WBC/日本9-4アメリカ

 侍ジャパンにとって、今回のWBCでの最高のゲーム。その素晴らしい勝利で見事決勝進出おめでとう!!!
 今日の松坂はキューバ戦のような出来ではなかったが、それでも粘り強いピッチングをして、2度のリードを許すもゲームを壊すことはなかった。この2年間、MLBでタフなシーズンをこなしてきた経験はしっかりと生かされている。
 5回のピンチを引き継いだ杉内も、ここまでずっと良い状態だったが、今日も期待に応える見事な火消しぶりだった。

 だが今日の主役は攻撃陣。各バッターはかなり調子が上がってきている。特に稲葉、小笠原の4,5番は先発オズワルト攻略の突破口を切り開いてくれた大殊勲者。2回と4回の同点、逆転劇はこの二人によって生み出された。
 その4回は、後続もしっかりと「つなぐ」バッティングが徹底されていて、エラーや犠牲フライをはさみながら、岩村、川崎、中島の3連打が飛び出し、一挙5点のビッグ・イニングになった。これにより、日本は一気に試合のペースをがっちりと握った。

 7回からは田中マー君が登板、3番のロリンズにスリーベースを打たれたものの、1番からの好打順、ロバーツ、ジーター、そして4番ライトを討ち取ったのは立派だったし、彼の堂々たる姿は実に誇らしかった。

 そんな日本ペースの展開で少し余裕を感じさせる采配が見え始めた終盤戦、手負いとは言えさすがアメリカ、そうそうたるビッグネームが並ぶ訳ではないが、やはり個々の能力は高く、ちょっとした油断やスキ、甘い投球やミスを見逃さない。8回、セットアッパーの馬原が打たれ、2点差に詰め寄られてなお1アウト・ランナー3塁の状況での勝負は今日一番の緊迫した場面であり、見ている方もシビレまくった。
 回の最初の方ではフォークがきまらず、ストレート一本で勝負するしかなく、どんどん苦しいピッチングになっていた馬原だったが、土壇場で開き直ったのだろうか、残り2人の打者には会心のフォークで見事に討ち取った。これは大きかった。

 そして、その頑張りが裏の攻撃につながった。2アウト3塁での川崎は強い当たりのショート・ゴロだったが、彼の足と気迫がジーターを上回ったか、あの名手が悪送球。これで、大きな大きな追加点が入り、ほぼ勝負あった。その後に遅ればせながら、イチローにタイムリーが出るわ、中島のライト前のヒットを相手のミスでツーベースになるわで、一挙3得点の5点差。アメリカは完全にギブアップとなった。

 終わってみれば、日本の強さがとても際立った結果だが、それでも1回1回の攻防にはいろいろと見るべきものが多く、個人的には野球を見る楽しさが一杯の試合だった。で、日本の勝利でその喜びはさらに大きいのだった。

 さて、ついにここまで来てしまった。明日が最後の戦い、相手は5度目の韓国。もう勝つしかない。これまでと同じようにキリキリした神経戦となるだろうが、それゆえにとことん勝負にこだわった野球に徹してほしい。優勝、2連覇以外に意味はないし、必ずや今の日本チームはやり遂げてくれると思う。もちろん、今日の川崎選手の「ベンチにいても試合に出ていますから」の言葉を受けて、私もテレビで観ていても必死で戦う気持ちでのぞみます。
[PR]
by harukko45 | 2009-03-23 14:18 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31