WBC/日本14-2韓国

 驚きとも拍子抜けとも言える圧勝で、まずは最低限度のノルマである2次ラウンド進出決定、おめでとうジャパン!

 イチローに関しては、それほど心配はしてなかったけど、やはり彼が打ってくれると気分が大きく盛り上がる。彼の初ヒットが生まれた瞬間の東京ドーム全体の興奮がテレビを通しても伝わったし、当然テレビ画面越しの私も大興奮。
 そのヒットが呼び込んだと言える中島、青木の見事な3連打での先制点奪取は、実に素晴らしい攻撃ぶりだった。正直、いくら北京で2度対戦して全く打てなかったキム・グァンヒョンであっても、常に良い訳じゃないし、プロの一流バッター達が3回連続で手も足も出ないなどということは、まずあり得ない。だから、この試合で日本が彼を打ち崩す可能性はあると思っていたものの、その後も攻撃の手を緩めず、2回8点でKOするとは全く予想を超えるものだった。
 特に1回の内川、2回の村田の横浜コンビは大殊勲の活躍、原監督も中国戦からオーダーを組み替えた采配が的中、これもお見事でありました。

 先発の松坂はこれはまぁいつも通りとも言える、「投げてみなけりゃわからん」的立ち上がりで、ずいぶんヒヤヒヤさせられたが、味方の大量得点に大いに助けられての復調、4回を2失点で抑えきった。今日の出来は、彼ほどの投手としては物足りないが、とにかく試合をぶち壊さなかったことは評価したい。だが、アメリカ・ラウンドでは最初からビシっと行ってくれなくては困る。

 さて、その後は少々打ちすぎじゃないかと心配になるほどの猛攻で、コールドゲームを成し遂げてしまったわけだが、この大勝利にいい気にならず、今一度「勝って兜の緒を締めよ」と肝に命じて、次戦に臨んでほしい。まだまだ先は長い。
[PR]
by harukko45 | 2009-03-07 23:14 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31