カーリング女子世界選手権/日本10-5ロシア

 いやぁー、やっと快勝してくれました。とは言え、カーリングという競技はそこまでの過程がいろいろだから、結果大勝しても、見ている間はヒヤヒヤドキドキの連続なのは変わりません。
 今日も3エンドで3点取れるビッグ・チャンスを目黒さんのショットが決まらず、2点に留まった時には何とも落胆しましたし、6エンドで見事3点取って、大喜びした直後7エンドに2点取られるという流れには、少々疲れましたよ。だいたい、7エンドをNHKはカットして点数結果だけ放送したから、6エンドの興奮が、思い切り冷水を浴びせられて、一気に消えてしまいました。

 それにですね、このロシアというチームに日本はどうも今まで苦杯をなめてきている。トリノ五輪での初戦、もつれたあげくに最終エンドで逆転負けを食らったりしてますからね、ランクとしては強豪国ではないにしろ油断ならんわけで。

 しかしながら、8エンドの攻防で2点取り返したのが大きかった。相手のサード、スキップのショットが焦りからか、微妙なところに決まらなくなってきてました。で、9エンドは正直、作戦的にはちょっとリスキーな展開になっていて、相手に大量点を与える可能性もありました。が、最後のスキップ対決で、目黒さんは効果的なショットを決め、ロシアはここでも思惑通りに行かなかった。それだけ、相手にプレッシャーをかけ続けて試合を運べたということでした。

 この快勝はチーム青森にいい効果を生んだようで、続くチェコ戦も勝利。私の願い通り4勝としました。明日は、世界ランク1位のカナダと5位でカーリング発祥の地スコットランド。現実的に見れば、カナダからの勝利はむずかしいが、この大会絶不調のスコットランドからは何とか勝利したいところですな。
 それにしても、中国がカナダまで敗って7連勝とは!驚き。
[PR]
by harukko45 | 2008-03-26 16:52 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30