安倍なつみAngelicツアーの詳細(1)

 9月末からリハーサルに入り、10月に3カ所、そして昨日東京での公演をもって、安倍なつみさんのAngelicツアーが終了しました。正直、今は複雑な心境です。無事に終えることができた安堵感とともに、「もっとたくさんやりたかった」とか「もっともっと良くやれたのでは?」との思いが絡み合っているのでした。
 そんな気持ちを抱きつつも、今回のコンサートの内容に関してはよく練って固めていったものだし、私個人としてもかなり愛着を持っているわけで、このツアーのまとめとしてこの後を書いていきたいと思います。

 やはり、セットリストにそって。

 リハーサルに入る前の打ち合わせで本田プロデューサーから、今回のステージに関する方向性や意図を聞かせてもらい、具体的に各曲のアレンジについてもいろいろアイデアをいただきました。それを元に私としては考えていったわけです。
 まずは、「アグレッシヴさ」と「インパクト」。生バンドによるアピール、それぞれのプレーヤーを生かすこと。

m1.Opening/あなた色
 そんな意図にピッタリの選曲と言える"あなた色"ですが、コンサートのオープニングとしてのデフォルメも必要。最初、シンセ・パッドによるシーンはなく、何かのCD音源から入る予定でしたが、リハの終盤で全て生で行くことになりました。
 また、パーカッションとドラムスによるリズムで、頭からノリを作り出して欲しいとの狙いから、アサミちゃんのティンバレスをフィーチャアし、その後のベース・リフもすぐに浮かんできたので、これにより一気にラテン・ロック的なニュアンスでトライしていきました。
 で、ゴトウさんのテナー・サックスをフィーチャアするためにいきなりビートをハーフにして、かなり「くさめ」なパートをはさんだのは、つづく本編のイントロをより生かすためでもありました。
 そして、やっと"あなた色"のイントロですが、CDではスパニッシュ風のアコギのフィルになっていましたが、ハマちゃんのドラム・フィルでうめることにより、かなりドラマティックになりました。これは彼のセンスの良さと卓越したテクニックによるものが大きいです。

 さぁ、お待たせしました、なっちの登場です。この時の会場からの反応がたまらんですね。一気にヒートアップする感じに思わずニヤっとしてしまうのでした。
 
 本編に入ってからは、ハマダ&ロクカワのリズム隊が毎回グイグイとプッシュしてくるのですが、なっちさんのボーカルがそれに負けない力強さを持っていたのを会場の皆さんも気づいたと思います。カラオケや打ち込みのビートと違い、今回のようにフルパワーでいく生バンドのバックで歌うにはよりエネルギーが必要なのは当然なのですが、「癒し」や「泣き」のようなイメージとは違う部分の魅力をいきなり見せてくれたと思います。

 2コーラス後に、再びオープニングのリフをベーシックに各プレイヤーのソロを素早いカットインのように入れたのも、当初の打ち合わせからのアイデアでした。その最後に徳武さんのギター・ソロにつなげたわけですが、オリジナルのコード展開があまりロックぽくない感じだったので、今回はガラっと変えさせてもらい、トクさんにはより自由に弾きまくってもらいました。

m2.夕焼け空
 なっちさんはこの曲をこれまでほとんどステージでは歌ってなかったそうで、この選曲にはビックリだったようです。でも、なるほどこれはとっても面白い作品で、曲とアレンジに一体感があり、歌詞も印象的な佳曲です。
 演奏面では特にビートルズの"Come Together"からのパターンをうまく引用したベース・ラインがいい。なので、ロクさんにはほぼオリジナルに準じた形で再現してもらいました。リハの最初ではビッチリ書かれた譜面に「オイオイ」って表情でしたが、すぐに自分のものにして、より「うねり」のある仕上がりにしてくれました。さすが「マー坊」さんです!

 それ以外にもなかなか好きな部分が多いので、ちゃんと再現したくなり、それにより私のパートは忙しくなりました。でも、とっても楽しかった。こういういいアレンジにはきちっと敬意を持って演奏したくなるのです。

 間奏では最初、ご本人の語りの部分を生かす予定でしたが、PA的に拾い上げるのが難しいとのことで断念。しかしながら、そのかわり徳武さんには珍しいギンギンのディストーション・サウンドでのソロが聞けたのはラッキーだったのでは。トクさんのソロはいつもカッコイイ。

m3.やんなっちゃう
 実は前の2曲が続きで、この曲はMCをはさんでからだったのですが、なっちさんの提案で3曲つなぎになりました。これは大正解でした。"夕焼け空"で、ちょっと突き放したようにした状態で、「こんばんは(こんにちは)!」ってMCするのは確かに違和感あるし、実際につなげて演奏してみると、すごく充実感のある流れになったのでした。
 サイズは1ハーフのコンパクト・バージョンでしたが、これも好きな曲です。歌詞だけ見ると、とっても可愛らしく、ちょっと幼い感じの女心が魅力ですが、演奏の中身はなかなか濃いのでした。
 3曲つなぎになったことでイントロをカットしましたが、これもなっちさんのアイデアで、私の短いキッカケから歌に入ることで、よりライブ的な驚きとスピーディな展開が生まれました。

 優しく繊細な感じのAメロから、Bメロでいきなり80年代ディスコ風のダンス・ビートになるところが面白いのですが、オリジナルではすぐに終わってしまうのが惜しい気がして、今回はサビ前までそのグルーヴのまま押し切りました。
 間奏は印象的なイントロ部分の発展系が登場するわけですが、これもオリジナルの出来が良いので、ほぼそのままに再現しました。というわけで、これも個人的にはあっちこっちと忙しかったですが、実にやりがいのある内容でした。

 実際のコンサートでは、会場の皆さんがそろって振りつけを一緒にやっていたのが楽しかったですね。それと、なんかあったかいムードが漂って一体感を感じました。この「Angelicツアー」の大きな肝の一つが、このオープニング3曲であると意識して仕上げるつもりだったので、実際にとってもいい雰囲気になってすごくうれしくなりました。

 おっと、ずいぶん長くなったので、続きにします。
[PR]
by harukko45 | 2008-11-10 20:11 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30