あれこれ

 先月末から今週にかけては、なんやかんやで仕事とそれにまつわるモロモロに追われてしまい、いっこうに自分のペースを保てないでズルズルきてしまった。
 どんな状況でも、常に普段とかわらない状態ってもんをキープするのが理想なんだけど、まだまだ無理ですね。回りの状況や人間関係からの影響ってはなはだ大きいもので、結局それらに巻き込まれることになってしまう。

 仕事上の些細なトラブルだけでなく、発生から約1ヶ月が経とうとする中国の四川大地震のニュースにもひどく心が動揺してしまうし、今回報道をオープンにし、海外支援も受け入れた中国に比べ、それらをいち早く受け入れず、自国の民をますます不幸に追い込むミャンマー軍事政権のサイクロン被害への対応には強く憤りを感じてしまう。

 また、先日行われたTICADに合わせて放送されたNHKのアフリカ関連番組を見るにつけ、その抱える問題の深刻さをあらためて認識させられ、正直重い気持ちをずっと引きずってしまっている。
 そんな中、U2のボノと「バンド・エイド」「ライブ・エイド」で中心的役割を担ったボブ・ゲルドフが来日し、今もなお精力的にアフリカ問題に関わっていることに感動した。単なる一過性のチャリティ意識ではない、強い信念を持った姿勢には頭が下がる。

 さて、我が日本はどの問題からも比較的対岸の火事的状況か。そのように思ってしまうほど、国内で事柄は実に貧相に感じてしまう。だが、こんな時だからこそ、今起こっている事に対して、頭をクリアにして見て行くことを忘れてはならない。
 ねじれ国会と決断力・リーダーシップに欠ける首相による政治の停滞、官僚達の無能さも、逆に考えれば、我々自身が本当の民主主義を学ぶためにあるとも言えるかもしれない。

 
[PR]
by harukko45 | 2008-06-06 13:37 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31