EURO2008/オーストリア0-1ドイツ、ポーランド0-1クロアチア

 グループBの最終戦は、一応順当な結果となり、2強が勝ち上がった。

e0093608_192670.gife0093608_1921584.gif 今大会の「最弱」チーム、オーストリアは何度も旅行で訪れているので応援していたのだが、やはり奇跡は起こらず、終わってみれば0勝2敗1分けとなり、グループリーグ敗退となった。

 最終戦の相手ドイツは世界トップクラスの強豪で優勝候補でもあるけど、サッカーという競技はことの外、波乱やドラマがあるものだけに、「ひょっとしたら」などと考えていた私でしたが、まぁ、そんなにうまくはいかんわね。

 オーストリアはとにかくよく走って、ドイツのゴールめがけて果敢に攻め上がっていったが、いかんせん、フィニッシュがぜんぜん決まらない。これは、初戦・第2戦もそうだったわけで、肝心な場面での精度とアイデアに欠けており、何度もトライする姿勢は素晴らしいが、結局は簡単にドイツDFにはね返されていたのだった。
 ドイツも全体にコンディションが良いわけではなく、どちらかと言えば、うまくいっていないチーム状態でありながら、バラックのFK1本で勝利してしまうのだから、両国の力の差はまだまだ大きかった。

e0093608_19323667.gife0093608_19324837.gif もう1つの試合は、1位通過が決まっているクロアチアが主力を温存したBチームだったものの、控え中心でもしっかりとした強さを見せて、大量点で勝たねばならないポーランドの猛攻も何のその、こちらも1-0で勝利(クラニチャルのゴール見事)した。
 選手のコンディションとモチベーションの両面だけでなく、戦術戦略においても一本筋の通った戦いぶりは印象的だった。まさに98年のW杯フランス大会以来の好チームであり、上位進出の可能性も高いのではないか。
 今のチーム状態は、トーナメントでの相手、トルコ、ポルトガル、ドイツの中で、一番良いと思われるし、最も勝負強いと言えるかもしれない。

 A・B組によるトーナメントは、ポルトガルとクロアチアによる準決勝を予想するが、かなりタフな試合になるだろう。もちろん、私はポルトガルの2大会連続の決勝進出を願う。
[PR]
by harukko45 | 2008-06-17 19:41 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30