EURO2008/スペイン4-1ロシア、ギリシャ0-2スウェーデン

 ユーロ2008の4日目。今日で全チームが出揃った。注目はスペインにつきる。本当に強い?本番はやってくれるのか?

e0093608_3453121.gife0093608_345439.gif で、そのスペインの初戦はヒディンク監督率いるロシア。戦前は選手同士の戦いと言うより、スペイン対ヒディンク、って視点で見てしまっていた。2年前のW杯ドイツ大会での日本対オーストラリアの試合がどうしても蘇ってしまうし、スペインにしたって、2002年の日韓大会のベスト8での韓国戦、何ともあと味の悪いPK戦による敗退があったし。

 だから、「ヒディンク・マジックは再び起きるのか?」、そんなことばかり気になっていたのだが、実際に試合が始まってみると、おやおやあれあれ、ロシアってこんなもんなの? さらに時間が進むと、どんどん自信も気力も失っていく弱々しいロシア選手達の姿が浮き彫りになっていき、これではマジックどこの話ではなかった。

 とにかく、20分にトーレスとビジャによる、お見事な2トップによるゴールが決まってからは、ほとんど「スペイン・ショー」って感じの一方的な内容。ここまでの全試合中、最も緊張感のないゲームは、本戦とは思えないレベルだった。
 結局、44分75分にもビジャが決めて、ユーロのようなハイレベルの大会でハットトリック達成とは。それもシビアなプレッシャーの中でゴールを狙う近年のサッカーにおいて、こうも簡単に1FWが3点も取るのは、見ている方からするとかなりの勢いでシラケる。

 ロシアは攻撃の中心選手を欠いている(アルシャフィンは2戦目まで出場停止、ポグレブニャクは怪我で帰国)とのこと、なので、プレス向けには強気の発言をしていたヒディンク監督だが、実際にはスペイン戦は最初から負けを計算していたのだろう。この後の2試合での戦いで、何とか勝ち点をもぎ取ろうというのが、本音だったのだ、きっと。
 だが、これほどまで気迫を感じないロシアに、それが出来るのだろうか。実は、そこがヒディンク監督の真骨頂なのかも。

 というわけで、スペインを語るのは次戦にしたい。スペインの選手達はとっても楽しんでサッカーして終わった。だが、かなりの拍子抜けでもあったろう。彼らが本当に強いかどうか、初優勝への険しい道を登っていけるだけの存在かどうかは、ちゃんとした相手と戦わなければ判断できない。

 それにしても、何でイングランドはこのロシアを予選で敗れなかったのか?
 
e0093608_1434169.gife0093608_14341883.gif 2試合目は前回王者ギリシャとスウェーデン。前回大会では相手の攻撃をハードなマークでつぶし、守りに守りながら、セットプレイでの得点で優勝を勝ち取ったギリシャ。だが、ヨハン・クライフの言葉を借りるまでもなく、「退屈」の極みとも言うべきサッカーで、多くのサッカーファンのイライラを増長させ、まさに「大会のヒール役」になってしまった。

 さて、4年後のチームは前回よりも攻撃的だとのことだったが、それほど変わったとは思えず、激しいマークは前回通りだったし、予選では4-3-3だったのが、本番では5バックにしてきたのは、やはり「超現実的手法」で、再び「退屈」と揶揄されるのも覚悟の上だったようだ。

 なので、イブラヒモビッチ、ラーション、リュングベリという世界レベルが並ぶ豪華なスウェーデン攻撃陣も思うような動きが出来ず、お互いにつぶし合いが続き、攻撃の手詰まり感が漂う前半だった。

 正直、夜中にこういう試合を見ているのは辛い。前半の段階でギヴ・アップして寝たよ、はいオヤスミナサイ。

 そして、起きてからビデオ・チェック。後半67分についに、ギリシャの壁が破られた。なんと、ユーロにおいて425分ぶりの失点(!!)、それはやはりエース、イブラヒモビッチのすんばらしいシュートだった。あー、良かった。すみません、ギリシャ・ファンの方、前回初戦と決勝で敗れたポルトガルのファンとしては、素直な気持ちです。
 そうしたら、5分後に2点目。5バックから4バックになって反撃に出たギリシャだったけど、途端に最終ラインに穴ができ、リュングベリがフリーに。彼のシュートはGKにセーブされたが、その浮き球からの混戦をハンセンが根性で押し込んだ。気持ちこもってたなぁ、うんうん。

 というわけで、長ーく続いたユーロにおける「退屈な神話」はようやく終焉となった。D組もまだまだ予断を許さない状況だろうが、一応実力者が勝利をおさめたことで、私としては満足な気分であります。
[PR]
by harukko45 | 2008-06-11 03:46 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30