今年の7/30日におこなわれたザルツブルグ音楽祭での模様をNHKが放送した。全然情報を集めていなかったので、「モーツァルト・ガラ・コンサート」と題された内容に、あまり期待もせずに、「どうせ、ムーティあたりが振って、歌手がぞろぞろ登場してサラサラやるのだろう」と高を括っていたら、何と指揮にダニエル・ハーディング登場。放送時間を少し過ぎてからチャンネルをあわせたので、最初に演奏された"ドン・ジョバンニ序曲"の頭を聞き逃したものの、耳に飛び込んだ瞬間に、「おっ!これはハーディングの音」と気づき、にわかに真剣に聴き込むことになった。

 ダニエル・ハーディングは今年2月に同じくNHK-BSで観たエクサン・プロヴァンス音楽祭での"ドン・ジョバンニ"(2002)にすっかりノックアウトされて以来注目していたが、現在ではヨーロッパでも注目の大物若手指揮者として、将来の巨匠への道を着実に歩んでいる。
 今やほぼ主流のような古楽器風というのか、ピリオド・アプローチによる表現で古典を見事に蘇らせて各地で喝采を浴びているらしい。

 ただ、私としてはピリオド・アプローチに関してはどうのこうの言えない(ちゃんと理解はしていない)のだが、そういう表現を売りにする人が多い中、彼の表現はピンとくるものがあって好きだ。少なくともモーツァルトのオペラに関しては共感して楽しめるのだった。

 1曲目から最後までハーディングとウィーン・フィルの結集力は決して崩れず、何とも言えないピュアで深みのある音世界をキープしていた。まずはそれが素晴らしかった。どこにも軽薄さがなく、本場のウィーンでもよく出くわす「サラサラとしたBGM的なモーツァルト」な雰囲気は一切なかった。
 そして彼はテンポの選び方がとてもいい。序曲に続いた"カタログの歌"がまさにそう。また、3曲目の"彼女こそわたしの宝"での頭の美しい弱音の響きにはゾクっとした。

 6曲目の「ティトの慈悲」からの"わたしは行くが、きみは平和に"はメゾのマグダレーナ・コジェナーも素晴らしかったが、実はこの曲は歌手の裏で常に寄り添うように演奏されるクラリネットが大活躍して印象的なのだ。クラをこよなく愛したモーツァルトならではの美しい旋律をさすがヴィーナー・クラリネットで聴くと最高に素晴らしい。
 前半最後にはバリトンのトマス・ハンプソンが登場して堂々たるものだったが、私的にはあまり好きではない歌手。にもかかわらず、ハーディングのさばきが絶妙で、初めて聴いた曲"彼をふりかえりなさい"がとても新鮮だったし、盛り上がった。

 後半は「イドメネオ」からの抜粋だったが、まずは序曲の演奏が素晴らしかった。そのまま、オペラ本編に突入してほしかったよ!キメルところはキメル、歌うところは歌う。モーツァルトの刺激的なオーケストレイションの見事さがしっかりと伝わってきてご機嫌だった。
 そして、11曲目に今注目のソプラノ、アンナ・ネトレプコが登場で"オレステスとアイアスの"を。曲もかなり面白いし、今売れっ子の彼女の妖艶なステージングが楽しかった。
 私は97年にウィーン・シュタッツオーパーで、ドミンゴのテノールによる「イドメネオ」を観て大感激したのだが、今回の演奏を聴いて是非ハーディングによる全曲を聴いてみたくなった。

 さて、最後に交響曲38番"プラハ"。とかく聴き過ぎているこの曲が、これほど新鮮に思えるとは大変うれしい驚きだった。特に2楽章は素晴らしかった。古楽器派特有の早いテンポのアンダンテ楽章(へんな文章?)だが、これだけ歌い抜いてくれれば文句はない。そしてウィーンの音色の素晴らしさをこれほど堪能したのも久々だった。
 ただ、3楽章ではとっても貴族的な気品があったのは良かったが、少し優等生的でもあった。テンポも早い割にスピード感が持続せず、もっとワイルドにエンディングに向かって畳み込んでほしかった。ちょっと偉そうに言うと、ほんの少しだが今の彼の表現の限界のようなものが見えてしまったように思えた。
 とは言え、オール・モーツァルト・プロで最後まで飽きずに楽しめたのは、ハーディングの才能の大きさによるものだと思ったし、私の心配などいずれすぐに吹き飛ばすほどの成長をきっと見せてくれるに違いない。
 まだ、31才のイギリス人。今後も注目していきたいし、ますます楽しみになってきた。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-26 03:46 | 聴いて書く

