個人的には、怒濤の7月があっという間に過ぎて行くって感じでしたが、この1ヶ月はいろんな意味でいい時間を過ごすことが出来たと思っております。

 そんな中、仕事以外でも気になっていたこと、それは主にスポーツに関連することですが、やはり昨日、通算3000本安打を達成したシアトル・マリナーズのイチロー選手にはおめでとうと言いたいですね。彼の場合は3000本安打といっても、「当然」「当たり前」と言った気分が支配してしまうので、ちょっと軽く見がちだけど、まだ34才の彼がこんなに早く(15年で!)3000の大台に到達したことはどう考えたって凄いことなんだ。
 ですから、私は後半戦のボストンとのホームゲームあたりから、毎試合録画しつつ注目していたわけですが、当初の予想よりもやや手こずったものの、昨日のテキサス戦での初回、初球であっさりに決めるのを目撃すると、やっぱり大いなる感動がこみ上げてきたのでありました。

 しかしまぁ、せっかくのイチローの記念試合、できればチームも勝って欲しかったのだが、最終回に逆転したまでは素晴らしかったのに、その裏にあっさり再逆転サヨナラ負けを喫するとは、まさに今年のシアトルを象徴するチグハグさ、ドタバタさ加減でしたな。それでも、試合後のインタビューで楽しそうに喜びを語っていたイチロー選手を見れたのは良かったですが。

 さて、今年のシアトルはもうすでに「終わって」おりますが、これからの2ヶ月の興味は、ここまで以上にイチローの個人記録への挑戦に絞られていくわけです。新記録となる8年連続200本安打がまずは最も大きなものだろうか。ただし、今年の彼は、あまりにもひどいチーム状況も影響して、これまでに比べて調子がもう1つなのではないか、との不安はよぎる。それは年齢による影響もじょじょに起きていることだろう。だが、いずれにしろ最後まで見届けたい見続けたい選手であることは変わりない。今後もずっと応援して行く。

 そしてもう1つ、私にとってMLB関連での大きなニュースは、7月17日に発表された野茂投手の引退宣言だった。これはさすがにショックだった。いつかは聞かなければならないニュースではあったものの、やはり実際に耳にするとしばし茫然としたのだった。
 野茂氏はまさに現在の日本人のメジャーリーガーへの道を切り開いたパイオニアであり、実際のパフォーマンスにおいても印象的なシーンを多く我々ファンの目に焼き付けてくれたヒーローだ。特にメジャー1年目の1995年、13勝6敗236奪三振の成績で新人王、奪三振王を獲得したロサンゼルス・ドジャースでの大活躍を忘れることは一生ないだろう。その翌96年、コロラドにおける雨中の試合でのノーヒット・ノーラン達成、その後ボストンに移籍しての2001年にも2度目のノーヒット・ノーランを行い、両リーグでの記録達成はメジャー史上4人しかいない。

 それ以降は、数々のチームを転々としながらの苦しいシーズンが続いたが、今年カンザスシティにて久々のメジャー復帰を果たし、私を狂喜乱舞させたものの、残念ながら結果が出ずに戦力外通告されてしまった。その時点で、今回のニュースはある程度予想できていたのだが、やはり寂しい悲しいニュースには違いない。
 しかしながら、野茂氏が切り開いた偉大な功績を真の野球ファン、スポーツ・ファンはけっして忘れないし、MLBと日本人を語る上での最大の功労者として永遠に語り継がれることは間違いない。野茂選手、本当にありがとう!

 さて、話題は変わってサッカーに。まもなく始まる北京オリンピックに出場するU-23による日本代表「反町ジャパン」は、強豪揃いの過酷なグループに入っており、正直グループリーグ突破は容易なことではない。だが、反町監督が指向するサッカーは、A代表「岡田ジャパン」の「戦略なき、攻撃的と嘘ぶく実は守備的サッカー」とは全く違う、「やりたいことが見える」ものである。だから、私としてはかなりの共感度を持って応援している。
 そして、その彼らが本番の北京を前に、オーストラリア、アルゼンチンと行ったテストマッチでのパフォーマンスは今後の彼らへの期待を大いに膨らませるに十分な内容だったと思っている。
 先月のEUROでも明らかなように、攻撃的サッカーこそが現代の主流であり、結果もその通りに示されているにもかかわらず、我が日本においては時代遅れのサッカーがトルシエ、ジーコ時代を通じて続けられてきた。その結果がドイツW杯での惨敗であったわけだが、そこに本当の意味での「戦術家、戦略家」としてオシム氏が登場したにもかかわらず、そのサッカーが成就することはかなわず、あとを次いだ岡田氏は再び逆行するかのような「和式守備的」サッカーに舞い戻ってしまった。
 私が感じるには、これからの世界標準的サッカーに近いのはA代表ではなく、反町氏率いるU-23の方だと思う。その期待も込めて、本番のオリンピックにおいて強豪相手に果敢に攻撃的なサッカーを展開し、是非とも「番狂わせ」「大物食い」を実現してほしいと思う。
 そう、日本はサッカー界においては「弱者」なのだ。まだまだレベルの差は大きく開いている。だからこそ、卓越した戦術戦略が必要なのだ。その可能性を反町監督には感じる。なので、8月7日のアメリカ戦のキックオフが待ち遠しいのだった。ガンバレ、ニッポン!
[PR]
by harukko45 | 2008-07-31 23:34 | スポーツ

 23,24両日、六本木スイートベイジル139にお集りいただいた多くのジュンコ・ファンの皆様、本当に本当にありがとうございました!おかげで、リハを含め約1ヶ月間に渡るクラブ・サーキット・ツアー2008を大変良い形で終えることができました。
 これもひとえに会場の皆さんの大いなるもり立てなしでは成立しなかったことであります。この場より心からのお礼申し上げます。

 だいぶ年齢層の高い「チーム大橋」としては、ここ最近では珍しい長期間のライブ・ツアーで重労働ではありましたが、バンドとして一緒にいる喜びもたくさん感じられる素晴らしい日々でもあり、今は無事に終了したことにうれしさとともに寂しさも感じている次第です。

 さて、私は明日からは別のライブとそのリハにしばし明け暮れますので、今回の詳細レポに関しては後日改めてということで。とりあえずファンの皆様と支えてくれたスタッフ、そして良き仲間であり素晴らしいミュージシャンであるメンバー、そして何よりジュンコさん、ケンさんには感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
 みなさん、ありがとう!おつかれさまでした!
 
[PR]
by harukko45 | 2008-07-25 02:09 | 音楽の仕事

今日から

 大橋純子さんのクラブサーキット・ツアー・ファイナル、今日明日2日間、六本木スイートベイジルです。もうすでに、毎年恒例でリピーターの方々、このブログにもコメントを寄せてくれている方々も多数集まっていただけることでしょう。こちらもワクワクしています。
 東京公演はいろんな意味で再び初日のような緊張感がよみがえってくるのですが、それもいい意味にとらえ、新鮮な気持ちでのステージにしたいと思います。

 それでは、今日明日お越し下さる皆様、どうぞお楽しんでってください。一緒に盛り上がって、いい夏の夜にしましょう!
[PR]
by harukko45 | 2008-07-23 02:56 | 音楽の仕事

イカとクジラ

 久々に映画を観た。と言っても、ハードディスクに録画してあったやつですが。

e0093608_15225517.jpg で、2005年に公開されたノア・バームバック監督・脚本の「イカとクジラ」を観たのでした。この作品、万人が絶賛するようなものではないと思うが、私はかなり気に入ったし、面白かった。とにかく、監督自らの脚本における人物描写が実に巧みでリアル。ベースにはご本人の子供時代があるようで、やはりこれほどまでに赤裸々に家族の姿を描くのには実体験が絶対必要だわな。
 バームバックは「ウディ・アレンの再来」とも呼ばれているらしく、確かにそれを感じさせる「臭い」みたいなものがある。ブラック・ユーモア、皮肉、諦観を通奏低音に置きながらも、現代のポップ感覚やノリがあるので、観ていて楽しいのだった。と同時にイタイというかコワイというか。(これ以後はネタバレになりますので、ご注意を)

 とにかくとにかく、ダメな負け犬家族の物語。ほんとにほんとにとことんダメな人間達。特に父親は最悪最低な存在だが、妙に憎めない。非常に親近感を憶えた。かつては人気作家だったが、今はスランプで落ちぶれてしまった彼の心情や嫉妬、傲慢、思いやりのなさ、それでいてやけに知識をひけらかして優越感にひたろうとするセコさ、その人間としての「小ささ」全てに共感してしまう、というか「自分に近い」と思ってしまう。

 その父を崇拝し、カフカは凄いと父から聞けば読みもしないで人に吹聴し、ガールフレンドの扱いまで父から指南を受ける長男、結局それも外面だけで中味はナシ、つまり崇拝しているフリをしているだけなのに、自分はそれに気付かないでいる。そしてあげくには、彼はピンク・フロイドの曲をパクって自作として発表する。それでも悪びれた様子を見せない。
 そんな彼の姿は自分にも「身におぼえ」がある。

 母親は唯一成功者のようだが、実は彼女も欠陥人間で、ダメ夫への不満を浮気に求め、子供への配慮にも欠け、デリカシーがない。1人奇行に走る次男は、世の中的には一番危ない存在だが、逆にここでは一番「真っ当な」態度、反応に映る。傷ついた心を素直に表していたのは次男だけだった。

 だが、このどうしようもない家族がとっても身近に感じられるほどリアリティがあったのは、脚本の素晴らしさとともに、役者の巧さもあったと思う。特に父親のジェフ・ダニエルズは大変な好演で、最高にハマっていた。彼は出世作とも言える「愛と追憶の日々」で、デブラ・ウィンガーの夫役を演じたが、これもどちらかと言えばダメ夫で、まさにこの手のものはお得意なのかも。他の3人の家族役の役者さん達も素晴らしい。さすがアメリカの俳優のレベルの高さを感じる。

 で、エンディングでは長男がほんの少し「希望」を感じさせる、そしてこの映画タイトルの謎解きをみせてくれるシーンがあり、それもあっさりと表現するので、ハリウッド的スピルバーグ的にはなっておらず、その辺にもバームバック監督のセンスの良さを感じた。
 だが、それ以上に印象に残ったのは、そのラスト2つ前のシーン。心臓発作で倒れ救急車で搬送される夫が元妻に向かって、「感謝」を言ったり「許し」を請うのかと思いきや、ゴダールの映画「勝手にしやがれ」での主人公の最後のセリフを披露し、それもJ・P・ベルモンドのようにかっこ良く「キマラナイ」という徹底的なダメぶりが、スゴイ!

 そしてラスト前、病院のベッドで寝ていながらも相変わらずの父親の姿を見て、長男はそこからの脱出を決断するわけだが、その父の姿はカフカの「変身」における主人公がオーバラップする。まさに、父親は「虫」に変身した。だが、それでも自分ってものに気付いていない。

 この映画は観ている時は、苦笑の連続で楽しく過ごせるが、終わってからいろいろと怖さを感じるものだった。でも、かなり好き。ノア・バームバック監督はこれからも注目したい。
[PR]
by harukko45 | 2008-07-21 15:27 | 映画・TV

 17,18日のビルボード福岡でのライブを終え、今日帰宅しました。終わった後に、けっして飲み過ぎたわけじゃないんですが、今日はさすがに疲れております。2日間計4ステージ、ぎっしりのお客さんのエネルギーにも後押しされて、どの回ももの凄く盛り上がったし、とても集中した演奏が続いたので、それが無事終わったことで疲れがどっと吹き出した感じです。
 なので、今日はのんびりとボーっとしているのでした。

 それにしても、2005年以来の福岡、ビルボード・ライブのスタッフの皆さんの完璧なサポートのおかげで、大変快適で充実した2日間になりました。それに、何と言っても集まっていただいたお客さん達の熱さがヒシヒシと伝わってきて、とっても感激しました。
 それに応えるべく、我々「チーム大橋」も燃えに燃えたのでした。特に2日目の2ステージ目、つまり最終回は金曜の夜でもあり、会場の熱気がより一段とすごく、ステージ上は相当なハイテンションな内容になり、まさにロード最後を飾るにふさわしいライブになって、メンバー全員が大いなる満足感を得たのでした。

 終演後はビルボード・ライブの方で打ち上げパーティを開いていただきましたが、すでにステージですっかり燃えつくした我々は、若い頃のようなドンチャン騒ぎするわけでなく、ゆったりとした中でじっくりとライブの余韻に浸って夜を楽しんだのでした。

 久々の福岡でのライブにもかかわらず、たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。そして、ビルボード・ライブのスタッフの皆さんにも感謝感謝であります。

 さて、これでいよいよ東京での2日間を残すのみ。ここまでの成果を集大成して、東京公演も大成功に結びつけたいと思います。
[PR]
by harukko45 | 2008-07-19 23:17 | 音楽の仕事

今日から福岡

 今日17日と18日、大橋純子さんのクラブサーキット・ツアーのサード・ウィーク、久しぶりの福岡にうかがいます。かつては「ブルーノート福岡」でしたが、昨年からリニューアルして復活した「ビルボード・ライブ福岡」での演奏になります。

 何だかんだ言っても、ミュージシャン稼業が長い者には、かねてより「北は札幌、南は福岡」というのが心騒ぎ血肉踊る土地でありまして、やはり何かと燃えるもの多いわけです。
 とにかく、2005年3月以来ですから、福岡やその近郊のジュンコ・ファンの皆様との再会も楽しみですし、ここまで好調に進んでいる今回のツアーの勢いをそのままぶつけて行きたいと思います。

 それでは、会場においでくださる皆様、どうぞお楽しみに。盛り上がりましょう!
[PR]
by harukko45 | 2008-07-17 00:00 | 音楽の仕事

 いやーぁ、長かった。でも、面白かった。延長15回、4時間50分の試合、特に9回以降は別の試合って感じで、かなりマジな雰囲気だったものね。結果はア・リーグのサヨナラ勝ちだったけど、両チーム全ての選手を使い切っての大熱戦でした。

 個人的に燃えたのはやはり4回表ナ・リーグの攻撃、プーホールスが打ったライトフェンス直撃のヒットをうまくさばいたイチロー、すかさずセカンドへのレーザー・ビーム! 相手が全力で走ってなかったとはいえ、完璧なタッチアウト。お見事です。3回裏のザンブラーノから打ったクリーン・ヒットとともに、イチローは堂々たる存在感を見せてくれました。

 普段、あまり見る事のないナ・リーグの選手達もなかなか好感持てる存在が何人もいましたなぁ。ただ、どうしても長い試合、それも9回以降は「第二試合目」みたいな感じになったので、後半頑張った選手の印象が強くなる。
 LAのキャッチャー、マーティンやピッツバーグのセンター、マクロースの好プレイぶりは良かったし、逆の意味でフロリダのセカンド、アッグラは10回表のチャンスで併殺打を打ちワンアウト1,3塁をつぶし、裏には2度続けてエラーでノーアウト満塁のピンチを招いた。ここではコロラドのクック投手の踏んばりで大ピンチをしのいだが、13回にもエラーしてはあまり笑えない。彼には悪夢のヤンキースタジアムとなったか。
 ただ、この10回のナ・リーグ内野陣の守りは素晴らしかった。特にショートのテハーダのファーストへの送球にはしびれましたよ。

 一方のア・リーグでは、MVPになったボストンのドリューが素晴らしかった。7回裏の同点2ランはもちろん、11回のヒット、15回でのしぶとく四球を選んで満塁にしたりと、さすがベテランと言える活躍ぶりでした。
 それと、昨年までシアトルで今年からボルティモアに行ったシェリル投手が、13,14回をピシャっと抑えたのを見ると、何でシアトルはこの投手を出してしまったのかって、ほんと悔やまれるよ、全く!

 地元ヤンキースの選手達(ジーター&A・ロッド)は、今シーズンのチーム状況そのままに低調でしたが、リベラだけが意地を見せてくれましたね。9回10回表のピンチ、いつもながらクールに、それでいて気合いのこもった投球でしのぐあたり、確かに全盛期は過ぎたもののさすがだし、(普段は)敵ながらあっぱれでした。

 さて、思わぬ展開で「お祭り」から「真剣勝負」になった今年のオールスター・ゲーム。リラックスしながらも、十分堪能させてもらいました。
[PR]
by harukko45 | 2008-07-16 16:02 | スポーツ

MLB/前半戦終了

 久々のMLBについてですが、正直私の応援するシアトル・マリナーズはとんでもなく期待を裏切っての最下位低迷、もはや地区優勝もワイルドカードも関係ないポジションなので、大きな意味での興味はかなり薄れております。
 後は、敬愛するイチロー選手の活躍を楽しみにするだけ、とも言える状況であります。

 GM解任に続き、マクラーレン監督の解任はある程度予想していたものの、やはり衝撃だったし、イチローや城島が信頼を置いていた人物だっただけに、彼らへの影響も懸念された。
 特に城島は今や完全なる控え捕手になってしまい、今後の処遇が心配な状態。8年連続でオールスターに選ばれたものの、イチローも2005年以来の低い成績であり、シーズン前に目標としていた「前半戦で日米通算3000本安打達成」は11本を残して実現できなかった。

 実際にはイチローは.304、119安打打っているのだから、それほど悪いわけではないのだが、全体として活躍が目立った印象があまりない今年前半だったのは否定できない。やはりチームの思わぬ低迷が彼の精神状態を狂わせたのは間違いないだろう。

 何とか、オールスターをきっかけに、イチロー個人として爆発していってほしい。それを起爆剤としてシアトル全体に活気が戻ってほしいのだ。

 さて、その他の日本人選手達ではやはりシカゴ・カブスの福留とタンパベイの岩村の頑張りが素晴らしかったね。タンパベイは今日で7連敗を喫したものの、強豪揃いのア・リーグ東地区で大きな事をしでかす可能性はまだまだあるし、カブスもナ・リーグ中地区を首位で折り返したのだから、今後も要注目でありますな。
[PR]
by harukko45 | 2008-07-14 16:08 | スポーツ

 10日、11日と大橋純子さんの大阪のビルボード・ライブでのステージを終えて帰ってきました。平日にもかかわらず、名古屋ブルーノート同様にたくさんのお客さんに来ていただき感謝感謝であります。本当にありがとうございました。

 初日本番前のリハでは、ステージの広さや音響面での環境が名古屋ブルーノートでの感覚とはちがっていて、少し戸惑いがありましたが、それもすぐに慣れてステージを増すごとに、どんどん良い仕上がりになっているという手応えを感じました。
 解釈や音色の使い方を多少変えた曲があり、それがよい結果を生んで、全体の流れもさらに良くなってきたと思っています。

 そして、毎年のことですが、ビルボード大阪のスタッフのケアも相変わらず完璧、充実した2日間を過ごすことができました。あらためてお礼を言います。

 そんなわけで、クラブサーキット前半戦は例年と比べてかなり順調でありますが、全体の出来が良くなっている分、個人的にはより多くの課題も見えてきてはいます。来週の福岡に向けて少しクールダウンしながら、もろもろ克服していきたいと思っています。

 それにしても、久しぶりの福岡が楽しみだなぁ。
[PR]
by harukko45 | 2008-07-12 17:53 | 音楽の仕事

明日から大阪

 明日から2日間、大橋純子さんのクラブサーキット・ツアーの大阪編です。ともに大阪ビルボードにて全4ステージをこなしてきます。名古屋でのいい感触を持続しつつ、大いに盛り上がっていきたいと思いますので、会場においで下さるファンの皆様、どうぞお楽しみに。
 
 それでは、会場でお会いしましょう!
[PR]
by harukko45 | 2008-07-09 23:08 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる