暫定税率復活

 ガソリン160円台になりますってよ、5月から。そんでもって、後期高齢者医療制度も見直さないんですよね。それから、年金問題だって全然解決できないんでしたよね。他にも、いろいろ問題抱えてましたねぇ。そりゃ、大変でしょう、そこら中にしがらみだらけだし、官僚は言う事聞かないみたいだし、自民党内には頼りになるような頭の切れる人材もいないようだし、たとえいても、いろいろ目の上のたん瘤がいっぱいで上がっていかれないんでしょうかね。
 だったら、別の党でも作ったらいいのに。でも、無理ですよね、二世議員ばっかりで、親から引き継いだ地盤を勝手にぶち壊すような勇気はないですよ、お坊ちゃん達には。

 公明党も頼りにならんです。そもそも、与党の数合わせと選挙対策に創価学会の組織票が使われているだけなのに、彼らもよっぽど人が良いとしか言いようがないんじゃないでしょうか? 公明党が何らかの影響力を政治に及ぼしたのってあるんですか。ちょっとはあったんだろうけど、それがお国の役に立っていたかどうかは、私には全然見えませんね。
 それに、公明党の議員の方々って、これほどまでに官僚的な答弁がうまいなんて思いませんでした。時に自民党の人よりも上手に官僚側の主張を代弁してましたっけ。
 
 いろいろ問題が山積なのはこんな世の中だからしかたないし、我々国民だってけっこう勝手気ままですからね。でも、とにかくね、1回「がらがらがっしゃん」の「がらがらぽん」になったらどうでしょうか、この国は。

 このまま自民党にのらりくらり政権を与えておくのは、「うんざり」なんですよ、全く。

 でもって、税制から教育から福祉、地方自治から経済政策に農業政策、安全保障まで全部見直しましょうよ。それには、これまでの政官業の癒着やらしがらみを数年かかってでも破壊しなくてはならんのですよ。
 ですから、今は頼りにならない民主党でも、日本政治の「まとも化」のためには、一度政権をついてもらいましょう。それも早い時期に。
 そして、我々国民は多少の混乱を覚悟しても、その後数回の政権交代を実現させなくてはならんのです。
 そうすれば、政治家達もそれを志した時の信念信条を取り戻していただけるかもしれない。それによって、ちゃんと主義主張と行動の整合性ある「まとも」な党に再編成されていくかもしれません。

 ですから、小沢代表には、このところの政局闘争戦略の連続に、私としては少々辟易気味ではありますが、何とか早期の解散総選挙に持ち込んで、念願の政権交代を実現していただきたいと、あらためて強く願う次第であります。
[PR]
by harukko45 | 2008-04-30 19:26 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31