松崎しげる&大橋純子/札幌厚生年金ホール

 15日は早朝に札幌に飛び、松崎しげるさんと大橋純子さんのジョイント・コンサートで演奏してきました。この組み合わせでのライブは昨年の9月以来で、その時はショート・バージョンによるチャリティ・ディナーショウであり、今回のようなフル・バージョンはもっと前、一昨年の秋以来というわけでした。

 うーむ、さすがにそこまで久々だと、いろいろ細かいところを忘れていますね。ただ、それも前向きに考えれば、新鮮に取り組むきっかけにもなりうるのでした。
 個人的には、意識して前やっていたことを変えてみたところもあるし、実際に音を出す事でだんだん蘇ってくることもあったし、そういう点で緊張感とともに、集中の高まったステージでした。

 それと、何と言っても喜ばしいのは、松崎バンドのベーシストである平尾さん(ショウちゃん)が病気から復帰し、前よりも元気な姿でプレイしてくれたことでした。これは、同じミュージシャン仲間として心からうれしかったし、強い意志を持って、病気から回復したショウちゃんには敬意を表したいと思いました。

 また、水越けいこさんのレコーディングでも素敵な演奏を聞かせてくれたバイオリンの岡村(ミオ)さんが、またまた良いプレイをしていて、思わず聞き惚れてしまいましたし、どんどん演奏家として成長していく姿に、とてもいい刺激をもらいました。

 そして本番では、相変わらずパワフルなお二人のボーカルと楽しいトークの2時間で、特に、このコンサートのために作られた20分以上に及ぶ"スクリーン・ミュージック・メドレー"が、やはり一番神経と体力を使いますが、その分毎回、充実した気分を味わえるのでした。

 終演後はすすきのにくり出して、大宴会となりました。ちょっと飲み過ぎたかも。でもさすが北海道、食べ物が美味しくて、お酒もすすむって感じでした。
[PR]
by harukko45 | 2008-06-18 03:13 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31