昨夜は、サカイレイコさんのワンマン・ライブ。私は昨年暮れの青い部屋以来、マンダラでのライブはほぼ一年ぶりか。今回、私はピアノを弾かず、それは名手・鶴来正基さんにお願いし、シンセでオーケストレイションと全体の把握の方を担当した。プラス、ベースにはJabBee等で一緒だった永田範正くん、パーカッションにはナオちゃんこと佐藤直子さんに加わってもらい、新たなサウンドに挑戦というものになった。

 ツイン・キーボードになったことで、クラシック・シャンソンの名曲では特にその効果が大きかった気がする。やはり、昔の作品には必ずストリングスやホーンが重要な味付けになっている。それに、鶴来さんがアコーディオンも巧みに弾くので、その時は私がピアノなどのベーシックな方にまわり、なかなか多彩な音になったと思っています。
 永田くんもウッドとエレキとを持ち替えてくれたし、ナオちゃんはいろんな引出しからビートを繰り出してくれたのでした。

 まぁ、これが初回のライブだったので、もちろん細かい部分等はまだまだではありましたが、もし何回か続けることができれば、面白い化学反応がいろんなところで起きそうな気がします。それだけ、今回のメンバーの組み合わせは私個人にとっても楽しく刺激的でした。
 また、久しぶりにシンセの方に専念すると、ピアノでベーシックな役割の時よりも、ちょっと外から音楽を見ることができ、これまであまり気づかなかったことも理解することになりました。やはり、そういった全体を俯瞰しての把握は大事だなとあらためて感じました。私のように、音楽へすぐに入り込んで自ら興奮してしまう者にとっては、なおさらなのでした。

 メインのレイコさんはこれまで以上に落ち着いた雰囲気でのステージングでしたし、弾き語りでの力強いピアノなどすごく印象的でした。それに今回のテーマを「スタートライン」としたことで、自ら新しい第一歩と位置づけて、これまでとは違った方向性へ大胆に踏み出そうという意欲を強く感じました。

 ただ、偉大なるピアフを始めとするクラシック・シャンソンを極めるのか、自らのオリジナル・ポップスを追求するのかは、はっきりしていません。ですから、セットリストとしてはこれまでと同じの両者の折衷案的なものになりましたし、そのアレンジも大胆に変えて、一つの世界に統一するという次元には至りませんでした。もちろん、時間が許せばそういったトライをコツコツと続けるべきでしたが、現在の私自身にそれだけの余裕がなく本番を迎えてしまったのが、少々悔やまれます。

 実を言えば、私としては、そろそろクラシック・シャンソンの再現から、その素晴らしさに敬意を表しながらも、ザックリとしたサウンドに大きくチャンジしたものをやってみたいし、それに彼女の毒気あふれるオリジナルと融合させたいとの野心を抱いたりもしたのですが、お互いにある種の「こだわり」が強いため、結局はオリジナルに戻ってしまう、もちろん、そのオリジナルを完璧に再現することでさえ、とても大変なことだ、となってしまった気がします。

 ところで、そういった反省の弁と同時に、シャンソンの世界というのはやはり面白いなぁとも思っているわけで、特に今回は前回の青い部屋でやった時に引き続き、ゲンズブールの曲を取り上げたので、ますますその魅力が広がったのでした。重厚で完璧なピアフとは全く正反対の軽妙でインチキ臭く、全てに未完成なゲンズブールもえらくカッコイイです。だいたい、この二人の天才の音楽を同時にやることも大胆の極みなのか?
 今の私はどちらにもリスペクトの気持ちが強いのですが、それが強すぎるとただのコピーでしかないわけで、いろんな意味で考えさせられます。ただ、結局は演奏を繰り返して行かないと発展はない。頭だけで考えていても、物事は全然進まない。音楽は体を使ってプレイしてなんぼですから。

 などなど、少々雑多な記述になりましたが、昨夜来ていただいたたくさんのお客様には大きな拍手をいただき、心より感謝しています。どうもありがとうございました。
[PR]
by harukko45 | 2009-02-27 15:33 | 音楽の仕事

