サカイレイコ/南青山マンダラ(3)

 サカイレイコさんのマンダラ・ライブについて3回目とはね。曲について、いろいろ書き始めると止まりません。なので、もう少しシャンソン、エディット・ピアフにおつきあいを。

 2部の最後に2曲続けましたが、その一つは"私の神様/Mon Dieu"。1960年の作でピアフにとっては死がせまりつつある時期のもので、まさにそれを暗示するかのように、残された時間への激しい思いを感じさせる詞であり、素晴らしい歌唱です。特に「もし私が間違っているとしても、少し時間をください。もし私が間違っているとしても、しばらく時間をください。」という最後の部分など、やはり心が痛みます。
 しかし、シャルル・デュモンによるメロディは全体にちょっと甘めな感じがするし、オケのアレンジもかなり「コテコテ」でいま一つ共感できない部分が正直ありました。
 また、前半3拍子で進む曲が2コーラス目でいきなり4拍子のハネ気味のノリに変わるところは、あまりにも気分が変わってしまう感じでむずかしかった。
 そして、ピアニストのプレイも「それっぽすぎる」感じではありましたが、かなり上手だったので、今回はずいぶん参考にさせてもらったのでした。

 なので、思い入れが深かったレイコさんの歌に、私としてはあまりうまく伴奏できていなかったかも、と反省しています。もうちょっと良くやれたのではないか、との後悔も。
 そこで翌日、ピアフのライブ映像として残っているこの曲をYouTubeでチェックしたところ、その時のピアニストは全く違うアプローチをしており、レコーディング・バージョンよりもキリっとした演奏が私には厳粛な雰囲気に感じられ、とても好感を持ちました。
 それに、例の4拍子も3連のノリでハネるのでなく、カチッと4つ打ちっぽく弾いているのが、とても凛としていて良かった。全体に甘ったるい部分がなく、とても素晴らしいと感じました。これならば、イントロの静かだが荘厳な響き(この部分は素晴らしいアレンジです)に意味があるし、ある一つの力強い意志を曲に感じる事ができました。と言っても後の祭りで、まだまだ勉強が足りませんでしたが、次回までにはしっかりモノにしておきたいと思います。

 そして本編最後は、私としては「何て素晴らしい曲に出会えた事か!」と深く感動した"群衆/La Foule"です。

 元々はペルーのワルツ曲で、南米公演中に気に入ったピアフがフランスに持ち帰って、詞を新たに書き直させた作品。この詞の内容がまた素敵で、「祭りの中、群衆に押され引きずられて、偶然にも押し付けられて一つになった二人。彼女は見知らぬ彼に恋してしまう。そして、一緒にファランドールを踊り、幸せを感じていたのに、群衆に押され引き離され、彼を見失ってしまう。そして、彼には二度と会えなかった」
 そんな刹那の恋を歌うのですが、曲といいアレンジといい、実にドラマティックで美しい仕上がりであり、まさに3分間の映画として完成している傑作であると思います。

 とにかく、イントロからして美しい。このような楽想が浮かぶことに感動します。それに続くメロディとコードの流れ、バッキングのフレージングの美しさ、どれも文句のつけようがありませんが、何と言っても、いわゆる今風に言う「サビ」の部分でのワルツには、身も心も夢中になってしまいました。3拍子という「悪魔のビート」によって毒を盛られた気分で、アドレナリンが頭の中で出過ぎて、爆発してしまったかのようでした。
 私はこの曲のあっちもこっちもどこもかしこも、全てが好きであり、1小節1小節にいちいち感動してしまいます。なので、本番での演奏が、どういうことになったのかは今はあまり思い出せません。とにかく、最後まで演奏できて大きな拍手をもらえた事、久しぶりにとことん音楽にのめり込めた気がして、心の底からすごくうれしかったという事、です。
 それだけで、レイコさんには感謝です。彼女がピアフに負けない素晴らしい歌と強いオーラを発していなくては、いくら曲が素晴らしくても、こんな大きな喜びは得られていなかったでしょう。

 その後のアンコールでは、おなじみの"愛の讃歌/Hymne À L'amour"とこれまた大好きな"パダン・パダン/Padam...Padam"をやりました。これらについては、私のような新米シャンソン・ファンが、あえて語ることはないでしょう。

 さて、何とか私初めての「新春シャンソン・ショー」は無事に終える事が出来ましたが、もろもろの反省点をしっかり認識して、是非とも次につなげたいと思いますね。
 メイン・アクトとして素晴らしいパフォーマンスをしたレイコさんは、今後の飛躍が大いに楽しみですし、一番年長のくせに大ハシャギしていた私によく耐えて、しっかりとした演奏をしてくれていたベースの青柳くん、ギターの有田くんには心から感謝です。皆、私より20歳以上も若いのに、たいしたもんです!
 
[PR]
by harukko45 | 2008-02-09 03:11 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31