W杯予選/日本3-0カタール

 圧勝、快勝でしたな。今日は文句つけません。皆よくやってました。このぐらいの内容で残りも行ってほしいもんです。

 特に前線のチビッコ軍団、田中・玉田・大久保、よく走っていい形を何度も作っておりましたし、そこに内田くんからの相手DFの裏を狙ったパスが見事にはまっての田中の先制点でした。前半はその後得点できなかったけど、何度もチャンスを生み出していたし、相手の攻撃がそれほどでもないのが見えたので、ほぼ安心してみておりました。

 とは言え、何が起きるかわからないのがサッカー、なので、後半開始早々の玉田の2点目はシュート自体も見事だったし、勝負の行方を大きく左右する得点だった。ちょうど、あの時間帯での前線への人数の掛け方、ボールのまわし方や、左右のサイドでの展開等が、プレミア・リーグっぽい雰囲気があって、「おっ!」と思わず体が前に出たぐらい良い流れだった。
 これまでだと、そんなせっかくの良い流れであっても、ゴール前でのちょっとしたためらいから、一つ余計な動きや余計なトラップでチャンスの逃すのが日本だったけど、今日は違った。後半開始から大久保とチェンジして玉田が得意の左サイドにポジションを変えていたのを、これも今日非常にいい動きを見せていた長谷部がしっかりと把握しており、実にクールなパス。これを、玉田くんがドカーンとお得意の形から決めてくれたのだった。

 その後、一応カタールもより積極的になったのだが、いかんせん出来が悪いというか、たいしたことなかったというか、もはや日本の敵ではなかった。

 でもって、今日は作りに徹し、また守備のうまさで何回かうならせてくれた中村俊が、右のショート・コーナーからの流れで絶妙のクロス、これをトゥーリオのヘディングでの3点目で、完全に勝負あり。早々に帰宅の途につくカタール・サポーターでありました。
 試合開始当初は不安いっぱいだった左サイドバックの長友やセンターの寺田もよく頑張っていたと思うし、GKの川口もやはりいざという時にさすがの落ち着きぶりでありました。で、結果として失点続きだった日本がこの最終予選初めてシャットアウトしたのだから、高く評価していい。

 正直、岡田ジャパンになって、これほど出来の良かった試合は初めてではないか。この前のキリンカップ・シリア戦での前半の良さ(前線に玉田・田中・大久保・岡崎の4FW(1+3)を置き、中盤の底からの展開とサイドからの速い攻撃)をうまく発展させた仕上がりに私としては満足しましたし、采配にも文句ありません。
 これまでどうも好きになれなかった岡田ジャパンではあったけど、やっぱりW杯予選で日本が負けるのは見たくない。だから、今日のような戦略・戦術を徹底して、チームを熟成させていってほしい。W杯への道が少し見えてきた。
[PR]
by harukko45 | 2008-11-20 04:24 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31