残念、悔しい。日本のカー娘代表、チーム青森は3位決定戦でスイスに7-9で敗れ、銅メダル獲得ならなかった。その前におこなわれたセミ・ファイナル、カナダとの激闘に敗れた後すぐに、このゲームにのぞまなければならなかったため、モチベーションとコンディションの維持がむずかしかったかもしれない。
 それは、特にスキップの目黒さんに顕著で、ショットの乱れがずいぶん見られた。前半5エンド終了時で2-8と大差をつけられた時点で、かなり厳しい状況に追い込まれてしまった。
 だが、それでも後半持ち直して、相手のミスにもうまくつけこみ、7-8にまで迫った粘りは素晴らしかったが、やはり格上のスイスはそんなに簡単には逆転を許さない。最終エンド、両チームともにミスがあって、混沌とした展開の中、スイスのショットの正確さが日本を上回ったと言える。

 これが、大会のルールだし、もし日本が昨日のプレイオフで敗れていたら、立場が入れ替わり、逆転3位ということもあったわけだから、安易に文句をつけることは出来ないが、それにしても、再び言うが、セミ・ファイナル敗戦直後に3位決定戦をやるというのは、やはり厳しすぎる気がするし、チーム青森には同情してしまうのだった。
 で、そのセミ・ファイナルは終盤8エンドまでで8-5と王者カナダをリードしていた展開であったにもかかわらず、残り2エンドで相手に同点にされ、延長戦での逆転負けという流れは、ショックが大きかったろう。実際に映像で経過を見れないので、何とも言えないが、この最後の最後での技術・体力・精神力が、世界トップ達と比べて、まだまだ足りないということなんだろう。

 残念だ。不思議なもので、トリノ五輪や昨年の世界選手権のように「世界との力の差」をまざまざと見せつけられた時と違い、今大会では明らかに日本の力がついてきて、強豪相手に互角に戦うことが可能になってくると、見ている方の望みも高くなるし、それがかなわなかった時の落胆も大きい。だから、去年以上に悔しい思いが募るのだった。

 とは言え、世界のカーリング関係者を驚かせた大会後半の快進撃と、それによるオリンピック出場ポイントの大量ゲットは本当に素晴らしいし、大いに拍手を贈りたい。まだまだ若いチームだけに、この悔しさをきっと生かして、今回以上の成長が期待できると思っている。
 そういった点では、今回は「メダルにあと一歩」が最良のポジションだったと考えよう。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-30 15:09 | スポーツ

 今日は午前中からレコーディングだったので、放送時には見れず、帰ってから録画を見始めたら、「対スイス」となっていた時点で、まずびっくり。つまりは、同順位のデンマークとのタイブレイクに勝利して4位を獲得したということ。これだけでも、凄い!
 だが、それ以上に強敵スイス(トリノ五輪銀メダル、世界ランク4位)に対して、堂々の戦いぶり。それどころか、6エンド終わって5-1とリードするなんて、こりゃぁ凄い凄い!
 この時点で、かなりの確率で勝てる流れであると言えた。それに、ここまで来て逆転食らったりしたら、そりゃいかんでしょう。もう、何が何でも勝つんだ、ニッポン!

 だが8エンド、スイスの各メンバーのショット、特に名スキップとして顔も名前も世界に知られたオットーさんのショットの正確度ががんがん上がってきた。そこに、日本はちょっとした油断からか、ミスが出て、それがそのままピンチにつながり、2点を返されてしまった。
 スイスとしては、残り2エンドを1点ずつスティールして、延長に持ち込み1点取っての逆転勝利を狙うという戦法で徹底的にアプローチしてきた。
 これに対して、日本は出来るだけ相手ストーンを排除してクリーンにしていく対応でのぞむ。これが、しつこいぐらい続くので、見ている方はどんどん追いつめられていくような気分になったよ。
 そして、5-4というまさにスイスの望む展開での最終エンド、オットーさんのスーパー・ショットの連発に正直、「ヤバイ、相手はツヨイ」と少々弱気な気分になった。が、この時のチーム青森は何とも飄々とした雰囲気で、開き直ったようにダブル・テイクアウトを狙ってトライしてきた。
 が、これは惜しくも失敗。ナンバー1,2ストーンをスイスが確保したままとなった。この流れでは、同点延長どころか、一気に逆転負けもよぎった。

 ところが、スイスのラスト・ストーン、ナンバー1へのガードを置きに狙ったのに、何と後半になって完璧なショットを見せていたオットーさんが思わぬミス。思惑とは違って、ショートしたストーンはハウス内を確保できず、ガードとしても不十分だった。
 そして、後攻の日本、目黒さんのラスト・ストーンは、相手ナンバー1にヒットして、自らが残れば勝利。だが、もし、スルーしたり、ヒットする場所が悪ければ、それは同時に負けを意味する。

 もう、昨日に引き続き、ハラハラドキドキであったが、さすが目黒さん、これを見事に決めて劇的な日本の勝利。ついに準決勝進出である、こりゃ、凄い凄い凄い!!!

 大会公式ホームページには「Asian Miracle Continues」なんて見出しになってますがね、「Miracle」なんていう言われ方が、ちょっとムっとしますが、ここは明日もカナダを撃沈して中国との完全アジアによる決勝をやってやろうじゃないの。
 こうなったら、当初の目標「プレイオフ進出」から新たなる目標「何としてもメダル・ゲット」であります。明日の準決勝でのカナダ戦勝利をもちろん願いますが、もし敗れても再びスイスとの3位決定戦。まだまだ、道は険しいけど、流れはあるよ、頑張れニッポン!
[PR]
by harukko45 | 2008-03-29 22:43 | スポーツ

 ドキドキしたーぁ。最後の目黒さんのショット、危なくスルーしそうだったから、もう心臓が止まりそうになったよ。しかし、ぎりぎりで中国のナンバーワン・ストーンの端にあたり、うまく外に追い出した。これにより、延長戦での日本の勝利。なんと、この前にドイツにも勝っていたので、7勝4敗で、デンマークとともに4位となったのでした。

 この勝利は大きかった。勝てば、4位の可能性があり、タイブレイクに進む事ができ、負ければ8位になってしまうかもしれない状況だった。それに、相手中国は今大会絶好調、いきなり強豪国の仲間入りをした感じで、最終的には9勝2敗でカナダとともに首位となったわけで、今日見ていてもショットの正確さといい、攻撃的な戦略といい、かなりの手強さでありました。

 とは言え、日本は比較的やり慣れている相手のせいか、終盤さしかかるまでは完全に日本のペース、5エンドで見事に3点奪取したあたりでは、これはしてやったり!って感じのゲームコントロールぶりだったのに、8エンドから3回続けてスティールされて、延長戦に持ち込まれたのは、ガックリだったし、非常に不吉なムードでありました。
 そして、11エンドでの攻防は攻める中国に守る日本、といった構図で、胃がキリキリするような展開でありました。どちらが、耐えかねてミスをするか、という流れでもあったのだが、日本はファーストからサードまで、ほぼ完璧に相手のガード・ストーンを処理し、最後のスキップ対決にまで持ち込んだ。
 そして、まさにスキップ同士の一騎打ちにおいて、中国のドローに対しての日本のヒットという勝負になった。後攻の日本の方が一応は有利ではあるが、勝負の決まる最後の一投というのは凄いプレッシャーとの戦いだ。だがら、ほんと、ドキドキでしたよ。テレビ見てても腰が浮いちゃいますよ、マジに。

 あー、でもとにかく勝ってよかった。勝負が決まってから、メンバーが大喜びで抱き合っていた気持ちはよくわかります。ギリギリの勝負の連続でしたし、この1勝が今後の展開に(この大会の結果のみならず、次回オリンピック出場のポイントにおいても)、いかに重要なものだったか。チーム青森、素晴らしい戦いぶりでした。さぁ、これでもう1つ上のステップに向けて、タイブレイクで是非ともデンマークに勝って欲しい。頑張れ、ニッポン!
[PR]
by harukko45 | 2008-03-28 16:50 | スポーツ

U-23日本1-1アンゴラ

 おいおいおい、昨夜のA代表よりも全然面白かったじゃないか、U-23の試合。相手のアンゴラ、昨日到着で、コンディションは良くなかったようだし、ちゃんと調整してくればこんなもんじゃないかもしれないが、それでも、ドイツW杯のメンバーと今年のアフリカ・ネイションズ・カップ・ベスト8のメンバーで組まれたれっきとしたA代表なわけで、そのチーム相手に1ランク下の世代の代表がここまで良い試合を見せてくれるとは、うれしい驚きでありましたよ。

 試合開始早々から、梅崎、長友らが活発に動き回り、早いパス回し、両サイドへの展開、どんどん追い越してゴールに向かう形など、チーム全体が連動していて、実に良かった。最前線のFWの二人も献身的プレスと裏を取る動きが何度もあって、効果的な攻撃の形を見せてくれた。
 それに、守りに入った時の切り替えも早く、全体を通して日本の方が圧倒的にポゼッションが高かったし、3バックのディフェンス・ラインもすごく安定していた。

 そういった、徹底したチーム戦術は後半に入っても変わらず、それが後半8分の豊田のファイン・ゴールに実を結ぶ。その後も、梅崎に代わって投入された19歳香川も良い動きで、再三観るものをひきつける好プレイを連発、だからといってチームとしての戦いは崩れることなく、終始一貫したチーム・サッカーをしっかりと提示してくれた。
 これは、昨年までのオリンピック予選を勝ち抜いた時のメンバーがずいぶん抜けているにもかかわらず、昨年からの戦いぶりの継続と進化を見せてくれたものだし、それを人が代わっても出来るということ示してくれたことが素晴らしいし、実に頼もしい。

 反町監督、見直した!昨日の岡田ジャパンが最低だったから、余計に輝くところもあるが、それでも、監督としての成長、充実は明らかだろう。親善試合で、観客も多くなかったにもかかわらず、選手達のモチベーションを高くキープし、新たな選手を試しながら、組織の精度アップと個人の魅力も生かした采配は素晴らしかったと思う。

 もちろん、後半31分にミスから同点にされたのはいただけなかったものの、それでも今後に期待が持てるような試合ぶりであったと思う。
 今日活躍した梅崎、香川、長友、豊田といった新しい力の登場で、これまでのレギュラーだった本田、水野、家長、柏木、平山、内田、安田、といった面々も安心してはいられなくなった。いい競争が夏のオリンピック本番まで続いていきそうだ。
 反町ジャパンの今後が楽しみになってきたし、迷走するA代表にも大きな刺激になってほしいものだ。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-27 22:54 | スポーツ

 昨夜の不甲斐ないサッカー日本代表を見た後だけに、チーム青森の戦いぶりには心から応援したくなる。
 で、勝負は延長戦でカナダに敗れた。スコア上では3点差ついているが、内容的には目黒さんの最後のショットがスーパーに決まっていれば、日本が5-4で勝利していた。
 とにかく、世界ランク1位で、誰もが認める強豪カナダを、あと少しまで追いつめた事実に大いに拍手を贈りたい。そのぐらい、試合そのものは日本のペースであり、最終エンドのピンチを見事に乗り切って同点で延長に持ち込んだ粘り強さも素晴らしかった。

 そして、その延長11エンドでも、途中までは流れは日本で、1点スティールしての勝利がかなりの確率で見えていた。が、カナダ・サードの2投目、日本の2つのガード・ストーンにより狭くなっていたセンター・ラインを滑り込み、自分達のストーンをかわし、日本のナンバーワン・ストーンをヒット、そのまま横にロールして、自分達のガードの後ろに隠れるという、超スーパー・ショットが決まった瞬間に、大きく形勢は逆転した。さすが、カナダである。溜息が出た。

 ただ、最後のスキップ対決でもまだ少し可能性があったわけだが、やはり相手スキップのショットは正確で、目黒さんのラスト・ショットには大きなプレッシャーがかかったものと思う。で、これはナンバーワンには届かない位置で止まり、万事休すとなった。
 うー、もちろん選手達は悔しいだろう、あとちょっとのところで大大金星を逃したのだから。だが、見ている私には、これぞ「ナイス・ファイト」「ナイス・ゲーム」として満足感が得られたし、彼女達の健闘を讃えたい。

 たぶん、この惜敗(こういうの惜敗と呼び、昨日のサッカーは1点差でも惨敗である!)はチーム青森にはそれほどマイナスにはならなかったようだ。今日の2試合目、スコットランド戦では相手が絶不調とは言え、7-2での完勝だった模様。見事に5勝目をあげた。
 さぁ、後残すは中国とドイツの2試合。何としても、連勝してプレイオフに進出してもらいたい。頑張れ、日本!
[PR]
by harukko45 | 2008-03-27 17:32 | スポーツ

 まったく、どうしようもない試合。バーレーンのどこがタフだったのか?日本が全然ダメだったから、負けただけ。そもそも、あんなハンドがらみ(と同時に川口のパンチングもミス)の失点する前に2点3点取っておけばいいわけで。
 だいたい、先発の布陣は何ですか?3バックでの岡田ジャパンってずいぶん懐かしい、フランスW杯ですか?
 左ウィングに起用された安田は、正直親善試合かなんかならともかく、こういった真剣勝負に使うのはまだまだ不安だ。で、彼を使うからには、左サイドで果敢に攻め上がって、相手をウンザリさせなきゃならないが、残念ながら安田が効果的にサイドをえぐったのは1,2回あったかどうか。それにディフェンスに回った時は今野と安田の左サイドでは身長が低くて危なっかしい。
 中盤で、ボールをコントロールする役目は中村憲のみだったらしく、その大役に荷の重さを感じさせる彼は、バタバタと動き、あまり意図の感じられないスルー・パスをくり出しては攻撃を自滅させていた。
 おまけに山瀬は、このところの代表戦でのゴールに気が大きくなっていて、頭の中はフィニッシュのことばかりだったか?彼が効果的にボールに絡むシーンを思い出す事ができない(そもそも、キャラが大久保とかぶるのだ!)。
 それに、大久保と巻は全然前線でキープできないんじゃ、いてもいなくても変わらない。

 そして、思ったのは、「考えて走るサッカー」はどこへ?「人もボールも動くサッカー」はいずこに?
 プレー・スピードもパス・スピードも可もなく不可もなく、サイドにボール散らすこともあまりなく、裏を取る動きも目立たず。全く持ってしょうもない前半。

 当然、後半は開始から安田に代えて遠藤を投入、またそれでも変化なければ大久保に代えて玉田となるだろうと思った。が、ベンチがすぐに動くことはなかった。これが時間の無駄遣いだったよ、イライラするー!
 でもって、後半11分にようやく遠藤投入(しかし交代は安田でなく山瀬、オイラにゃ?)、そしたら、やっとこ中盤の動きが「らしく」なってボール・ポゼッションの高い日本の攻撃が見え始めた。何で、最初からやらんの?中村憲だって、遠藤がいる方が全然動きやすそうになったし、全体に落ち着いた。
 駒野も効果的に上がるようになって、こういうサッカーを常に展開することが「観る人を幸せにする」んじゃないのでしょうか?

 しかしですね、そもそも中盤の厚い布陣でのぞんでいるのが今回は完全に裏目に出ていた気がする。相手のディフェンスがしつこかったのもあるけど、何かゴチャゴチャした状況に自ら入り込んで、スペースのないところで無理にパス回ししている感じで、いっこうに決定的なチャンスを作れないでいた。
 だから、やっぱりこのところの形であった4バック(今回のメンバーなら、今野、阿部、中澤、駒野)で中盤は遠藤、中村、鈴木、山瀬に2トップで行くのが正解だったのではないか?この形の方が適度なスペースがあり、速いパス交換で前半から相手を翻弄し、サイドバックが効果的に上がっていくことができたのではないか、と強く感じる。それにだいたい、その方が日本らしい戦いぶりだろうが。

 というわけで、問題は実際にはもっといろいろあるんだろうが、とりあえずバーレーンが強かったからの結果でなく、日本がしょうもなかったから、というのだけは正しいと思う。
 まぁ、まだ先があるし、とりあえず最悪2位に入れば次に進めるわけだから、あまり悲観的にはならないでいたい。が、6月までにはもうちょっと良いチームになってくれないとねぇ。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-27 02:10 | スポーツ

 いやぁー、やっと快勝してくれました。とは言え、カーリングという競技はそこまでの過程がいろいろだから、結果大勝しても、見ている間はヒヤヒヤドキドキの連続なのは変わりません。
 今日も3エンドで3点取れるビッグ・チャンスを目黒さんのショットが決まらず、2点に留まった時には何とも落胆しましたし、6エンドで見事3点取って、大喜びした直後7エンドに2点取られるという流れには、少々疲れましたよ。だいたい、7エンドをNHKはカットして点数結果だけ放送したから、6エンドの興奮が、思い切り冷水を浴びせられて、一気に消えてしまいました。

 それにですね、このロシアというチームに日本はどうも今まで苦杯をなめてきている。トリノ五輪での初戦、もつれたあげくに最終エンドで逆転負けを食らったりしてますからね、ランクとしては強豪国ではないにしろ油断ならんわけで。

 しかしながら、8エンドの攻防で2点取り返したのが大きかった。相手のサード、スキップのショットが焦りからか、微妙なところに決まらなくなってきてました。で、9エンドは正直、作戦的にはちょっとリスキーな展開になっていて、相手に大量点を与える可能性もありました。が、最後のスキップ対決で、目黒さんは効果的なショットを決め、ロシアはここでも思惑通りに行かなかった。それだけ、相手にプレッシャーをかけ続けて試合を運べたということでした。

 この快勝はチーム青森にいい効果を生んだようで、続くチェコ戦も勝利。私の願い通り4勝としました。明日は、世界ランク1位のカナダと5位でカーリング発祥の地スコットランド。現実的に見れば、カナダからの勝利はむずかしいが、この大会絶不調のスコットランドからは何とか勝利したいところですな。
 それにしても、中国がカナダまで敗って7連勝とは!驚き。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-26 16:52 | スポーツ

 でもって、「退院にあたって」と題されたオシム氏のメッセージが「らしく」て面白い。

 私は未だにオシム氏が再び日本代表を指揮してくれることを望んでいる一人であるから、無事に退院されたことを心から喜びたいと思っておりますし、すぐに監督復帰は無理でも、何かしら日本サッカーのために仕事をしていただけるようにと願っている次第であります。

 正直、私は岡田ジャパンが不安でありますし、そのサッカーにオシム時代のようなワクワク感がだんだん薄まってきていることに、少々ガッカリしております。もちろん、現実的な戦いによって、ワールドカップ予選を勝ち抜くことが最大の使命ではあるが、世界のサッカーがあまりにも急速なテンポで進化している状況(プレミア・リーグの上位争いが象徴的)で、これからの日本代表はどうなっていくのか、ここにきて先が見えなくなっている気がしてならんのです。

 だから、オシムさんのメッセージの最後にある、「選手たちに大いにプレッシャーをかけて下さい。もっと走れ、もっとプレースピードを速くしろと。そして選手たちが良いプレーをした時には大きな拍手を与えて下さるように」 が、やけに心に響くのであります。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-25 19:29 | スポーツ

 うーむ、勝てた試合だった。相手スウェーデンは確かに強豪国だが、今回のチームは有名スキップ・ノルベリのチームではなく、経験の浅い若手中心。それに、ここまで1勝2敗と「らしくない」不調ぶり。それゆえに、日本は上位進出を狙うために、ここで勝っておきたい試合だったし、勝てる可能性も高かった。
 で、ゲーム全体としては、よく粘って相手に食らいついていったし、中盤あたりはスウェーデンの方がうまくいっていない感じだった。
 ただ、どこかで勝負をしかけて取りに行って欲しかった。どちらかと言えば、ずっと相手ペースで流れを自分達に引き寄せるまでは至らない感じだった。
 だから、最終エンドの最終ショットで決められてしまう展開になってしまったわけだ。結局、いろいろ粘っても、最後に1点取られてしまえば終わりなのだから、そこまでのどこかでアグレッシブな作戦が必要だったよ。

 それと、全体的にショットの正確性が低かったのも致命傷でした。それはセカンドの山浦さんとフォースの目黒さんに目立ったわけだけど。
 それでも、前半はうまく立ち回って相手の方が焦っていたようにも見えたし、付入る隙はあった。なのに、あまり変化なくズルズル行ってしまったのが悔やまれる。この辺は「したたかさ」の不足かなぁ。

 で、続くスイスには完敗だった様子。これはまぁ、しかたない。それだけに、このスウェーデン戦はもっと積極的に行って欲しかった。2勝3敗、オリンピック出場へのポイント争いを考えると、今大会は少なくとも5勝はしたいはず。明日のロシア、チェコで連勝といきたい。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-25 16:59 | スポーツ

 金星であります。昨年の世界選手権2位である強豪デンマークに競り勝ったのは素晴らしいです。ゲーム開始から攻撃的に来るデンマークに対しても冷静に対処し、ショットにいま一つ冴えのなかった相手にも助けられたものの、前半は完全に日本のペース。ただし、3点取れるチャンスを2回とも2点止まりにしてしまったのは、もったいなかった。
 なので、中盤5,6エンドで、割とあっけなく逆転された時は、この後の展開に不安を感じたのだが、7エンドからのチーム青森はなかなか冷静で堂々たる戦いぶりでした。

 かなり心理的にもプレッシャーを感じる内容で、見ている方もヒヤヒヤドキドキ、一投一投ごとに流れが移り変わる好ゲームをすっかり堪能しました。そして、何と言っても日本1点リードでの最終エンド。これは、相手もさすがで、同点延長、もしくは逆転勝利をももくろんだ厳しいショットを連続してくり出してきていたが、最後の目黒さんが見事なドロー・ショットを決めての勝利。これは気持ちよかった!

 この勝利はなかなかのものです。この後も強豪揃いだけど、今日のような冷静さと粘りを発揮すれば、これ以上の金星の可能性もあるでしょう。カナダだって、スウェーデンだって、スイスだって穴やミスはあるから。期待しましょう。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-24 17:56

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる