【スタート:それぞれの自宅、ゴール:山梨県甲府昭和町、押原小学校特設ステージ タイム・リミット:サウンド・チェック開始午後1時30分まで。】

 2001年10月7日、レース当日、天気も良好。絶好の行楽(?)日よりじゃね〜か!

 Aチーム・ドライバー、植村昌弘は意外とある部分において、手堅い側面をもっている男である。彼はスタート前にインターネットで、この日の交通情報を着実につかんでいた。「中央高速、大渋滞必至、甲府まで4時間か?」すぐさま、パートナーの加塩明子に連絡をとり、10時待ち合わせを1時間繰り上げて、環7で合流、9時30分には永福町から首都高速に入っていた。

 一方、Bチーム・ドライバー、和田春比古はその前日、マネージャー・カルメン・オザワに地図をおねだりして、パートナーの六川正彦には、「翌朝10時に、ご自宅にお迎え参上します。3時間ありゃ、大丈夫でしょう。」と告げていた。六川も「ぜ〜んぜ〜ん、だいじょぶだぁ〜。」と返した。当日、和田はモーニング・コーヒーをゆっくりとすすりながら、やはりインターネットを見ていたが、こちらはその朝おこなわれていたサッカー・ワールド・カップ・ヨーロッパ予選の結果をチェックしていたのだ。
 「さて、ぼちぼちロクさんちに向かうとするか。」

 とその時、彼の携帯が鳴った。
 「ハイ、あ、アッコちゃん、ど〜したのかな?朝から僕の声が聞きたかったの?今はまずいですよ、女房がそばにいますからね。」
 「バカイッテンジャナイヨ!まだ、スタートしてないの?信じられない!こっちは永福にいるんだけど、渋滞30kmってでてるよ。もう大変なんだから。わざわざ、連絡してあげたんだからね。遅刻してもネエさんは知りませんからね!」

 とはいうものの、もうすでに9時45分だから、結局当初の予定通り、六川家には10時にしか着かないのだ。さして動揺もせず、和田は車をスタートさせた。そして、ピッタリ10時六川家着、すると奥様がでて、「今、犬の薬を取りに、病院に行ってるから、ちょっと待っててくれます?」で、お宅におじゃまして、コーヒーなど頂くことに。
 「DVDでも見る?新しく買ったのよ。サラウンドにもなってるんだけど、あれ、写らないな〜。変ね〜。」でもって、二人で原因究明にしばし費やすが、結局配線がおかしいのではということになった。DVDは写らずじまいだったが、六川がやっと戻ってきたので、出発することに。時間はすでに10時15分であった。

 「ふ〜ん、でもさあ、渋滞って、ひっかかる時間ってあるからさ。ウエちゃん達は早く出過ぎてる訳よ。」
 「そうかもね。それより、久々に車でつるんでいくのはやっぱ気分がいいすね。」
 「ん〜ほんとほんと。」

 この後、気分上々のBチームは、ずっと喋りっぱなしであった。なんで、そんなに話題があるのか不思議なくらいである。だが、六川は少し心配もしていた。なにせ和田という男は、話が盛り上がってくると、頭に血が上ってしまい、道のことなど、どっかにいってしまうからだ。かつて、これと同じ状況で、渋谷に向かうはずが、話に夢中になったまま目黒に行ってしまったことがあるのだ。大体、彼は家のまわりの道路もよく把握できていないのだ。よって、べらべら喋りながらも、六川の適切なナビゲーションによって、国立インターから、中央高速にのり、甲府昭和をめざすことに。時刻はまもなく11時になる。

 高速に入って、さすがに車は多かったが、割りとスムースに動いていた。
 「イェ〜イ、ほ〜ら、別に大丈夫じゃん!大体、ウエちゃんの性格、考えてみなよ。あういう頑固で入り込みやすいヤツに限って、慎重にするとかえって、渋滞とかにはまるのよ。そこいくと、俺達みたいに心が大きいと、神様も味方してくれるってこと!ガハハハハハぁだ!」

 一方、地獄のような大渋滞をなんとか凌いで、ひたすら目的地に向かうAチームでは・・・・。

 「ねえ、ウエちゃん、もうだいぶ近いからさ、ドライブ・インで休憩しない?おトイレも行きたいし、なんか食べようよ。」
 「何言ってんすか!これからも、何が起きるかわかんないんですから。ノンストップで行きます!トイレなんか我慢してください!」
 「エ〜、ウッソー!ムゥ〜この恨みはいつか晴らしてやる。」
 「エ、何か言いました?」
 「イイエ、なんでもございません!あ、電話だ。もしもし、あ〜、和田さん。どうそっちは。」

 「うん、今ね、藤野でトイレ休憩してるとこ、そんでもって、二人でアメリカン・ドッグ食べてんの。」
 「ナ、ナ、ナニ〜、ア、ア、アメリカン・ドッグ、た、た、食べてるって。あたしなんか、人質みたいな扱い受けてるっていうのに!」
 「ところでさ、渋滞なんかあった?こちとら、スイスイできたよ〜ん。」
 「もしもし、ワダさんですか、ウエムラです。言っときますけど、そんなとこで、のんびりしてると、遅刻しますよ。絶対に!」
 「はいはい、ありがとさん。じゃ、ぼちぼち、こっち出ますわ、ほなね。」

 「ギャ〜!!!ウエちゃん、アメリカン・ドッグ買ってよ、買ってよ!食べたい食べたい!」
 「ダメです!むむむ、憎たらしいことだが、正義は必ず勝つのだ。こんな不条理がいつまでも続いてなるものか。」

 ひとしきりドライブ気分を満喫していたBチームだったが、大月あたりから、ピタっと動かなくなってしまった。ついに渋滞にはまった。いや、植村昌弘の怨念か。
 「ありゃ〜、こんなとこで動かなくなるとは。」
 「いいや、大丈夫だ。俺には見える。俺達二人が、午後2時ぴったりにステージ横にスタンバイしている姿が!」
 「オオッ、なんと素晴らしい予言でしょう!」

 しかし、やっと車が動き始めたのは、勝沼をすぎたあたりからで、時刻はもう午後1時を過ぎていた。和田は猛スピードで運転し始めた。
 「ヒャッポー!イケイケ、ゴーゴー。スピード速いの大好き、大好き。」しかし、六川はアメリカン・ドッグを食べた満足感からか、く〜く〜寝てしまった。
 「いいよ。オイラひとりでガンバルッチャ!」

 その時、Aチームは現地に到着していた。
 「やった!勝ったぞ!どうです、アッコさん。ぼくらの勝ちですよ。」
 「何が勝ったよ。じょうだんじゃないわ!」
 「え、どうしたんです?何で機嫌悪いのかな?女はわからんな〜。」

 六川の心配は甲府昭和インターを降りてから、的中してしまった。地図とは反対の方向に向かっているのに彼は気がついた。
 「あやや、これ、反対じゃない?絶対、逆だよ。」
 「エ〜、嘘でしょ〜。ヤバイ、ヤバイ。」

 結局、Bチームの到着は、リハーサル時刻の2時をとっくに過ぎた、2時20分であった。
 「いや〜、申し訳ない、申し訳ない。」待っていた他のメンバー、スタッフに平謝りの和田と六川であった。もちろん、そこには、勝ち誇った表情で、植村昌弘がいたのである。このレースの結果は、Aチームの圧勝で終わった。完膚なきまで敗れ去ったBチームではあったが、リハをこなしてからの楽屋では、何事もなかったかのように、はしゃぎまくっていたのが印象的であった。これに関しては救いようがないと思われる。ジャンジャン!
[PR]
by harukko45 | 2001-10-09 00:00 | 音楽の仕事

 9月29日、帰りの新幹線にて。

 こだまの車中で、お弁当を食べた。コンサートも無事終わって、ホっと一息、そこで、喫煙車でたむろしてるメンバーのみなさんに、カナダ土産を配りに行った。喫煙車に着くと、いたいた、明らかに他の人と違うムードの集団。でも、もうがんがん飲んで大騒ぎと思いきや、少しは大人になったのか、わりと静かにしてるけど、これって、かえって心配。

 予感的中、「あ、サエちゃんきたきた。ここ座るあるよ。」お前は中国人か!というわけで、急に機敏にゴミやら荷物を片づけて、バンマスが席を空けてくれた。それではと、ちょっとおじゃますることにした。

 すると、バンマス、「カナダはどうだった?楽しんだ?」に始まって、あれやこれやの質問ぜめだ。とにかく、なんやかやと聞きたがり。でも目はまじだから、実際何考えてるのか解らない時があるのだ、この人は。ウエちゃんいわく「ワダさんの目は、お魚です。」ということは、なんかたくらんでいるに違いない。用心用心。

 でも、そう言うつつも、みんなに話するのも楽しいし、ついつい、のせられてしまった。と、その時、誰や!アタシの髪の毛つかんでるのは!「サエコいなかったから、大阪の夜はつまんなかったよ〜。」ア〜、やっぱりマー坊さんだよ。「だから、みんな飲みに行かないで、すぐ寝たのよ〜。」「ヘェー、めずらしいね。」「サエコがいないからいけないの。サエコのせいだ。サエコのせい!」うれしいやら、かなしいやら。

 と、バンマス、今度は自分の外国旅行談を話始めた。調子のってくると矢継ぎ早に語るのだ、この人の場合。だから、自分も盛り上がろうと、ちょっかい出してきたマー坊さんも、一時退散。「ワダ君、今日はノッテルネ〜。イエ〜イ。」

 しばし、バンマス語りに聞き入るも、ありゃ、ちょっと舌まわってないんじゃない?さっきから、ビールだ、ワインだ、ペース早いんだよ。だいじょうぶでしょうか?「ラ・リ・ル・レ・ロ、ハイ、言ってみましょう。」「レ・ロ・レ・ロ・レ。」だめだ、こりゃ。

 すかさず、タマちゃんが「ねえねえ、これ見て。」また、i-modeでいかがわしい写真、ダウンロードしてやがる。そんなの見せて、「キャー!ヤッダー!」なんて言うわけないんです!残念でした。だけど、彼はやったら、人の細かいとこよ〜く観察してるんだよね。やれ、私のアゴがプルプルしてるだ、どうのこうの。でも、スニーカー誉めてくれたから許しておこう。そしたら、バンマス、「ソノ、クツヨリ、ソックス、カワイイ。」はいはい、おじいちゃん、ご飯さっきあげたでしょ!

 私、全然お酒飲んでないからだろうけど、あんた達、そうとう酒臭いよ、ほんと。しかし、カナダからブルーな気持ちで帰ってきたのに、すぐさまこの感じって、ナニ?と、バンマス、「アンタだって、ノムとブッチギレジャナイスカ。」あの〜、よく聞き取れませんでしたけど、私もいったん飲むと決めると、イケイケになっちゃう、って言いたいのね。ハイ、残念ながら、それは認めましょう。でも、それはみなさんのようにいつもいつもじゃありません!ちゃんと勝負時、勝負所を心得ているんだから。

 あら〜、そうこうしてたら、もう新横浜じゃないですか。さあさあ、バンマス、マー坊さん、おうちに着きましたよ。気をつけて帰ってね。じゃ、私も自分の席に戻ります。みんなとの素敵な思い出を胸に、今日はぐっすり眠れそうです。それでは、みなさん、お疲れさまでした。

佐江子‘ブリジット・ジョーンズ’鈴木
[PR]
by harukko45 | 2001-10-02 00:00 | 音楽の仕事

 2001年9月11日、今日は忘れられない日になった。私はカナダのバンクーバーの近くにいる。妹がワーキング・ビザでこちらに来て半年になるから、夏休みをかねて遊びにきていたわけだ。こちらにきてからは、毎日、マウンテン・バイクを借りて、山道を散策したり、湖のほとりにねっころがったりして、美しい自然にすっかり浸りきっていた。東京での生活(注:ジュンコさんはメンバー紹介の時、私を「千葉県出身」って言ってるけど、ほんとうは「東京都出身」。ただ、「新小岩」だから確かに「千葉」の隣って感じなんだけど・・)のストレスを洗い落として、リフレッシュした気持ちで、今年後半を乗り切るつもりだったのだ。

 いつもの朝の散歩から帰ってくると、妹が私に告げた。「ニューヨークが大変な事になっている。」と。テレビをつけて、映像を見た。驚きと恐怖が私を強く突き動かしたが、反面、映画を見ているような錯覚にもおそわれた。

 9月12日、飛行機が全面運行停止となったことを知った。私は14日に帰国する予定だったが、無理だろう。でも、何日かすれば、再開するのでは。とにかく期待するしかない。でも、このテロ事件の深刻な事態をじょじょに把握するにつれ、これは私も大変なことになるかも、と思いはじめているのも事実。

 9月13日、明日の便はキャンセルになった。旅行エージェントからの連絡を待つしかない状況。不安が募る。

 9月16日、運行が再開されても、私の順番は早くても21日であると告げられた。「Oh,my God!」。だって、19,20日にジュンコさんの大阪があるのだ。間に合わないじゃない。ショック。

 マネージャーに電話、アッコちゃんに電話、父からは、「ジュンコさんの仕事、やらせてもらえなくなるのでは?」と心配の電話もかかってきた。そりゃ、そうだ。穴あけちゃうんだから。でも、どうしようもないんだから。腹を決めよう。

 9月20日、あれからずっと、ブルーな日々が続いている。大阪の様子をアッコちゃんに聞いた。アッコちゃん一人で、がんばってくれた。タマちゃんも歌ってくれたみたい。演奏も良かったし、お客さんもたくさんで、大盛況だったとのこと。でも、一日目終わってから、めずらしく全員、飲みに行かず、早々に寝たらしい。おかげで、朝、いつもドロドロ・パンパンの顔で、登場するはずのバンマスが、やけにすがすがしい表情で、肌がつるつるしていただって。でも、どうせ私のこと、いろいろネタにしてんだろうな。トホホホホ。

 9月22日、昨日、無事飛行機に乗って、帰国の途についた。やっと日本に帰ってきた。みなさんに報告、とりあえず「よかった、よかった。」と言ってくれた。ちょっと、ホっとした。みんなに会うのは29日、愛知県刈谷市での仕事になる。

 9月29日、新幹線で三河安城へ。ホームに降りて、メンバー全員と再会した。バンマスが、「サエちゃん、アッコちゃんがさ、『泳いででも、帰ってこんかい!』って言ってたよ〜。」おお、早速、来た。タマちゃんが、「僕とアッコちゃんでもう完璧だから、サエちゃんいらないか、て言ってたのにね〜。」「そっかぁ〜」ここはスマイル、スマイル!何があってもスマイルを忘れずに!

 今日は久々の野外ステージだ。お天気も上々、緑に囲まれた大きな池の近くにステージがあった。リハーサル前に池のそばで、アッコちゃんとロクさんとタマちゃん達とお弁当を食べた。すると、ウエちゃんとバンマスはもうチェックし始めた。もうちょっと、ゆったりすればいいのにね。

 だけど、やっぱり歌うのは楽しい。おまけに、みんなスイートベイジルとブルーノートを経て、新曲がいい感じに仕上がってきていた。だから、私も楽にのっていけたのだ。特に‘A Way’が良かったな。野外のムードにもぴったりっていう広がりのある感じだった。

 それと、‘愛は時を越えて’に久しぶりに感動した。ステージ最後の曲らしく、みんなが集中しているのがひしひしと伝わってきたのだ。

 始まってから、すぐに日が沈んで、お月様が私達のバックにきれいにかかって、何とも言えない素敵な演出だった。ほんと、晴れてて良かった!おまけに、今年がいままでで一番の観客数だって!それに、みんなよくノって、楽しんでたみたい。やったね!おかげで、心も晴れ晴れした。

 無事、ステージも終了、今夜は日帰りだから、新幹線の中で「お疲れ様」をした。

To be continued


佐江子‘ブリジット・ジョーンズ’鈴木
[PR]
by harukko45 | 2001-10-01 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31