8月7日、我らがサッカー日本代表がホスト国である中国に圧勝して、アジアカップ2連覇を果たした。やったーぁ!!!

 最高の勝利だ。中国は姑息にもこの大会中、神聖なるスポーツの場で「反日」を展開した。しかし、結局真の実力とは何かを思い知ったことだろう。日本がサッカーの世界で、どれだけ長い時間を経て、現在の力を得たかを知りもしないで、簡単に優勝できると考えるほうが甘いと言っておきたい。「小日本」とは失礼極まりない。また、この決勝に進んだのは幸運が2度続いたからだと発言した中国人記者は、ジーコ監督に謝罪してほしい。今日のスコア3-1は幸運だったのだろうか? 今回、選手の活躍はもちろん大いに讃えたいが、番外編ではジーコ監督の中国人記者の辛辣な質問への見事な返答にも拍手を送りたい。

 とにかく、ずっとブーイングされ続けながらも、日本選手は冷静であり、たくましく、強かった。これぞ、我らが代表であり、このような彼らの姿を見られる喜び、これこそがスポーツ愛国心の醍醐味だ。中国人はお門違いの「反日」で、自分たちの鬱憤を晴らすつもりが、自国の敗戦に益々怒り心頭であろう。しかし、スポーツの世界で対戦相手への尊敬心のない人達に、勝利は似合わないのである。

 素晴らしい日本の勝利に、仕事の疲れも何処へやら。「Euro2004」ではあんなにこまこま書いてたのに、肝心の日本についてはどうしてた、と思われた方もいると思うが、「Euro」の時は比較的暇で、「Asia」の時は忙しかったというだけです。でも、我らが日本代表の試合は、すべてちゃんとチェックしておりました。特に決勝トーナメントに入ってのヨルダン、バーレーン戦の2試合はしびれまくりだったね。ほとんど、永久保存版的内容に、感動しまくった。それに比べて、中国の「反日騒動」など小さい小さい。我らが日本サポーターは、君達が日本に来て試合しても、国家斉唱時にブーイングしないし、相手側サポーターに物を投げつけたり、試合が終わってから国旗を焼いたりはしないよ。

 日本代表、優勝おめでとう! 君達は日本の誇りです。ありがとう。
[PR]
by harukko45 | 2004-08-08 00:00 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31