「9月のまとめ」とか書いておきながら、結局は一つ一つについてウダウダ書いているなら「まとめ」じゃないですねぇ。いやはや何とも。

 22日から24日にかけて、大橋純子さんの仕事で日本最大の客船「飛鳥Ⅱ」に乗り込んで、クルージング・ライブをおこなってきました。何しろ世界一周しちゃうやつですからね、その船内の凄さは想像以上でありました。それに実に快適でした。
 下世話な言い方しますと、中に入っちゃえば飲み放題食い放題(アルコールと炭酸飲料をのぞく)でありまして、スパとサウナ、プールにスポーツ・ジム、映画館にエンターテイメント・ステージなども設備されていて、その気になればかなり楽しめちゃうでしょうね。もちろん、海にずっと漂っていることを苦痛に感じないように、全てがレベルの高いサービスを伴って供せられるというわけであります。

 我々は23日の夜のショウのために乗船したわけですが、その他の時間は普通のお客さん達と変わらないサービスが受けられるので、これはかなりの役得と言えました。
 ですから、22日の夕方に乗船後はすぐに同室であったロクさんとともにビールを飲み、それからジュンコさんの部屋でシャンパンをいただき、その後メインダイニングでのフランス料理を堪能したあげく、マジックによるイリュージョン・ショウを鑑賞、そしてライブ・バンドの演奏付きのバーで飲んだ、というのが初日の流れ。

 続きまして、23日は少々酒の残る私でしたが、ロクさんに叩き起こされて(?)9時前から朝食バイキング、10時には必ずおこなわれる「避難訓練」に参加し(各部屋でライフジャケットを装着して、指定された救命ボート前に集合、点呼を受けた後、もろもろの説明を受けたのでした。)その後スパに行って温まっておりましたら、我らのスタッフであるアラタさんのご指導の元、サウナの正しい楽しみ方を勉強し、おかげで体も酒もすっきりした私は、そのまま昼食へ。これはメインダイニングで笊ソバ御膳をいただき、ちょっと食休みをかねてプールサイドでのんびりしたまま1時間ほど熟睡、目覚めすっきりでそのまま2時からのケーキ・バイキングで甘味とコーヒー・タイムというわけで、なかなか忙しかったなぁ(?!)
 
 遊んでばかりじゃいけません、3時半頃より前日イリュージョン・ショウがあった会場でリハーサル。いつもと違って4リズムのみの編成ですが、すでに正月のサンフランシスコで経験済みですし、クラブ・サーキットで十分こなれてきたレパートリーですので、それほど不安はありませんでした。ゴトウさんがいないので、「時代」でのソロ・パートのやりくりと「地上の星」のノリの確認が主なポイントでした。

 そして本番、リハの時にちょっと感じたモニターの物足りなさは解消されて、とても気分よく始めることができました。こういったことはお客さんが入ることで状況がずいぶん変わるわけです。私はサンフランシスコでの雰囲気を思い出しました。あまり大きな音量でがんがんやるのでなく、各自適度に抑えて、他のメンバーの生音を感じながら演奏していきました。なので、ステージ上のサウンドはとてもナチュラルな響きになっていました。
 それと、4人という編成が個人的にはとても好きです。オリジナル・アレンジのすべては再現できないのですが、その分スペースが生まれ、スペースが出来るとそこにタイミング良くしかければ他のミュージシャンも反応し、それがカオスをも生み出す。また、カオス化したものも人数が少ないので、すぐにバランスを取ることが容易なのです。
 だから、音楽にその場その場の即興的でイキイキした表情が加わる可能性が広がるのでした。ただ、音楽としての安定感や充実した音圧感は必要なので、ポップスの場合この4リズム(ドラム、ベース、ギター、キーボード)という基本体勢がやはり最もしっくりくると感じます。

 私の手の調子はかなり良くなっていましたが、一応テーピングして臨みました。これも3回目になるとずいぶん手慣れてきて、演奏中に問題はなかったです。でも、気がついたのはやはりジュンコさんの本番が一番指の運動量が多いのだなということでした。2ステージあったせいもあるでしょうが、終演後は少し指に違和感を感じたので、すぐに湿布しました。
 でも、気分はとても充実して良かったです。なぜなら、ジュンコさんをふくめた5人のパフォーマンスが、とてもしっくりと落ち着いていて、それでいて手慣れた曲でも常にトライする雰囲気に満ちていたからでした。たぶん、いつもと違う編成による新鮮さもあったと思いますが、大袈裟でカッコつけて言うと、「自由でありながら、しっかりと組織化されていた」バンド状況だったのでした。
 だから、音楽が豊かに感じた、それが演奏後の充実感を生んだ、という具合です。

 さて、終演後にかなり遅い夕食は、この日のメインダイニングで供せられたイタリアン・ディナー、それもゲスト・シェフとして乗船されていた有名店「アルポルト」の片岡氏によるものでした。料理だけでなくワインのチョイスも片岡シェフによるもので、これまた贅沢なことでありますなぁ。
 前菜の生ハムと果物の組み合わせが大変美味しく、オープニングとしてのインパクトも十分で、後への期待も膨らみました。続くトマト・ベースの冷製スープは逆にとても抑えた味で、トマトの素朴な味わいが良かったです。
 ただ、つづくペンネは味は確かに美味しかったですが、トマト・ソースだったので少々家庭的な感じがしました。もうちょっとびっくりさせてくれても良いかな?
 とは言え、次の魚は良かった。イタリアンではプリモのパスタが絶品で感動するのにセコンドの皿がシンプルな味付けでちょっと腰砕けするというのが多いもの。しかし、この魚料理はソースに工夫があり(ハーブ?だったか、もう忘れてる/思い出した!バルサミコを効かせたソースでした。)、とても満足しました。
 えー、この魚が良かったので、つづく牛ほほ肉の煮込みはまぁまぁってところかな。デミグラス・ソースが普通のものとはひと味違うとも思いましたが、高らかに歓喜のファンファーレを鳴らすってところには至らなかったか。たぶん、通常のお店ではよりアグレッシブな料理も用意されているのでしょうが、今回のシチュエーションではどのようなお客さんも安心して楽しめるメニュー構成になさったのでしょう。でも、お腹は一杯になりました。これはとても大事なことです。いくら挑戦的な料理であっても、お腹の空いた客を満足させなくちゃ意味ないですから。

 でもまぁ、仕事した後にこれだけの高級ディナーを堪能できたのだから、それだけでも有り難いと思わねば。

 翌朝もロクさんとともに和朝食をしっかり頂いて、無事10時に横浜港で下船いたしました。いやー、いい仕事だったなぁー!!
[PR]
by harukko45 | 2007-09-30 17:39 | 音楽の仕事

 20日は、前にもリハの様子をお伝えしたタケカワユキヒデさんプロデュースによるブルークローバー・チャリティコンサートの本番でした。久々の新宿厚生年金ホール、気持ちよかった!
 とにかく、このホールには若かりし頃から何度となく通ったものです。ジャズやフュージョン、ポップスのコンサートのお客としてです。憧れの外国人アーティスト、ミュージシャンの歌や演奏をまさにかぶりつきで観ていたものでした。特にジャズにはまりまくっていた時にはこの新宿厚年と浜松町の郵便貯金ホールと渋谷公会堂には本当によく出掛けて行った。あの頃は小遣いの全てをジャズのコンサートに費やしていた。ビル・エバンス、ハービー・ハンコック、キース・ジャレット、マッコイ・タイナーからセシル・テイラーにアート・アンサンブル・オブ・シカゴ。ウェザー・リポートやスタッフ、ディヴィット・サンボーンとアル・ジャロウの競演は新宿だったか?ウェザーは渋谷だったか?

 まぁそんなわけで、そういう場所にはある種のワクワク感ってものが漂いますね。それも伝統や歴史ってものなんでしょう。私は他のメンバー同様、午前中の9時半から入って楽器搬入をしてましたが、実はその前日まで打込みの仕事をずっと続けていて寝不足が続いていたのに、何となく高揚感が感じられて意外と元気でした。これも場所の気の影響かもしれません。

 さて、コンサートの中味は始まる前から思っていたとおり、とっても素敵な内容となりました。タケさんの呼びかけに応えて集まったアーティストの方々が素晴らしい人達(渡辺香津美さん、鈴木康博さん、尾崎亜美さん)だったので、当然の結果とも言えますが。
 また、私達バンドのメンバーも気心しれてツボのわかり合えた仲間だったので、大変楽しかった。それに、ドラムのウエちゃんは香津美さんと、ベースのロクさんにギターのオッサンは鈴木ヤッサンと、そして私は亜美さんとそれぞれ旧知だったので、何とも和気あいあい、それでいてアーティストへのリスペクトの思いもちゃんとあり、全体に誠実な空気があふれていたと思いました。
 これって、こういったいろいろなアーティストが会する現場では、極めて珍しいものです。

 特には私にとっては、尾崎亜美さんは特別な存在です。正直、尊敬とともに緊張を感じる相手なのです。つまり簡単に言えば、今でも「頭の上がらない」人だということです。それは、作曲家、歌手としての素晴らしさもありますが、それと同時にピアニストとして大変素晴らしいのです。彼女の美しいタッチと音色の良さ、リズムの良さは昔から変わらずでした。ミュージシャンのレベルという点において、いわゆるテクニック的なものは練習すれば身に付きますが、例えばピアノにおけるタッチの良さやそれによって生み出される美しい音色に関しては、それこそ才能の違いというものをまざまざと見せつけられるものだと思っています。
 そして、彼女が作り出す音楽世界は全く変わらずに高いレベルでキープされていました。パートナーである小原礼さんの素晴らしさもあって、かつてよりも柔らさや大らかさも獲得しているとも感じられました。でも、ベーシックに存在している音楽性は昔と同じように豊かなものでしたし、そのパフォーマンスはまさに「完璧」であったと思ったのでした。

 また、最後に全員でやったビートルズ・ナンバー5曲は、普通ならただのセッションで終わりそうなものが、今回はかなりきちっとそれぞれの色合いを生かしていたのでした。この辺の構成はタケカワさんの大ヒットではないでしょうか。それ以外にも、タケさんはパフォーマーとしてよりもプロデューサー、企画構成者、司会、盛り上げ役として大奮闘でありましたが、たぶん同じメンバーであっても彼が仕切っていなかったら、このように明るくて音楽の楽しさを感じさせるものにまとまったかどうか。
 私としては、タケさんのリーダーシップの素晴らしさをまたあらためて感じることができました。常にどんな状況でも、彼のバックで演奏することに喜びを感じられるのは、やはりタケさんの人間性から来るものも大きいとも思いました。

 なので、タケカワさんの曲は出来るだけよく聞かせたいと、思い入れを強くしているのですが、今回はちょっと物足りなかったかもしれません。正直、せっかくバンドで臨んだので「ガンダーラ」も「ビューティフル・ネーム」もやりたかったし、最近の曲でも良いのがあるし。
 まぁ今回は全体をまとめ役としては、しかたのない状況であったかもしれません。今後、もしこのような企画が続くようになれば、その時にはもっとタケさん自身をフィーチャアするようなことも可能となるでしょう。

 それから、ドラムの植村君が子供時代にアニメの「999」のファンであり、実はタケさんやゴダイゴに特別な思い入れを持っていたというのも驚きでしたね。なので、最初のリハの日に、タケさんに挨拶をするウエちゃんの「純真」な表情が何とも印象的でありました。
[PR]
by harukko45 | 2007-09-30 05:23 | 音楽の仕事

 ずいぶん更新をさぼっておりました。正直、昨日までの今月はいろいろ難しい毎日でした。とにかく大きかったのは、右手の小指を痛めたこと。一時は鍵盤をおさえるたびに痛みが走り、ちょっと普通に演奏するのは無理か?とも思い、大変落ち込みました。
 結局は弾き過ぎや、もろもろの疲労、加齢?による腱鞘炎ってところでしたが、こういうものはほとんど職業病なので、たぶん一生直らないし、うまくつき合っていくしかないのです。それでもこれ以上悪化させるのはまずいので、すでにリハーサルの終えてしまった3本のコンサート以外の近々のライブ・スケジュールを、すべてキャンセルさせてもらいました。これにより、いろいろな方にご迷惑をおかけしました。JabBeeシゲルさん、MAKIさん、Seemaさんにはこの場からもお詫びしたいと思います。

 そういったおかげもあり、その後右手への負担をさけ、アイシングや湿布等でかなり改善されていきました。そして、コンサート本番では女房殿のテーピング技術で、ほぼ普通どおり違和感なく演奏できるようにもなったのでした。とは言え、演奏後はアイシングやら湿布でフォローしておりました。

 さて、その今月あった3本のコンサートはそういった自分の状況もあってか、とても記憶に残るものになりました。

 まずは11日、マイラ・ケイさんのヤクルト・ホール。実はこの日が一番不安でした。ケガしてからの最初の仕事でしたし、まだ手の動きも少し不自由でした。それと、普段のライブハウスとは違い、20曲以上の曲目であり、特にコンサート前半ではマイラさんの過去のオリジナル・バラードを中心にしたので、これまでのように「手慣れ」でセッションするって気分ではなかったのでした。
 ですが、この日初めてテーピングでカバーされた右手はことのほか好調でした。当日のリハーサルで、「これなら大丈夫」と思えて、ずいぶん気持ちも楽になったのでした。
 なので、問題だったバラード中心の前半はとても集中しながらもリラックスした演奏が出来、大変満足しました。
 全体のリハーサルが少なく、細かいところを煮詰めきれていなかったのが、逆にメンバー間にいい緊張感を生むことになったと言えるかもしれません。また、本番日に初めて合わせたブラス・セクションの3人もよく頑張ってくれました。
 
 そして後半、ドラムスに村上"ポンタ"秀一さんを迎えてのモータウンやアレサなど、おなじみR&Bコーナーでは、いつものライブハウスをコンサート会場に拡大したって感じで、かなりの「やり倒し」状況でしたね。ところどころリハ不足がたたって混乱したけど、それでもぶっちぎってまとめられたのは各ミュージシャンの頑張りが大きかったです。
 個人的にはポンタさんと初めて演奏できたことはいい刺激になりました。今のポンタさんは極めて落ち着いたドッシリしたビートと小さな音によるコントロールがされていて、そのグルーヴ感に最初はとまどいましたが、こちらがすぐに理解してポイントさえ見つければ、やはり「さすが」と言うノリを生み出していたのには感動しました。

 でも、全体としてこのコンサートを作っていたのはレギュラー・バンドのドラマー、三浦"メザシ"晃嗣さんでした。彼の明るくて的確なビートがR&Bのワクワク感を会場一杯に醸し出したと言えます。こちらもさすがでした。やっぱ、年寄りはどいつもすごいね。

 おまけにアンコールではジョー山中さんが飛び入りで登場、"Stand By Me"をセッションしましたが、これがまた盛り上がっちゃって。うー、ジョーさんのボーカルも素晴らしかった。
 ただ、至極残念だったのは、会場の時間切れで最後の"Proud Mary"(CCR/アイク&ティナ・ターナー)がカットになったこと。これ、すげぇーカッコ良かったのに。実は全員初めてそろったこの日のリハで一番出来が良くて、きっと本番でやれていたら、相当盛り上がったと思った。いやー、返す返すも残念でした。

 さて、この日はもの凄い大雨でしたっけ。楽器の搬出がとっても大変だった。スタッフの皆さんのお力にも感謝でした。それと、無事に終えることが出来て神様に感謝しました。もちろん、満杯だったお客さんのいいオーラのおかげもありますね。そして、何と言っても一人で何から何までこなしたマイラ・ケイさんの奮闘が一番だね。
 
[PR]
by harukko45 | 2007-09-29 18:10 | 音楽の仕事

 来る9/20に新宿厚生年金会館でおこなわれる、タケカワユキヒデさんプロデュースによるブルークローバー・チャリティー・コンサートのリハーサル初日が昨日ありました。参加される4組のアーティストも全員集まって、豪華な組み合わせによる、とても充実感のあるセッションになり、リハでありながら、ずいぶん楽しませてもらったのでした。

 今回出演されるのは、タケカワユキヒデさん+アイ武川さん、鈴木康博さん、尾崎亜美さん+小原礼さん、そして渡辺香津美さん。それぞれのパフォーマンスももちろん素晴らしいが、全員によるセッションがなかなかのもので、思わず盛り上がってしまうわけです。
 バンドの方は、このブログではおなじみの土屋"ossan"潔さん、六川"ma-bo"正彦さん、植村"uechan"昌弘さんに私という、まさに「花のサンフランシスコ・バンド」であり、こちらはこちらでいつもよりロック・テイストの強いムードで臨んでおります。

 これに、ストリングス・カルテットも加わって、より豪華で新鮮な響きが実現しそうです。リハはもう一日ありますが、今から本番が楽しみであります。
[PR]
by harukko45 | 2007-09-05 01:50 | 音楽の仕事

 やってくれました、イチロー!それも、ヤンキース、それも、クレメンスからホームランで200安打を決めるなんざ、さすが千両役者であります。他にも2安打して5打数3安打2打点の大活躍、チームも泥沼の9連敗が嘘のような快勝。これで、ワイルドカードでのライバル、ヤンキースとのゲーム差を1としたわけだ。
 とりあえず、気分も滅入るし元気も出なかった9連敗中をすっかりと忘れさせてくれる勝利でありました。まずは先発ヘルナンデスが、今日は実に粘り強く頑張ってくれた。正直、常にランナーを背負いながらの序盤はずっとヒヤヒヤだったけど、よく踏んばって1失点に抑えてくれた。
 それに応えて打線が奮起、すぐに同点にした後も、クレメンスから追加点を奪い4回までに5-1としてKOした。いやー、気持ちいい気持ちいい。その後も「おやおや、こんなところに出てきて、散々だね」ムッシーナからもダメ押ししての7得点は立派であります!
 そして、このところ不調の続いたリリーフ陣も無得点でしのぎ、最後もプッツがピシャっと締めて完璧な勝利と言えましょう。勝ち方を思い出してくれたか!シアトルの皆さん。

 さぁ、この勝利をバネに、エンゼルス3連敗のショックから完全に立ち直って、一気にヤンキースを叩きのめし、再びワイルドカード首位を勝ち取ってくれぇ!そして、まだまだあきらめちゃいけない、ワールドシリーズへの道。
[PR]
by harukko45 | 2007-09-04 05:15 | スポーツ

 8月の後半は、"ゆっぴ"さんへの高速打込み作業での不規則な生活の影響か、かなりバテてしまった。それでもライブとリハが続いて、少々自滅的に敗戦を繰り返すシアトル・マリナーズと同じような動きになってしまった(マリナーズにはもはやワイルドカードへの奇跡を祈るしかない)。今後は自分のペースってものをまずは大事に仕事をしていかなきゃいけないと強く思ったし、何から何まで頼まれるままやっていくのは、いつか無理が来ると自戒しなくてはならない。

 MAKIさんのライブ後にあった、二つのリハでは成果もほとんどなく、ただただ無意味な時間が過ぎるばかりだった。そして、29日のシーマさんのヴェルヴェット・サンでのライブも本番前までは、ひどく倦怠感を感じていた。
 だが、とりあえず本番になると火事場のバカ力よろしく、気分はだいぶシャキっとしてくるものだ。それと、我々の前に演奏した人達が、それぞれなかなか良いパフォーマンスをしていたので、こちらもちょっと燃えるものも生まれるのでありました。
 とは言え、個人的には結果プラスマイナス・ゼロ的な無難な演奏だったかもしれない。MAKIさんの時にも感じた停滞感と同じものを思ったけど、これはたぶん自分自身の問題で各アーティストや他のメンバーの意識とは違うのだろう。だから、あくまで自分が気持ちを新たにして演奏に取り組んでいけば、自然と聞こえてくる音楽は良くなって行くだろう。

 さて、9月しょっぱなの仕事は昨日、松崎しげるさん、大橋純子さんとともに、汐留コンラッド・ホテルでのチャリティ・ショウだった。これは、俳優の柴俊夫さんらが主催する「柴基金」がおこなったもので、恵まれない世界の子供たちなどへの援助を目的とするものだとのこと。もうすでに何度もおこなわれているらしいが、その主旨に賛同する松崎さんらが無償で集まってのディナーショウである。

 これまではアーティスト達が中心になってのチャリティというものは、欧米を中心にしたものがほとんどだったが、最近では日本でもそういう意識が高まってきたのは素晴らしいことと思う。バブル期にも一時「流行」のように「それっぽい」イベントがいろいろあったが、その実態は「?」というものがあり、その後の不景気時代にはほとんどなくなってしまった。正直、チャリティ・イベントとは、コツコツと続けていく、とても地味で素朴でありながらも強い意識に根ざしていないと本物には成り得ないのだと思う。
 このショウの最後にあった、主催者、支援者、実際に援助活動をされているの方々のスピーチの中で言われていた、「豊かな生活の中から、『ほんの少し』不幸な人々に援助してあげてください。」ということこそが、真実。

 まずは世界の多くは貧困であり、戦争があり、不幸である中、この日本に生まれ出たことだけで幸運であったと、我々は自覚すべきだろう。ならば、我々日本人の抱える悩みや苦しみなど、彼らに比べれば、何と贅沢でチッポケなことか。

 そういった意識に貫かれたショウは松崎さん、大橋さんに俳優でケーナ奏者でもある田中健さん、ソプラニスタ岡本知高さんの四人による大変充実した内容であった。このような一見控えめでありながら、中味のともなった地道なイベントが長く続いていけばと願う次第だ。
[PR]
by harukko45 | 2007-09-02 17:45 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30