珍しく高校野球も

 先週末から今週頭まで、シーマさんの新作用に自宅でレコーディングをしていた。2曲あって、ピアノを中心にしたサウンドで何とかまとまった感じ。ちょっと手こずったかな。それで、ブログもずっとお休みでした。

 その間、ちまたでは高校野球が大いに盛り上がった様子。高校野球大ッキライの私でさえ、今年は知り合いの息子さんが鹿児島代表で出場してベスト4まで勝ち上がったものだから、例年より興味深く観戦する日もありました。
 まぁ、でもやはり高校野球はあまり熱くなれません。だいたいヘタです。思わぬミスや信じられない展開があったりするのは、レベルがやはりアマチュアだからだし、そもそも才能ある卵達、特に投手にこの酷暑の中連日連投、それも150,160球当たり前とは。また、勝利のために今の球児達は変化球もたくさん投げておりました(スライダーが勝負の行方を左右してた)。
 なので、早実の斉藤君、苫小牧の田中君のような将来有望な素材も、「投げ過ぎ」による不安を感じてしまうのでした。今はいいですけど、今後日本の野球界からメジャーに羽ばたく可能性のある逸材を一夏の酷使で潰してしまうかもしれない、とずっと思っておる次第です。
 現に松坂選手でさえ、メジャーのスカウトからは「投げ過ぎ」不安を指摘されています。(それでも彼は飛び抜けていますが)

 まぁ、早実にはベッカムが使用していた高酸素治療器(?)があり、それにより斉藤君のコンディションの回復が早かったそうですが、ちなみにメジャーのスカウトは早々に敗退していく選手の中から有望な人材をピックアップしていくと聞きます。やはり、プロの見方は違うのでしょう。

 とは言え、早実の優勝は斉藤君の素晴らしいピッチングによるものでしょう。大いにその内容を評価すべきでしょうし、久々のスター候補の登場に今後も期待したい。
 それと今年は王さんに縁の多い野球界なのでしょうか、WBCに始まり、御自身のガン手術、そして母校の優勝。これで、秋にソフトバンクが盛り上がれば「まさに」王さんイヤーってことかな。

 さて、応援していた鹿児島工、最後は早実に実力を見せつけられて敗退しましたが、とかく高校生でありながら、まるでノンプロかと思うような「出来過ぎ」たチーム(バッティング・フォームが全員一緒だったチームがあったり、やたらといろんな変化球を見せられたり)が目につく中で、まことに「正しい高校生らしい」プレイぶりは印象的でした。監督さんもすぐ泣いちゃうしね。キャッチャーの鮫島君は大型でバッティングがいいし、リード面でもよくやっていた。九州なので、今後「城島2世」の期待もかかる。是非大きく伸びて行ってほしいと思うのでありました。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-24 15:14 | スポーツ

大井競馬場にて

 最近はTCK(東京シティ競馬)って言うのね。で、そのTCKで仕事してきました。馬券買いに行ったのではありません。いわゆる「営業」とも言うべき仕事なんでしょう。レースとレースの合間に息抜きのように音楽の生演奏をお客さんにお届けするって感じですね。
 なので、15分ステージを3回やってきました。レースが終わってお客さんがドヤドヤとコース近くから広場に集まってきて、そこで我々が演奏を始めるのだった。いやぁー、始めての体験で面白かった。

 メンバーは昔から良く知ってる面々で、ギターでバンマスの佐藤誠君、本来はドラムなんだけど今日はパーカッションで前田富博君、それに私のキーボード。
 ボーカルは峠恵子さん。森永製菓のCM最後の「も・り・な・が」コールの声の方です。もちろん、自身のライブ活動もされているし、特にカレン・カーペンターの声に酷似していることから注目されたのでした。「ひとさじの勇気」というヒットもありますね。
 それと最近ではニューギニア探検の本を出版したり、現在はロタ島に住んでらしたり、スキー検定1級だったり、多彩で明朗活発な方でありました。(私は初対面)