水越けいこ/Tour 2009

 水越けいこさんとのツアー、名古屋・京都・神戸の3ヶ所のライヴが無事終了、リハ前にはアタフタしていた私としては、ホっとしているところです。とは言え、初日の横浜は私が参加できず、最終日の神戸ではギターの田口慎二君が参加できずという状況で、正直言えば、水越さんにも負担かけたし、聴きにきていただいたお客様たちにも、少々フェアでなかったかもしれません。
 それでも、私が参加した三日間は全員が一台の車で移動しながらの演奏だったこともあり、何とも言えないファミリー的な感覚になり、メンバー・スタッフがひとつになることの大切さをまたここでも感じた日々だったのでした。

 さて、名古屋・京都での二日間は私と田口君のギターによるバックでのけいこさんのボーカルによるバラード特集、ここ数年続けてやってきただけに、やればやるほど充実感の増す感覚があり、各自が納得する演奏にたどり着く時間も早かった。なので、特に京都でのライブではリラックスした中にもそれぞれがトライするような演奏になり、とても楽しかった。また、ある意味では初日となった名古屋での緊張感も捨てがたい。
 そして、昨日は田口君がいない中、私がほとんど一人でバックをしながら、後半には素晴らしいヴァイオリニストである下川美帆さんを迎えてのライブは、それまでの二日間とはまったく違う表情となったのでした。
 最初は、ギターがなくなったことでのサウンド面のマイナス部分ばかりが気になっていましたが、すぐに音の少ない中での楽しみを見出すように心がけたことと、後半参加のミホさんの演奏にも大いに刺激を受けたことで、当初の不安をかきけすことが出来たように思います。

 メインである水越さんは、全て同じ状況で歌えなかったことで、いろいろ不安もあったと想像しますが、それでも、最後まできっちりやりきってくださったことは、さすがであった思っています。逆に言えば、けいこさんの歌があってこそ、このツアーはなんとか統一感を得られたのかもしれません。
 
 さて、聴いていただいたファンの皆様はどのパターンがお好きだったか、分かれるかもしれません。そういったご意見もお聞きしたい心境にもなりますが、今はこの三日間をやりきったことへの満足感の方が勝っていると言えるでしょう。

 というわけで、一応今回のツアーは終わりですが、メンバー・スタッフともにもうちょっとやりたい気持ちも強く、是非追加を実現したいと願っていて、事務所側も奮闘していただけそうな感じです。その時には、今回の全ての良さを一体化したようなものに仕上げたいと、今からワクワクしています。

 とにかく、三日間のライブにお越しくださったファンの皆様には厚く熱くお礼申し上げます。また、けいこさんファンの皆様、是非こちらにもご感想やご意見を賜りたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。それでは、今日はみんなで車で帰りますが、いろいろありがとうございました!
[PR]
by harukko45 | 2009-02-23 00:51 | 音楽の仕事

今日から

 今週末は水越けいこさんのライブで、名古屋と関西方面を車でまわります。先週はなっちのツアーのラスト、大阪をやったばかりですが、その後は次の仕事のためのリハに追われていました。正直、ちょっとバタバタしておりましたが、今日からは本番なので気分的には逆に落ち着き始めることでしょう。やれやれ。
 とは言え、とにかく水越さんとのライブ・ツアーは昨年の春以来ですし、今回は初日の横浜がスケジュールが合わずにできなかったので、なおさら、この後半戦は良い内容になるように頑張らねば。

 というわけで、これからスタッフ、メンバーとともに出発です。今日は名古屋、明日は京都、そして神戸、と続きます。では、行ってきまーす。
[PR]
by harukko45 | 2009-02-20 08:07 | 音楽の仕事

安倍なつみin大阪

 安倍なつみさんとの「春の微風」ツアーは昨日一昨日の大阪2daysをもって無事終了しました。いやぁ、リハが始まったのが今月3日ですから、その後2週間弱で全行程を終えるという、実に効率のいいツアーでした。
 もちろん、効率性だけでなく内容の方も、昨年秋の「Angelic」からもう一歩進んだ成果が得られたと感じています。これは短期間でも少ない人数で蜜に時間を共有できたからということが大きいのだと思います。
 それと、会場がすべてライブハウス・クラスの規模だったので、ステージ・サイドのリラックスして楽しんでいる雰囲気を、観客の皆さんにもダイレクトに伝えることができたのでは、と思っているのでした。
 そして、いつもながら熱い反応をこちらに返してくれるファンの方々には心より感謝です。

 さて、またセットリストにそって、振り返っておきたいと思いますが、今回は「Angelic」と大きく違う点として、アレンジや構成、演出等へのこだわりよりも、自然発生的なバンド色の強いアプローチがテーマだったので、基本的には各ミュージシャンの感性に任せる部分も多く、今回の4人ならではのサウンドに、リード・ボーカリストとして「なっち」が乗っかって、ライブを引っ張っていったと言えるでしょう。

 m1.スクリーン
 とりたててオープニングを作る事もなく、ミュージシャンが登場して、すぐにボーカリストも登場、皆でOKを確認したら1曲目という始まりは、我々には普段通りですが、これまでの「なっちコンサート」の形に慣れている方々には意外だったかもしれません。
 この曲は、昨年の段階では出来立てホヤホヤの新曲でしたが、もはやずいぶん手慣れた感じの安定した音になっていて、全員に変な気負いがなく、まさに「自然に」演奏が始まったのでした。
 CDで聴くストリングスのアンサンブルによる間奏は、今回も徳武さんのギンギン・ソロにしました。ただ、CDアレンジの最終完成版で新たに加わっていたフレーズやリズム・パターン等は随所に取り入れました。だから、微妙に「Angelic」バージョンとは違っています。

 m2.スイートホリック
 原曲は、切ない詞でありながら明るいポップな曲調で、Aメロでのラップっぽい部分も面白く、なかなか聞き応えのある作品。全体のサウンドもなかなか派手な仕上がりでしたが、今回はあえて生ピアノと徳武さんのアメリカ南部色の強いギターをフューチャアして、シンプルなサウンドでやってみました。
 たぶんこの曲の場合は、4リズムでアレンジの「骨組み」だけで演奏しても十分耐えうる楽曲だし、中に潜む面白さがより明快に聞こえてくるのではと思ったからでした。
 また、ところどころはっきりしない仕掛けや、いま一つスムースに流れない部分を整理しました。それにより、各自が「遊びやすく」なったとでも言いますか、より即興的な部分も増えて、個人的にも毎回すごく楽しい演奏になりました。

 m3.愛ひとひら
 元々のアレンジが比較的ジャズっぽいし、セッション向きだったので、今回のバンド・サウンドで無理なく演奏できた曲でした。ですが、細かい部分では修正を加えさせてもらいました。この辺は実際に演奏しながら気づいた点を、皆で話し合いながらじょじょに変えていきました。

 m4.恋の花
 「Angelic」ではそれまでのアコースティック・バージョンを踏襲した形でしたが、今回はオリジナルにかなり近い演奏になりました。個人的にはこのオリジナル・アレンジは良く出来ていて好きです。ただし、このテンポは速すぎる。なっちさんご本人からもテンポを少し落としてほしいとのことでした。でも、あまり遅くしすぎると、このアレンジの良さは消えてしまう、ちょっと微妙なあたりでした。で、今回の演奏になりましたが、4人だけでも原曲の派手さやアジアン・テイストの楽しさはうまく表現できたのでは、と満足しています。

 m5.東京みちくさ
 m2からm4まで、BULGEプロデュースの作品が続いて、そのポップでライトな感覚が心地よいわけですが、続けてつんく氏プロデュース作品となると、その曲調に独特のエグさが加わって、やはり納得させられる部分が多いです。
 割と何の変哲もない、かつてのフォークソングや歌謡曲のような曲ですが、なんとなく心に響く部分があるというか。この辺はさすがだと思いますし、なっちさんの個性にもよく合っていたということでしょう。

 m6.ちょっとずつね。
 そういった意味合いから、続くこの曲もいかにも「つんく」らしい佳曲でしょう。サビの「ちょっとずつ、ちょびっとずつ」「ちょっとずつ 幸せ感を」なんて歌詞はすごく惹かれます。CDでは割とリズムをかちっと強調してAOR色を出していましたが、今回はアコギと生ピアノを生かすように、かなり抑えたアプローチにしました。それで、大人っぽさと危うい心情もより深くなったのでは、なんて思っているのですが。
 
 m7.息を重ねましょう
 「Angelic」では贅沢にもインストでつなぎ曲として使っていたシングル曲でしたが、今回は晴れてちゃんと演奏できました。それにしても、ダンスホール・レゲエ的なリズム・パターンはCDよりもライブの方がより引き立つ気がします。CDバージョンに少々かけていたアグレッシヴさを今回うまく引き出せたのでは思っています。
 それと何度やっても冒頭のドラム・フィルインからピアノ・メロが入るところがたまらんです。ただし、初日の浜松1回目では私が裏表が逆になってしまいヒヤヒヤでした。そういった意味でもスリリングで面白かった?

 m8.さよならさえ言えぬまま
 "スクリーン"とのカップリング曲で、スクリーンの続編とも言える内容とのことで、なっちさんもかなり思い入れを込めた楽曲でしたし、全員にとっても新曲だったので、一番リハを重ねた曲と言えます。
 私の意識としては、"スクリーン"とこの曲だけはCDの世界にそって、キチっとやろうと思っていました。それが、他の曲との違いにもなって良かったのではと感じています。それと会場からの反応は"スクリーン"以上に大きかった気がしました。

 m9.ヴァンサンク(27バージョン)
 ヴァンサンクというのは25のフランス語だそうですが、今回は27歳のニューバージョンをベースにやりました。
 正直この曲は、メロディがあまり引っかからずに流れて行ってしまうし、コードも頻繁に変わるので演奏での変化をつけにくい感じです。しかし、歌い手としては詞の内容をじっくりと聞かせたいという気持ちになる曲なのだと思います。だから、歌のじゃまをしないように、それでいて平坦にならないようにと心がけました。
 だが、もうちょっと何とかなるのでは、とも思います。今後28,29...と続く作品として、次回はより工夫したいとも感じています。

 m10.甘すぎた果実
 この曲はm2の"スイートホリック"とともに、今回いい意味での裏切りとも言える演奏になったのでは、などと勝手に思っています。とりあえず、自分にとってはかなりのめり込んで演奏できた曲になりました。
 CDでのストリングスやシンセなどによるゴージャスな音作りでなく、それらのフレージングを生ピアノ一本に集約し、キラキラしたサウンドを排してザックリした感じになったことで逆に力強さが出てきたとも言え、よりライブっぽかったのではないでしょうか。
 ところどころ、ワルノリして荒っぽくなった部分もありましたが、それより、金太郎飴のように毎回同じような演奏にならなかったことの方が、個人的にはとても好ましいのでした。

 m11.愛しき人
 前曲であまりにも爆発しすぎると、この曲が地味に感じる瞬間もありましたが、やはりジワジワと気持ちが高ぶってくる曲で、なっちのライブには外せない楽曲なんだと思います。
 「Angelic」でやった時に、私が思う以上にファンとご本人との間を結ぶ大切な曲なのだということを実感したので、今回はそういった意識を強くもってのぞみました。このあたりになると、会場のヒートアップぶりは最高潮でしたね。

 m12.微風(そよかぜ)
 本編最後のこの曲は、ほとんど新曲であるとも言えるのでしょう。で、現在のなっちさんに一番ピタっとくる内容なのでは。歌に込める気持ちはもちろんですが、こちらがサビあたりでかなり盛り上がっていても、ちゃんと受け止めてしっかりと歌いこなせているのは、作品に強く共感しているからだと思います。
 イントロ、間奏、エンディングは本来はストリングスなどで豪華に行きたいところを、今回は全てピアノでやりましたが、音の厚みは多少失っても、元々のフレージングとムードはきっちりと再現するように頑張ってみました。

 En.夕暮れ作戦会議
 アンコールはドカーンと行こうということで、選ばれたこの曲は楽しさの極致でした。スプリングスティーン調のロックとも言えるし、モー娘。的ポップでもあるし、いずれにしろ文句なく、皆で盛り上がろうという意図にはピッタリでした。会場中一緒のフリも、こちらから見ていても楽しかったです。でも、演奏面ではかなりの力技で重労働でしたけど。
 エンディングではかなり引っ張りましたけど、どんどん会場からの反応も強くなっていったので、こちらも思わずノセられてしまいました!

 というわけで、「春の微風」というタイトルながら、最後には「春一番」も真っ青の「春の嵐」のごとく燃え上がったパフォーマンスになりました。終演後も興奮冷めずに、冷たいビールを飲み干しながら全員で健闘を讃えておりました。

 2週間足らずの短い時間でしたが、前回以上に濃密な時を経験でき、メンバー・スタッフ共に、満足感とともに次への自信にもつながる明らかな成果を感じられたツアーでした。
 そして、全4ヶ所10公演にお越し頂いたファンの方々には、心よりお礼を言います。本当にありがとうございました。
[PR]
by harukko45 | 2009-02-16 18:33 | 音楽の仕事

安倍なつみin札幌

 安倍なつみさんのライブ・ツアーで札幌に行ってきました。本番の前日に入りましたので2泊3日で、ただ今帰宅した次第です。

 11日はジャスマック・プラザ・ザナドゥでのカジュアル・ディナーショウ形式のライブでしたが、1回目も2回目も大いに盛り上がり、実に楽しい時間を持てたのでした。来ていただいた皆さんには心から感謝です。
 
 浜松、東京と過ぎてきて、今はステージ・サイドもすごくリラックスした状況で、メンバー各自が演奏を十分に楽しんでいるのでした。
 今回のメニューとサウンドの方向性により、とてもバンド的な色合いが強まったことも大きな成果かなと思っています。

 さて、残りは14,15日の大阪2daysを残すのみ。あっという間のツアーでしたが、最後まで悔いを残さず、精一杯つとめたいと思います。
[PR]
by harukko45 | 2009-02-12 14:52 | 音楽の仕事

 安倍なつみさんのプレミアム・ライブ「春の微風」の初日、2日目が無事終わりました。昨日の浜松Space-Kと今日の六本木スイートベイジルに集まってくれたお客さん、ファンの方々、たくさんの声援いただき、本当にありがとうございました。
 おかげで両日ともに、とってもいい状態でライブが出来たと思っています。この後も札幌、大阪とありますので、そちら方面のファンの皆さんもどうぞお楽しみに。こちらもいい手応えを感じておりますので、引き続きどうぞよろしくです。
[PR]
by harukko45 | 2009-02-08 23:52 | 音楽の仕事

安倍なつみツアーRH終了

 昨日で、安倍なつみさんのリハーサルが終わり、7日からはいよいよ4ヶ所10回の本番となりました。今回は、そこぶる順調にリハーサルが進み、私を始め各メンバーも昨年のAngelicツアーを経験しているだけに、ずいぶんリラックスしたムードであります。それが、全体のサウンドにうまく反映されていれば、大成功と言えるでしょう。
 とは言え、本番になればなったで、いろいろなプレッシャーもかかってくるものですから、油断は禁物ですな。

 曲目的には、私にとっては初めての曲も多く、ファンの皆さんにはまたまた興味津々と言ったところでしょうが、それは浜松での初日をお楽しみに。
 それではこれから1週間ほどのツアーですが、会場にいらっしゃる方々には十分楽しんでいただけるように頑張りますので、どうぞよろしくです。
[PR]
by harukko45 | 2009-02-06 00:48 | 音楽の仕事

 今年のスーパーボウル、なかなか面白かった。お互いの持ち味が随所に出てたし、終了間際での逆転、再逆転という展開に、かなりハラハラドキドキしながらの観戦だった。

 結局、残り数秒での再々逆転はならず、アリゾナ・カーディナルズの初優勝はかなわず、復活したベテランQBカート・ワーナーは栄冠に届かなかったわけだ。
 私としては、初めてNFLをテレビで見始めた70年代の印象から、その頃の最強チームだったピッツバーグ・スティーラーズへの想いが強く、今回で6回目の優勝を願ってはいたものの、アリゾナを率いるカート・ワーナーという存在を前に、気持ちはグラグラ揺らいでいた。
 彼は下部リーグやヨーロッパNFLでプレイしながら、スーパーマーケットでアルバイトして生計を立てていたという苦労人。1998年セントルイス・ラムズに入団したが、その時は4番手QBだった。しかし、見事にチャンスを生かし這い上がったワーナーは翌年スーパーボウル制覇という偉業を達成したのだった。
 この時は、彼の「シンデレラ・ストーリー」がずいぶん話題になったなぁ。
 
 でも、その後は再び苦しい不遇の時代が続き、チームを転々とし、若手のバックアッパーに甘んじていたのだが、今シーズン見事復活。それも常に弱小チームだったカーディナルズをNFCチャンピオンとしてスーパーボウルに導いたのだから凄い男です。
 
 さて、とは言え勝負は勝負。地力も経験も上回るピッツバーグがやはり最後には寄り切ったって感じでしょうか。
 QBロスリスバーガーは3年前の初優勝の時に比べると、すいぶん大人になりましたし、プレイに奥行きが出てきました。いざと言う時にきちっと決める「頼れるリーダー」に成長してくれました。それが、4Q残り35秒での逆転TDパスを生んだに違いない。また、そのパスをスーパーキャッチしたWRホームズは、この試合パスキャッチ9回131ヤード達成の大活躍で、文句なしのMVPでありました。

 試合全体の流れは最初からピッツバーグのペース。1Qピッツバーグのオフェンスが好調で最初のロスリスバーガーのTDが認められずFG3点にとどまったのが不運だったものの10点先取。前半終了間際には、LBハリスンのインターセプトからのTDというビッグプレイも飛び出し、17-7でハーフタイムを迎えた段階ではピッツバーグの強さは盤石に思えた。
 
 後半に入っても3Qで20-7で、アリゾナの「らしくない」慎重なオフェンスにがっかりもしていたし、試合はこのまま過ぎるのではと思った。
 が、4Q残り7分にようやくワーナーとフィッツジェラルドのホットラインがつながってTDを決めると、俄然アリゾナ・ペースに。勝負のモメンタムが一気に動いた。それまで、比較的余裕の横綱相撲だったピッツバーグがバタバタしはじめ、反則からセイフティまで献上してしまうという悪い流れ。
 その直後に再びワーナーからフィッツジェラルドへのパスが通り、ついに逆転TD。残り3分切ってました。

 一度は大喜びに沸いたアリゾナ・ベンチだったけど、そんな大ピンチをはね返すピッツバーグの底力、やっぱ凄かったし、目一杯ワクワク堪能させられました。
 とにかく、大混戦の今シーズンそのままに、最後まで目の離せない好ゲームをしてくれた両チームに感謝、そしてピッツバーグ・スティーラーズ、史上最多の6度目の優勝おめでとう!

 おっと、ハーフタイム・ショウに登場したブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドの熱いステージも良かった。密度の濃い、情熱の固まりのようなパフォーマンスを久々に見れて満足でありました。
[PR]
by harukko45 | 2009-02-02 13:54 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる