<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 28日に、けいこさんのレコーディングがあり、前にリズム録りした1曲にヴァイオリンをダビングしました。これは松崎しげるさんやリナンさんの仕事でも一緒だった岡村美央さんにお願いしました。彼女はジャズ・ヴァイオリンの名手、今は亡きステファン・グラッペリを敬愛していて、アドリブもバリバリできるので、非常に重宝(?!)、いやいや失礼。いわゆるクラシック系だけでない感覚を持っているので、とても面白いプレイヤーでありますね。ピッチもいいしね。

 で、曲の間奏でバンドがジャズ風の4ビートになるところで、華麗なるソロを弾いていただきました。とてもいい感じでしたよ。こちらの予想を超えて、とっても「おフランスな」品のあるソロでした。リズム隊がガサツなオジサンばかりの中に、一輪のバラって感じですかね。それも、3テイクさらさらと弾いてどれも良かったのですが、なかでも1stテイクの完成度が高く、これを選ばせてもらいました。
 実を言うと、松崎さんの仕事の時に宴会で話ている時に、グラッペリが好きだということ聞き、アレンジに生かさせてもらったわけで、それがピタっとはまって私としては大満足でありました。
 けいこさんもグラッペリが好きだったので、非常に良いタイミングでありましたな。乞うご期待です。

 さて、残った新曲2曲のうちの1曲。これは、前に録ってあった私のピアノに土屋さんにギターを入れてもらいましたが、最初はアコギでやろうと思っていたのを、突然むくむく創造力が沸き上がった(そんな大げさじゃないか?!)私は、エレキのバッキングに変更。オッサン得意のジョージ・ハリソン風ロータリー・エフェクトによる「ウニョウニョ」サウンドでダビングしてもらいました。
 この辺はやる前から、良いのがわかっているので楽だなぁ。その通り、期待通りのサウンドメイクで曲に幻想味が付け加えられました。ただ、それによりピアノだけじゃ全体が物足りなくなったので、これまたビートルズの5弦ベースのようなさりげない低音が欲しくなりました。これは、自宅でダビングしましょう。

 そして、最後にけいこさんの最も新しい曲。実はまだご本人は詞がまとまらず悩んでおられますが、とてもいいメロディです。それに、私の作ったオケもうまく彼女の歌声に合って、この後の展開が大変楽しみになりました。リズムは打ち込みものですが、他の曲とのギャップがないように注意して作ったのが正解でした。少々派手にしたくなりそうですが、じっくり取り組んでいこうと思っております。それぐらい大事な曲になるかもしれません。そういう気にさせます。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-30 01:57 | 音楽の仕事

 ほんとにそういう名前なんです。「晴れたら空に豆まいて」、代官山のオシャレなファンションビルの地下2階にある、何とも不思議な名前と空間のライブハウスでありました。でも、なかなか居心地が良かった。珍しくライブハウスにしては、とても和める環境でした。

 ただし、今日の入り時間から本番まではかなり長かった。それで一度気持ちがほぐれてしまったかもしれない。どういうわけか、私は本番ではひどく緊張してしまい、左足ががくがく震えそうになったよ。昔、本当に震えてしまってシンセのボリューム・ペダルがぐちゃぐちゃになったことがあって、その恐怖が一瞬よぎったけど、さすがにもうそこまでダメだめにはならないね。歳と経験は積むもんだ!
 とは言え、自分の考えていたことの半分も出来なかったように思えた。もし、自分の思っていたようなことが出来ていたら、とんでもなく素晴らしかったのに。
 でも、シーマさんはとてもいい歌を歌ってくれた。だから、かえってエゴ丸出しで「オレが、オレが」みたいに弾かなくて(弾けなくて)、結果大正解だったと終わってから思ったのでした。

 なぜなら、いろいろな人から良かった、感動した、とお褒めの言葉をもらったからでした。歌とキーボードだけなのに、いろんな世界を体験できた、と言われて、私は「へぇー」としか答えられなかった。でも、それだけシーマの曲と歌の持つ魅力がじょじょにではあるが、音楽好きの人達に伝わるようになったとも考えられるわけで、やはりそれが一番うれしいことなのでした。

 しかし、シーマとの二人だけのパフォーマンス、ものすごく濃い内容であり、心から共感して取り組める幸せがありますが、と同時に、こういう演奏を毎日やってたら身が持たないかもしれません。それほど、終わった直後はぐったりでした。

 それにしても、新曲としてやった「空洞」、シーマと成川マサノリさんの作曲による本当に素晴らしい曲で、また改めてこのコンビの才能の深さに感心したのでした。そして、彼女と出会ってから約10年近く、今も一緒にやれてこれていることにとても感謝したくなりました。ちょっと今夜は眠れない感じです。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-27 03:27 | 音楽の仕事

 23日にリズムを録った後、24,25の2日間は自宅でダビングと新曲用のオケ作りをしておりました。セルフカバーと未発表曲の3曲を生リズムで録ったわけですが、この出来が面白い。アンプラグド・ロックなムードではありますが、かなり空間のあるサウンドで、それぞれの音も太くていい感じです。
 なので、ダビングといってもオルガンをさりげなく入れておしまいです。それだけで、十分と思われます。

 さて、あと2曲のうち1曲はすでにキーボードの録音は終わっており、これに土屋さんのアコギを入れる予定です。これが一番シンプルな仕上がりになるでしょう。でも、この曲のけいこさんの詞と歌を生かす上では無駄な装飾はいらないのでした。
 もう1曲は出来立ての曲で、歌詞もまだ完全に決まっていないようですが、私の方も少々手こずっております。昨夜やっとピアノの録音が終わりました。この曲のオケ自体は私のみでやるので、もう少し煮詰めないとね。

 というわけで、コツコツと作業をしておりますが、明日はSeemaさんのライブで気分を変えたいと思っております。代官山の「晴れたら空に豆まいて」何じゃそりゃって名前のライブハウスに初めて行きます。Seemaとも9月以来、前回のいいイメージを持って頑張ってきます。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-26 00:52 | 音楽の仕事

 昨日は水越けいこさんの新しいミニ・アルバム用のレコーディングだった。今回アルバムに収録するのは、過去の代表曲のセルフカバー2曲、未発表1曲、書き下ろしの2曲の予定。そのうち、生リズムを入れたバンド編成でアレンジしたものを3曲録ったのでした。

 全体にはアコースティック・ギターや生ピアノを中心にしたアンプラグド的な方向性で、ほぼ一発録りのような仕上がりになるでしょう。スタジオ・ライブのような臨場感で、ダビングも控えめにして、けいこさんの声がよりダイレクトに聴き手に届くようなサウンドを目指したいと思っています。

 メンバーにはおなじみの土屋"オッサン"潔さん(G)、六川正彦さん(B)に、この中では比較的若手(?)とも言える麻生祥一郎さん(Dr)にお願いしました。この人選はなかなか正解でした。特に麻生君は期待以上のムードを醸し出しながら、バンドをプッシュしてくれました。抑えめなアプローチながら、根元にロック魂を持っていて、それが全体に骨太なサウンドを形作ることになったのでした。

 全ての完成は来月になるでしょうが、まずは幸先のいい始まりでした。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-24 10:20 | 音楽の仕事

 姫路市文化センターでの松崎しげるさん、大橋純子さんのジョイント・コンサートはとってもいいものになりました。やってる方がそう感じたのは、半年以上ぶりだったせいもあり新鮮だったのかな、でも、やはり強力に歌がうまい方達とご一緒できるというのは素晴らしい体験です。

 本番自体がずいぶん久しぶりで、本番前の会場リハーサルで再会したメンバーといろいろと確認する、という流れですから、バンド的にも個人的にも実際には少しミスがありましたが、それでも充実した音楽の楽しさの方が勝っていましたね。ある意味、全員が緊張してて、それが本番ではいい方向に出たのでしょう。

 とにかく、お二人のヒット曲に、ジョイントによるスクリーン・ミュージック(大)メドレー(これだけで20分以上ある)、スタンダードにもなっているデュエットによる名曲と、本当に内容満載なので、聞き手にはかなりのお得感があると思うな。

 ジュンコさんとも久々だったけど、この夜は絶好調の歌いっぷりで、エネルギーを感じました。"シンプル・ラブ"における抜けのいい高音がとっても気持ちよかったし、"シルエット・ロマンス"はいい抑制が効いていて、それが格調高い雰囲気になった。
 松崎さんは、相変わらずの軽妙なトークで会場中をすっかり和ませた後、これまた常に全力投球の歌に最後はガツンと感動してしまう。特に、バンドも含め"愛のメモリー"の出来がすごく良かった。私はこの曲ではあまり弾く所はないんだけど、全体の意識が曲へ集中していくのを強く感じることができたのでした。

 アンコールの"Endless Love"は何回やってもいい。これはジュンコさんがとっても素晴らしく、本当に彼女にピッタリの曲であり、ダイアナ・ロスのパートを見事に自分のものとして歌いこなすのがさすがであります。

 さて、終演後は今年最後のジョイントということもあり、地元の高級焼肉店でたらふくご馳走になりました。いやー、幸せ幸せ。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-21 15:11 | 音楽の仕事

 Qちゃんが敗れたのを見た後、荻窪のヴェルヴェットサンに行った。9月にレコーディングしたシンガー・ソングライターのMAKIさんとのライブ。今回は12月のレコ発記念ライブの前哨戦で、私とギターの黒澤大介君との二人でサポートしたのでした。
 レコーディングでやった曲と出来立ての新曲や前からのレパートリーを交えてでしたが、何かあっという間に終わってしまいましたなぁ。まぁ7曲だからしかたないね。最初はかなり緊張してたMAKIさんでしたが、沖縄の三線を弾きながら歌ってから、いいペースになってきました。最後の曲「Unhappiness」では、大ちゃんと私のコンビネーションもいい感じで、リズム隊なしでもかなりファンキーにいったんではないすかね。
 個人的には、まだまだ曲が体に入ってないところもあったけど、とりあえず年末のバンド・バージョンでのライブに向けて、いろいろと煮詰めていきましょう。たくさん来てくれたお客さんに感謝します。

 さて、今週は女性アーティスト週間。MAKIさんに始まり、明日はジュンコさんと松崎しげるさんのジョイント・コンサート。ずいぶん久しぶりやなー。それから、水越けいこさんのレコーディングがいよいよ始まります。そして、Seemaさんとのライブ。これだけ才能ある女性達に囲まれて、私はきっと前世で徳を積んだんでしょうな、ヒャッホー!
[PR]
by harukko45 | 2006-11-20 01:01 | 音楽の仕事

Qちゃん敗れる

 このクソ寒い雨の中、過酷な条件で東京国際マラソンを制したのは土佐選手。高橋選手は30kmすぎから失速して3位だった。土佐さんは素晴らしい仕上がりで、レースに臨んだのだろう。全体をほぼ完璧にまとめて、立派な勝利と言える。かつての「粘り」で勝負、というスタイルから1ランク上にステップアップした強さだった。

 一方の高橋さんは、調整の失敗と認めているようで、足なんかずいぶん細くなっていたし、しぼりすぎてたのかなぁ。それに、予想外の寒さがもろにダメージを与えたようだった。
 そしてすぐにマスコミは「引退」って口にする。でも、見てる一般人の方が、今は引退なんか言うわけないじゃん、って思っているのでした。最近の「いじめ」の過剰報道にしろ、マスコミのステレオ・タイプで単細胞的なフレーズには、そう簡単にみんな乗って行かないってのがマスコミの人達にはわかんないみたい。

 当然、Qちゃんは北京までがんばるさ。彼女はプロだもの。1度や2度の失敗で簡単に辞めちゃってたら、それはアマチュアでしょう。34歳のアスリートはしっかりと今回の負けを分析して、これからの作戦をしたたかに考えてくるはず。イギリスのラドクリフだって、アテネでの棄権という屈辱から昨年復活、おまけに妊娠を発表して、たぶん出産後も走るにちがいない。もう、30代のアスリートが当たり前、メジャーリーグじゃ40代だって活躍している時代だよ。
 もう昔のように、スポーツ選手は若くして終わりじゃないのです。メジャー・リーグなど、精神力と筋力が共に充実してくる30,40代こそ本当の絶頂期だって評価もあるぐらい。ちょっとしたことですぐに悲観的な見方ばかりする我が国のスポーツ・マスコミはほんと遅れてるよ。(それでいてワールドカップの時などは逆にノー天気な「神風」論のように日本の勝利を煽っていたし)

 とにかく、Qちゃんはまだまだ出来る。確かに国内のライバルは強力で苦しい道のりだけど、きっと何かを魅せてくれると信じて、これからも応援したい。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-20 00:24 | スポーツ

 ちょっと前までは私のTV鑑賞意欲を駆り立てていたのは、「ミディアム」のアリソン・デュボアだったけど、今はイギリスの若き熱血社会派(?)シェフ、ジェイミー・オリヴァー。先週までの「給食革命」はほんとにほんとに素晴らしいシリーズだったし、心の底から彼の取り組みには感動させられた。その苦労が実を結び、その後政府をも動かし、イギリスの学校給食は改善への道を進み始めたという。
 しかし、その大仕事と自らのレストランの仕事で、すっかり疲労したジェイミーは、もう一度自分を見つめ直すために、単身イタリアへ出かけて、庶民の食事、料理とその文化を見て回ることに。まぁ、それをTV番組として制作しちゃうんだから、ちょっと出来過ぎでもあるけど、細かいことは抜きにして楽しかったから、許しちゃうよ。

 私も93年に一度だけ憧れのイタリアへ行ったことがあり、彼がなんやかんやと興奮したり、逆にリラックスして心からその土地や風土を楽しんだりしている姿はそれなりに理解できるよ。だって、それほどイタリアって楽しいんだから!
 もちろん、食事がうまい。彼曰く、「誰もが食のエキスパート」の国。それと人生をとことん楽しもうとする精神ね。そういう雰囲気に溢れているから、何気なく町をぶらぶらしてるだけでも、カフェでボーッと人々を見てるだけでも、有名じゃない町の安いトラットリアで食事したって、とっても気持ちよくワクワクして楽しい気分になるのです。

 イギリスのジャンクフードまみれの給食との戦いから一転、とことんスローフードなイタリアでの原点回帰的な料理修行とその旅。シチリアから始まってまずは魚料理で地元の人々に腕をふるったジェイミーも、みんなが食通のイタリア人を喜ばすにはなかなか手こずっていましたな。でも、とにかくもう一度修行していくような取り組み方が好感持てるね。

 とりあえず、しばらくはジェイミーから目が離せないよ。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-18 00:27 | 映画・TV

 15日は、久々にヴェルヴェットサンでJabBeeのライブだった。こういう小さなライブハウスで、アコピのみでやるのも、なかなか楽しい。ずっとシンセいじくってたから、ガンガン行けて気持ちよかったことは確かでした。もちろん、ピアノですから繊細な部分もあってね。やっぱり生の楽器の反応に代わるものはないのだった。

 我々の前にやった、SHIBAさんがアコギ一本でかなり尖ったパフォーマンスを見せてくれ、こちらもかなり刺激になったよ。いやー、SHIBAさん、基本はブルーズなんだけど、そのやり口が暴力的なのがいい!そして、決め所を知っているのがかっこ良くって面白かった。全体に攻撃的なアップテンポものが良かったんだけど、あれで、キュンとしたバラードものも1,2曲あってメリハリついたらそうとう面白いと思った。

 そして、我々の番となったのですが、どうも最初はちょっとSHIBAさんのムードを意識し過ぎ?って感じがして、いつもののんびりした柔らかいノリに今ひとつならなかった。私もガンガンやりすぎたかな。焦ったように突っつかれているノリに全員がなっていたようにも思えた。それと、ちょっと変な言い方だけど、まとまりすぎているところもあって、少し予定調和な演奏にもなりそうだったかも。
 まぁ、これもバンド全体が次のステップに入った証拠でもあるわけで、今までと同じ基準で「良かった」と言えないのが成長の証なのです。明らかに全員が前とは違うアクションやトライをしてきているし、それが成功するか失敗するかに怖がってもいない。かといって、前のようにその場が楽しければ何でもOKでもない。微妙で分かりにくい時期でもあるし、一番面白い時期とも言えるかな。
 
 ただ、後で録音して聴き直してみると、こういう時が良かったりもする。自分の意識では今イチいけてないのに、それでも良かった。ということは、一応あるレベルでは出来てるけど、自分の理想はもっと上と考えていたってこと。だから、やっぱ頑張らねばのー、いやはや。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-16 04:34 | 音楽の仕事

 アジア・カップ予選の最終戦、ここはアウェイでの借りを返すことが、まずは第一の目的。それも2点差以上つけて勝つことで、サポーターは溜飲を下げることができる。で、その目的は達成されたことは喜ばしい。本当なら最後のPKをトゥーリオが蹴っていなければ4-1だったが。高松も遠慮しすぎだよ!

 前半の最初はイライラさせられたが、じょじょにいい展開でパスが回って、両サイドが高い位置から攻撃参加、アレックスと中村憲と1ボランチの鈴木が中盤を制圧して気持ちよく2-0にしてくれた。いやー、ここまでは今年最後に最高の出来の試合になりそうだった。

 が、31分に鈴木の凡ミスから相手に奪われ、DFの人数はそろっていたのに、ご丁寧にペナルティ・エリアでわざわざ倒してしまうとは。いらないPKを与えてしまい、ちょっとガックリ。

 後半立ち上がりからは、再びいい形で前線のポストにボールが収まり、サイドの連携も素晴らしく、後半5分左から今野のフィードに、駒野が走り込みクロス、右から中央にかけ込んで来た加地が絶妙のスルー、そこに飛び込んだ我那覇がびたりと合ってのビューティフル・ゴール!これは最高でした。

 ところが、20分頃から急に運動量が落ち、サウジのパスが回り始める。どうもこの辺からしばらくは防戦一方、山岸・高松を投入するもアップアップな時間が続き、ヒヤヒヤさせられた。もっと強い相手だったらやられていたかも。
 しかし、攻撃が最大の防御とでも言いたげなオシム監督(実際に会見でも言っていた)は、最後に前で走り回れる羽生を投入。これで元気になった日本は再び活性化して攻撃的に。羽生のドリブル突破や高松の反転シュートといい感じが続いての、48分のPK奪取。もう、トゥーリオさん、頼みますよ!それまで、あんたは良かったんだから、最後に自分でぶち壊さないでおくれ。やっぱ、最初からFWの選手か、もしくは阿部や中村あたりに決めておいて欲しいですなぁ。もしも1点差だったらこの失敗は許されませんから。

 とは言え、まずはなかなか楽しくいい試合で勝ってくれてうれしい限り。日本代表には、このいいイメージを持ちながらも、きっちりと危ない部分の修正を意識して年を越していただきたいのでありました。とにかく、悪夢のようなワールド・カップから3ヶ月、じょじょにオシム・ジャパンが魅せてくれ始めた。来年も応援するから期待してるよ!
[PR]
by harukko45 | 2006-11-16 03:59 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる