The Mars Volta/Amputechture

 マーズ・ヴォルタというバンドを初めて買ってみた。試聴してみたら、強力に刺激的だったからなのだ。もう3枚も出していて、この道の熱狂的なファンの間ではかなり神格化されているらしい。知らないものはまだまだあるもんだ。
 
 で、すごく面白いのです。簡単に言えばハードコア・ロックなんだろうが、プログレ、フリージャズ、ラテン・ロック(あるいは哀愁のラテン歌謡?)、アフロ・ビート、アンビエント(時にダブ?)、何でもござれの展開で飽きさせません!
 確かに、ここに70年代のアガパン・バンド時代のマイルスも登場しそうだわ、ロバート・フリップも出てきそうだわ、本当はジミヘンか、それともピート・コージーか?
 実際にはレッチリのメンバーも参加していて、どこまでがバンドなのかはわからないが、ま、そんなことはどうでも良さそうだ。とにかく、「圧倒的なカオス!」との売り文句に偽りなし。それだけでなく、実に壮大な音楽世界が広がっており、なかなか感心したのでありました。

 ということで、すぐにハマるために1st、2ndも聴いております。今のところ、2ndの"Frances The Mute"もいいなぁ。System Of A Downとともに、オジサンも大興奮の強力爆裂サウンド。こういうアルバムが初登場9位(2週目で62位まで落ちたけど)というアメリカの音楽界の懐の広さ深さにも改めて敬服。

 
(右上)1st"De-Loused In The Comatorium"
 
(左)2nd"Frances The Mute"

[PR]
by harukko45 | 2006-09-29 23:41 | 聴いて書く

DJ Shadow/The Outsider

 DJ Shadowの久々の(4年ぶり?)の新譜"The Outsider"は長年のファンの間では賛否両論なのだそうだ。確かに、荘厳なイントロM-1にワクワク期待しながら、続いて始まったM-2"This Time"のやったらめったら爽やかなサウンドに、「ありゃ?」ってなったよ。はぁー、オーケストラも使ってやってみたかったのね、でもこういうボーカルがお好みなのは意外だぁー。これが、彼の考える「メジャーな作り方」なのか?
 だから、この時点では批判する人に賛同しちゃう。が、バッシングの標的となった先行シングルM-3"3 Freaks"は嫌いじゃない、どころか、かなり面白く聴いた。前のアルバムのようなアブストラクトじゃないが、やっぱりただのラップ・チューンじゃない。ベイエリアの[Hyphy]っちゅーの?これ。短いブリッジをはさんでのM-5"Turf Dancing"、M-6"Keep Em Close"と来て、この不穏で怪しい雰囲気のファンクはシャドウならではじゃないか!

e0093608_22331991.jpg とにかく、ヒップホップに詳しくなくとも、DJ Shadowのアルバム"Endtroducing""Private Press"がコアな音楽ファンに高く支持されるのは、彼の豊かな感性から生まれたサンプリング・マジック(ジャンルを超えたごった煮感覚)によって、そのトラック、トラックに深い暗闇のような内面が見事に描き出されているからだ。そして、それは今もなくなっていない。たとえ今回、表面的にはアブストラクトなインストからラップやボーカルものが増えたとはいえ、その裏に流れるものは信用できるし、共感できるものだった。

 M-8からM-10へのダークな流れはタマランよ。相変わらずタイトでシャープで太い(!!)ドラム・サウンドも最高。このあたりは、昔からのファンにはうれしい。そして、M-11からM-14のエスニックなあるいは中世的なムードに、どんどん深く入りこんでいく感じがご機嫌であります。

 さて、そこへM-15"You Made It"で再びオーケストラをバックに爽やかな爽やかボーカルもの。どうもなぁ、好かんです。

e0093608_22333422.jpg で、これまたバッシングの標的2"Enuff"。これ、すげぇー好きだけどなぁ。ノリが最高でしょ。バスドラの感じとちょっとラテン風の「ナメタ」ムードがいいーんだよ。ウヒョー、ア・トライブ・コールド・クエストのQ-Tip懐かしいなぁ、とにかくラッパー二人のノリ方がかっこいいし、シャドウがうまく生かしてると思った。そのままM-17も最高です。ラストのM-18は"3 Freaks"のRe-Mixでより過激にバウンスして盛り上がるのでありました。

 というわけで、私としてはかなり気に入ったDJ Shadowの新譜、しばらくはハマりまくりでしょう。過去のアルバムもまた引っ張りだして聴き直しております。
[PR]
by harukko45 | 2006-09-28 22:25 | 聴いて書く

 ここのところ、だいぶ時間に余裕があったので、本読んだり、CDの新譜を聴いたりしとりました。本は「フラット化する世界」、結構ベタなトレンド本ですな。でも、面白いね。上下巻の長尺なのでまだまだ読み終えるには時間がかかるでしょう。ただ、今が人類史上の大革命期にあることは感じていたものの、こうして改めてきっちり指摘されると、いろんな意味で驚きを覚えるのであります。

 CDの方も、きわめてベタなやつばかり買ってきましたなぁ。そんで、まずはクリスティーナ・アギレラの2枚組"Back To Basics"。
 彼女の原点回帰は二層構造になっていて、一つは子供時代に好きだったという20〜40年代のジャズやブルーズで、それらへのダイレクトなアプローチは2枚目のリンダ・ペリーのプロデュースによる方で示されていて、これはこれでなかなか良く出来ているとは思うが、そのテーマを現代のサウンドとして料理すべく、このアルバムの目玉として選ばれた最重要人物がDJプレミアで、彼の存在によりもう一つの回帰である90年代初期のヒップホップ最盛期もはっきり示されることになったわけだ。

 私はDJプレミアの大ファンであり、90年代初期のギャングスターをはじめとする彼の作品にはかなりハマッタ一人なので、やはりこのアルバムでも注目は1枚目に収められた5曲のプリモ・プロデュース曲となる。で、M-4"Ain't No Other Man"が圧巻にかっこいい!はっきり言ってこれだけで十分ぐらいのインパクトで見事にキメてくれたプリモには脱帽だ。懐かしいのに新しい、プリモのトラックは当時のものを今聴いてもゴキゲンなのだが、その才能の凄さを今回も見せつけてくれました。「いい仕事してます!」って感じね。彼は本当にプロ意識が高い職人だと思う。

 それと、プリモ以外の作だがM-2"Makes Me Wanna Pray"ではトラフィックの"Glad"がサンプリングされていて、おまけに我が愛するスティーヴィー・ウィンウッドもゲスト参加とはうれしい驚き。第2期トラフィックって日本ではあまり評価されないし、この"Glad"って曲、ちょっと前にバンドのライブでやろうと思ったら、他のメンバーに無視されちゃってガックリきた記憶があったのだが、こんなとこで使われて、何と言うかちょっとだけ溜飲を下げるとでも言いますか、「アギちゃん、いいセンスしてんじゃん!」と褒めたたえるのであります。

 その他もすべて手抜きなしの充実した仕上がりで、アギレラの完全主義には恐れ入った。実は最初、その歌のあまりの完璧さが逆に息苦しい気もしていたのだが、何度か聴いていくと、どんどん心地よくなるから不思議。単純に「ウマい」ことはやはり素晴らしいことであり、よく「考え抜いた」テーマとその実践への徹底的なコダワリの凄さ(ジャケット、衣装、メイク、PVなども含め)も絶賛したい。

 来年のグラミーでどのくらい評価されるか今から楽しみじゃ。
[PR]
by harukko45 | 2006-09-27 23:39 | 聴いて書く

 あー、やっと終わりました、仕事ぶっ通しの9月。これで、少しお休みもらえますです。

 でも、最後にかなり重い内容のものが残りましたな。シーマさんのライブで、これまでならバンドによるものだったのが、今回からは私のみ。彼女によるとこの形は「Seema/White」と呼び、残りのギター・トリオによる方を「Seema/Black」となる。正直、こんな中年オヤジになって「白」っていうのは少し恥ずかしいのだが、その色のイメージである「ピュア」さにはほど遠い実生活からは伺い知れないような「無垢な」内面を彼女とともに探求していこうではないか、ということになったわけです。

 実際には、ピアノとボーカルだけで終わってもいいのだが、今回は久々に「1人でもバンド」といったパフォーマンスにトライしたくなり、シンセとMIDIを使い、4本の手足をフル稼働したアレンジにしたのだった。1曲、シーマ自身もピアノを弾いてくれたので、リハの時から二人だけでも多彩なサウンドを出せる可能性を感じたし、本番においてはそれに加えて、バンド形式にはない斬新さも表現できたように思った。(チョットだけニヤリって感じね。)

 ただし、あまり時間が取れなかったこともあり、真っ白なカンバスに一気に絵を描ききったとも言えるかな。それに、初回のライブの緊張感があり、お互いに「もっと出来た」との後悔や反省があるのは確かだけれど、終演後に昨日出来たばかりの彼女の新しいCDが全部売れてしまったということで、こちらが考える以上に自分達のパフォーマンスへのお客さんの反応が良かったことを素直に喜びたいと思うのでした。

 とは言え、神経を使う内容だったので、とても頭が疲れました。終わった直後は呆然としてしまい、誰かに声をかけられても上の空って感じでした。でも、それだけ集中出来ていたのだから当然だろうとも思います。
 この形をもう何回かライブ本番を続けていけば、もっとしなやかでバネのあるものなると感じました。やはり「継続は力なり」です。自分の今後にも期待したくなってきました。
[PR]
by harukko45 | 2006-09-19 03:21 | 音楽の仕事

大橋純子/横浜アリーナ

e0093608_1054332.jpg 昨日は某企業のコンヴェンションが横浜アリーナであり、そのプログラムの一つとして大橋さんのショウをおこないました。
 やっぱり、でかい会場で大量の聴衆というのは気持ちいいもんです。中村あゆみさんのバンドにいた頃を思い出しました。

 ただ、イベントの段取り上、我々のサウンドチェック&リハーサルは朝の7時から、でもって本番は夜の8時過ぎ。私は地元なので、家に戻ったり車の修理に行ったりできましたが、他のメンバー・スタッフは時間を潰すのが大変だったかもしれません。ご苦労様でした。

 とは言え、会場の人々の強力なエネルギーのおかげか、ショウはすさまじく盛り上がりました。我々としてもこれだけ楽しんで踊りまくっていただければ言う事ありません。アリーナが巨大ディスコかクラブに変身したみたいでした。

 その後、この企業イベントのテーマ曲(?)を我々の世代には懐かしい「アニソンの女王」「キャンディキャンディ」の堀江美都子さんが登場して歌いました。実は堀江さんは男性の方と二人で司会もなさっておりました。なので、私はウエちゃんと一緒にそでに観に行ってしまいました。今でも明るいいい声でしたなぁ。
関連
Photographs/横浜アリーナイベントコンサート編

[PR]
by harukko45 | 2006-09-16 13:42 | 音楽の仕事

 昨夜はギターのナリさんこと成川正憲さんに呼ばれて、レコーディングに行って参りました。彼は只今、佐田玲子さん(さだまさしさんの妹さん)のアルバムで何曲かプロデュース中で、その中の1曲を生のリズム隊で録ることになったのでありました。

 曲は淡々としたフォーク調のバラードでしたが、集まったメンバーのせいか少しカントリー・ロック風味のアメリカ南部的色合いが出たかな? もちろん、この後の処理でいろいろ変わってくるでしょうが。私は生ピアノをまたまた野放しで弾かせてもらえました。でも、もちろんバランスを考えてね。
 メンバーは顔を知っているものの、初めて一緒に演奏する人ばかりでしたが、プロデューサーのナリさんの強い求心力でつながっているので、全体に彼の色がちゃんと出てくるのが面白い。ちょっと「ゆるい」感じの生演奏のオケが非常に今っぽい雰囲気でした。

 こういうリラックスしながら、集中していくレコーディングは楽しいです。それとナリさんの強いオーラが刺激的ですなぁ。完成品を楽しみにしたいと思います。

 さて、明日はムッチャ早起きなので、寝るべっと。
[PR]
by harukko45 | 2006-09-15 01:35 | 音楽の仕事

MAKIレコーディング(2)

 先日リズム録りに参加したMAKIさんのアルバム・レコーディングの2回目で録音の最終日。前回は生ピアノがなかったので、デジタル・ピアノで録音した2曲を生に差し替えた。

 最初にやった"光の地へ"はスケールの大きなロック・チューンだが、ノリ的には少しレイドバックした感じのもので、単純にガンガン行けばいいのではないので、すでに入っているOKテイクと溶け合うのにちょっと手間取った。やはり、バンドで同時にやるのとダビングでは、少しニュアンスが変わるからね。ただ、ドラムのガッツ君のスネアのたまった感じのビートがオイシイので、うまく生かしたかった。なので、何回か合わさせてもらってまとめることが出来た。

 場所は池袋のいわゆるリハーサル・スタジオなのだが、今やProToolsとちょっとしたコンソール・ルームさえあれば、ご立派なスタジオなど要らない時代なのだった。生ピアノは小さなサイズのヤマハだったけど、ミキサーの渡辺さんの腕が確かで、前のオケにうまくマッチングしていて、いい仕上がりになった。

 その勢いで2曲目の"La Li La"は1テイクで、数カ所手直ししてOKになった。こちらは早いロックンロール調な曲で、私にはあちらこちらでフィル・インしてもよい、という許可をいただいたので、文字通り弾き倒して参りました。かなり気分よく出来て大満足でした。

 その後、ブルース・ハープとチェロのダビングを待っていたが、ハープのT-Slimさん、渋かったなぁ!見た目はクール・ガイなんだけど、演奏に情熱を感じるプレイヤー。もちろんうまいんだけど、ただそれだけじゃないものを聴かせてくれる人だった。

 そして、最後にMAKIちゃんと二人だけで、1発録りで"消えない沁み"をやった。繊細な曲なので、抑えめにキープするのが大変だったけど、4回目ぐらいやってバランスの良いものが録れたと思う。

 プロデュースの永田君とメインのMAKIちゃんに感謝です。とっても気持ちよくレコーディングさせてもらい充実した時間を過ごせました。さて、残すTD、マスタリングも頑張っておくれませ。完成が楽しみであります。
[PR]
by harukko45 | 2006-09-14 14:16 | 音楽の仕事

 昨日はNHKで「渋谷らいぶ館〜シング・シング・シング」の収録。2本録りの2本目だったので、遅くまでかかりました。とは言え、待っているのがほとんど。演奏したのは2曲だけ。なのに、入りは13時半で音合わせ、カメリハ、本番という段取りであります。
 1本目が終わるまで、テレビで野球見ながら寝ちゃったよ。日ハムと西武、どっちが勝ったのでしょう?

 で、2本目は来生たかおさんと大橋純子さんの競演。お二人はシルエット・ロマンスつながりですが、当然その曲はデュエットされました。でも、それは来生さんバンドがバックをつとめました。私とギターのタマちゃんこと玉川君は、中盤で"たそがれマイラブ"と"My Journey"を演奏したのでした。
 相変わらず、テレビ特有の緊張感はあまり楽しいものじゃないですが、とりあえずうまくいったのではないでしょうかね。オン・エアは10/5頃にBSで夕方6時にあるようです。正確には忘れました。待ちくたびれて疲れましたが、仕事連チャンもいよいよ後半戦、頑張って行くズラ!
[PR]
by harukko45 | 2006-09-13 01:22 | 音楽の仕事

 昨夜はJabBeeのライブでした。よくまぁ、毎日違う音楽を演奏するもんだ、と自分でも呆れますが、これも大いなる神様からのプレゼントと思い、精一杯プレイしなくちゃバチが当たるね。オジサンになると、そういう気持ちが強くなるのでありました。

 さて、今日は小さな箱のヴェルヴェット・サンだったので、キーボードもアンプで鳴らしてステージ上のみでバランスをとってしまった方が良かったかな? 他のメンバーの音が生音のみだったので、ライン送りでモニターから返してもらう通常のやり方が、かえっていつものバンドの臨場感にならなかった気がした。それで、個人的にはいま一つ乗り切れなかった感はあった。
 でも、その分ボーカルのシゲルさんが頑張っていたので、私は出来るだけ支えることを心掛けようとしてたつもりでありました。ただ、名古屋帰りのホットな感じは出し切れなかったのが残念だった。やはり、音楽はむずかしい。

 ただし、客席には先日レコーディングに呼んでくれたMAKIちゃんや、久しぶりに会ったリナンちゃんもいて、なかなか華やかでした!(何に注目しとるのか?!) それには実はわけがあって、ヴェルヴェット・サンの店長でギタリストでもある黒澤君のバースディをお祝いするという目的もあったのだった。おまけに、9月生まれがバンドのガッツ、永田両リズム隊とリナンちゃんと揃ったので、同時に4人(全員知らずのサプライズ)のパーティがライブ後に繰り広げられたのでありました。ひょっとして、ライブより盛り上がっちゃった? ま、たまには良いやね。その後もたくさんの仲間が集まってきて、(黒澤)ダイちゃんの人徳の厚さを証明してるってとこかも。

 また、ジャビー(シゲル)さんのプレゼントが渋かった。4人に、それぞれの生まれ年に発表されたアルバムを贈ったのでした。そのアルバムを選ぶのもなかなか大変だったろうね。でもセンスいいじゃないすか!


 
[PR]
by harukko45 | 2006-09-12 03:18 | 音楽の仕事

 9/9は北海道・札幌で仕事があり、翌10日はそこから名古屋経由で伊勢に向かい、水越けいこさんのバックで「セプテンバーコンサートin伊勢2006」に参加した。セプテンバー・コンサートはアメリカでの同時多発テロをきっかけに9.11の時期に「平和への思い」を託した音楽イベントで、2002年のニューヨークで始まったわけだが、日本でも去年から庄野真代さんを中心に、日本各所でおこなわれて今年が2回目(2006は全国40カ所)。
 去年も水越さんは参加されて東京・文化放送でのライブ・イベントで歌ったが、今年は伊勢のイベントに出演したのだった。

 というわけで、私は札幌・千歳から中部国際に飛び、名鉄で名古屋、近鉄で三重県・五十鈴川まで移動。9時45分の飛行機で出て、会場に到着は2時45分ってとこでしたな。いやはや遠かった!
 そして、落ち着く間もなくすぐに本番、3時半から7曲演奏して終了でした。

 セットリストは
m1.15の頃 2.夏草の道 3.二人 4.海潮音 5.ほほにキスして 6.boy En.Too Far Away

 先日のディナークルーズでの曲に、おなじみの"Too Far Away"を加えての選曲で、短い時間ながら内容は充実してましたね。前回のライブでのいい印象が残っていたので、基本的にはうまく出来たと思いました。
 ただし、私のモニター・スピーカーが接触不良によるトラブルか、音が出たり出なかったりウザったかったですよ。出ないなら出ないで静かにしててくれりゃ良いのに、演奏中に突然出るから驚くのだ! m4とアンコールで、ちょっとイライラさせられたけど、ま、これもよくある事件ですから。

 それでも、最後には気持ちよくまとめることが出来て良かったでした。さて、その後伊勢神宮の辺りを少し案内していただき、あの有名な「赤福」の本店でお茶をいただきました。いやぁー、伊勢ってとってもいい所だなぁ。大人にならないとわからない素晴らしさがありますよね。今度ゆっくり訪れたいものです。
[PR]
by harukko45 | 2006-09-11 00:20 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31