 それで、やった曲はカーペンターズの代表曲とスタンダード。各ステージ3曲びしっとやってオシマイなのでした。ステージが終わると、お客さん達は各々馬券売り場に向かうのだった。

 ところで、カーペンターズの曲、実際やってみるとなかなか難しい曲が多いね。"Top Of The World"はカントリー・アレンジだけど、意外にテンポは落ち着いているし、イントロのリチャードのエレピのフィル・インは不思議なニュアンスで面白い。譜面を追ってるだけだと、感じがつかみにくい。
 "青春の輝き(I Need To Be In Love)"もイントロのフレーズがかわっているのだが、帰ってCD聞いてみたらオーケストラによるもので途中でリットしてたりして、ピアノに引き継がれていた。それを全部ピアノだけでやると音域やフレージングが難しかった。それと、サビに微妙に現れる2/4がオツ。
 だが、何と言っても"Close To You"はすごいね。これは、簡単な曲ではありません。さすがバート・バカラック曲であるけど、ここでのアレンジも絶妙です。コード展開も綺麗だし転調も美しい。が、ノリがすごく難しい。バラードだと思ってあんまりゆったりしてちゃ、カーペンターズの雰囲気にはなりません。イントロのピアノは非常に印象的なので、余計に気を使うのだった。その後も初見で譜面見ながらだと、曲が進むにつれて緊張感が増すのだった。いやー、まいったまいった。でも、楽しかったし、刺激的でもあった。リチャード・カーペンター恐るべし。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-19 00:52 | 音楽の仕事

 アジア・カップ予選、イエメンに勝つには勝ったが、何とか勝ったって感じだろう。内容的には前任のジーコ時代のチームが退いて守るチームに手こずっている時と変わらないものだった。特に前半は同じような状況の繰り返しで、正直仕事から帰って録画を見ながら、寝てしまいそうになった。
 とにかく、攻めても攻めても相手DFがいっぱい、苦し紛れのクロスを上げても可能性を感じないものばかり、たとえFWに渡ってもシュートは外れてばかり。実は、見ている時はすでに結果を知っていたので、イライラすることはなかったが、テレビに映るオシム監督の不機嫌さの方に興味津々といった具合だった。

 後半、セットプレイで2点取って何とか面目を保ったが、オシムの選手交代(羽生、佐藤)がずばり的中したと言ってもいいかな。サントスはFKで2アシストだったが、それ以外は前の代表チーム時代を思わせるようなプレイが目立って、ちっともいいとは言えなかったし、遠藤もしかり。要はドイツ組が増えたことで、全体的にも前のイメージに近いサッカーだった。それで、ギリギリの時間で何とか勝利するパターン。
 もし、ジーコだったら「苦しい状況の中、最後まであきらめない気持ちを持って、勝ち点3をもぎとった!」と絶賛するだろうが、今のオシムは試合後の記者会見で、煮え切らないありきたりの質問ばかりのマスコミ関係者に愛想を尽かして、「皆さんが聞かないので、私からお話しよう。私は(今日の試合は)不満だ!」とぶちまけた。

 スポーツ・ニュース等で報道されている通り、オシムの分析では「アイデアのある攻撃ができていない。ディフェンス・ラインでのボール回しが遅すぎる。まるで各駅停車で、その駅も多い。その間に敵の守備は整ってしまう。これでは崩せない。FKも打ち合わせとは違う蹴り方をしていた。」等、苦言の嵐。
 はっきり言って、試合そのものよりもオシムの会見の方が、数段面白かったよ。もし、私が報道記者だったら、彼の会見はたまらなく楽しいだろうし、実にやりがいのある仕事となるだろうと思う。

 次の9月の中東でのアウェイ戦では、選手の入れ替えも示唆。常に選手達を刺激し、奮起を促す。それは、選手だけでなく、マスコミや我々サポーターにも刺激的だ。
 実際の選手が注目されないのは問題ではあるが、何だかんだ言っても今の現状ではオシム監督の言動に注目せざるを得まい。十分な経験と実績のみならず、豊かな知性と哲学を持ち合わせた外国人「教師」の登場は、サッカーのみならず日本の社会論や日本人論にまで波及していくかもしれない。
 目先の勝利は有るに越した事はない。が、彼が描く「日本化=世界化」サッカーという長期ヴィジョンへの道のりを見守ることはもっと大きな楽しみ与えてくれる気がする。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-17 22:13 | スポーツ

 昨夜は東京湾をクルージングする船上での水越けいこさんのディナーショウだった。私としては、一昨日のような失敗を繰り返さないような演奏を心掛けなくてはならない。
 で、この日の私のテーマは「マケレレになる」こと。現サッカー日本代表監督、オシムさんが語ったコメントの一つに「私にアピールしようとプレイをする選手はいらない。必要なのは、人(あるいはチーム)のために走り、ある時は人のためにファウルをしてでも守り、ある時は人のためにゴールに向かって攻め上がれる選手。そういう選手を日本ではたくさん作らなくてはならない。例えて言えば、チェルシーのマケレレのような。」

 ということで、本日から心にマケレレの名札を刻み込んで、ステージに向かうワダハルでありました。

 m1.In The Stars
 スタジオ盤のテイクは非常にゆるい流れの中で、隙間の多い個性的なサウンドと、けいこさんの中では珍しい妙なコード展開による難曲。でも、もともとジャズぽいビートとムードなので、今回のオープニングには最適だった。それに、私のピアノだけだったのが逆に分かりやすい感じになったのでは。けいこさんのゆったりとした(あるいは、オットリとした)ボーカルの良さが生きたと思う。
 私も間奏からメロに戻る辺りがとてもうまく出来た。レイドバック気味のノリと船の適度な揺れのマッチングがすごく効果的だったんじゃないかな。

m2.海潮音(みしおね)
 去年出した曲で、私がアレンジさせてもらった。なので、よくわかっているのだが、ピアノだけでやるのはちと寂しすぎる感はあるかな。当初は、もっと大げさな弾き方で盛り上げていたが、ちょっとやり過ぎていた感じだったので、極めてシンプルにまとめてみた。それで正解だったと思う。歌とのバランスはとても良かったが、割と即興的に弾いていたので、最後のまとめにちと不満が残る。

m3.夏草の道
 曲自体はけいこさんらしい8ビートのポップ・チューンなのだが、スタジオ・テイクはライブでは再現不可能な間奏とエンディングになっており、今やるのは少し抵抗があるので、今回用にリ・アレンジした。とは言え、これも私一人なのだから、その場で少しずつ変更していき、本番でもAメロのバッキングをホール&オーツ風の8分刻みに瞬時に変えた。それで、全体のメリハリがはっきりして、なかなかいい判断だったと思う。
 けいこさんに「詞の内容が生きたアレンジになった」と言っていただき、私上機嫌。

 さて、ここからヴァイオリンの下川美帆さんを迎えて3人で。
m4.恋しくて
 ビギンのヒット曲のカバー。ほとんどオリジナルのムードでやってみた。ま、私が一番自由度が高いけど、ここは「マケレレ精神」で、お二人をしっかりと支えなくては! けいこさんの歌声って今風に言えば「癒し系」の典型じゃないかな。こういうゆるさがすごく似合うのだった。
 そして、ミホちゃんがまたいい音色を出してくれました。フレーズのニュアンスも素晴らしかった。いつもだと、少しチャチャをいれてしまいそうですが、ここはしっかりバックに回ってお二人の美女をフューチャーいたしました。

m5.The End Of The World
 そのまま続けてスタンダード曲へ。これも極めて有名な曲なので、シンプルに徹する。ピアノとヴァイオリンのマッチングは伝統的に悪い訳がない。

m6.15の頃
 伊藤薫さんらしいキュンとさせる詞とメロ、それにけいこさんの声でほぼ完璧なので、バックは常に控えめに。スタジオ・テイクはコーラス・ワークが凝っているので、適度にカットしてスリムにしたバージョンでやった。

m7.踊り子
 来ました!踊り子ね。けいこさんの詞がいいんだよね。それをあの声で聴くとタマラんわけだな。それと、佐藤準さんによる極めてヤンチャなアレンジがしびれるのだった。最近のJ-POPにはこういうアレンジする人はいないな。やっぱり昭和の音楽は面白いよ!それに比べれば今は皆「保守的で優等生的」。
 ニューオリンズ風とビートルズ風と歌謡曲風が入り交じって、ジャグ・バンドにラグタイム・ピアノからアナログ・シンセまで登場し、変拍子も使ってエンディングを盛り上げる。それでいて、ちゃんとジャパニーズ・ポップスの世界でまとめられている。
 全体にどのジャンルの音を持って来ても、すべて「インチキ臭く」処理するのが素晴らしいのだった。
 なので、敬意を表して、ほぼ忠実に再現するよう頑張ったね、たった2人で!ちょっと危なっかしいところもあったけど、お客さんの盛り上がった手拍子にも助けられて、すごく楽しかったよ!

m8.二人
 これは最近のけいこさんの名バラードの一つ。私がアレンジして、六川さんや徳武さんと録ったのがスタジオ盤だ。ま、アレンジャー権限により、ほぼそのままやっておりました。

m9.ほほにキスして
 本編最後は、初期のヒット曲を楽しくお贈りしたが、けいこさんのアコギを入れて3人でやったのはなかなか変わったサウンドで新鮮だった。音が足りないとこが良いわけで、妙なバランスになって面白かったのだ。

En.A boy
 けいこさんの新曲で、まだCDで発表はしてないけど、そのうちお披露目するかな?私にはとっても好きな1曲で、ご子息への深い愛情がこもった名曲だと思う。私も気持ちを込めてアレンジさせてもらった。ライブではピアノだけでやったけど、いいエンディングになったと思う。途中、けいこさんはサビに入り損ねたけど、そこはバンドじゃないからお互いにうまく合わせられた。

 さて、私としても「マケレレ精神」で良いパフォーマンスに貢献出来たと思うが、それをより自らの血と肉にするべく今後も続けられるようにしたいと思う。
 そして、水越さんの音楽の豊かさ優しさにも感動したステージだった。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-17 05:01 | 音楽の仕事

 昨日は石井里佳さんの新宿ルイードK4での本番だった。

 が、思い入れ強く、よく練習したのが逆効果だったか? 自分としては死ぬほどひどいプレイで、彼女に大変申し訳ないことをした。おかげでほとほと疲れた。
 気負い過ぎが完全なるアダだったろう。1曲目から、空回りした演奏を自覚しながらも、修正が効かなかった。これは終戦記念日のせいか、小泉靖国参拝のせいか、異常に湿度の高かった天気のせいか、久々に来た歌舞伎町にウンザリしたせいか?

 ま、どれでもあるまい。最悪なのは自分だからな。で、悟った。近頃、ちょっと傲慢な自信家になっていたことに。自分のプレイばかりに気を取られ、全体に目が行き届いていないし、メインへの配慮が大いに欠けていたと思った。
 それと、もういい歳なのだから、体のコンディションをきちんとしていないと、疲れたままで集中力が薄れてしまう。いい気になって練習しようが、寝てなきゃ本番で失敗するのは当然だったろう。
 反省。

 里佳さんはちゃんとメインとして頑張っていたが、私のダメさが全体に波及してしまったことは明らか。結局あまりムードを切り替えることが出来ないまま6曲のライブはあっという間に終わってしまった。本当に彼女が考えていたものが実現すれば、とっても良い内容だったし、きっと喜んでくれる人達も多かったと思うゆえに、返す返すも悲しい気持ちになる。今回こそは肝に銘じて、この失敗を良き教訓としてしっかり記憶にとどめたい。

 ただし、彼女が良い曲を持っているのは確かなので、それだけでもお伝えしたい。自ら作詞作曲による、"こころ"はサビのメロディが印象的だが、何より詞が美しいし素直な気持ちがあふれている。鎌田雅人さんの優しいアレンジも光る。

 もう1曲、私がピアノでレコーディングに参加した"蒼の頃"も、自分の心の奥をさらけ出し、自ら吐き出すことを詞に託したので、曲の構成がきちっとしていない。つまり、よくありがちなAメロ16小節、Bメロ8小節で、サビが16...なんてパターンに収まらなかったし、全体に長くなった。
 でも、それがかえって生々しくていい。かつてのボブ・ディランだって、伝えたい事があるならいくらでも長い詞を書き歌った。
 そんな規格にハマった曲作りをせず、新たなトライをしていることに、新鮮さを強く感じたのだった。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-16 02:44 | 音楽の仕事

リハーサル(2)

 昨日は水越けいこさんのリハーサルだった。ほぼ1年ぶりの再会で、本番は16日。東京湾のディナークルーズでのショーだそうだ。
 で、一昨日に引き続きアコースティック・バージョン。ピアノとこちらはバイオリン。同じ2人でも、雰囲気は変わって新鮮だった。ただし、なかなか大変な曲が多く、緊張感は続くって感じでした。とりあえず、この日だけのリハでうまくまとまって良かった良かった。

 けいこさんは相変わらずのユニークな柔らかいノリで、こちらをホっとさせてくれたのだった。今年に入っての新曲"Boy"は、けいこさんのメロディ・センスの光る、とてもキュンとくる名曲。先日お伝えしたように、最近私がアレンジして録音したが、それを元にピアノだけで今回トライしてみました。他にも昔の曲から、「ホーッ!」と感心させられるようなアレンジの曲があって、何とか3人で再現してやれ! とばかりにやっているものもあります。観にいらっしゃる方はどうぞお楽しみであります。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-15 02:17 | 音楽の仕事

リハーサル

 昨日は石井里佳さんのリハーサル。彼女は「ハロプロ」出身という異色のシンガーソングライター。私は前にレコーディングに参加させてもらったのだが、今度は15日のライブ・イベントを手伝うことになった。

 編成は私のピアノとアコギの2人で、まぁ良くありがちになりそうなんだが、里佳さんはしっかりと内容構成を考えていて、なかなかいいセットリストに仕上がっている。
 それと、私がレコーディングに参加した"蒼の頃"以外の始めてやる曲も、とってもいい曲がそろっていて、やってるこちらもかなり上機嫌なのだ。アレンジも無理なくできて、いい雰囲気で本番を迎えられそうだ。

 ちょっとオジサン的には「がんばっちゃおうかな!」モードって感じかな。とにかく頑張ります。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-14 05:57 | 音楽の仕事

名波がセレッソへ

 仕事のボヤキに続いて、サッカーもぼやき。私のアイドルでもあった、ジュビロの、そして日本の誇るレフティ、名波選手がセレッソにレンタル移籍とは!
 悲しい、寂しい。
 あのジュビロ黄金時代を支えた中盤の名人たちは、奥が去り藤田が去り、そして名波までが。

 が、しかし、世代交代を進めるジュビロでは出番が極端に減っている現在、これも致し方ないか。J2降格危機のセレッソで何とか光るプレイを見せてほしいと思うし、実際彼のプレイを見れるのは喜ばしいのだが、うー、複雑じゃ。

 私には中田引退よりもきついのだった。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-13 06:22 | スポーツ

 昨夜から、ちょっとぐちゃぐちゃなスケジュールになっている。マイラさんのライブは前々から決まっていたから問題ないが、その後にいろいろ他の仕事が重なってきて、おまけに打ち込みの宿題も残ってて、時間がなーい!

 何て言うのに、ブログ書いてんじゃん! まぁ、息抜き、ガス抜き、景気づけに。

 で、昨夜のマイラさんのフライデイはたくさんのお客さんが来ていて、なかなか良かった。個人的には2部の方が出来が良かったかな。グラディス・ナイトの曲など、結構好きな曲が並んでいたせいもあるかな。2人の女性コーラスも入って、全体に派手になって面白かった。また、来月よろしくです。

 さて、今日からは日替わりでいろんな曲のリハと本番。パニくらないようにしないと。
[PR]
by harukko45 | 2006-08-13 05:14 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる