7月も終わり、いや終わった(ライブ編/その2)

 7月の28日はルネイジャのリハーサル、そして翌29日が渋谷PLUGにてのライブ。メンバーは昨年のレコーディングでご一緒した、井ノ浦英雄さんのドラムス、六川正彦さんのベースに私。そして、ギターとボーカルは元より、サウンドプロデューサーとして仕切る新井現詞さんとリード・ボーカルのルネイジャさんによるユニットが「Renaja」であります。

 このメンバーで演奏するのは昨年の夏以来でした。その後も何度か誘っていただいたのですが、なかなか予定が合わずに残念な気持ちでありましたが、約1年ぶりに実現したわけです。
 いやぁー、リハも本番も面白かった。若いルネさんはともかく、私を始め他の方々は皆50才台ですから、そりゃいろんなことが起きますよ。やっぱ、このぐらいの世代は「予定調和」なんてないんだよね。どんな時でも面白いことが何かしらあるもんだし、それを心っから楽しんじゃう大らかさがあるわけです。
 本番のステージでもいろいろありましたけどね、例えば英雄さんの譜面が1曲目でハデに落ちてバラバラになったために曲つなぎができなかったとか、それを新井さんが割とマジに怒って、得意のベランメェの江戸弁でまくしたてたとか、でもって、横で見ていたロクさんは「本気で怒ってるよ!」って大笑いとかね。
 しかしまぁ、冷静に考えるとボーカルのルネちゃんは、よくこのようなオヤジ達につき合っているなぁと感心しますし、頭が下がりますよ。

 で、そんなムードではありましたが、全体の演奏としてはかなりアグレッシブなものだったと思います。だいたい、こっちがちょっとでもボーっとしてたりすると、誰かしらアクションしかけてくるからね。皆いつでもトライしてるんですよ、プレイの中で。
 それにしても、ルネイジャの曲は流れに無理がなく演奏しやすいし、曲調は都会派なんだけど、適度に独特なヒネリがあって面白い。ルネちゃんはルックスも声もいいし、心地よいスムースな歌はもっとたくさんの人に聞いてもらいたいです。それには、我々オヤジ・バンドももうちょっと頑張んないとね。これに懲りずに定期的にライブが出来るとかなり面白いキャラのサウンドになると思うな。

 さて、続く30、31、8/1は今かかわっているレコーディングの打ち合わせと準備、プリプロ等があり、バタバタしておりましたが、2日はタケカワユキヒデさんのライブで熊本に飛びました。

 いやぁー、この日は暑かった!それも野外ステージでした。熊本県和水町で毎年行われ、今年で38回目という「古墳祭」でのライブだったのですが、それはそれは豊かな自然に恵まれた場所で、文化財に指定された古墳や古民家をそばに見ながらというシチュエーションも初めてでありました。
 空港から現地に着いてすぐに、ちょっと楽器のチェックをしただけで大量の汗が吹き出してきました。とにかくすごい日差しでしたから。それに、ステージが石で出来ていたので、完全に石焼状態になっておりました。楽器を直射日光から守るために日よけのテントを張ってましたから、バンドはまだ良かったかもしれませんが、メインの皆さんは強烈な日光の下で歌わなければならず大変でした。

 それでも、夕方を過ぎ、本番の頃はずいぶん過ごしやすい状況になりましたが、夜は夜で照明の光に集まる虫達との戦いがあるのです。鍵盤に居座っちゃうし、下手すると大口開けてコーラスなんかしてると、口の中に入ってきちゃうしね。
 とは言え、そんなこんなも「まさに夏」って感じで、久々に楽しかったなぁ。昔はこういう夏のイベント・コンサートがたくさんあって、いろんな野外ステージを体験させてもらいましたっけ。そんな思い出もふっとよぎります。

 そうそう、本番中は電源トラブルか、バンド・サイドのモニターの音が突然なくなってしまうというハプニングがありました。すぐに復活したので、ことなきを得ましたが、思わぬことに一瞬ビックリ。まぁ、これも野外っぽいかな。ただ、そういうハプニングに逆に燃えちゃったりするんだよね、これが。

 タケさんのステージは、おなじみのゴダイゴ曲とビートルズのカヴァーをソロで歌った後、後半モトイちゃん、アイちゃんを迎えてT's Companyとしてのパフォーマンスとなりました。もちろん、「ビューティフル・ネーム」での会場を二つに分けての大合唱で大いに盛り上がり、とどめに「999」「ガンダーラ」でありました。大自然の中でやる「ガンダーラ」は雄大さが増すようで、じつに気持ちがよかった。

 今回はいつもの土屋さんのギターと私というバージョンでなく、4人編成のロック・バンド・スタイルでしたが、この形にもだいぶ慣れてきましたし、ドラムの田坂君、ベースの財津君、ギターの村田君との組み合わせは実に楽しい。人間的にも気の置けない連中で、楽屋でも移動中もワイワイやっておりますし、私のようなオジさんを受け入れてくれて有り難く思っております。

 なので終演後、熊本市内に戻ってからはバンドとスタッフで美味しいお酒で盛り上がりました。これも楽しかったです。久々に夜中のラーメンも食っちまった!こりゃ、いかんばい。
[PR]
by harukko45 | 2008-08-05 04:56 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31