追伸:はがくれ

 大阪2日目の午前中、私はリハーサル前にどうしても行かねばならないところがあった。ホテルから、大阪駅方面に歩くこと約10分、目指すは駅前第三ビルの地下2階、「はがくれ」である。うどん、ウドン、饂飩なのだ!旨い物にはこと欠かない大阪にあっても、この店は東京のグルメ本にもよく掲載されている有名店だが、まだ一度も訪れていなかった。そこで、供される饂飩については、本を読みながら想像して、頭の中では何度も食べているのだが、いざ、本物に会えるとなると心拍数もあがり、歩くスピードも早まるというものだ。こういうときは、誰にもじゃまされず、そっと一人で訪れたい。だから、ちょっと水くさいようだが、他のメンバーのみなさんには内緒なのだ。

 行列ができること必至であるから、開店11時前に到着していなければと、約20分も前に着いてしまった私は、しばしコーヒーなど飲みながら、店の方をうかがった。すると、箱に入った小麦粉の上に ビニールシートを敷き、その上から店員さんが代わる代わる裸足で踏んでいるのが目にはいった。ん〜、これが田中康夫氏の「いまどき真っ当な料理店」でも書かれていた光景か!もうすでに、興奮気味の私であった。

 それに見とれているうちに、人が並び始めたので、こりゃいかん、とばかりに、私も行列に加わらねば。幸い4番目を確保できたのだった。そして、すぐに注文の品を尋ねられた。なぜなら、ここの饂飩は、注文を受けた後に生から麺を湯掻くからで、10分近くの時間を要するのだ。

 フフフッ、注文は3日前から決まっているのだ。「生じょうゆうどん」、それも二玉からなる大盛り(通称ダブル)、まずはこれっきゃないでしょう!おばちゃんにそれを告げただけで、よだれが出てきたわい。

 店のカウンターに通され、しばし待って、目の前に出された丼が、おお、夢にまで見た饂飩ではないか!なんと美しい輝き。そして、別皿におろしとねぎと酢橘がもられているのみなのだ。すると大将とおぼしき人(天谷雅之氏)が、「初めてでっか?」「ハイ、教えてください。」ということで、店主じきじきに食し方をご教授ねがった。饂飩の上におろしとねぎを置き、酢橘をビシっと絞り、そこに讃岐産の醤油を一回、二回、半とかける。まずは2,3本とって、一気にすすれとのこと。ズズズズ〜っと。「どや?」「ウ、ウマイ!」「そういうことや。あとはご自由にな。」

 出汁の味よりも麺の腰が命というのが氏の哲学なのだ。腰が強いといっても、当然そんじょそこらの、ただ硬いだけのものとは訳が違う。喉を伝わる清涼感とでもいう快感。そして、そのスキッとした後味の良さ。この喉越しの素晴らしさをなんと表現したらいいのか。私のつたない文章力では到底お伝えできないので、前出の田中氏によれば、「ツルツルッなる形容を越えて滑らか、ニュルニュルッなる形容を越えて艶やかな質感」、ん〜、さすがに小説家はうまいこと言うな〜。こんな時、ウマイウマイしか言えないのもくやしいな〜!

 夢中で饂飩をすすり、その悦楽は5分も経たずに終焉の時を迎えた。店の外をみるとあっという間に長い行列ができている様子。のんびり席を陣取っていては、迷惑千万。大将の「どうも、おおきに。」にこちらも軽く会釈して、会計する。「600円です。」「え、ダブルですよ。」「大盛りでもお値段同じですねん。」「へぇ〜、そうなんですか!」なんか、えらく得した気分!涙涙。

 旨い物を食った後はすこぶる気分がいいに決まってら〜!名前の通り、「はがくれ」/武士道ならぬ饂飩道を極める職人の技に完全に脱帽、恐れ入谷の鬼子母神ったぁ〜このことだ!次回の大阪でも必ずいくぞ!ホテルに戻る足取りもますます軽やかな私であった。

 追伸:実はホテルに帰ってみると、そのビルの地下の飲食店街に「はがくれ」の支店があったのだった。なんとも灯台もと暗し。であるから、閉店3時前に、またまた行ってしまったのだ、そして、ダブルしてしまったのだった。(今度は「きざみうどん」にしたけどね。)あ〜、うまかった。ご馳走様でした。
[PR]
by harukko45 | 2001-09-24 00:00 | 日々のあれこれ

大阪しぐれ

 ♪~ひとりで 生きていくなんて できないと ないてすがれば ネオンがネオンがしみる。

 大阪、え〜街でんな。食いもん旨いし、人はおもろいしね。なんか、街を歩いているだけで、ワクワクしてきて、やる気がでてくるのよね。考えてみるに、あのアメリカ同時テロの後、しばらく氷ついていた心を、大阪でのライヴが程良く溶かしてくれたような気がします。とにかく、ブルーノートに集まってくれたお客さん達、スタッフのみなさんに、まずはお礼を言います。

 テレビのニュースをみるたび、どんどん不穏で悲惨でおぞましい世の中が近づきつつあると感じてしまう今日この頃、日常的に音楽を演奏する意味も消し飛んでしまいそうだが、されど音楽以外にやれることない我々ミュージシャンは、やはり音楽の楽しさ、すばらしさを通して、平和を祈っていくしかないのだろう。

 とはいうものの、現実に我々も今回のテロ事件の影響を受けてしまっていた。コーラスのサエコ嬢がカナダで足止めをくい、19,20日の本番には間に合わないとの連絡が入っていたのだ。ニューアルバム発表後、新曲をひっさげての大阪だったから、事情が事情とはいえ、やはりサエちゃんの欠場は至極残念であり、出来ればメンバー全員で臨みたかった。

 しかし、そんな不安も一気に吹き飛んだのは、2日間4ステージ、ほぼ満杯となった客席のパワーを我々が頂いたからに他ありません。2年前の初見参の時より、確実に人数が多いし、おかげでアルバムも多数のお買いあげ、感謝感激であります。

 とにかく、一曲目‘Izm’からして、もうノリノリのお客さん、え〜ですな〜。もともと芸能、文化を古くから尊重してはる伝統、その遺伝子をお持ちの方々とお見受けしました。どうぞどうぞ、楽しみましょう!こちとら江戸っ子もすぐ調子に乗るタチですからね!

 続く‘どうして心は’、これ、歌詞がいいのだ。毒があって。こういう女の恨み節が、今風のバチバチ・サウンドにフィットするあたり、最近の若いタレントさんじゃ、こうはいきませんぜ。男の私には、けっこうくるんですよ、歌詞。それをシンプルなメロディーがより増長してる感じなのだ。この曲、ベース・ラインがやっかいなのだが(レコーディングではシンセの打ち込み)、さすがにロクさんはもう自分のものにしてきた。タマちゃんも、ライブならではの新たなアプローチで、ワイルドさを醸し出してくれている。こういったところが、レコーディングとライブの違った楽しさともいえるのではないか。

 ‘たそがれマイラブ’‘シルエット・ロマンス’といった、お馴染みのヒット曲では、1コーラスが終わっただけで、ものすごい拍手。こういうので、けっこう盛り上がっちゃうのよ。だいたい、ミュージシャンは拍手と飯をたらふく食わせておけば、いつでも機嫌がいいのである。

 ニューアルバムのトップを飾る‘A Way’は、今回の代表作でもあるから、一段と気合いが入るのだが、初日の1ステージ目でのテンポが早かったのが、悔いが残る。私のきっかけが原因なので、反省。次のセットでは、いい感じで出られて、ごきげんなグルーヴが生まれた。この曲は今のレパートリーのなかにあって、実に繊細さを要求される曲なのだ。特に、イントロから1コーラス目のサビ前あたりが、神経を使う。メンバーみんなの息がピタっと合うには、強い集中力で演奏していかなくてはいけない。でも、演奏するたびに可能性を感じる曲だな。

 ‘Dear Summer’はジュンコさんがお気に入りの曲。不思議な物だが、この曲はコード進行も凝ってるし、転調も激しいし、メロディもむずかしいが、さすがに好きなだけあって、ジュンコさんはスイスイと歌いきってしまう。だから、完全にボーカルに引っ張られて曲は進んでいくのだ。何も、素晴らしい歌のバックで、ゴチャゴチャ楽器で茶々をいれることはあるまい。シンプル・イズ・ベスト。確かに意外とライブ映えする曲だ。

 さて、私個人的に楽しんじゃったのが、Billy Prestonの‘You're so Beautiful’だ。私のキーボードとゴトウさんのサックスだけで、バックをつとめるのだが、やるたびに表情がかわって即興的に進むのでおもしろいのだ。ただ、少々、悪ノリした私のせいで、全体の造形が乱れた部分があったようだ。(ちょっとクラシックの評論家みたいな表現!)ここでもシンプルさが大事と思い知る。またまた反省。しかし、ゴトウさんのサックスは毎回すばらしいソロだった。全くもって脱帽であります。

 ついでに個人的なトラブルをお話すると、2日目の‘シルエット・ロマンス’の演奏中、マスターキーボードのA♭鍵盤が下に落ちたまま(その前から怪しい動きがあったのだが)、戻らなくなってしまった。このA♭音は、この曲で頻繁にでてくるので、少々パニくってしまい、集中を欠いてしまった。もし、この時の‘シルエット・ロマンス’がへんに聞こえた人がいれば、私のせいであります。ごめんなさい。ステージ終了後、接点復活剤をかけて、応急処置して2ステージ目は乗り切ることができたのだった。フ〜。

 ステージ後半は‘I Wish’‘サファリ・ナイト’‘ペイパー・ムーン’‘シンプル・ラブ’と、まさに、ノリノリ・イケイケだが、お客さん達の「楽しんじゃえ精神」が我々をプッシュして、怒濤のエンディングへと突進した。この辺の曲は、いわゆるオリジナル版ディスコ・メドレーといったところか。やってるこちらも自然に身体がゆれてきて、音楽の快楽にすっかり身をゆだねるの図であった。

 そして、ラストの‘My Love’は、エンディング間際のジュンコさんのHi-G音が、全ての人を昇天させてしまう。何十回と演奏し、聴いている私でさえ、毎回ここに来ると「ク〜、たまらん!」となってしまうのだ。これで、今日もうまいビールが飲めますよ、ほんまに。音楽万歳!

 いい夜をおおきに、大阪。ほんま好きやねん。

  ♪~北の新地は 思い出ばかり 雨模様 夢もぬれます ああ大阪しぐれ
[PR]
by harukko45 | 2001-09-23 00:00 | 音楽の仕事

夢見るスイートベイジル

(前回からの続き)

 ‘Izm’の2コーラスが終わり、間奏のサックス・ソロのあたりになると、もうすっかり演奏・ステージにのめり込んでいる自分がいた。私の隣に立つベースのロクさんや、ウエちゃんからもイケイケ光線がどんどん発射されているではないか!まったく、こいつらときたら!それをニコニコしながらタマちゃんが軽く返していく。一方、白熱のブハブハ・ソロを展開中のゴトウさんは真剣そのもの、命がけの表情がかっこいい。ジュンコさんもABデコーズものっけから踊りまくっております。そうそう、これでいいのだ!シンプルにブハーっとやればいいのである。音楽に理屈はいらんだろう!ヘッド・ミュージックなんかくそ食らえだ!

 だいたい、最近は予定調和の音楽が多すぎるのだ。みんな、頭の呪縛から解放されようではないか!そして、音楽における肉体性を復権させよう!うわべだけのかっこよさなど、もうウンザリだ。そうだ、もっとイケーッ、ウエちゃん、がんがんイケーッ、ロクさんもバキバキいけ〜、タマちゃんもぴょんぴょんトンデケ〜!ナニ、豊かな感情や繊細な表現も大事では?そんなこた〜ミュージシャンの基本だ!当たり前のこんこんちきだ。それをふまえたバカ騒ぎこそ音楽の楽しみ、奥深さではないか!だいたい、豊かな感情でとか、繊細な表情でなどと、いちいち考えながら演奏しているバカはいない。そんなことしているうちに、曲はどんどん進んでしまうのだ。ミュージシャンは瞬間瞬間にイロイロ感じ取って、反応していくのだ。そして、その運命は音楽の神様にとっくにお任せしている。音楽やってりゃ、生きてようが死んでようがどっちでもいいのだ!

 失礼、ちょっと熱くなりすぎた。

 上記のようなカオス感は我々の内面にわき起こっていることで、この日のステージが格闘技のようであったわけじゃない。しかし、実際のステージの裏に潜む、見えないステージで確実に進行していることだ。時に、裏のステージが強くなりすぎて、オーディエンスを無視したようなパフォーマンスになる危険性も常に孕んでいるわけだ。

 スイートベイジルでは、そのバランスが微妙だった。かく言う私も、これは現実か、幻か、と思う瞬間が何回かあったが、ジュンコさんの素晴らしいプロ根性が、我々をしっかりと今という時間に引き戻した。やはり、大橋純子という歌手はただ者ではないのだ。歌い手の凄さというのは、同じステージに立つことで、より認識するもので、長くミュージシャン生活をしていても、そういう機会に巡り会うのはわずかだ。つまり、こういうことだ。我々がどんなにイケイケになろうとも、ジュンコさんはその歌、その声で、一瞬にして我々を包み込んで、ちゃんとお客さんに手渡してくれるということなのだ。この日感じたジュンコさんの大きさに、私はまた敬服の念を深くするのだ。

 反省もしておこう。新曲の‘どうして心は’と‘Dear Summer’は比較的よかったと思う。が‘8番目の海’や‘A Way’はこのバンドならもっと熟成させていけるはずだ。スティービー・ワンダーの‘I Wish’もまだまだこんなもんじゃないだろう。と、細かく思い返せば、確かに悔いや不満がある。しかし、私はこの日の内容にはけっこう満足している。それは、あまり準備がないのによくやった、などというレベルの満足感ではない。スイートベイジルで強く感じたことは、今回のステージにたったメンバー全員の音楽に対する真摯な態度であり、この姿勢があるかぎり、大橋純子のステージはお客さん達に支持され続けるだろうと確信したことだった。

 そうでなければ、最後の‘My Love’であんなにたくさんの拍手はもらえない。そして、そんな我々の演奏をしっかり受け止めて、楽しんでくれたオーディエンスの皆さんに深く感謝するのであります。

 私は少々興奮気味で、この日はなかなか寝付かれなかったこともお伝えしておきます。
[PR]
by harukko45 | 2001-09-04 00:00 | 音楽の仕事

スイートベイジルの幻影

 9月2日、午後2時に六本木スイートベイジルに入った私だったが、どうも今日はいつもと違う感覚に少々悩まされていた。何て事はない、本番への期待と不安が入り交じって、緊張しているってやつだ。そう、この日はジュンコさんの久々の東京でのステージだ。それも、レコーディング以来初のライヴである。つまり、ニューアルバムをひっさげての、お披露目会でもあるわけだ。だから、バンマス自ら、こんな調子じゃバンドの士気に関わるのだ、いかんいかんいかん!Take It Easy.・・・そんなこと自分に言い聞かせるなんて、久々かもしれない。

 のっけから、弱気な始まりで恐縮ではあるが、この日のライヴはニューアルバムの中から、5曲披露するわけで、なんだかんだいってもナーバスになってしまうのだ。ついでに言い訳をひとつ、スケジュールの都合等で、リハーサルが一回しかおこなえなかったのもその要因ではある。メンバー諸氏には各自、自己練習にはげんでいただき、この日を迎えたのだ。

 2時半からサウンドチェック、引き続きリハーサルとなったが、やはり新曲に関して、細かいチェックと確認にほとんど費やされた。スイートベイジルの音響スタッフの仕事ぶりは手際よく、大変やりやすい環境をつくってくれていて、大いに助かった。PAからのサウンドも迫力あるクリアなもので、すごくいいよ、とケンさん。まずは一安心だが、楽屋に帰ってからもしばらくメンバーどうしで、新曲のチェックをしあって、いつものようにバカ話に終始するっていうわけには行かなかった。フ〜、ちょっと重いね〜。(オレだけかな?)

 実際、自分たちでレコーディングした曲とはいえ、CD作品としていろいろ煮詰めていった楽曲の完成形を、ライヴ演奏で取り上げるのは、まったく一からのものであって、別の神経や配慮が必要になってくるのだ。よって、ある程度の時間と回数(本番をこなして)がやはり欲しいというのが本音ではある。しかしながら、いわゆるサービス産業の一角に従事する我々ミュージシャンとしては(これはロクさんの口癖です。)、どんな状況であろうとも、精一杯演奏して、来ていただいたお客様に楽しんでもらわねばいけません。強いプロ意識を持って、本番に臨む我らがジュンコ・バンド、そしてもちろんジュンコさんであった!テテテンテンテンときたもんだ!


 7月あたまにレコーディングを終了し、その後すぐにトラックダウン、マスタリングを終えてから、バンドメンバーはそれぞれ別のところで、演奏活動を続けていた。私はロクさんと一緒のレコーディングもあったが、そのほかはSeemaという新人アーティスト(インディーズ時代からのつき合い)のレコーディングとライヴをおこなっていた。タマちゃんはゴスペラーズやアダムなどなど、ロクさんはDr.Kプロジェクトをはじめ、これまたいろいろなセッション。ゴトウさんやウエちゃんも自分のユニットの活動を中心にあっちこっちに出没していた様子。その間、ジュンコさんはニューアルバムのキャンペーンと各メディアの取材をこなしながら、TV出演とそれぞれの夏はあっという間に過ぎ去ったのだった。

 そして、8月22日、“QUARTER”というタイトルで、ジュンコさんのニューアルバムは発売されたのだった。私もCDを受け取り、聴いたのだが、いろいろな思いやレコーディングの場面が思い返されて、普通に音楽を楽しむ余裕がまだない。これは、他のメンバーもそうだろうが、なかなかすぐには客観的にはなれないわけで、自分の経験では1年ぐらい経つと、冷静に作品として接することができるが、今は生まれたての子供をだっこしているような気分なのだ。いや、違う!自分達で生んだ子供を世間のみなさんに渡してしまったというほうが正しいかもしれない。だから、聴き手のみなさんの評価、感想、意見等を聞いてみたい反面、しばらくそっとしていてね、などとも思ってしまうのだ。(これぞ、真のボヤキか。)

 ところで、ニューアルバム“QUARTER”は、みなさんのお手元にありますか?もし無いのなら、それはファンとして、不謹慎というもの、すぐさまCDショップに向かってください!もうすでにお持ちの方は、この後の内容を読み続けてもけっこうであります。

 <空白>
(kokokaraha,nyuarubamuwo,omochinokatanomi,yomukotogadekimasu.ashikarazu.)
などと、冗談はさておき、前回までの「レコーディング後記」では曲名を作曲者名+通し番号で記載しておりましたが、正式曲名と照らし合わす事にしましょう。

1.‘A Way’(仮タイトル‘Ken M-1’)
2.‘どうして心は’(‘Ken M-2’)
3.‘8番目の海’(‘Sakiya M-6’)
4.‘Dear Summer’(‘Ken M-4’)
5.‘MIXED’(‘Wada M-5’)
6.‘エンジェルフィッシュは眠らない’(‘Ohtsubo M-7’)
7.‘愛がさめるとキスが減る’(‘Sakiya M-8’)
8.‘涙の種’(‘Ken M-3’)
9.‘I Wish’
10.‘風の舞う町’

 この正式曲名表をチェックしながら、ジュンコさんの日記と私のレコーディング後記をもう一度読み返していただければ、ニューアルバム“QUARTER”のほぼ全容が見えてくるのではないでしょうか。そうして、アルバムをまた聞き返していくと、より楽しみも増えるのではなどと思っております。

 さて、今回のライヴでこの中からセットリストに加わったのは、‘A Way’‘どうして心は’‘8番目の海’‘Dear Summer’‘I Wish’の5曲である。

 本番5分前、楽屋に全員集合して、手をあわせる。みんな、まだ少しナーバスなムードを引きずってはいるが、あまり小さいことは気にせず、いつものように楽しくやりましょう!ファイト、オー!気合い一発、ステージに向かうのであった。

 客席には関係者の方々も多くつめかけてくれたし、友人たちも見に来てくれていた。もちろん、ジュンコさんの歌を愛する新旧のファンの人達で客席は一杯だ。不思議なものだが、ステージに上がった瞬間、こちらの気持ちもワクワクしてくるのだ。

 みんな、準備はOKかな?各メンバーとアイコンタクトをとり、さて、じゃそろそろイキマッセ!

 こうして、一曲目の‘Izm’がはじまったのだった。(To be continued)
[PR]
by harukko45 | 2001-09-02 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29