MAKI/荻窪ヴェルヴェット・サン2Days

 個人的には2月は最初から最後までライブ三昧となったのですが、その最後はMAKIさんによる2Daysイベント「ここで歌うんです SPECIAL!」でありました。正確には2日目は3月1日だったので、月をまたいだってわけですが、その次の日からも仕事が立て込んでしまい、ブログの更新が遅くなってしまいました。

 で、そのイベント、1日目はアコ・ラウンジと称して、いわゆる弾き語りのアーティストが7人登場。その中でMAKIさんは、私のピアノをバックでトリをつとめたのでした。この日の出演者の中では京都から来てくれた山田兎さんの安定したパフォーマンスが良かったですね。それと、久しぶりにリナンさんの弾き語りを聞きましたが、いつもながらの音楽的感性の凄さに感心しつつも、本当はもっと豊かで広がりのある表現ができるはずだと思うので、今回はちょっと物足りなかったかな。

 そして、私とMAKIさんですが、全体としては満足できる内容になったと思います。今回のセットメニューが彼女の曲の中でも、ほぼベストと言える楽曲で、自分も好きな曲ばかりだったので、とても良かったです。ただし、安倍なつみさんの"月色の光"をやることになったので、ちょっとかまえた感じになりましたけど、本番はうまくいったと思いました。

 さて、2日目はエレキカーニバルと称して、バンド・スタイルで5組にhirokoさんの弾き語りの計6組の登場でありました。それぞれ、なかなかの個性派揃いで楽しませてもらいましたが、特に、Kurosawa Daisuke with bisでドラムを叩いていたアチョーこと麻生祥一郎くんとはホントに久しぶりの再会でしたし、そのグルーヴの良さや的確なドラミングを聞けたのは、とてもうれしかったですね。
 とは言え、やはり出番が最後なので、さすがに私のようなオジサン・ミュージシャンは待ちくたびれました、やれやれ。
 というわけで、アミノ酸飲料やら栄養剤を飲んで、気合いを入れ直しての大トリ演奏、久しぶりのバンド・セットによるMAKIさんとのライブはやっぱり楽しかったです。実際にはほとんど自分の弾く生ピアノは他の音にかき消されてモニター出来ませんでしたが、そこはそれ、何度もやっているメンバーだけに自然とうまくいっちゃうのでした。
 
 2日間ともお店が酸欠になりそうな満杯状態でしたが、ちゃんとイベントを成功させちゃうMAKIさんは前にも書いたけど、プロデューサーとしても優秀でありますね。今後じょじょに規模を拡大したり、内容を濃くしていくことも彼女なら可能でしょう。大いに期待したいです。


 
[PR]
by harukko45 | 2009-03-06 01:09 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31