W杯予選/日本3-0オマーン

 ワールドカップ3次予選の3戦目、ホームでオマーンに負けたり、引き分けたりしたら、即刻解任必至だった岡田監督だったが、そういうことにはならなかったし、結果は日本の良い面が試合開始から見られ、完勝と言える内容だった。
 
 オマーンはジーコ時代にもずいぶん手こずった相手だったから、もっと拮抗した1点を争うゲーム展開も予想できただけに、10分のCKから中澤のヘッドによる先制点が大きかったと思う。この早い時間でのリードで、相手は完全にプランが崩壊した感じで、その後も続く、日本のアグレッシブなプレスと連動性ある展開力により、オマーンにとっては「手も足も出ない」状況に陥ったのだった。

 というわけで、まずは一番の危機を見事切り抜けた岡田ジャパンは、この状態を保っていけば、今月ある残り3試合もうまく勝ち抜いてくれると思う。今日の布陣、戦術ならほとんど文句はない。
 とにかく、灼熱アウェイでのオマーン、タイとの試合を無難に乗り切り、バーレーンとのホーム戦は楽な気持ちで見させてほしい。まだ、最終予選がありますからね、あまり心配させないでね。
[PR]
by harukko45 | 2008-06-02 23:55 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30