2010-01-06 16:09 | 映画・TV

謹賀新年

 2010年明けましておめでとうございます。皆様にとって良い年でありますように。今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by harukko45 | 2010-01-01 04:04 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる