水越けいこ/Tour 2009

 水越けいこさんとのツアー、名古屋・京都・神戸の3ヶ所のライヴが無事終了、リハ前にはアタフタしていた私としては、ホっとしているところです。とは言え、初日の横浜は私が参加できず、最終日の神戸ではギターの田口慎二君が参加できずという状況で、正直言えば、水越さんにも負担かけたし、聴きにきていただいたお客様たちにも、少々フェアでなかったかもしれません。
 それでも、私が参加した三日間は全員が一台の車で移動しながらの演奏だったこともあり、何とも言えないファミリー的な感覚になり、メンバー・スタッフがひとつになることの大切さをまたここでも感じた日々だったのでした。

 さて、名古屋・京都での二日間は私と田口君のギターによるバックでのけいこさんのボーカルによるバラード特集、ここ数年続けてやってきただけに、やればやるほど充実感の増す感覚があり、各自が納得する演奏にたどり着く時間も早かった。なので、特に京都でのライブではリラックスした中にもそれぞれがトライするような演奏になり、とても楽しかった。また、ある意味では初日となった名古屋での緊張感も捨てがたい。
 そして、昨日は田口君がいない中、私がほとんど一人でバックをしながら、後半には素晴らしいヴァイオリニストである下川美帆さんを迎えてのライブは、それまでの二日間とはまったく違う表情となったのでした。
 最初は、ギターがなくなったことでのサウンド面のマイナス部分ばかりが気になっていましたが、すぐに音の少ない中での楽しみを見出すように心がけたことと、後半参加のミホさんの演奏にも大いに刺激を受けたことで、当初の不安をかきけすことが出来たように思います。

 メインである水越さんは、全て同じ状況で歌えなかったことで、いろいろ不安もあったと想像しますが、それでも、最後まできっちりやりきってくださったことは、さすがであった思っています。逆に言えば、けいこさんの歌があってこそ、このツアーはなんとか統一感を得られたのかもしれません。
 
 さて、聴いていただいたファンの皆様はどのパターンがお好きだったか、分かれるかもしれません。そういったご意見もお聞きしたい心境にもなりますが、今はこの三日間をやりきったことへの満足感の方が勝っていると言えるでしょう。

 というわけで、一応今回のツアーは終わりですが、メンバー・スタッフともにもうちょっとやりたい気持ちも強く、是非追加を実現したいと願っていて、事務所側も奮闘していただけそうな感じです。その時には、今回の全ての良さを一体化したようなものに仕上げたいと、今からワクワクしています。

 とにかく、三日間のライブにお越しくださったファンの皆様には厚く熱くお礼申し上げます。また、けいこさんファンの皆様、是非こちらにもご感想やご意見を賜りたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。それでは、今日はみんなで車で帰りますが、いろいろありがとうございました!
[PR]
by harukko45 | 2009-02-23 00:51 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31