ソフトボール日本優勝!なでしこは無念

 今回の日本は女子が熱い! 男子はサッカー、柔道、野球などなど不甲斐ない中、女子選手達が本当に素晴らしい活躍を見せてくれた。そして、ソフトボール日本代表がついについにやってくれた。宿敵アメリカを撃破し見事な見事な金メダル獲得、おめでとう!!!こっちも喜び大爆発!!!

 とにかく、まずは昨日のダブルヘッダーから3試合投げ続けた上野投手がエライ!凄い!最高!頑張った人は最後には報われる。今日は実に丁寧なピッチングで、ここぞという時にも冷静さを失わず、強い気持ちが画面からも伝わってきた。
 特に、6回表の1アウト満塁の大ピンチは、見ていてもシビレル気分だったけど、上野は素晴らしいピッチングで2者連続内野フライに仕留めた。この時の上野は非常に強いオーラが漂っていた。投げる前から絶対抑える気配を感じさせて、実に頼もしかった。
 一方の攻撃でも、昨日はブンブン振り回して、気持ちばかり前のめりになっていた打線が、今日はしっかりとした攻撃を見せて、アメリカの強力投手陣から3点もぎ取ってくれた。最後の最後で日本の良さが十二分に出た戦いぶりに大感動でありました。

 一方、ほぼ同じ頃に行われていたサッカー女子3位決定戦では、我等がなでしこジャパンが序盤から内容の濃い見事なパス・サッカーを展開してくれていて、こちらも大いに勝利を期待させるゲームをやっていた。が、相手ドイツは内容はないけど試合巧者、後半にわずかなチャンスをうまく決められてしまった。それまで、内容は圧倒的に日本が良かっただけに、悔しい悔しい先制点だった。
 それでも決してあきらめない攻撃的な姿勢は最後まで貫かれて、結果はその後も追加点を入れられたものの、終了ホイッスルがなるまで、つねにゴールに向かう姿には心から感動した。

 男子代表がもたもたした覇気のない試合(オリンピックだけじゃない、ウルグアイ戦でのA代表も今だ先の見えない戦いぶり)を続けている中、女子はまさに日本独自のサッカーをこの大舞台でしっかり見せてくれたし、それがちゃんと世界に通用することを示してくれたことは実に大きい。確かに、強豪を前にあと一歩及ばなかったものの、その魅力的な試合ぶりと最後まであきらめない姿勢は私の心に強く残った。佐々木監督を始め、なでしこジャパンの皆さんに大きな拍手を贈りたい。

 
[PR]
by harukko45 | 2008-08-22 00:10 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31