星野ジャパン準決勝敗退

 正直言って、この試合が始まる前から、かなりの確率で「神頼み」的な部分が多かったわけで。何人かのコメンテーター達からも「祈るしかない」みたいな発言が続いていたしね。
 そういったプロの人達が見ても、「ちょっとこれじゃぁ」って気分なんだから、やっぱ勝てないわけですよ。
 2006年のWBCでも、かなり「神風」みたいな幸運もあっての優勝だったにもかかわらず、結局その後、日本の野球界は国際試合にどう取り組むのか、どうやったら代表チームを強くできるのか、なんて真剣に考えてなかったってことです。もちろん、それ以外にも日本の野球発展にかかわる改革なんて口ばっかりで、具体的に何か画期的なことが行われるなんてことは皆無だったじゃないですか。

 昨日のソフトボールが協会や各チーム、OB達が「何としてもオリンピックで金を」という強い意識でのぞんでいるのとはずいぶん違うのです。

 安易な感覚で、「念願の金」とか「Japan Dream」とか言われてもしらけるんです。

 今のままの日本野球界の取り組み方だったら、正直、プロが出てまで五輪で野球をやる必要はないんじゃないでしょうか。ですから、これで五輪と野球は決別し、本当の真剣勝負による国対抗の試合は、メジャーリーガーを含めたWBCに集約すればいいです。

 それにしても、選手選考の段階で大失敗でした。本番においてケガ人続出、調子を落としているもの多数では、お話にならない。おまけに、何だか覇気というか気概というのか、エネルギーを感じないチームでした。考えてみれば、監督・コーチ陣も現在、現場でやっている人達じゃないし、国際経験もあまりない人ばかり。おまけに、星野・田淵・山本の3人は監督・コーチとして、一度も日本シリーズを勝ったことがない首脳陣なのだ。

 とにかく、今回の星野ジャパンは投手も打線も守備も弱かった。スモール・ベースボールなんて、どこにあったのか?作戦面と起用された選手にもギャップを感じた。結局は、病気で倒れた長島さんに神頼みしていたアテネと同じように、「男・星野」のイメージやらムードだけに頼って、ちゃんと戦う集団として組織されてなかったということです。

 ここ数年、どんどんと野球への興味は薄れて行くばかりの私だけど、この弱さを見せられると、ますますメジャーのみを見るようになってしまうそうだ。
[PR]
by harukko45 | 2008-08-22 20:05 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31