It's got to be REAL

 最近は、子供が親を殺したり、親が子供を殺したりと、ニュースを見ていて、いたたまれない気持ちになってしまうことが多いのです。そういう事件のあと、学校の朝礼では校長が「命の大切さ」をお決まりのように、子供達に説いています。はて、それが真実でしょうか?なにか、違和感を感じてしまうのです。殺人や凶悪な行動に至る彼らの意識に渦巻くものや、少なからずそういう行動に共感したり、自分もキレてしまいそうだという思いに応えることが、まるで判で押したように語られる「命の大切さ」なのでしょうか。何かリアリティに欠けている気がしてしまうのです。

 ましてや、その当事者の一人である親は、私とほぼ同年代が多く、一緒に机をならべていたような連中があそこまで追いつめられてしまうのです。果たして、私達が受けてきた教育とは何だったのか、自分達の成長はどこかでゆがんでしまったのか、大きなむなしさが募ります。私達は「子供を叱れない大人」との烙印を押されているのです。

 自民党の総裁選が連日騒がれています。確かに4人の中で総裁に選ばれた人物が、次期首相になる公算が大きいのですから、大変重要なのはわかりますが、実際、国民の多くが考えているのは「自民党はNO!」なのではないですか?自民党にはもうウンザリなのです。なのに何故マスコミはあんな連中を大々的に報じてチヤホヤするのでしょう。

 なぜ小泉なのですか?彼はついこないだまで、「身を挺してでも森政権を守る」といってきたのです。それが、森政権の総括もせず、反自民ぶってるのは何なのでしょう?だいたい彼の唱える「郵政三事業の民営化」をはじめとする構造改革は今の自民党では実現する可能性がないと考えるのが普通でしょう。おまけに最近では野党にラブコールを送っていますが、そんなら、さっさと離党するほうがいいのではないですか。

 じゃ、なぜ橋本なのですか?彼は景気後退の原因をつくった人物ではないですか。今更、過去の政策についてあやまられても困ります。彼は首相当時、不良債権の本当の数字を知らなかった、まさかここまで大きいとは思わなかったし、大蔵省も銀行の幹部でさえ正確に把握してはいなかった、と語っています。じょうだんじゃない、この国の真実を知らない連中が国を動かしていたなんて!

 現在の不況の要因としてあげられる不良債権問題ですが、それが語られ始めた宮澤政権時代、財政を6兆円銀行に注入すれば解決していたと言われています。なのに、その政府の申し出に対して、銀行側が断ったのです。何故、断ったのか?大蔵省が銀行側に断るように指導したからです。大蔵省はバブルがはじけても、すぐに持ち直すと甘くみていたのでしょう。また自分達のミスも隠さねばならなかったのでしょう。おかげで、6兆で済んだものがこの10年たって、10倍の60兆償却してもまだ、80兆(150兆とも言われる)あるのです。いや、このまま不況が続けば、もっと増えてしまうのです。

 この当時の首相の宮澤が強い政治力は発揮していれば、大蔵省をおさえることが出来たのです。それに失敗した彼が「平成の高橋是清」とか言われて、大蔵大臣に復帰してもう何年たつのでしょう。この国には過去の失敗をきちっと検証・総括し、それを生かすという文化がないのでしょうか。

 しかしながら、このような愚かな政治を生んでいるのは、我々国民であり、愚かな国民が選ぶ、愚かな政治家が、愚かな政治を行い、国民をますます愚かにし、次の選挙でも愚かな政治家を選ぶのです。この国は経済だけでなく、精神においてもデフレスパイラルに陥っているのです。

 何処に真実があるのでしょうか。何が本物なのでしょうか。いや、どれも真実であり、どれも本物なのでしょう。臭いものにフタをする時代はとっくに過ぎたのです。本物の再発見は愚かな自分に気づくことからはじまるのでしょう。

 ただ、今は浜崎あゆみの言葉が一番ピンときます。「夢も希望も持てない時なのに、『明日に向かってがんばろう』なんて歌えない。」

 本物じゃなきゃだめなんです。
[PR]
by harukko45 | 2001-04-18 00:00 | 日々のあれこれ

スポーツマニア

 いきなり唐突ですが、

私はスポーツとは観る物であると決めております。

 それに比べて、ジュンコさんをはじめ我がバンドの女性陣はよく運動しとります。なるほど、その成果あって、三人ともお美しいプロポーション(?)を見事に維持されておりますし、とにかく元気。全く悩みなんかないんじゃないのってぐらい闊達なお嬢さん方なんです。我々のステージをご覧になった人なら、よくわかりますよね。なんちゃって。

しかし、私はスポーツとは観る物であると決めております。

 去年、暴飲暴食がたたって私は胃潰瘍になってしまいましたが(ストレス性じゃないのが男の勲章といえないところ)、この時私の体脂肪率は30%近くになっていました。それを聞いた女性陣、特にジュンコさんからこの数字に対して非難轟々の洗礼を受け、日頃の運動を強くすすめられました。例えば水泳あたりですね。プールに行けということであります。悪いことに、他の男メンバー達も体脂肪率10%台 をキープしているものが多く、益々窮地に立たされたのです。

 それだけではありません。私よりどう見ても、腹が突き出ているベースのロクさんにまで、水泳をすすめられました。ちょっと待ちなさい、ロクさん、あなたは確かにうちの近所にある横浜国際プールに、家族連れでよく登場するけど、泳いだ後ビールぐびぐび飲んでんじゃないの!(ま、私の場合、そのビールの方だけよくお付き合いしちゃうんだけど。)とにかく、薬と食事療法で胃潰瘍も治り、体脂肪率も20%弱になり、現在の体調はすこぶる良いわけですが、相変わらず運動は御遠慮させていただいております。なぜなら、

私はスポーツとは観る物であると決めておるからです。

 だいたい、スポーツのアスリート達がやってることは身体にはメッチャ良くないことです。いいわけないです、絶対。ですから、40過ぎたものは、今から運動なんかしないほうがいいのです。え?変なこじつけだ?いいんです!なぜなら、

私はスポーツとは観る物であると決めておるからです。

 自分でやらないかわりに、観ることにかんしてはそれこそ命がけでスポーツを観るのが私の流儀です。一流プロスポーツ選手・アスリートのみなさんは、自分の身体を削って、削って、我々に喜びや希望を与え、なおかつ人類の限界に挑戦し続けてくださっている方々です。おおいに尊敬されるべき方々であります。ですから、こちらも観る時は命がけでみなくては失礼にあたるのです。当然、観てるだけで大変疲れますから、自分で運動する暇などあるわけがありません!

 そういう私ですから、今月の忙しいこと、忙しいことったら!ついさっきも、イチローのメジャーリーグ初ホームランをしっかと見とどけましたぞ!7対7で迎えた延長10回の表、1アウト、ランナーを1塁において、初球のど真ん中のストレートを見事にライトスタンドにぶち込みました。もちろん、その裏佐々木がレンジャースをピシャっと3人で押さえて、マリナーズの勝利!イチローのホームランが決勝点となったのであります。

 つい二日前には野茂が二回目のノーヒットノーランをやりとげました。これは録画ではありましたが、一球たりとも見逃さない気合いで臨み、彼の素晴らしい投球をすっかり堪能させてもらいました。全くもって偉大なる野茂英雄には深々と最敬礼であります。

 一方、サッカーにおいては特にヨーロッパ各国のリーグ戦が佳境に入っており、どれも見逃せません。とりわけ国を越えて、各国のリーグチャンピオンチームがヨーロッパNO.1クラブを争う、チャンピオンズリーグのクォーターファイナルがいよいよ始まり、もうこれはなにを差し置いても見ねばなりません。

 それぞれホーム&アウェーで二試合おこなわれるうちの一試合目が先日あり、早朝よりテレビの前で陣取っておりましたが、私の大好きなスペイン勢3チームがことごとく敗れるとは!大ショックです。特にあのレアルが負けるとは!しかし、イングランドのマンチェスターとドイツのバイエルンの一戦は、サッカーファンにとってはたまらないゲームでした。

 この因縁の試合、あの2年前の「カンプノウの悲劇」を知っている人ならわかりますよね、この気持ち。そう、この時、私はジュンコさんの“Time Flies”のレコーディングのまさにまっただ中で、ライブではみれず、後でビデオで結果を知ったのですが、見終わったときの感動は言葉では言い表せませんでした。この試合は今後何十年と語り継がれることでしょうね。ですから今年、その再戦がみれるとあっては、おちついていられるわけがないです、ハイ。ちなみに私はバイエルンを応援しております。

 さて、今日はこれからマスターズ・ゴルフをチェックしつつ、JリーグをTVで見続けることになります。なぜなら、毎週totoを買ってるんです、私。もう4回目になりますが、なかなかうまいようにいきませんな。ま、ご贔屓のジュビロ磐田は常に勝ち予想にしてしまうのですが、これは見事期待にこたえてくれて、勝ち続けていますが、地元の横浜F・マリノスのていたらくぶりには、はらわた煮えくり返っております。お願い今日こそ勝ってね!あ、いけね、俺、負け予想にしちまってた!う〜、どうしよう、こまったな〜。チームには勝って欲しいが、1億円もな〜。ですから、

私はスポーツとは観る物であると決めておるのであります。
[PR]
by harukko45 | 2001-04-07 00:00 | 日々のあれこれ

徒然にぼやきしこと

 2001年を迎えたと思ったら、もう4月ですか。2月に仮オープンしたこのホームページも二ヶ月が経ったわけですね。私もこのコーナーを受け持って、最初はドタバタしながらアップデートしておりましたが、我が編集長の植村氏のご指導を仰ぎながら、自らもHTML辞典を引きつつ(最近やっと購入)、だいぶ効率良くテキストがかけるようになってきました。こうなってくると、テキストそのものに美しさと愛らしさを感じるようになってきている今日この頃の私なのであります。

 愛らしい物というと、みなさんそれぞれ色々あるでしょう。私にとっては、現在こうして向き合っているコンピューターがまずあがってきます。私はマッキントッシュG4・400を一年半程前から使っていますが、やはり音楽制作での使用がメインとなります。最近では、デスクトップそのものをスタジオに持ち込んで、シンセとして使うこともよくあります。私のシステムは「Cubase」ですが、ドラムのウエちゃんとプロデューサーのケンさんは「Performer」を使ってますね。会うとお互い、あ〜だこ〜だ情報交換するのが常となっているわけです。

 さて、こういうコンピューターによって創られる音楽は、ポップ・ミュージックにおいても60年代からあるわけで別にめずらしいわけじゃないですが、ここ最近、パソコンの浸透とその機能の飛躍的な進歩によって、よりパーソナルな世界に入っていく傾向にあります。つまり、【創った私と聴き手のあなた】だけの世界とでもいいますか。別に作り手がそれを意識しようがしまいが、ひとりで作業することが多いから、ある意味しかたがないのですが、時に「聴き手のあなた」もいない「身勝手な私」を押しつけられる不愉快さも多々感じてしまうことも事実です。

 しかし、このことは何もコンピューターのせいだとはいえません。当然、それを創るアーティストの才能のあるなしであることは間違いありません。例えば、ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンや80年代のプリンスなどは、コンピューターを使おうが使うまいが、「only me and you」を表現し、聴き手はその閉ざされた世界に魅了されてきたわけで、まさに天才のみができるものだったのです。私はその何に感動するのかと言えば、閉ざされた世界に分け入って、彼らの深いダークサイドに触れ、そこにある豊かな情緒を感じられることなのです。

 最近は情緒面より、「こうしたいからこうする。そして、こうなった。」というようなアーティスト、プロデューサー側の「意志」の方が強く、それがどうにも、うざったく思えて、音楽を素直に楽しめなくなってしまうのです。コンピューターの発展は「こうしたいからこうする。」をより簡単に実現させ、ならば、「もっとこうしたいからこうする。」を強く我々に思わせることになり、その結果、人工的・頭脳的表現が幅を利かせていて、「こう感じたから、こうなってしまった。」というような自然発生的・偶然の産物・あ〜音楽の神様が微笑んだ的表現が失われつつあると思うのです。それに、「こうしたい」ことが聴き手にとっては、「ふ〜ん、あ〜したかったのね。」程度のバレバレ状態がほとんどですから、益々むなしさも募るということです。

 もちろん、この意見は作り手でもある私にとっては、両刃の剣であって「じゃあ、お前はどうなんだ?」と問われても、その回答に窮するのも事実です。ただ、アップルのCEOであり、コンピューター業界の予言者と名高い、スティーブ・ジョブズ氏が今回来日したおりに、TV番組でキャスターの「これからのパソコンの方向性」についての質問への答えがヒントになるかもしれません。

 ジョブズ氏によると、パソコンは現在、第三の革命期に入りつつあるとのことです。第一期はパソコンの誕生でその革命はおもにオフィスを中心に起き、第二期はインターネットによって各家庭に入り、そして第三期、これからのコンピューターは人々の「感情」を表現することに使われる、と言っておられました。グラフィックと音楽分野が強いアップルの経営戦略としては至極当然にも思える反面、その発言には共感できます。

 ハードウェア側から「感情」というキーワードが出された以上、こちら側も「感情・情緒の復活」が大きな命題となるのではないでしょうか。いや、ちとおおげさな。でも、その命題に取り組むことで音楽における肉体性を取り戻し、「身勝手な私の意志」を聴くことから、「豊かな情緒の泉」に浸る音楽への脱却へと繋がっていくのではと思うのです。
[PR]
by harukko45 | 2001-04-05 16:00 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30