NLCS第3戦/LAドジャース7-2フィラデルフィア

 MLBナショナル・リーグ・チャンピオンシップ。敵地で2連敗というピンチに立たされたLAドジャースだったが、ホームに帰っての第3戦は我らが黒田投手の好投と打線の爆発で、見事な勝利を飾ってくれた。
 これで、流れを引き寄せてホーム3連勝といきたいね。

 今日の殊勲はまずは黒田でありましょう。シーズン中もフィラデルフィア打線には相性が良かったようだが、それでもこの大舞台で、ナ・リーグNo.1の強力打線相手に7回を2失点に抑え込んだことは大きい。
 常にボールは低めにコントロールされて、球種も多彩、コーナーへの投げ分けも巧みに決まっていて、各バッターを完全に翻弄していた。それに、一貫して攻めに徹していたのが強く感じられて、見ていて非常に頼もしい姿だった。
 だから、あわやの危険球を投げて、乱闘寸前の雰囲気になった時も、実に堂々たる態度で相手していたし、まさに真剣勝負の火花が飛び散って、見ているこっちも燃えてしまったよ!

 また、とかくラミレス頼りだった打線も、この試合では初回から見事な集中打を見せてくれて、あっという間に相手投手モイヤーをノックアウトしてしまったのだから、実に素晴らしかった。正直、モイヤーは数年前までシアトルのエースとして頑張ってくれていた選手だから、ちょっと複雑な気分ではあったが、「それはそれ、これはこれ」で、今はドジャースの勝利を信じる私なのだった。

 というわけで、この試合ではドジャースの良さがたくさん出て、実に楽しいTV観戦になったが、明日明後日も勝ってもらわにゃ、この勝利も意味がない。とにかく、先発投手陣が黒田の投球を参考にこのままフィラデルフィアの打線を何とか封じて、ホーム3連勝で王手をかけてほしいと願っている。
[PR]
by harukko45 | 2008-10-14 01:19 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31