レコーディング終了/Part3

 3月6日、レコーディング2日目。この日は、来生えつこ・たかお姉弟による新曲にすべてがあてられた。ジュンコさんへの来生姉弟の20数年ぶりの楽曲である。それも、テーマはあの‘シルエット・ロマンス’のアンサーソング! つまり、‘シルエット・ロマンス’で歌われている熱烈な愛の対象が、今どうなっているのかを歌うということになるわけ? うむ。なかなか、興味はつきませんぞ、おのおの方。

 タイトルは‘二人のアフタヌーン’である。来生たかおさんからのデモを聴かせていただき、まず、彼の独特の歌い回しに魅了された。そして、全体に流れるやさしく、穏やかなムードが気持ちよかった。激情的な‘シルエット・ロマンス’とは、まったく違うシーンが描かれていたのであった。ある種の「癒し系」を思わせるものの、実は熱く変わらぬ恋心を秘めているといったところだろうか。

 今回、プロデュース・サイドから示されたの基本方針は、「大橋純子のボーカル・アルバム」としたいとのこと、具体的には肉声が入るのはジュンコさんの声のみにし、全体のオケも音数を少なく、シンプルなものにしようということだった。よって、できるだけ無駄な音をはぶいて、音と音の隙間〜空間を生かしたアレンジを心がけた。

 あまり、音が埋まっていないサウンドは、ミュージシャン達の息吹が伝わったり、歌詞が良く聞き取れるようになったり、ちょっとしたエフェクトの上げ下げも微妙に全体に影響したりと、なかなか面白い部分がふえて、実は楽しいのだ。「最低限度のところで勝負する。」という緊張感もサウンドの中にうまれてくるのだ。よって、ミュージシャンやミキサー、もちろんボーカルのジュンコさんも繊細なニュアンス、テクニックが求められることになるわけだ。

 「アイトキ」のセッションでは、徳武さんとロクさんと私がタペストリーのように絡み合ったように、この‘二人のアフタヌーン’では、アコースティック・ギターにお馴染み、オッサン(土屋潔さん)を迎え、私はピアノを弾いた。お互い、微妙なところにこだわりながら、じっくりと仕上げていった感じである。それに、ミキサーのダイスケ(中山大輔)さんの見事な録音、ミックスでこの曲は全体に、何とも言えぬ「ムード」を作り出すことが出来たような気がする。

 幾つかポイントを上げると、ドラム関連の打ち込みは、来生さんのデモでの第一印象だったジャズ風なムード(歌い始めの来生さんの声がそれを思わせた。)と、今っぽいデジタルなサウンドをうまく組み合わせたつもりだ。ピアノは古いマイクを使い、レコーディング・ルームの空気も録れるようにセッティングした。シンセ・ボイスのような音もギターのノイズなどを組み合わせて、ちょっと異質なトーンを作ることができた。また、ボーカルにもオールド・マイクを使用し、なおかつリバーブもビンテージな機材で効果を上げている。

 そのジュンコさんのボーカルは、微妙なテクニックを駆使しながら、ほんのり色っぽい表情を漂わせていて、実に良いのだ。例えば、歌詞にある「そばにいたい・・」の部分、気持ちよくって、おもわず口ずさんでしまうのである。あ、私の場合……。みなさんもそうだといいんだけど。

 とにかく、この曲で生まれたある「ムード」が、この後のアレンジ、レコーディングのベーシックとなっていくのだが、つづくケンさん作曲の2曲は4月にはいってから録音されることになった。それと、あと1曲。‘You're So Beautiful’を、田原音彦くんのピアノとジュンコさんとのデュエットで、再録された。こちらもライブハウスでの一発勝負のような仕上がりで、乞うご期待。というわけで、レコーディングは一時中断。後半戦は4月5日からであった。
[PR]
by harukko45 | 2003-04-22 00:00 | 音楽の仕事

レコーディング終了/Part2

 3月5日、ジュンコさんのニューレコーディングの初日。この日は‘愛は時を越えて’のリメイク・バージョンを録音した。‘愛は時を越えて’、通称「アイトキ」はジュンコさんの一番最近のヒットではあるが、少々オリジナル・アレンジが今の時代感覚にあわないのが難点だった。よって、じょじょにライブのセットリストから、消えていく運命にあった。が、せっかくのヒット曲でもあり、スケールの大きな歌詞に、覚えやすいメロディを持つレパートリーを葬ってしまうのはいかがなものか? そこで、今回新録して、この曲を蘇らせようということになったわけである。

 今の時代感覚とは何だろう? 大げさなもの、外見だけ派手なものに、なんだか疑いの気持ちをもってしまう。素朴でもいいから、真実を感じたい、できすぎた音楽性よりも、リアルな感情や直感的な響きが聴きたい。それによって、自分が予定調和でない感動を体験したい。・・・そんなところだろうか。つまり、頭でっかちに考えぬいた音楽より、自然発生的で即興性や肉体性をもった音楽体験がこれから求められるのではないだろうか。

 ついつい大見得を切るのが私の悪い癖だが、こんな島国の微力な音楽家にも、一昨年の「9.11以降」という意識はあるのである。アメリカの音楽的指向が明らかにあの時から変わっていったように、私達も生きていて今本当に「聴きたい音楽」「奏でたい音楽」と「そうでない音楽」が明解に分かれてきたのである。数年前だったら、「そうでない音楽」についても関心を持っていなければ、やっていけない気がしていた。でも、もう今はそんなことは必要ないと確信している。人間の人生において、真に「聴くべき音楽」「大事にしたい音楽」とはあまり多くないということにも、やっと気づいたこの頃である。

 ふうっ、だいぶ横道にそれた。「アイトキ」にもどろう。今回のアレンジでは、徳武弘文さんをフィーチャアした。彼のアコースティック・ギターをベーシックに、エレクトリック・ギターは自由にフィルインしてもらった。さすがの徳武さんもジュンコさんの歌に最初のうち圧倒されたらしい。はじめは珍しく硬い感じだったのだが、じょじょに調子を取り戻し、いつもの流れるように歌いまくる、素晴らしいプレイで決めてくれた。ほんとにうまいよ、この人は! まったくもってほれぼれする内容だ。

 つづいて、ロクさんがフレットレス・ベースを入れた。そして、私がキーボードを加えた。が、この時点で、少し音が飽和しているように思えた。原因は、ベーシックに入っているシンセ・ピアノが全体をおおっていて、各人のプレイを不明瞭な響きにしてしまっていたからだった。というわけで、フェンダー・ローズで入れ直した。すると、サウンドの見通しが実に良くなり、ロクさんとトクさんの絡み合いや、ダブルで録音したアコギがより美しく輝きだした。そして、割と抑えめなパターンでプログラミングしていたドラムも生き生きとした表情が加わって聞こえるようになったのだ。

 この曲のアレンジとみんなのプレイをジュンコさんは気に入ってくれたようだった。それもあってか、その後の歌入れでは自他ともに認める最高のボーカルを披露したのだった。今頃になって気が付いたのは、詞がよく聞こえるようになって、その意味や感情が自然に理解でき、もともとの歌詞が素晴らしかったということだ。そうなると、今までこの曲に共感をあまりしていなかった私もいっぺんに大好きになってしまったのである。というより、なんか「キュン」とくる感じなのだ。実はロクさんもそうだったらしい。なぜなら、帰宅時、私の車のなかで、アイトキのラフ・ミックスを聴きながら、一緒に大声で歌い始めたからだ。これには、驚いたが、でも気持ちはよくわかったし、私も気分がよかった。

 まずは、アイトキ大成功!これで、ライブのセットリストに復活するのも間違いない、ウムウム。というわけで、幸先良く始まったレコーディングは、まだ続くぞ〜。それでは、今回はこの辺で。
[PR]
by harukko45 | 2003-04-12 00:00 | 音楽の仕事

レコーディング終了/Part1

 だいぶご無沙汰でありました。言い訳をさせてもらえれば、少々立て込んでおったのです。レコーディングが重なって。でも、今年早々から楽しく充実した日々を過ごすことができたのも事実。この幸運にまずは感謝したい。

 さて、ざっと順番にあたっていくと、1月にはすでにジュンコさんの「日記」でもお伝えしてある、日本最高のスティールギター奏者、尾崎孝さんの初リーダーアルバム“Pedals,Bar&Beyond”が完成した。これは、去年の秋から我らがロクさん率いる「ロコス・ミュージック」がプロデュースするロコス・レーベル第三弾アルバムで、ちなみに第二弾にあたるのが、これまた我らがウエちゃんのリーダーアルバム“1999”なのである。(くわしくはロコス・ミュージックhttp://www.rocosmusic.comをCheck!)

 そして、このアルバムには私とウエちゃんがアレンジ、サックスにゴトウさん、ギターにオッサン、もちろんベースにロクさん、そしてそして、ジュンコさんまでボーカルで参加しているのだ。ま、そういうわけで、この場を借りて、私が担当した曲を簡単に紹介させていただくことにする。

 アルバム2曲目の‘Stomping at West’は、ザキオさん(尾崎さん)のオリジナル。もともとカントリーブルース&ジャズ風の素朴な曲だったが、シャッフルのリズムを強調してみたところ、結果としてスティーリーダンみたい?か。このドラム・サウンドは大変気に入っている。ザキオさんと渋いソロの掛け合いはオッサンである。この二人の演奏、まさにいぶし銀って感じなのだ。ふたりで将棋か囲碁の勝負してるみたいな渋み。酸いも甘いも知り尽くして無駄をそぎ落とした妙技の数々であります。

 3曲目の‘Georgy Girl’はフォーク・ソングの名曲のカバー。これは、打ち込みコンピューター・サウンドによる「エレキ・インスト化」をイメージしてみた。途中でトロピカル・サウンド(?)になって、C調ムードを盛り上げる!? なんてね。この曲のザキオさんのソロ! 最高です。超かっこいいのだ!

 5曲目の‘Baby It's You’はバート・バカラックの曲でビートルズのバージョンが有名。これをジュンコさんのアイデアで、70年代の知る人ぞ知る幻のバンド「スミス」のバージョンをベーシックにサイケ、アートロック風に仕上げてみた。久々にシャウトするジュンコさんを聴く喜び! なんか文句あっか。そこらのJ-Popのへにゃへにゃした歌手どもが、一発でふっとぶぞってぇ〜の。絶対聴くべし。ジュンコ・ファンは買うべし!

 8曲目は私も大好きなジャズメン、キャノンボール・アダレイの大ヒット曲、‘Mercy,Mercy,Mercy’。作曲はジョー・ザビヌルね。もともとかっこいい曲だから、基本グルーヴはオリジナルを踏襲しつつも現在のR&Bの要素もちりばめてっと。ハーモニカのアリさん(松田幸一さん)のゴキゲンなイントロダクションに始まって、ザキオさんとアリさんのファンキーなプレイが「くーっ、たまらん!」の連続なのだ。あ、それから、ドラムは左にピーター・アースキン、右にスティーブ・ガッドのシュミレーション。プログラムするのは大変なんだけど仕上がりよければ、万事良し!

 続く9曲目、‘Pirate’はトロピカル・フュージョン風の、ザキオさんオリジナル。ゴトウさんを迎えてさらにジャズ・フュージョン色が濃くなったかな。ここでのゴトウさんのサックス・ソロ、大好き! 彼の暖かい歌心があふれていて、おもわずニヤッとしてしまうのだ。

 それから、ウエちゃんアレンジの6曲目、‘Superstition’について。もちろんスティービー・ワンダーの超有名曲。これを私など考えもつかない発想で、解体�再構築をやりとげたウエちゃん! テーマ部分のかっこよさにはまいったよ。やられた。

 この他にもイケテル曲満載のアルバム、なんかロコス・ミュージックの宣伝担当みたいになってきたな〜。ロクさん、アルバイト料ちょうだい〜。というわけで、ジュンコさんファンのみなさんにも是非聴いてもらいたいアルバムです。どうぞ、よろしくね。

 さて、つづいて2月には、素晴らしいシンガーソングライターである水越けい子さんの久々のアルバムの制作をおこなった。全6曲のミニ・アルバムだが、ここには私にロクさん、ドラムにハマちゃん(濱田尚哉くん)、そしてギターにDr.Kこと徳武弘文さんとで、レコーディングをおこなった。けい子さんの楽曲の良さと私のアレンジとの相性も良好だったので、ひじょうにいい感じのオケに仕上がったのだが、けい子さん自身が体調をくずして、完成間近でレコーディングは一時中断となってしまった。ちょっと残念だったが、まもなく再開できる模様だ。

 そして、3月にはいって、ジュンコさんの5曲入りミニ・アルバムの制作にとりかかった。実は、この前の2つのレコーディング・セッションが大きなきっかけとなって、今回見事に実を結んだところがある。それは、徳武さん、尾崎さんという名プレイヤーにゲスト参加ねがったことだ。当然ご機嫌なプレイをしていただいた。もちろん、主役であるジュンコさんは、また新たな方向性をしめすように、多彩なボーカル・テクニックを披露しているばかりか、聴き手を必ず「キュン」とさせる瞬間をたくさん作り上げたのである。実は昨日トラック・ダウンが終わったばかりだ。それでは、次回にその詳細をお伝えしましょう。それでは、とりあえずこの辺で。
[PR]
by harukko45 | 2003-04-10 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30