12月30日、午前3時

 いよいよ今年2003年も終わりですか。いろいろあったけど、やっぱりあっという間でしたかね。と、今年の今までに思いをはせながら、日記風ボヤキの最終回。

 24、25両日ともに、‘君待てども’のアレンジ。マキさん用である。そして、これが思った以上に良く出来た。我ながら感心した。昭和初期の歌謡曲を現代の打ち込みで再演するという作業は、なかなか楽しめた。その他、今回の制作では、‘This Is My Song’‘Someday’‘I'm Always Chasing The Rainbows’‘My Foolish Heart’‘胸の振り子’といった曲があり、50年代の日米スタンダード名曲集といった趣である。また、完成した段階でくわしくお伝えしたい。

 翌26日は、横須賀「Younger Than Yesterday」にて、スティール・ギター奏者・尾崎孝さんのバンドでライブ。かなりコテコテのカントリー・スタイルの場所で、私には初めて経験する空気感だったが、今の尾崎バンドはけっしてカントリー・サウンドにかたまらず、いろんなトライをしているので、お客さんにとっては賛否両論ってところだろうか。「カントリーをやれ!」ってヤジが飛ぶかとおもえば、かまわず踊りだす人あり。

 27日は‘君待てども’をマキさんにお聴かせして、アレンジのOKをいただき、今後のことをいろいろミーティング。28日はお休み。そして、昨日29日に、ジュンコさんのアルバムに収録予定の新曲のMDをマネージャーの小澤さんより受け取った。

 この曲はある作曲家の作品で、アル・クーパー風フリー・ソウル系の色合いがある。ただ、これはまだ私の作業としては、プリ・プロダクション的なアプローチであって、本格的には来年、ジュンコさん、ケンさんのゴー・サインが出てからだ。とは言え、年の暮れから元旦まではこれにかかりっきりになるだろう。なぜなら、正月2日から、私はウィーンに行くからなのだ。ウィーンに行って耳の洗濯をし、帰ったら早々にジュンコさんの30周年アルバム制作に再突入となるのであ〜る!

 というわけで、数年ぶりのウィーンを満喫して、また新たな年への鋭気を養ってまいる所存であります。来年のジュンコさんをはじめとする、もろもろの活動に乞うご期待! 引き続き応援よろしくお願いいたします。今年一年お付き合いいただき、本当にありがとうございました。それでは、みなさん良いお年を。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-30 03:00 | 音楽の仕事

12月24日、午後10時

 メリー・クリスマス! いよいよ、この日記風のボヤキも終盤である。なぜなら、もうすぐ私も仕事納めといった感じだからね。さて、前回は21日のことだったから、次の日からいこう。

 22日はなかなか大変でしたね。昼間の2時からお台場のデックスにて、清貴君のライブ。それも野外! 最初のうちは、まあまあポカポカしてたけど、だんだん冷えてきて後半は身体が動きませんでしたねぇ。それでも、熱心なファンの子達も集まってたし、道行く人々も立ち止まって聴いてくれて、それなりの盛況な雰囲気だった。で、やっぱノっちゃって、予定のメニュー以外で‘You've Got A Friend’をおまけでやっちゃっいました。

 そして、この日は清貴ダブル・ヘッダー。夜の9時から浦和のNACK5のスタジオでインターネット配信での生ライブ。こりゃまた、お初の経験だったが、お客さんのいないスタジオでカメラに写されながらの演奏。それをパソコンで見ている人達が、すぐさまBBSに書き込みをいれるというわけ。最初はとまどいながらの我々もだんだん慣れてきて、なかなか最後ははまってた思うよ。これからはこういう形式もふえていくんだろうね。

 これで、清貴君の仕事は終了。短い間だったけど、なかなか楽しめたし、清貴本人の音楽に対する純粋で前向きな姿勢に、私はすっかり惚れ込んでしまった。また、来年機会があれば、是非やろうね、とお互いかたい握手をして別れたのであった。

 23日。朝早くに新幹線で愛知県岡崎へ。この日はジュンコ・バンドの今年最後の仕事、クリスマス・ディナーショウがあった。いやー、みんな久しぶり! 3日のNHK収録以来のバンド再会ですか。私はかなり疲労困憊状態ではあったが、逆にそれが、力みがない感じになったようで、個人的にはすごく満足いくプレイが出来たと思っている。それに、その数日まで、ギターとふたりきりで演奏していたから、ちゃんとリズム・セクションをバックに大きな音で演奏できるのは、ほんとに格別でありました。

 曲目は、‘You're So Beautiful’‘シンプル・ラブ’‘たそがれマイラブ’‘どうして心は’‘二人のアフタヌーン’‘シルエット・ロマンス’‘Baby It's You’‘サファリ・ナイト’‘微笑むための勇気’の順。そして、アンコールにはジョン・レノンの‘Happy X'mas’を演奏した。

 久々のショウとはいえ、本番はなかなか充実した各自のパフォーマンスで、結果満足いく内容だったと思っている。各プレイヤー、そしてジュンコさん自身の高い集中力のたまものでありますな。

 そして終了後、近くの居酒屋で今年のおつかれ会をかねて、みんなで飲んだのでした。私的にも、このところ酒を注入する時間もなかったこともあり、この夜はググッっといかさせていただきました。

 というわけで、ジュンコ・バンドの皆さんとは「良いお年を、来年もよろしく!」となりました。来年は大橋純子デビュー30周年の記念年。気分をより高めて、バック・バンドとしてもおおいにジュンコさんを盛り上げていく所存でありますぞ!  
  
[PR]
by harukko45 | 2003-12-24 22:00 | 音楽の仕事

12月21日、午後10時

 19日は久々の家でのんびりしながら、マキさんへのアレンジをやろうと思っていたが、予想以上に疲労していて、いいアイデアが出てこない。曲は昭和20年代の平野愛子さんのヒットで‘君待てども’なのだが、ちょっと保留である。

 翌20日は、清貴君のリハ。ギターが前回の佐藤君にかわって星川薫君になるので、そのためのもの。で、私もトラなのだが、トラとしては1日の長があるわけで、とりあえずオイラがバンマス? ということか。

 一方、ジュンコさんのレコーディングはご本人の歌と‘星を探して’のギターソロ・ダビングの日。電話で小澤マネージャーから連絡が入り、なんと歌は2曲とも仕上げてしまい、22日にデュエット部分を確認するのみ。ギターソロも、ご機嫌に過激(!)な間奏になったとのこと。おお、そうかそうか。私が居なくとも、みんなよく働いておる。うれしいことじゃ。あとで、聴くのが楽しみですねぇ。

 そして、今日21日は清貴の本番。FMの公録で、茨城県の牛久まで行った。車での移動、遠かった。でも、私にとっては20代のころに仕事でお世話になった、尾崎亜美さんもご一緒で、久々の再会だったのである。

 尾崎亜美さんと言えば、‘マイ・ピュア・レディ’‘初恋の通り雨’‘オリビアを聴きながら’‘My Song For You’‘天使のウインク’などなど、名曲・ヒット曲の数々を生み出した素晴らしいソングライターであり、ジュンコさんやユーミンらとともにニューミュージック界を代表するシンガーでもある。

 私が彼女のバンドにいた頃は、亜美さん自身がクリエイターとしても、非常に活発な活動をしているときでもあり、何回かのコンサート・ツアーやアメリカでのバンド・レコーディングを経験させてもらい、それらが私のミュージシャンとしての成長に大きく関わったことは、まぎれもない事実なのである。

 あのバンドはほぼ私と同世代の(あの当時)若かったミュージシャンで組まれていて、その中で尾崎さんに鍛えられながら、みんながのびていったように思う。なにしろ、リハーサルのことをバンド・メンバー内では「尾崎道場」と呼んでいた。多分、亜美さんは、みんなを鍛え上げるなどということなど考えてなかったと思うが、音楽的素養の面で圧倒的に上をいく彼女のクリエイターぶりを目の当たりにすれば、自然と私達も引っ張られていったし、いろんなことを学ばせてもらったのである。

 さて、そして今日久々に亜美さんの歌を、客席から聴いた。‘天使のウインク’‘オリビア・・’などが歌われ、個人的には昔を思い出したりしながら、懐かしくなっていたが、そんなものを吹き飛ばすかのような力強いパフォーマンスを繰り広げる亜美さんの素晴らしさに、最後はすっかり感動してしまった。やっぱり彼女はすごい。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-21 22:00 | 音楽の仕事

12月19日、午後2時30分

 昨日、ジュンコさんのレコーディングで、私に関わる部分が終了した。あとは2曲ともご本人の歌入れと‘星を探して’におけるゲスト・ギタリストのソロ、‘あの頃のように’のデュエット部分の録音のみという段階になった。日程的には順調ではあるが、私の作業的にはここ連日、なかなかヘビーであったことは事実だ。平均睡眠2時間程度で、アレンジと打ち込み、その合間のライブの仕事をこなしたわけである。

 別に寝ないでやったからほめてくれって言いたいのではなく、今回のジュンコさんの曲の内容の重要性がわかっていたので、その制作に出来る限り時間を割いてがんばったのだということなのである。

 で、特に‘星を探して’だ。これはケンさんのメロディの良さがあって、切なさや悲しさとともにドラマチックな作品に仕上げたかった。そのため、最初のうち感情面や劇的効果の方に重きを置いていたため、ベーシックのリズム・アプローチにやや甘さがあった。で、初日終わって再度、家に持ち帰ってノリやらタイミングやらを微調整し、新たなパーカッションの打ち込みやらを加えた。そして、間奏に使っていたドラム・ループをサビにも使えないかという、ケンさんのアイデアや、バスドラを補強した方が良いというダイスケさんの提案、それにジュンコさんの「私のギリシャ」というイメージ! を加味していったところ、これぞ史上最強とも思えるほどの、すばらしいドラマーを誕生させることに成功した。タイトで繊細で、ワイルドでハイ・テクニックな仕上がりのドラム・サウンドであ〜る。あー、大変だった。

 これにより、すべてはうまくいった。悲しいけど希望がある、やさしいけど毒がある、切ないのに楽しく聴ける、といった具合だ。これで、ジュンコさんも気持ちよく歌っていただけそうだ。まずは、ホッと一安心といったところか。

 ‘あの頃のように’は、昨日の最初にギターのバッキングを2種類レコーディングした。プレイヤーは古川望君だ。ノゾミくんは前に何回かレコーディングをお願いしているし、ジュンコさんは先日、ライブのセッションでも再会していて、気心しれた間柄。もちろん、そのスタジオ・ミュージシャンとしての堂々たるプレイぶりは、完璧の一言。前の日のロクさんとともに、打ち込みドラムに命を吹き込む要素を入れてくれて、全体のオケが生き生きしてきました。こちらは楽しさいっぱいの仕上がりになった。これで、ジュンコさんと某男性とのデュエット、超楽しみになってきましたね。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-19 14:30 | 音楽の仕事

12月18日、午前1時30分

 12月17日は、ジュンコさんのニューアルバムのレコーディング初日。午後1時から早速、スタジオにて私のコンピューターからテープに流し込みをおこなった。ミキサーは前回と同じダイスケさんで、彼はProToolsを使わないので、アナログ・コンソールを通ってテープにデジタル・レコーディングしていくのである。

 さて、‘Ken M-1 With ?’は詞も上がって、正式タイトルが‘あの頃のように’となった。この曲はコンピューター内部の時点で、70年代後半のAOR風の臭いをプンプンさせていたので、まさに「懐かしいけど、やっぱりイイよね。」のテーマにピッタリ。アナログ卓を通すことで、より雰囲気が出てきたよ。すぐにジュンコさんに仮唄を入れてもらい、詞のはまりもよく、すぐに終了。夜になってから、ロクさんがやってきて、ベースを生に差し替えてもらい、これまたグっと横揺れのグルーヴが深まって万々歳。今日の午後に、ギターのバッキングを入れれば多分オケは完成となるだろう。

 続く2曲目、‘Ken M-2’、正式タイトル‘星を探して’は、最初ジュンコさんに仮唄を歌ってもらった段階で、全体に重い感じとのことで、キーのチェックやノリを確認していたら、なんと、ドラムのタイミングが他の楽器のノリより、後ろにずれていたことがわかった。何で、家でやってるときにわからなかったのか? やっぱ、夜中にやってて明け方近くはボーっとしてたということかな。

 で、タイミングをあわせて調整していったら、実は本当はそのつもりだったタイトさが出てきて、全体がピシっとしまったのだった。これで、かなり良くなったのだが、あともうひと味欲しい気分になった。で、すぐにはアイデアがでなかったので、宿題である。だから、これをアップしたら、取りかかるのである。

 ということで、今日も午後から2日目のレコーディング。宿題を仕上げてすぐに録音出来れば、ひょっとするとジュンコさんの歌入れになるかも。それでは、この辺で。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-18 01:30 | 音楽の仕事

12月16日、午後11時30分

 今日は清貴君のFMの公開録音ライブで名古屋に行った。私の他は、ギターでバンマスの佐藤誠さんだけ。つまりは最近の言い方だと「アコースティック・バージョン」ってわけ。イメージ的には、何か軽くやっちゃうような雰囲気なんだけど。ところが、この清貴君、まだ21才にもかかわらず、なかなかの歌唱力、それにライブ好き、セッション好きときて、とにかく何かの曲を弾き始めると、すぐに歌いはじめちゃう。おかげで、リハの最中もどんどん別の曲で、楽しんでっちゃうのだった。

 曲的にも、最近のR&Bをベースにしたものだから、バラードが多くても全然しんみりせずに、若さにまかせておおいに歌いまくるのでした。というわけで、こちらもけっこう影響されて、じゃ「お若い人とご一緒に」ガンガンとやってしまいました。イカンなぁ、もっと冷静に大人なバッキングをしなくちゃいけないのにねぇ。なんて、思ってもいないこと言ったりして。

 私は今回トラとしての参加だけど、なかなか楽しませてもらってます。彼の最新シングルもオリコン14位にランキングされているから、これから期待したいシンガーですね。

 さて、そしていよいよ明日から、ジュンコさんのレコーディングが始まるのでした。今日の朝までの段階で、‘Ken M-2’もコンピューター内部的には完成した。これから、ちょっとチェックして、帰りの新幹線で閃いたことを試してみようかな、なんてやってるとまた朝になっちゃうかも? でも、ここまでやっておけば、実際のスタジオ・ワークは順調に進むし、もっと他の観点から曲・アレンジ・サウンドを見渡せるようになるのである!

 しかしまあ、この‘Ken M-2’は、最近のジュンコさんの曲の中では、ダントツな「セツナ系」だ。やっぱりね、こういう年代になってくると、お互いセンチメンタルな部分に惹かれあったりするわけよ。クラシック音楽だったらブラームスなんか涙しながら聴いちゃう感じってわかるかなぁ、お若い人には・・・。

 で、間奏に某ギタリストの登場を演出するために、ちょっとひと工夫。ひょっとすっと大げさで芝居臭いかも? でも、いいや、今はこれでいきましょう。とにかく、みなさんも完成を期待しててください。ニューアルバムの情報はこれからもどんどん、ドバドバお知らせします。それじゃ、また。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-16 23:30 | 音楽の仕事

12月14日、午後12時30分

 昨日の昼の段階で、‘With ?’は、一応完成。後はスタジオで、バッチリしあげましょう! 70年代後半のAOR風を基本形に、懐かしいけどやっぱりにいいよね、って感じが目標であります。しかし、それにしても、結構時間かかったな〜。難産でした。

 でもって、続いて2曲目の‘Ken M-2’に早速とりかかる。こちらは、打ち込み向きな曲調だから、比較的順調かな。ベーシックなドラム・ループを組んで、仮にエレピでコードを入れて全体の構成もほぼ決まり。こちらはあまり音数も多くない感じになるかな。ケンさんのメロディが哀愁たっぷりで、デモに入ってるケンさん自身の仮唄も、なかなか思わせぶりで、けっこう良いんだよね。それと、この曲には、特別ゲストにあるギタリストに参加してもらうことになっている。多分ファンの皆さんには、「へぇー!」ってなること必至でありますぞ。期待していてください。

 とは言え、その前に私がアレンジをかっこよくやってないとね。うー、ちょっとプレッシャー。がんばんなくちゃ。

 さて、そういえば今日14日は、コーラスのサエちゃんの結婚披露パーティの日。私は清貴君のリハがあるので行けないのだが、ジュンコさんをはじめメンバー、スタッフも集まって、楽しい感じになるだろうね。本当にサエコさん、おめでとうございます。どうぞ、お幸せに。それと、これからもよろしく。

 それでは、また。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-14 12:30 | 音楽の仕事

12月13日、午前6時

 ううううう、サッカーの世界ユース選手権、日本代表はブラジルに負けちまったよ。けっこうコテンパンだったね。がっくり。でもね、グループ・リーグの時はおやおやどうなるのかね、って思ってた今回のチーム、だんだん成長してきて、決勝トーナメントに入って、宿敵韓国を敗ってベスト8なんだから、よくやったと思うよ。この勢いをオリンピック代表もA代表も引き継いでおくれよ!来年はそれぞれの予選が始まって、ワクワクそしてイライラの日々が続くのかな〜。とにかく、がんばれ日本代表!

 で、お前の方はどうなのよ? ‘With ?’、ほぼ出来ました。ストリングスを入れて、シンセ・ブラスでアクセントも付きました。だいぶいい感じになっております。あと、ちょっとした裏メロを印象的に入れたりしようかと考えているのだが、どうすっかねぇ。

 そうこうしてたら、来週トラを頼まれた清貴君の譜面とMDが届いたのであった。ほんじゃって、ちょっとチェックしいの。でもってやっぱ朝じゃん。おやすみなさい。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-13 06:00 | 音楽の仕事

12月12日、午前5時30分

 また、朝かよ。でもね、夜中が一番集中するのよね。だから、いくら早く起きたって、おてんと様が出てるうちは、世間のみなさんに申し訳なくって(?)、作業はなかなかはかどらないのだ。うーむ、今日も一日‘With ?’をやっているのだが、メドはたったのかなぁ。全体の構成とドラム、エレピは終わった。じゃ、後何したかっていうと、ギター2本とベースを入れた。でも、これって後で生に差し替えするのだから、あくまで仮。じゃ、結局今日やったもので実際に使うのって、エレピとドラムだけ? あ、そうそうシェーカーとタンバリンも打ったぞ!どうだ、これで。むむむ、前途多難じゃわい。

 でも、このノリ、演奏するの、なかなかむずかしいだろうな。もうライブの心配までしている私なのよ〜。それじゃ、おやすみ。みなさんはいってらっしゃい〜。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-12 05:30 | 音楽の仕事

12月8日、自宅

 今日は一日家でアレンジの作業であった。もちろん、ジュンコさんの新曲である。年内にケンさんの2曲を仕上げる予定であるが、30周年の記念アルバムでもあるだけに、がんばんないとねぇ。

 というわけで、午前中から起きて、コンピューターの前に座りっぱなしで、今何時? ありゃまあ、朝の5時かい。てことは、タイトルは「12月9日」にしなくちゃいけないか。シカゴ風に言えば、ただいま「25or6to5」でありました。もう、やめんべ。ちょっくら寝ないと、今日はマキさんの唄録りせねばならないからの〜。

 さて、本日アレンジに取り組んだのは、通称「Ken M-1〜With ?」。この「?」には、ある男性ボーカリストが登場する予定。つまり、ジュンコさんとしては、久々のデュエット曲なのである。全体のムードは70年代後半のAOR風。普通は生バンドでやりたい感じだが、打ち込みを基本に、後からミュージシャンをさす予定。しかしまあ、この手のノリの曲を打ち込むのは、なかなか手間がかかるのよ! おかげさまで、まだ出来てないじゃないか! とりあえず1コーラス分のドラムとエレピを入れて今日のところはオシマイ、では、おやすみなさい。また、明日。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-08 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる